落葉ツーリング。

二週間前に立冬を迎え、冬の入り口に立っていたこちら広島。
このまま寒くなると思いきや、再び暖かくなってしまった11月20日の日曜日のこと。

身体が気温の変化についていかないよ(泣)。


早朝、珈琲片手に全国の紅葉記事を読んでいると、あることを思い出したのですよ。
週の初めに、ローカルニュースにて紅葉の見頃が日曜日までと放送していたことをね。

時刻は午前8時過ぎ。
前日の雨を引きずっているのか、山の中は霧雨状態。
2016112001.jpg
この時期の中国山地入口では、冷え込んでいてもおかしくない時期のはず。
ですが、この日は秋ものグローブ&グリップヒーターで丁度良いくらいの気温でした。
電光掲示板には16℃という文字が見えたぐらいですから、暖かい一日だったのには間違いありません。


沈下橋の橋上で苔に足をすくわれ、危うく太田川の餌食になりそうだった私とタイカブさん(激汗)。
紅葉を求め、中国山地をもう少し徘徊します。

日曜日早朝の時間帯は、中国山地を目指して走行している自動車は少ない。
ですが、この日は紅葉シーズン期間中ということもあり、ズラズラズラァ~っと自動車が並んでいましたよ。

山の中を小一時間走り、国道186号線沿いにある大歳神社に到着。
その神社の境内には、県の天然記念物であり樹齢1,100年を超える巨大な銀杏の木があるのです。
『筒賀の大銀杏』だ。
2016112002.jpg
高さ48M、周囲の長さは8.2Mという巨木です。

毎年、綺麗な色に染まるこの巨木を観ようと意気込んでいる私。
今年もその望み叶わず、落葉となった姿の大銀杏を観ることになりました。
2016112003.jpg
ですが、落ち込むことはありません。
落葉直後に観ることが出来る、地面を覆い尽くすほどの黄色い絨毯に出会えたのですから♪。
考え方ひとつで、幸にも不幸にもなるということでしょうか。良い感じで、お姉さんも写り込んでくれたし(笑)。


霧雨状態は続いています。
大銀杏を後にし、広島では有名な避暑地の吉和を通過します。
指先が痛くなるくらいの寒さを覚悟していたのですが、電光掲示板では『14℃』という表示。この時期としては暖かい。
2016112004.jpg
暖かいとはいえ、落ち葉やマンホール、橋のエキスパンション部などのトラップもあるので要注意っ!。

こちら吉和には、広島市内から近い場所にあるスキー場の『めがひらスキー場』があります。
女鹿平山の山頂付近から、薄らと白い帯が流れているのが分かりますかね?。
2016112005.jpg
12月3日(土)オープンに向け、準備をされているようです。
人工造雪機を使用しなくてもスキー場を運営出来るくらいの積雪があれば良いのですけどね。
ライダーとしては、雪が降って欲しくないような欲しいような(悩)。

2016112006.jpg
軽くて小回りの利くカブだからこそ出来る、わき道・裏道漫遊記。
わき道が視界に入ったら、即Uターンし悪路に突入です。←後方車両には十分に気を付けてくださいね。
トタン箱も良い感じにガタン♪ガタン♪と音を立てていました(笑)。


お昼前に道の駅『スパ羅漢』で休憩。
大型バイクばかり駐輪している中に、遠慮がちにタイカブを停めます(笑)。
駐輪している大型バイクを観て『¥マーク』が脳裏に浮かんでくるのは、なかなか治らないみたいだ。
バイクドミノなんて起こしたら大変だもの。
出来るだけ大型バイクには近づいて停めないようにしています。無理ならば、車両の角度を変えて停めたりもしますよ。

さて、休憩後はというと。
ガソリンタンク内は空になりかけている状態。タイカブも私も空腹の為、いつもの珈琲豆屋さんを目指します。
2016112007.jpg
私にとっては秘密基地ではなくなってしまった『珈琲豆屋 大和』さん。

2016112008.jpg
ランチメニューのカレーセット(税込600円)とアフター珈琲を頂きました。
こちらのお店で用意されているメニューは、胃に優しい感じの素朴な味わいなので私は好きです。
刺激の強いものを求めてらっしゃる方には、物足りないかもしれません。

2016112009.jpg
霧雨の中の落葉ツーリングとなってしまいましたが、これはこれで自然を楽しめたツーリングだったと思います。
人間の思うようにならないのが自然の良い所。それを実感出来る乗り物がバイクなのですよね。


そんなポジティブ思考になったツーリングの走行距離は、約150kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

押し掛け?ツーリング(笑)。

気候も良くなり、島巡りから山陰攻めに勢力が移りつつある、きゅーでございます。
そんな中、広島入りを伺わせるコメントを下さった、ブロ友さんのeddyさん。

eddyさんは、私の前ブログからのブロ友さん。
数年前からブログ上ではお付き合いがあったのですが、実際にお会いする機会がありませんでした。


ということで、こちらから強引にアプローチ(笑)。
押し掛け女房ならぬ、押し掛けおっさんと一緒にツーリング開始です。
2016051501.jpg
高速道路で、ばびゅーんと登場のeddyさん。愛機はビッグスクーターのスカイウェイブです。

5月15日の日曜日
広島市内のコンビニで待ち合わせ。
お初ではありますが、お初では無い感じがする。ひさびさに、このような感覚を味わえましたよ。
ブロ友期間が長いですものね。

一服後、eddyさんのご希望の土地へ。
信号、渋滞箇所が少なく、クネクネ道を楽しめるルートを選択。
その甲斐あって、カブでも中型二輪と一緒にツーリングを楽しむことが出来ました♪。


山の中を気持ち良く走り抜け、安浦は三津口港に到着。
2016051502.jpg
ここは、小さな港なのですが、特別なものがあるのです。
タイカブの向こう側に、既にそれは観えています。防波堤・・・。

2016051503.jpg
廃墟!?。

2016051504.jpg
三津口港の防波堤。
この防波堤は、太平洋戦争中に輸送船として製造された、コンクリート船なのです。
写真左側が第一武智丸、右側が第二武智丸。武智丸1号・2号といったところでしょうか。

さぁ、探検です。
※この探検は、危険が伴う為、自己責任にてお願いします。

船首側から武智丸を見る。
2016051505.jpg
当たり前ですが、アンカーを巻き上げるように設計されています。
船首甲板部分に、当時の面影を伺わせるような、アンカー用の鎖の通り道が存在します。

鉄筋コンクリートの塊ですが、当時は海に浮かぶことが出来たのですね。
ある意味、凄い技術だと思います。
2016051506.jpg
塩害による風化は、かなりのスピードで進んでいるように見えます。
本当に危険なので、足元にはかなりの注意が必要です!。

透き通ったエメラルドグリーンの海水。
2016051507.jpg
船底を覗き込むと、肋骨の様な構造体が張り巡らされています。
この様な光景を、四国にお住まいのとあるハンター乗りさんは、喜んで見入ってしまうのではないでしょうか?。

2016051508.jpg
歴史の証人。
この丸窓から観える景色は、いつまでも平和で穏やかな瀬戸内海であってほしい。


目的のコンクリート船の見学を終えると、急にお腹が空いてくる。←いつものパターンだ(笑)。
ここ三津口港の近くに、ミシュランガイド広島2013に掲載されたラーメン屋さんがあるという。

その名は『一村(いっそん)』さん。

店先には、店内に入れない方々が順番待ちをされている為、お店を発見するのは容易。
2016051509.jpg
私が注文したのは、チャーシューメンの大盛り(900円也)。

スープは鶏白湯と魚介のWスープ。
とんこつ醤油に慣れ親しんでいる広島の方ならば、魚介スープの味が際立っていることが分かると思います。
添加物を一切加えない自家製麺と化学調味料を使用しないのが特徴のラーメン。
このことを踏まえると、この量で、このお値段ならば納得出来るのではないでしょうか。
欲を言うと、スープがもう少し多ければ、大満足なのですけどね♪。

と、少し通ぶってみましたが・・・。
庶民な私は、麺がどぉーんとあって、スープがおりゃぁ!ってな具合でしたら、どのようなラーメンでも良いのです(汗)。


空腹も満たされ、次なる目的地の野呂川ダム。
2016051510.jpg
スカイウェイブに喰われそうなタイカブ(笑)。
カブの中でも、このタイカブは大きな部類に入ると思っていたのですが、さすがに中型バイクと比べると小さいですな。

人生初の『ダムカード』なるものをGetです。
2016051511.jpg
ものすごくマイナーなダムからスタートしたのが、私らしい?。

このダムに近い場所にある、野呂川キャンプ場。
2016051512.jpg
今後のキャンプを考え、偵察中のeddyさん。キャンプ場の状態を観て、満足されているようでした。
eddyさんにとって、このキャンプ場は、中国地方ツーリングの中継地点となるのでしょうかね?。

2016051513.jpg
そして、コンビニ珈琲にて、珈琲休憩。(激汗)
休憩後、eddyさんは自動車道&高速道路で、次なる目的地へ。私は、そのまま帰宅となりました。

押し掛けツーリングとなった今回。
eddyさんの人柄にも助けられ、楽しく過ごすことが出来ました。
走行距離は約120kmと少なかったのですが、それ以上に、会話を楽しむことが出来たので、大満足です。
eddyさん、またよろしくお願いしますね♪。


岡山進出の第一歩。

熊本地震で被災された方、避難されている方にお知らせです。

アレルギーにお困りの方は、『災害支援のお知らせ。』のページをご覧ください。
熊本県内のお風呂情報は、雨ガエルさんのブログのこちらのページをご覧ください。





中国地方には、山口県、島根県、鳥取県、岡山県、広島県の五県が存在します。
今まで、中国地方のいろいろな場所をバイクで走行していますが、なぜか岡山県だけ走ったことが無いのです。
そこで、今回のツーリングでは、カブブログ界のプリンス、じゅえるくんの領地、岡山県をこっそりと覗いてみようと思います。


4月23日の土曜日のこと。
朝霧が立ち込める中、午前7時前に岡山県に向けて出発します。
前日の天気予報では、晴れのち曇りとのこと。雨の心配はないので、カッパを積載せずにタイカブにまたがります。

岡山県の道路事情を熟知していない為、一般的なルートを選択。
国道二号線で岡山入り。その後、岡山市街を通り抜け、国道250号線を備前方面へ進みます。

ここで、原付二種で国道を走行していて気になることがあります。
『バイパスが通行可能かどうか』ということ。ペースの良い道路では、いつも不安になりながら走行しています(汗)。
広島県東部には、『三原バイパス』、『尾道バイパス』、『松永道路』、『赤坂バイパス』があります。
バイパスをすべて避けて走行している私。この中で、原付二種が走行可能なバイパスはあるのでしょうか?。
往路では、赤坂バイパスを走行したような気が・・・。


さて、そんな不安と闘いながら、自宅から4時間半掛けて到着した場所。
2016042301.jpg
レストラン ツモロさん。
こちらのお店は、国道250号線沿いの上道北方という場所にありますよ。

着座して即注文。
2016042302.jpg
メニュー名『ハンバーグ』。←私は分からなかったので、『大きなハンバーグ』と言ってしまいました(笑)。

牛肉100%のハンバーグ。
何と言っても、この大きさがビックリするのですよっ!。
目測ですが、直径が12~13cm、厚さが3~4cmはあるのではないでしょうか。
肉汁たっぷりの巨大ハンバーグにナイフを入れると、ボロボロと崩れ落ちる挽き肉たち♪。
変な味付けは一切なし。お肉の旨みを引き出すソースのみで楽しませてくれます。

2016042303.jpg
小皿のように見える(笑)。
これを完食出来れば、まだまだ若い(笑)。
もちろん、私も完食しました。ただし、食後に珈琲を頂きましたけどね。

ちなみに、このハンバーグは、ごはんとサラダ付きで、お値段税込1,000円なりっ!。衝撃プライスです!!!。
アフターの珈琲は300円ね。

食後は、しばらく動けません・・・。

・・・。


店内で珈琲を飲みながら、ツーリングマップルを眺める。
復路は、国道二号線と並走する、国道180号線と国道486号線、そして国道313号線を組み合わせてみる。
このルートは、渋滞箇所はあるものの、ハイスピードではない為、カブで走行するのには適しているのではないでしょうか。

少し寄り道♪。
岡山市街を抜け、国道180号線から国道486号線を結ぶ、県道270号線(吉備路)を走ります。
道路周辺には、いくつかの古墳がある吉備路。

そんな中、ひと際目立つ五重塔。備中国分寺です。
2016042307.jpg
岡山県内の五重塔は、ここだけだそうですよ。

駐車場にカブを停め、お寺の周りを散策します。
2016042304.jpg
天気が下り坂なのか、湿度が高い。少し歩くと、体が熱くなってくるほどです。
そんな中、革ジャンを着て歩いているのは私だけ。

高さが34メートルある五重塔は、国の重要文化財とのこと。
2016042305.jpg
近づいて観ると、重厚で立派な造りなのです。

ガイドさん曰く、
今月の29日(金)からGWの期間中は、五重塔の扉が開かれ、塔内の仏様を拝めることが出来るそうです。
ちなみに、この期間は『吉備路れんげ祭』も同時に開催されます。
2016042306.jpg
咲き揃ったれんげと五重塔を眺めながら、のんびり過ごすのも良いかもしれませんね。


午後2時半過ぎ。
空模様が怪しくなってきたなと思っていたら、雨がポツポツと降り出してくる。
本日は、カッパを持って来ていない。
天気予報が悪い訳ではない。カッパを持って行かないと最終決断した私の責任だ。

バイクに乗っていると、責任の重さということが、身に沁みてわかるような気がします。
少しの判断ミスでも、大事故に繋がりかねないのですから。


順調に国道を走行し、山の中を走って帰宅する予定だったのですが、いつの間にか福山市街へ。
そして、国道二号線に戻される・・・アレッ?(汗)。
広島県東部と岡山県内の道路を把握する必要があるようです。

コンビニにて珈琲休憩。
2016042308.jpg
雨に打たれるタイカブを見つめながら、コンビニ珈琲を飲む。

尾道付近で、雨は本降りとなってきます。
身体は冷えてきますが、走っていることが楽しくなってくる。まっすぐ家に帰れば良いものを、再び山の中を走り出す(笑)。
雨に濡れながら走るのも、バイクならではの楽しみ方ですよね。

そんなM的な楽しみ方を学んだ今回のツーリングの走行距離は、約350kmでした。
さぁ、いよいよGWに突入しますよ♪。


はしごカレー。

ご近所にあるスーパーマーケットで開催されたガラガラ抽選会。
コロンと赤玉が出てきてビール6本セットが当り、ご満悦なきゅーでございます。


11月15日の日曜日のこと。

昨日の大雨が嘘のような青空で、すがすがしい朝を迎えています。
しかし暑い!。革ジャンを着て、少し歩くだけでも汗ばむほどの陽気な一日でした。
20150111501.jpg
定番?の『潜水艦あきしお』とカブの写真。

午前10時30分でしたが、
『てつのくじら館』や、対面にある『大和ミュージアム』は、多くの観光客の方で賑わっていました。
呉の代表的な観光スポットですからね♪。

しかし、今回のツーリングは、『はしごカレー』ということもあり、呉海自カレーを楽しむことが最優先!。
大和ミュージアムには脇目も降らず、呉海自カレー発見に全力を尽くします。


いろいろな場所で配布されている『呉海自カレー』のパンフレット。
20150111502.jpg
私は、てつのくじら館でパンフレットを入手しました。
早速、パンフレットに記載してある事項について確認し、呉海自カレーを求めてカブ発進だ。
朝ご飯を食べてきているのに、既に空腹状態になっている私(汗)。そりゃ、太るよ・・・。

パンフレットを眺めていると、カレーを提供しているお店が密集している場所があります。
20150111503.jpg
『れんがどおり』
アーケード街のれんが通り周辺には、徒歩で移動可能な距離に、数件のカレーポイント(笑)が待ち構えています。
はしごカレーを行うには、好都合な場所なのです。


ヒトヒトマルマル、作戦開始ぃ~♪。

最初に伺ったお店は、れんが通り南口付近にある『多幸膳』さん。
店内に入るとズラズラっと並ぶ鉄板テーブル。そうです、このお店はお好み焼屋さんなのですよ。
お好み焼屋さんと気が付いて、海自カレーを注文することに少し戸惑いましたがね(汗)。
20150111504.jpg
鉄板の上に置かれる『呉基地業務隊牛すじカレー』。
どのご家庭でも味わえそうな感じの普通においしいカレーです。『お母さん、おかわりぃ~』と言いたくなるようなカレーです♪。

ペロリと完食。私の胃袋は、まだまだ次のカレーに挑める状態です。


さぁ、二件目に挑みまする。
ヒトヒトサンマル、開店と同時に店内に飛び込みます。
カレー専門店『カレーのマスター』さんです。
20150111505.jpg
こちらの海自カレーは『いずしまカレー』。
パンフレットでは、濃い色に写っているカレーですが、実際には写真の様な明るい色のカレーです。
トマトの酸味の利いたチキンカレーで、私のタイプ!。一目惚れならぬ、一口惚れですわ♪。


さて、勢いついて三件目に行きます!。
20150111506.jpg
大量に落下している銀杏を避けながら北西に進路をとります。
ヒトヒトゴマル、『シティプラザすぎや』というホテルに到着。
ここでは、『おおすみ』のカレーを食べることが出来るのですが・・・。

お昼前ということもあり、1Fにあるレストランには空席はありましたが、満席に近い状況。
ホテルから出発されるお客様をバスに案内されている年配の従業員さんに海自カレーを尋ねたところ、
満席を強調され、丁重に断られました(泣)。
いちげんさんだしねぇ、時間帯が悪かったかな・・・。撃沈です。

ホテルにて提供されている海自カレーを食するには、時間帯に気を付けたほうが良いみたいですね。


しかし、これで火が付いた私。胃袋の燃焼も良くなってきたようだ!。
どこか入り易そうなお店はないかな?とパンフレットを眺めていると、あった!あったよ!!。

『居酒屋 利根 本店』さん♪。
店名からして、居酒屋だけど海自カレーならばお昼でも大歓迎的ではないですか!。
20150111507.jpg
ヒトフタマルマル、起死回生であります。

こちらの海自カレーは、その名も『護衛艦とね 特製キーマカレー』。←そのまんまじゃね。
香ばしさが、何ともたまらない風味を醸し出しています。このカレーも病みつきになりそうですよ。
ご主人さんも感じの良い方のようでした。満足満足。

ヒトフタフタマル、無事作戦終ぅ了ぅ~♪。
どっぷりとハマった呉海自カレーを堪能できた『はしごカレー』。

最後に、おいしい珈琲で〆たいと思います
20150111508.jpg
海軍さんの珈琲でお馴染みの『昴珈琲店』さん。れんが通り南口にお店はあります。
お店には、ひっきりなしにお客さんが訪れてくる。ツーリング途中に寄られている方もおられましたよ。

店頭では、珈琲の販売もされています。
20150111509.jpg
休憩中の一杯も良いのですが、食後の、特にカレーの後の珈琲は格別ですな。
店先で、くつろぎながら頂く一杯。良い感じです。

20150111510.jpg
呉に行ったのに、大和も潜水艦もそっちのけで、カレーオンリーとなった今回のツーリング。
そんなツーリングでしたが、満足度数は高かったように思えます。
海沿いをただ走っただけのツーリングの走行距離は、約80kmと少なめでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

あとシール2枚で『海上自衛隊 ピンバッチ』が貰えるのだ♪。

紅葉ですか?。

お天気が下り坂に向かっているような気配を感じる、11月1日の日曜日のこと。

晴れなのか曇りなのか、この日の上空様は、はっきりしない性格をお持ちのようだ。
ならば、自ら道を切り開き、突き進むのみ。スッキリさせてもらいます。
2015011201.jpg
本来の姿『軽量コンパクト仕様』なタイカブ。

車体が軽くなるだけで、アクセルにリニアに反応するカブになったようです。
走っていて、アクセルのオンオフが楽しくなるのですよ。

軽さは正義!なのでしょうか?。


軽量コンパクトな車体、Newタイヤ、紅葉シーズン、山道。
Newタイヤのテストライドを兼ねたツーリングには、ベストな組み合わせです♪。

久々に押し入れに眠っているデジイチ用の三脚を取り出し、リュックに押し込みます。
この三脚が大きくて重いので、最近ではあまり持ち歩いていませんでした。

広島市から少し北へ外れ、中国山地の入り口に差し掛かった午前11時前。
気温は8℃と表示されています。

紅葉散策を楽しむ場所は、この場所からもう少し山の中にあります。
このままでは、体力を奪われてしまうと判断。
戸河内にある『大黒』というラーメン屋さんで、早めの昼食をとります。
2015011202.jpg
広島ラーメンの定番?醤油とんこつの『だいこくラーメン』。

ラーメンはあっさりしている醤油とんこつですので、食べやすく、おいしかったです。
小ぶりなお椀に入ったラーメンなので、おやつ感覚でスープまで飲み干しました。←大食漢の方は物足りなく感じると思います。
これで、エネルギー充填完了です。


私が紅葉散策として向かった場所は、広島市近郊の紅葉スポットとして有名な『三段峡』です。
三段峡は、広島市中心部から100kmも無い場所にある、紅葉の綺麗な場所なのです。

ただし、気軽に行けるが故、この日も紅葉散策に訪れる方が多かった。
紅葉の見ごろを迎えた三段峡駅と少し上流にある深入山入り口付近の駐車場は満車状態(汗)。
私はカブで訪れたので、道端に止めて散策しても良かったのですが、人の多さに散策する気が失せてしまう。

深入山を通り過ぎ、山中で冷え込む上流にある『三ツ滝』を目指します。
2015011203.jpg
落葉が進んでいる為、人があまりいません♪。

この日の目的は、『Newタイヤのテストライド』と『デジイチを楽しむ』の二つ。
三脚を立てるため、あまり人がいないほうが良いのですよ。

では、パシャパシャとシャッターを切っていきます。
2015011204.jpg
三ツ滝から撮影開始。
久々に三脚立てたり、シャッタースピードをいじったりで、あたふたしてましたわ。
普段のスナップ感覚とあまり変わらない感じがしますけどね(汗)。

落ち葉や滝の水しぶきで濡れた細い山道を気を付けながら歩きます。
2015011205.jpg
散策する方々が少ないので、リラックスして三脚を立てることが出来るのが嬉しい。
冬の訪れを感じさせてくれる落葉。それはそれで、良いのではないでしょうか。

落葉と同じく、私も年齢には勝てないみたい・・・。
2015011206.jpg
散策距離が伸びません。無理をせずに楽しむのがベストとなってきた年齢のようです。

午後2時前、深入山付近の気温は10℃!?。
2015011207.jpg
日中で暖かくならなければならない時間帯で、この気温ですから(汗)。
早めの撤収は、正解だったのかもしれませんね。

今シーズン、ラストチャンスにかけ、もう一度、中国山地を走ることが出来るのか?。
2015011208.jpg
それとも、おとなしく島巡りに移行するのか。悩みどころだ♪。

久々に三脚を立てて撮影を楽しめた紅葉?ツーリングの走行距離は約160kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
ゆったりし過ぎている、
お疲れ気味のおっさんです。

合言葉は
『おいしい珈琲は笑顔になれる♪』です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR