伯方島を楽しむ(ちょこっと見近島も)。

8月20日の日曜日のこと。

忠海港から朝一のフェリーに乗船し、大三島の盛港へ。
そのまま最短ルートでお隣の島へと渡ります。
2017082101.jpg
伯方島だ。
午前8時、道の駅伯方S・C内の伯方ビーチに私はいます。
対岸には見近島も見える場所。二日前の晩にもココにいましたけど・・・(汗)。

2017041012.jpg
四月には島西部にある開山の桜が満開となり、お花見を楽しみにしている方たちで賑わいます。

そんな伯方島ですが、しまなみ海道の中では年間を通じて観光客で賑わっているような島ではないように思えます。
※個人の感想です

逆にいうと、『島本来のまったりとした時間を過ごせる場所』と言えるのではないでしょうか。
私たちが求めているのんびりとした雰囲気を醸し出している島。それが伯方島かもしれません。

今回のツーリングでは、この伯方島を楽しんでみたいと思います。
しかも、今まで訪れたことのない場所を中心に島旅を楽しんでみます♪。


2017082102.jpg
この日は大潮。
今にも海に飲み込まれそうな小さくて可愛らしい島を眺めながら、ツーリングのスタートだ。

2017082103.jpg
いきなり珈琲休憩ですけど(笑)。

あまりにもこの島が可愛らしいので、堤防に腰を下ろしボォーっとしてみる。
お茶請けには、カエルさんから頂いた鳩サブレー♪。
陽射しは強いのですが、潮風が心地よく、ついウトウトとしてしまう。←爺さん化が進んでいることを認識。


このままでは、海岸でうたた寝ツーリングとなってしまいそうだ(笑)。
タイカブに跨り、まず向かった先はというと。
2017082104.jpg
伯方ふるさと歴史公園。
公園の中心には木浦城があり、その城内では島から出土した古墳等の資料が展示されています。
園内には伯方町指定文化財の岩ヶ峯古墳もあります。

2017082105.jpg
陶器などの出土品も数多く展示されているのですが、私が気になったのがこのナウマン象の化石。
ナウマン象の化石を数多く出土している場所が、伯方島の金ヶ崎周辺の海底だそうです。
ナウマン象を追い掛け回すギャートルズの様な光景が、そこでは繰り広げられていたのでしょうかね(笑)。

木浦城最上階(と言っても3階)からの眺め。
2017082106.jpg
先程の小さな島も見えますな。

2017082107.jpg
造船と海運の島と言われる伯方島。
この日は日曜日だったのですが、伯方造船からは、ゴォーンゴォーンと大きな音が鳴り響いていましたよ。

ここ伯方ふるさと歴史公園は、穏やかな燧灘(ひうちなだ)を誰からも邪魔されずに眺めることが出来る場所かもしれませんね。
私がこちらにお邪魔している間、誰も来なかったくらいですから(笑)。


ナウマン象の化石が出土した金ヶ崎。遺跡で有名とのことなので探検気分でツーリングだ。
大体の方角を頭に入れ、岬があると思われる場所目指しタイカブを走らせます。
2017082108.jpg
軽自動車一台が通れるくらいの道でも、躊躇なく進入出来るのがカブの良い所。いざとなれば楽々Uターンですよ♪。

2017082109.jpg
道の行止りには金ヶ崎城跡。そこには安楽寺という小さな建物が建っていました。

木陰でひと休みしていると、岬方面から息を切らしながら獣道を歩いてくる釣り人。
どうやらこの先は、急斜面になっていて歩くのにも一苦労とのことでしたので、私はココで退却。
無理をせず、安全に楽しむのが一番ですよね。


さて、次に向かったのは。
2017082110.jpg
禅興寺。
村上水軍能島城主の村上雅房公の菩提寺です。
近くには樹齢650年の大楠があり、そのそばには雅房公夫婦のお墓があるようですよ。

ここで午前の部は終了。
島の台所と言っても良いスーパー『伯方ショッピングセンター』にてお弁当を購入。
そのまま、見近島へと渡ります。
2017082111.jpg
伯方島から大島へと渡る大島大橋の中間地点に位置する見近島。
伯方島からですと、無料で見近島に上陸出来るのです。

2017082112.jpg
管理棟の日陰の場所にお邪魔して、お弁当を頂きます。

2017082113.jpg
この日は良いお天気で、数名の方が日光浴を楽しまれていましたよ。
そのまま海水浴も良いかもしれませんね。


見近島で一休みした後は、再び伯方島を走ります。
2017082114.jpg
原付道入口から遠くない場所にある船折瀬戸。
その名の通り、船が折れるくらいの激しい潮流が観られる場所なのです。
写真には写っていませんが、小舟がこの場所を通過する時にはあっという間に流されていきましたよ!?。

2017082115.jpg
もっと近くで潮流を観たいならば、船折瀬戸キャンプ場(有料)が良いかもしれません。
自動車でキャンプサイトまで行けるでラクラクキャンプが楽しめると思います。

そしてこちらは、船折瀬戸のすぐ隣にある鶏小島(にわとりこじま)。
2017082116.jpg
瀬戸内海国立公園に含まれる場所です。

2017082119.jpg
この島に住むといわれる金鶏の声を正月に聞くと幸せになれるという伝説の残る島。
村上水軍の能島と向かい合わせにあり地理的に重要な役割をもっている島でもあります。

2017082117.jpg
船折瀬戸と同様に、ここ鶏小島にもキャンプ場(有料)があります。
しかし、この広々としたサイトまでは、駐車場から数十メートル歩かなければなりません。
キャンプ道具を持って移動しなければならないことを考えると躊躇してしまう方も多いかもしれませんね。

ですが・・・。
眼下に船折瀬戸や鶏小島が見下ろせるキャンプサイトは魅力的だ。
2017082118.jpg
この様な景色を眺めながらのBBQは最高ではありませんか?。

そして、ここ鶏小島キャンプ場の最大の魅力はこれっ!。
2017082121.jpg
プライベートビーチ的な砂浜。
キャンプ場の遊歩道を降りていくと、目の前にこのようなプライベートビーチが広がっているのです。

ただし注意事項が・・・。
遊歩道を降り切ったところに現れてくる看板。そこに書かれている文字を読んでみる。
2017082120.jpg
そうなんです!。目の前には激しい潮流が広がっているビーチなのですよ!!。

2017082122.jpg
間近で観る鶏小島。小さくて白い灯台が可愛らしい。

今回の伯方島ツーリングでは、最後の訪問先。
2017082123.jpg
喜多浦八幡神社。
伯方島最古の神社で、水軍が使用したといわれる八幡船(ばはんせん)の貴重な模型が神社本殿に安置されているとのこと。
鳥居前には縁結びの亀石もありますよ。私にも素敵な出会いがありますように(笑)。

2017082124.jpg
快晴の真昼間では、階段を登りきるにも一苦労。

2017082125.jpg
階段を登りきると、そこには綺麗に保たれている境内が広がっています。
なんとなく、心穏やかになってくるのはなぜだろう?。



2017082126.jpg
今回、結果的に島東部を重点的に回った伯方島ツーリング。その走行距離は約230kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

リフレッシュメンテナンス。

どうにも気になって仕方がないっ!。

8月18日(金)、19日(土)のこと。
我が家のタイカブさんですが、二つ三つと気になる点が出てきたのでバイク屋さんで診てもらうことにしました。
もちろん私は仕事中ですので、日中にバイク屋さんがタイカブを持って帰り、診断後そのまま車庫へというスケジュール。

気になることは素直にプロにお任せする。
2017082001.jpg
ということで、診断結果はというと・・・。

陰性(笑)。


ただし、店長さんからは『アクセルのツキ(レスポンス?)が悪い』と指摘がありました。
確かに私もそう感じてはいたものの、急激に劣化するわけでもなかったので、今まで放置していました(汗)。
人間の身体と一緒で、早め早めの治療が必要なのにね・・・。

そんなタイカブさん。
店長さんからのリフレッシュ提案として挙げられたものは三つ。

一つ目・・・オイル交換時にゾイルというオイル添加剤を一緒に投入。
二つ目・・・シリンダー内の洗浄。
三つ目・・・スロットルバルブの洗浄。
2017082002.jpg
悩んでいてもタイカブさんがリフレッシュされる訳でもないので、全て実施してもらうことにしました。


施工後、気になるタイカブさんの動きをチェックだ。
本日8月20日(日)
2017082003.jpg
店長さんは、『乗ったら変わったことに気が付くよ』と言っていましたけど・・・。
素人でも分かるのかな?と半信半疑でスタートさせます。

!?。
このなめらかなフィーリングはなに!?。
アクセルを開けると、スゥーというような感じで軽く伸びていく。振動も少なく、今までのタイカブさんとは違う感じだ。
上り坂では、1速上げて走行しても良いくらい。それだけパワーがあり、振動が少なくなっています♪。

振動が手のひらから全身に伝わるくらいのドコドコ感がなつかしい(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

リフレッシュ時の総走行距離は20,840kmでした。

カエルさん、来たの?。

2017081901.jpg
夜の橋上をおっさんがひとり歩いています・・・。

日中は、『これでもかっ!』というくらいの暑さでKO寸前にまで追い込まれるここ瀬戸内。
しかし夜になると、気候も瀬戸内海と同様に穏やかで過ごしやすくなっています。

仕事帰りに、軽くウォーキングだ♪。
見上げれば星空。この日が快晴だったことを裏付ける夜空となっています。
それにしても、かなりの距離を歩いている8月18日(金)の午後7時半過ぎ。
しかも背中には大きなザックを背負って、息を切らしながら歩くおっさん。職質ものだ(笑)。


そんなバックパッカーの私が橋上からある場所を覗き込む。
2017081902.jpg
よく分からんね(笑)。

日中はこのような景色が広がっています。
2017010507.jpg
たぶんね。

到着した場所。
2017081903.jpg
しまなみ海道の真ん中に位置する無人島。見近島だっ!。


この日、関東方面からお越しの雨ガエル1号さん御一行が、ここしまなみ海道でツーリングを楽しまれていました。
夜はキャンプを兼ねてミーティング。その恐ろしい?ミーティングに参加してきましたよ♪。

本来カブで参加させて頂くのが筋なのでしょうが、ミーティング当日、その翌日と仕事となっておりますので自動車にて参加させて頂きました。
仕事帰りに、高速道路でバビューンと伯方島入りし、その後はトコトコと歩いて見近島入りということなのです。

キャンプ場に近付くにつれ、笑い声と拍手が聞こえてきます。
2017081904.jpg
参加者の皆さんの自己紹介中にお邪魔したようだ。しかも雨ガエルさんが熱くカブを語っている時に(笑)。

会場は暗くて、誰が誰だかわからない・・・。
参加人数は13~14人はいたと思われます。
遠くは長野や栃木?から来られた方もいるようで、カブ菌の恐ろしさを痛感した見近島ミーティングでした。

カエルさんからは、お土産の鳩サブレー。
2017081905.jpg
全部持っていきな!と箱ごとプレゼント(汗)。←これ結構大きいのよ

『カブの荷台に括り付けると丁度良い荷物入れになるな♪』と想像しながら手に持っていると近づいてくる方がひとり。
『箱を見ると貼りたくなるんだ・・・』とペタッと貼り付けられたステッカー。
2017081906.jpg
Antsさんだ。箱目掛けて近付いてくる姿が少し怖かったですよ(笑)。

2017081907.jpg
しばやんさんからは、あの『お達者カブ倶楽部』のステッカーを頂きました。
カブのことを全然知らない私なのですが良いのでしょうか・・・。ありがとうございました♪。

カエルさんと一緒に、今回の旅を楽しまれているBENちゃんさんからもステッカーを頂きましたよ。
2017081908.jpg
Newバージョンのステッカーでしたっけ?。

鳩サブレー缶が、カッコ良く仕上がってきました。
カブの荷台に括り付けたいっ!。
ですが、箱の中には大量の鳩が眠っておりますので、全ての鳩が飛び立つまではリビングのオブジェに決定。

鳩サブレー号デビューはいつの日になることやら(笑)。


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
というより、きゅー奥の不機嫌な顔が頭をよぎり、ミーティングどころではなくなってしまった私。
バタバタと撤収作業、そしてバタバタと見近島を後にします。

2017081909.jpg
橋を渡りきると真っ暗な世界がそこには広がる。
この道に慣れている私でも、夜の歩行者専用道路は怖いよ。それよりも、きゅー奥の方が怖いけど(汗)。

鍵で玄関ドアを開けることができ、無事帰宅したのが午前様。
現在、なんとか生きております(笑)。


ミーティングに参加された方々、楽しいひと時をありがとうございました。
本日も天気は良さそうですので、存分にツーリングを楽しんでくださいね♪。

それでは皆さん良き旅をっ!。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

なんとなくブログ好き。

スピードを要求される業務。
世の中のSNSの波で溺れそうになっているきゅーでございます。

そんな日々が続いている為、プライベートだけはのんびりくつろぎたいと思ってしまいます。
何も束縛されない自由なカブに乗っているのですから・・・。

2014122706.jpg
アナログ人間な私にとって、数あるSNSの中で一番しっくりくるのがブログかな。

文章を書くことが苦手で日本語もままならない私ですが、やはりブログが好きなんですよ。
好きな時間に自由に想いを伝えることができ、自分のアルバムとしても残すことが出来る。
その時の気持ちの変化なども垣間見ることができ、懐かしく思うこともしばしば。

現在の私の気持ちですか?。
リアルタイムに疲れた・・・です。

ああぁぁぁっぁぁぁぁぁ、のんびりと自由にカブでトコトコと走りたいっ!。
キャンプ場では綺麗な景色を眺め、潮風と波の音、そして香りを全身で感じたいっ!。
ただそれだけでいいんです。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

タイミング良くヘッドランプ球交換。

2017年夏休み最終日の8月16日の水曜日。
2017081601.jpg
午前中の涼しい時間帯に、ご近所にて森林浴だ。


さて、一昨日のこと。
とびしま海道お使いツーリング中に、ヘッドライト球が切れていたことに気が付きました。
ロングツーリングに出掛けていないときで良かったよ♪。ここでタイミング良く交換したいと思います。

前回、バイク屋さんでヘッドランプ球を交換したのが、新車時から約9,000km走行時のこと。
今回は予備のランプ球を保管していたので、自分で交換してみます。
2017081602.jpg
パカッとあけて、グッと押して、グイッとひねる(笑)。
こんな感じで素人の私でも簡単にヘッドランプ球が取り外せます♪。これで、旅先でヘッドランプ球が突然切れても大丈夫だ。

2017081603.jpg
光軸調整を行い、ランプ球交換完了。

今回の球切れが判明したのが、オドメーターで20,000km強。なので約10,000kmごとの交換スパンになるのかな。
これで来年までは安心してツーリングが楽しめそうです。

あっ、テールランプ球がいつ切れるのか心配ですけど・・・。←私のタイカブさんは、交換に手間が掛かりそうなんですよね(汗)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR