続 日本三大カルスト(この景色が観たかった編)。

標高1,300メートルに位置する今回のキャンプ場、『姫鶴平』。

夕方からは、徐々に風が増し、肌寒くなってきます。ジャケットを羽織ってちょうど良いくらいの気温。
テント内では、シュラフカバー&3シーズンシュラフにアンダーウェアという状態で快適に過ごせました。

そんな気候の中、今回ご一緒した、見近島の女帝『しあん』さんは、シュラフカバーのみの参戦!?。
『身体を丸くすれば、この寒さを乗り切ることが出来る!』と、しあんさん。
こ、これは、キャンプではないのですか?。なにかの、訓練なのでしょうか??。

しあんさん、ダイ・・ジョウ・・・ブカ・・・・ナ。Zzz。


翌朝。
2016072201.jpg
雲が多く、満天の星空を観ることが出来なかった夜。
しかし、この日の出を観ることが出来れば、大満足ではないでしょうか。

しかも、この雲海も一緒に見ることが出来ましたよ。
2016072202.jpg
朝日で赤く染まる雲海が素晴らしい!。
キャンプ場にある展望台から、この朝日と雲海を眺めることが出来ます。
キャンプ場使用料200円という激安さも魅力的な『姫鶴平キャンプ場』。また利用させて頂きたいと思います♪。


さて、朝食タイム。
ちゃとさんは、皆さんのパンをホットサンド焼き器で焼き、しあんさんは、おいしいスープを振舞う。
ホテルのモーニング?と思わせてくれるような朝食♪。おいしかったぁ♪。

そして私は、ひさびさに外で珈琲を淹れました。
2016072203.jpg
今回から、キャンプ道具を少なくするため、珈琲サーバを持ち込まないことにしました。
少しコツは要りますが、普段と同じ珈琲を淹れることが出来ましたよ。


雲一つない抜けるような青空となった7月18日の海の日
気温がぐんぐん上昇しているのが、肌に当たる日差しから伝わってきます。
2016072204.jpg
この日は、雲海の写真に登場している石鎚山を中心に、周辺の景色を楽しんで走ります。

キャンプ場を出発すると、石灰岩がいたるところにゴロゴロと出現。
2016072205.jpg
この撮影をしている後ろには、放牧されている牛さんたちがゴソゴソしています。
牛が道路のそばにいると、近づいては手を振るちゃとさん。『やぁ!』なのか、『おいしく育てよ・・・』なのか(汗)。


姫鶴平から東へ少し走ったところにある、天狗高原に到着。
2016072206.jpg
前方には、不入山(いらずやま)を観ることが出来ます。
この山は、四万十川源流の山とのことで、姫鶴荘の横からも観ることが出来るのですよ。

普段は、『綺麗な景色♪』と思うだけのツーリングなのですが、今回は違います。
今回のツーリングで、先導下さっているちゃとさん。大の山好きで、山フェチということが判明。今回初めて知りました(驚)。
学生時代は登山部だったこともあり、山から眺める景色の解説付き。充実したツーリングになりましたよ。
※ちゃとさんへ。私の山情報の記述に間違いがありましたら、お知らせください。


石鎚スカイラインを目指し、カブを走らせています。
前日と同じく、どこをどう走っているのかは不明(笑)。四国カルスト周辺には、何度も足を運ばなくてはなりませんね。
2016072207.jpg
途中、『福地蔵の湧水』を汲み、乾いたのどを潤します。
広島在住の私。広島のお水も決して不味くはありません。ですが、それ以上に、四国のお水はおいしいのですよ。
暑い夏のツーリングには、湧水を楽しみながらのツーリングも良いかもしれませんね。

クネクネ道をトコトコと快走中にルートを外れ、吸い込まれていくように脇道にそれて行く、ちゃとさん。
2016072208.jpg
『面河渓』(おもごけい)。
透き通った水、気が遠くなるような年月で窪みの出来た一枚岩。そして、切り立った断崖絶壁。
中国地方では観ることが出来ないような規模の自然を満喫できます。


さて、ここからは石鎚スカイラインを走ります。
この石鎚スカイラインは、急勾配の続くクネクネ道。非力なカブでは、根性入れて走ることになります。
一瞬で近付いてくる大型バイクも多く、後続車には十分注意が必要。
2016072209.jpg
石鎚山の南側に来ました。
キャンプ場から眺めていた石鎚山とは全く違う、尖った表情。ちゃとさん萌えまくりです(笑)。
前日の雨の影響か、ご来光の滝の水量も十分あり、迫力のある南尖峰でした。


トコトコペースで、石鎚スカイラインを上ります。
ちゃとさんのクロスカブ。足元をよく見ていると2速で苦しそうに上っているのが分かる。
リトルで走りたい・・・。そんな気持ちになってしまう私は普通ではないのかも(笑)。
ちなみに、今回使用しているタイカブでは、3速で楽々上っていきます。4速に入れることもしばしば。

土小屋手前の駐車場で、表情の変わった石鎚山に見惚れます。
2016072210.jpg
山というものは、このようにコロコロと表情が変わるのですね。まるで、うちの嫁をみてい・る・・ようだ。

土小屋の駐車場から、遠くを眺めます。
2016072211.jpg
瓶ヶ森と手前のこんもりとした山の子持権現山。その間を走る道にこれから向かいます。

道幅の狭いクネクネ道。
晴天の日曜日ということもあり、対向車両も多く、慎重な運転が必要となります。

かなり距離はあったと思うのですが、あっという間に到着した感じ。
私のすぐ左側には、こんもりとした山の子持権現山があるのです。日本昔話に出てくるような山なのですよ(笑)。
2016072212.jpg
石鎚山の全容を間近で観ることが出来るポイントが、この場所。
いろいろな角度から、石鎚山を眺めることの出来る、コースを走ることが出来ました。ちゃとさん、ありがとう。

そして、ここからの先導は、女帝しあんさん。
『野郎ども、私についていらっしゃい』といったところでしょうか(笑)。
落石箇所も多く、20cmくらいの石がゴロゴロと転がっている狭い道を綺麗なフォームで走り抜けていきます。
しあんさんの迫力が勝っているのか、対向車も避けてくれる。

今回のツーリングで私が希望した場所が二つ。
ひとつは、四国カルスト。そして、もうひとつがこの場所なのです。
2016072213.jpg
通称『UFOライン』と呼ばれる、この場所。
一番左側に写っている高い山は、自念子ノ頭(じねんごのかしら)という山だそうですよ。
ちなみに、私達は、その山の方角から走ってきていますので、Uターンして撮影しています。

ところで、なぜUFOラインっていうの?。
峰が有る→有峰→ゆうほう→UFOとなったとか、ならなかったとか。どうなんでしょうかね?。


さて、ここから下山していくのですが、ガソリンの残量が心配です。
ちゃとさんが予備タンクを持っているので、心配はいらないのですが、ここからはスーパーエコランモードで走ります。
2016072214.jpg
林道?を走り、伊予富士を眺め、国道に合流します。
下界は、かなり蒸し暑く、また山に戻りたくなってきます。それだけ気持ち良く走ることが出来る、四国カルスト周辺なのです。


景色に関してはお腹がいっぱいになったのですが、本当のお腹はガス欠状態。
案内して頂いたのは、マルブン小松本店。
2016072215.jpg
ピザとパスタのお店。
私達はタイミング良く入店出来ましたが、多くの方が入店待ちをされているようです。

2016072216.jpg
量も味もお値段も満足レベル。
『愛媛西条ナポリタン』。鉄板ナポリタンがご当地食となっているのでしょうか?。
セットで頂いたガーリックバケットもおいしかったです♪。

そして、なによりもおいしかったのがコレっ!。
2016072217.jpg
お冷。
決して、料理がおいしくなかったと言っている訳ではないのです。そんな、失礼なことは言いません。
これは、純粋にお冷がおいしいかったのですよ!。

『日本一おいしい天然水が飲める町』。それがここ愛媛西条なのだそうです。


走り、景色、食、そして笑顔。
すべてにおいて二重丸、否、はなまるをつけたくなるようなツーリングでした。
2016072218.jpg
ちゃとさん、しあんさん、ご一緒下さりありがとうございました。またね。


スポンサーサイト

続 日本三大カルスト(四国カルストに惚れる編)。

7月17日の日曜日のこと。

午前5時に自宅を出発し、四国は今治を目指します。
全ては、『四国カルスト』でキャンプをしたいが為。

今回のキャンプツーリングで御一緒下さる、ちゃとさんとしあんさんとは、今治市のサイクリングターミナルで待ち合わせ。
その後、四国カルストを目指しましょう!ということになっています。


さて、早朝に出発した私ですが、バケツをひっくり返したような大雨に遭い、全身びしょ濡れ状態。

上下ともメッシュウェアというのが、裏目に出てしまったようです(泣)。
合羽を着ても着なくても同じような状態ですが、一応合羽を着用。カッパの中で身体が蒸らされます(大泣)。

決定打は、大雨の国道2号線西条バイパス。
対向してくる大型トラックが跳ね上げる大波のような水しぶき。頭から浴びせさせられ、本当に大泣き。しかも連続技・・・。

そのようなことがありながら、しまなみ海道の終点が近づきます。
2016072001.jpg
来島海峡大橋。
この橋を渡ると、いよいよ四国本土入り。四国カルストツーリングの始まりです。

今治市に近付き、橋上からサイクリングターミナルを見下ろすと、カブを発見!。
全身びしょ濡れ状態で心が折れ掛かっていましたが、これから始まるツーリングに胸を躍らせます。

前方に原付道の出口が見えた・・・、その時!。
原付が原付道に入ってくる。
ハンターカブのようだ。四国はハンターカブが多いよなぁ~っと思いながら近づくと、特徴のある箱が視界に入る!。
2016072002.jpg
露天風呂戦士さんだ!。しかも奥様も一緒♪。
お互い『わぁー』『おおおぉおおっぉ!』という、変な声が出ていました(笑)。

見近島でのんびりしている時に出会うケースはありますが、このタイミングでこの場所というのは、なかなかありませんよ!。
ほんの短い時間ではありましたが、奥様にもご挨拶が出来、気持ち良く四国入りが出来ました。
ずぶ濡れのウェア類も、全て乾いたような気がします(笑)。


既に到着されていた、ちゃとさん&しあんさんにごあいさつをし、早速スタート。
スタートして間もなく、裏道に突入。しばらくは、道を覚えようと思っておりましたが、すぐに断念(笑)。
どこをどう通ったのかは分かりませんが、渋滞などは一切ありませんでしたよ。
秘密の場所に案内されるも、ルートを覚えていない為、私自身にも秘密にされたような気がします(笑)。

で、いきなり写真は、お昼過ぎの中華そば屋さんに並ぶ、シグナルカラーのカブ(笑)。。
2016072003.jpg
伊予市にある中華そばの『みかさ』さん。

鶏もつの入った中華そばです。
2016072004.jpg
好き嫌いというか、もつの臭いが苦手な方は受け付けられない中華そばです。
私は大丈夫でしたよ。おいしく頂けました♪。
ちゃとさんが食べていた『焼きそば』にも興味ありです。あんかけの焼きそばなのですよ。次回は焼きそばを頂きます。

ちなみに、おいしい中華そばを頂いたこの地は、カブブログ界のプリンス、じゅえる君発祥の地です(笑)。


雨で冷えた身体も温まったところで、走り始めるカブたち。
濡れた身体をさっぱりさせたい為、温泉に浸かってカルスト入りを目指します。
2016072005.jpg
クアテルメ宝泉坊。(グーグルマップで確認すると、私は今、国道197号線沿いを走っているのですね。)

カブの形も色も、キャンプの荷造りも三者三様。カタチにとらわれないのがカブの魅力。
あと、ブルーとピンクが揃えば、戦隊ヒーローものの完成だな。ピンクは決定ですけどね(笑)。


温泉でスッキリし、幹線道路を走っていたと思っていたら、いつのまにやら林道へ?。←入口すら忘れています。
誰も走っていないような道を走り、到着したのがこちら。
2016072006.jpg
坂本竜馬脱藩の道。韮ヶ峠(にらがとうげ)です。
土佐と伊予の国境。当時は相当な覚悟の上の決断だったのでしょうね。私はというと、かなり軽い・・・。

そして、今回のツーリングで、一番の秘密にしておきたい場所がこちら。
2016072007.jpg
敢えて、場所は伏せておきます。(もう少しカメラを振ると、場所が分かりやすいものが建っているのですけどね。)
この牧歌的な雰囲気は、観光地化されていない四国の良い所です。このままの四国であってほしい。

2016072008.jpg
振り返れば、雲が目線とほぼ同じ高さにあります。←誇大表現だ(笑)。

今まで走ったことの無い、四国カルスト周辺の道。
カブや原付でしか味わえないような幅の狭い道路ですが、それがまた楽しい。
大型バイクでは、全く楽しめないような道が続きます。
たぶん、地元のたかさんやぐぅだらさんは、走っている道が想像出来るのではないでしょうか。


この後は、前回の記事の写真の場所、姫鶴平(めづるだいら)キャンプ場にテントを張ります。
しあんさんのカレーフェス、ちゃとさんの味噌祭り、そして肉を焼いただけの私(汗)。
これまた、三者三様のキッチンスタイル。

しあんさんが用意して下さったのは、横浜で購入したカレーでしたよ。これがまたボリュームがあって尚且つおいしい!。
横浜のどこで買ったのでしたっけ?。

そして、ちゃとさんの用意して下さった味噌もおいしかった。何という味噌だっけ?。
どこで売っているの?という私の問い掛けに、しあんさんとハモりながら『スーパー』と答えてくれた、ちゃとさん。
確か、しまなみ海道の伯方島のスーパーにもあるはずだ。


キャンプ場の炊事場の水道が故障中ということで、使える水道は、姫鶴荘裏のトイレ横の手洗い場しかない状態。
水を汲みに行くのも一苦労でしたよ。
酔っぱらいのちゃとさんが、酔拳状態でボールに水を汲んで歩く姿が笑えたけどね。

気圧の関係で、チョコの入った袋が破裂し、食材がチョコまみれになっていた、ちゃとさん。
カレーやご飯を温める為に湯を沸かしているのですが、度々、ひっくり返す、しあんさん。
頭が悪いのか、タープを固定するロープに何度も躓く私。
てんやわんやな状態でしたが、笑いが絶えない晩餐でしたよ。←写真を一枚も撮っていないけどね。

翌日の晴天を予感させるような夕日に見惚れます。
2016072009.jpg
そして、四国カルストキャンプツーリングは二日目に突入です♪。


続 日本三大カルスト。

2016071801.jpg
7月17日の日曜日18日の海の日の二日間。四国カルストでキャンプを楽しんできましたよ♪。

前回ツーリングでお邪魔した、日本三大カルストのひとつ、山口県の『秋吉台』
それに続いての『四国カルスト』ツーリングなのです。


広島市と四国カルストの『位置関係』は、このような感じです。

ただし、ツーリングルートは地図上のルートとは、全く違います。

広島から四国の今治までのルートについて。
行きは、忠海からフェリーで大三島の盛港、そしてしまなみ海道を渡り、今治入り。
帰りは、しまなみ海道を走破し、尾道入り。そして広島市内へカブを走らせました。


四国のルートについて。
今回のキャンプツーリングでご一緒して頂いた、ちゃとさん、しあんさんのお二方。
地元のお二方が先導下さったということもあり、裏道、抜け道、林道、農道とバリエーションに富んだツーリングルートとなりました。
今回のツーリングでは、幹線道路よりも、これらの道の走行距離が多かったのですよ。
この三連休で、渋滞に巻き込まれると思っていた私でしたが、おかげさまで、渋滞どころかStop&Goもほとんどないルートでした。

この二日間の走行距離は約640kmでしたが、疲れもなく楽しめたのも、このお二方のおかげです。
ありがとうございました。


ちなみに。
トコトコと景色を楽しみながらのツーリングでしたが、そこは四国のツーリングコース。
2016071802.jpg
タイヤもこの通り。四国の道は、最高だねっ!。

続 日本三大カルストの1日目はこちらからどうぞ♪。
続 日本三大カルストの2日目はこちらからどうぞ♪。


プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR