なべの季節ですよね。

2016112701.jpg
Dream SUPER CUB typeX NABESTYLE

初冬を迎え、寒さで体を震わせながら足早に駅に向かわれている通勤通学の方。
その方々をも振り返らせる独特なスタイル。

それが、鍋スタイル(笑)。


寒いこの時期には、暖かい鍋を食べたくなりませんか?。
2016112702.jpg
しかも、おそとで(笑)。

各地域で継承されてきた食文化。
その地域(とち)ならではの食材とその食材を生かした調理方法で鍋を作る旅。
『きゅーのとち鍋放浪記』
いよいよスタートですっ!。

っと言いたいところですが、私にはそこまでの料理の知識も技量もない為、市販のスープで調理します(激汗)。
暖かいなべを食べることが出来れば、それで良しということで勘弁して下され。


11月26日の土曜日の事。
前日の天気予報では、晴れのち雨という極端な天気。午前中は良いお天気のようだ。

早朝に身支度を整え、いつのも出勤時間に出発です。
2016112703.jpg
到着したのは、ご近所の『柳瀬キャンプ場』。無料キャンプ場で良い環境です。

このキャンプ場は私の通勤路にあり、通勤時にはキャンプ場横に掛かっている橋の上から、いつも様子を伺っています(笑)。
自宅から近すぎる為か、私はこのキャンプ場でテント泊をしたことがありません。
テント泊をする時は、何らかの理由で自宅に帰ることが出来なくなった場合ではないでしょうか。
特に、きゅー奥のご機嫌斜めの時などですかね・・・(汗)。


小学生の低学年まで五右衛門風呂だった実家。湯を沸かすのは私の仕事でした。
その為か、『オガライト=暖かい』と思っていたのですが・・・。そうでもない(汗)。
大量に燃やして丁度良い暖かさになる感じです。やはり、暖をとるならば薪か炭が良いようですね。
2016112704.jpg
おかげで、自宅に放置していたオガライトを今回の焚火でいっきに消費出来ました。

水筒に入れた暖かいお茶を飲みながら、コトコトと音を立てる鍋と炎を見つめる。それだけで幸せだ。
2016112705.jpg
蓋を開けると、前が見えなくなるほどの白い湯気と食欲をそそる良い香りで私を包みこむ。
あぁあっぁっぁぁっぁぁっぁ、最高っ!。

今回の鍋は『豚肉の旨辛鍋』。甘辛く煮込んだ鍋ですよ♪。
もちろん、最後にはうどんを投入。3~4人前はある量ですが、ぺろりと完食しました。


意外とスタイリッシュなタイカブさん(笑)。
2016112706.jpg
落ち葉と鍋というのが画になるのかな。

ただし、使用後の汚れた鍋を積載すると、キャンプバッグが汚れてしまいます。
2016112707.jpg
滑り止めシートを鍋の下に敷くなど、鍋の固定方法をもう少し考えたほうが良いみたいですね。
きゅー奥は、『鍋を被って走れば』なんて言っていますが・・・。


今回の鍋料理で、陰の功労者と言えばコレかな。
2016112708.jpg
クレンザー。
マケンと言った方がピンとくるのは、私と同年代かそれ以上の方。
ペースト状にしたマケンを使用前の鍋に塗ることによって、使用後のお手入れが楽になります。

別に鍋の汚れなんて気にしない。
なんて我が家で言うと『もう外で鍋なんてしなさんなっ!』ときゅー奥に一喝されますよ。

きちんと手入れをし、大事に使用していることで現れてくるものが『ヤレ』であって、決して『汚れ、さび=ヤレでは無い!』と鼻息荒く私に語っていました。
な、なにがあったんだ、きゅー奥よ。

2016112709.jpg
この様な感じで良いですかね?。
これで、次回もおいしいなべ料理を頂くことが出来るかな♪。

2016112710.jpg
早朝から大人の火遊びで楽しんだ私ですが、お昼前になってもこの青空。
このままどこかに行きたい気分を押し殺し、我が家に帰宅。

こんなカブ遊びも良いかもしれませんね♪。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

おっさんのひとり遊び。

曇り空ではありますが、時折、青空も顔を覗かせている空模様。
天気予報では、降水確率50%の愚図ついた天気の一日となると言っていたのに・・・。

雨が降っていないではないかっ!。

キャンプに行けたのに・・・。
そう思いながら空を見つめていた私。そして、背後から聞こえてくる、『残念だったねぇ~♪』の声。
振り返ると、笑みを浮かべながら近づいてくる嫁さま。
くっ、くそぉぉぉぉおぉlっぉぉぉお!!!!!。


そんな悔しい思いで朝を迎えた3月27日の日曜日のこと。

この日、嫁は姪っ子とお食事に行くらしい。
『お昼は、どこかで済ませてきて』とあっさりと言われ、出ていく嫁・・・。オ、オイ(呆)

贅沢なものを食べてやるっ!と思っても、お財布の中身が寂しい私(泣)。

あっ!。
こういう時こそ、おっさんのひとり遊びがあるではないですかっ!。

飯炊きツーリングですよ。飯盒炊爨ですよ。


サクサクっと準備を済ませ、お昼前に出発。
2016033001.jpg
ご近所にある『南原峡(なばらきょう)キャンプ場』を目指します。

前回の飯炊きツーリングに比べ、コンパクト化に徹してみました。
2016033002.jpg
身に着けているものは、カメラのみのスタイル。
水2リットル、飯盒、ラジオ、イスをリトルカブに積載しています。
テーブルなどは持って行かず、本当にスッキリしている姿に仕上がっているリトルです。


南原ダムにて。
2016033003.jpg
なぜ、この時期&天気で海岸線には行かず、南原峡という寒い所を選択してしまったのか(呆)。
お昼にもかかわらず、気温は9℃です。このあとも気温は上がらず、時々、雨に見舞われてしまいます。

あっという間に南原峡キャンプ場に到着。
2016033004.jpg
この日は、雨が降ったり止んだり。しかも風が強く、湯を沸かすだけでも大変そうな天候です。

その様な天候の中、小人数ではありますが、登山やウォーキングを楽しまれている方々がおられました。
2016033005.jpg
このような悪天候でも、登山を楽しむことが出来る人って・・・。私を含め、ヘン○イさん達の集まりなのですね(笑)。

駐車場から、少し見上げると、鉄骨造の建物が目に入る。レストハウスらしい。
2016033006.jpg
さすがにこの天候では、屋外よりも屋根がある建物内で飯炊きを行いたい。
レストハウスを独り占めし、ラジオで野球中継を聴きながら、飯炊き準備に取り掛かる。


水の大切さを感じながら、米研ぎを終える。
2016033007.jpg
『ミニ焚火台』一本勝負。
今回は、ミニコンロもガスも持って来ていません。このミニ焚火台の可能性を探ります。

便利なキャンプ道具で楽しむのも良いものですが、限られた道具で楽しむのもアリかと思います。
ブログでお世話になっているキャンプの先輩の『のじゅくさん』は、缶コーヒーの空き缶で、ご飯を炊かれていました。
その様な姿に憧れている自分がいます。


風が強く、気温9℃の南原峡キャンプ場。
風よけは、その辺に転がっている石をコンロ周りに置くことで対応します。

飯盒から湯気が噴き出すまでに、固形燃料を二つ使用しています。
三つ目の固形燃料に点火し、少し加熱したのちに、コンロから飯盒を下す。

蓋を開けて炊き具合を確認。
ひと目で炊けていないのが分かるくらいのごはんでした(汗)。
この気温と風では仕方がないと自分に言い聞かせながら、蒸らしに掛かります。

今日のメニューは、カレーです♪。
2016033008.jpg
いなばのタイカレーです。缶を温めるだけですけど、なにか?。

缶の温め方は、湯煎が正しいのでしょうが、コッヘルを持って来ていない為、直火で行います。
固形燃料は、火力が弱い為、缶を温めるには丁度良かったかもしれません。

缶を温める5分ぐらいの時間で、ごはんの蒸らし時間を終了します。
蒸らし時間が足りないのは分かっていますが、米を炊き始めて、既に1時間弱が過ぎようとしている為、我慢が出来ませんでした。
しっかり炊けていないし、これで良いのですよ(笑)。

以外とおいしそうに見える、即席タイカレー♪。
2016033009.jpg
タイカレーは、クリーミーな味付けで旨しっ!。

ごはんはというと・・・。
モシャモシャ、ガリッ!?、ゴリゴリ・・・(汗)。芯が残るという以前の問題です。
他人に食べてもらうわけでもなく、自分が食べるのですから、これはこれで、良い味に思えてきます。←強がりだ


おっさんひとり、風に吹かれながら、食後の珈琲を頂く。
2016033010.jpg
自宅のキッチンから持ち出してきた、ゴールドブレンド(笑)。
日本のインスタントコーヒーは、素晴らしい出来栄えですよね。本当に、そう思っています。

午後三時過ぎ。
2016033011.jpg
珈琲で、少し身体が温まったのですが、雨も落ちだしてきた為、帰宅します。
春とはいえ、まだまだ寒さの続く山中。ツーリングには向いていないかもしれませんね。


帰宅後、嫁が『珈琲、持って行った?』と聞いてきました。
珈琲を飲もうと思っても、ゴールドブレンドがキッチンにない為、飲めなかった!というクレームでしたよ。

そして翌日・・・。
2016033012.jpg
嫁が小さなゴールドブレンドを買ってきた(笑)。


家出de飯炊き。

早朝からゴソゴソしている私に対し、嫁が一言。
『早よぉ、飯を焚きに行ってきんさい(怒)』。

いつからなんだろ?、広島弁がカワイイと言われ始めたのは・・・。


12月6日の日曜日のこと。

ちょっと、家出します(笑)。
20150120701.jpg
木箱にいろいろと詰め込み、デジイチと手さげ袋を両肩に掛けて、いざ出発。
カブだから出来るスタイルでしょうか?。

ハンドルカバー廻りの養生。
20150120702.jpg
Duckyさんから、ハンドルカバーに依るハンドルキズ対策のアドバイスをいただきました。
なので、『ラップぐるぐる巻きの刑』。これで、ひと安心でしょうか♪。

家出場所は、自宅から10km弱の場所にある、『柳瀬キャンプ場』です。
20150120703.jpg
誰もいないキャンプ場。
はっきりとしない天気ですが、なぜか心は晴れやか(汗)。

雨ガエルさんから頂いた『ミニ焚き火台』のデビュー。
20150120704.jpg
一合米にサンマのかば焼きの缶詰をぶち込んで炊き上げます。
固形燃料二個連続で着火。後はホッタラカシの飯ごう炊さん♪。

素早く調理出来ない固形燃料。
まったりした時間を楽しむには、良いアイテムかもしれませんね。
20150120705.jpg
椅子に腰かけ、ラジオを聴きながら、焚き火を眺めて過ごします。
何もしない時間の使い方が、一番の贅沢っ!。

年寄りの私の胃にやさしそうな、焚き飯の出来上がり(汗)。
20150120706.jpg
飯ごうに入れる水の量が、多過ぎたみたいだ。
失敗も、笑って楽しむことが出来るデイキャンプ。次回、飯ごう炊さんを行う時には、水の量に気を付けよう。

蜜たっぷりの焼き芋も出来ましたよ♪。
20150120707.jpg
ネスカフェゴールドブレンドも大活躍(笑)。
最近、紅茶にハマっている嫁さん。珈琲を飲まないと思い、キッチンからビンのまま持ってきました。
帰宅後、『お昼に珈琲を飲みたかったのに!』と嫁に怒られましたけどね・・・。

とにかく、ぼぉーっとラジオを聴きながら過ごした、飯炊きデイキャンプ。
20150120708.jpg
こんな、休日の過ごし方も良いものだ♪。


プロフィール

きゅー

Author:きゅー
ゆったりし過ぎている、
お疲れ気味のおっさんです。

合言葉は
『おいしい珈琲は笑顔になれる♪』です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR