念願のシガーソケット取付。

最近、スマホでスナップショットを楽しんでいる私。
手軽にパシャパシャと撮ることができ、しかも画像が綺麗なのですよね♪。デジイチの出番がなくなってきそうな予感。

ですが、弱点が無い訳ではありませんな。
ガラケー時代は、気にしていなかったバッテリー消費。
スマホに変えてから、バッテリーの残量が気になり、落ち着いて電話すら掛けることが出来ません(汗)。。

知らない土地でソロツーリングを楽しんでいる時。
特に夜間走行を強いられる時に、バッテリーの残量がなくなってしまったら・・・。

実際に昨年のカフェカブ九州では、キャンプツーリングを楽しんでいた時にバッテリー不足を経験しました。
途中までご一緒してくださる方がおられたので気分的には楽だったのですが、全く不安が無かったという訳ではありませんでした。
九州の山奥で、はぐれてしまっていたらと思うと(怖)。


その様な事もあり、『充電設備を考えないと!』と思っていた今年の初め。
見近島でキャンプに集まった方々が、当たり前のようにシガーソケットをカブに取り付けているではありませんか!?。

キャンプ仲間のちゃとさん曰く、『赤いところ・・・電源・・・とればいいよ』と、簡単に説明される(笑)。
『ブログなどで取付方法は閲覧できるよ』ということで、私もいろいろな方の取付記事を読まさせて頂きました。

で、密林にて購入♪。←ヤマトのお兄さんをきゅー奥に気付かれずに捕獲(笑)。
2017020101.jpg
購入したのは『DCステーションシングル・ツー』という商品です。

開封後、商品を隅々までチェックしたのですが、隙間もなく綺麗な仕上がりでした。
やはり、中国製と聞くだけで、チェック項目が増してしまいますよね(汗)。


商品も揃い、いよいよ取り付け作業の開始です。
取付に関しては、他の方々がブログ等にupされていますので、検索してみてくださいね。
2017020102.jpg
ちゃとさんの言われていた『赤い・・・』を発見。

2017020103.jpg
ごちゃごちゃやって、接続だ。

2017020104.jpg
取付場所は、ネットキャリアに輪っかの部分を絡ませただけ♪。

大粒の雨が降ってきた時などには、シガーソケット本体を輪っかから取り外す予定。
防水タイプのシガーソケットですが、キャリアバッグに収納すれば、直接雨に打たれなくても済むしね。
これで耐久性は増したか!。

シトシトと雨の降る、1月29日の日曜日
2017020105.jpg
無事にシガーソケットを取り付けることが出来ました。
『充電中』という文字がスマホの画面に映し出された時は、飛び跳ねるほど嬉しかったな♪。

これで、バッテリーを気にせず遠出が出来ると喜んでいた私に、きゅー奥が一言。
『何日も家出が出来るね。(ニコッ)』と・・・。

その笑みはナニ?。そして、家出ではなく『旅』なのですが(汗)。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

スプロケについて。

未来の私へ。
スプロケについての覚書として、こちらに記録しておきます。


最近、タイカブで走っていて、『もうひと伸び欲しいな』と思ってしまう時があります。

自動車が多い街中では、気持ち良く走ることが出来るのですが、ツーリングなどで、交通の流れが良い郊外を走行している時には、タイカブが辛そうに唸っています。
パワーはあるのに、アクセルを開けられない状態。
もう一速上の5速があれば、タイカブが楽になるような感じなのです。

タイカブ。
2016052402.jpg
タイカブといえば、『WAVE』を想像される方が、多いのではないでしょうか。
私もそのひとりです(笑)。

タイカブ兄弟。
2015101812.jpg
向かって左側がDream、右側がWAVEです。

以前、on&offさん所有のWAVEとご一緒した時のこと。
直線を軽やかに伸びるWAVEに驚きました。本当に、ばびゅーんっ!という感じだったのですよ!?。
ノーマル仕様のWAVEで、この走り。しかも、燃費が私のDreamよりも良いのです。


WAVE125Dream125
どこがどう違うのでしょうか???。

本日、バイク屋さんに寄ることがあったので、店長さんに聞いてみました。
(私の理解不足の為、以下の記述に誤りがあるかもしれません。)

Dream SUPER CUB typeXは、Dream SUPER CUBの110ccエンジンをエンデュランス製125ccにボアアップしたもの。
それに対し、WAVE125は、全てが専用設計。エンジンも全く別物なのですね。

そして、気になっていた走りと燃費について。
一次減速比、二次減速比など、私にとっては難しい言葉が店長さんの口から出てきましたが、なんとなくイメージ出来ましたよ。

DreamとWAVEでは、スプロケと4速ギアの枚数が違うようです。
Dreamは、ドライブが14丁、ドリブンが37丁。WAVEは、ドライブが14丁、ドリブンが36丁。
4速ギアが2枚違うとのことで、ざっくりとドリブン側で5,6枚の差があるそうです。

そこで、チェーン交換時にドリブン側はそのままで、ドライブを『15丁』にしてみようと考えています。
私の場合、カブに求めるものの一つとして『キャンプ道具をしっかりと運べること』というものがあります。
加速が鈍くなりすぎては、困るのです。

ところで、未来の私よ。このカスタムは、いつやるの?。


補助灯、実戦投入。

4月10日・11日の日曜・月曜日。
ここ広島市では、先進7カ国外相会合(G7)が開催されます。

広島市中心部では、既に警戒態勢が整っているようです。
春の全国交通安全運動と重なり、白黒パンダさんが多いこと多いこと(汗)。

重要な外相会合ですので、要人警護のお邪魔にならぬよう、私も協力させて頂きたいと思います。

えぇ、広島市内から脱出しますよ。そして、テントをどこかに張る。
これは、国家の為、否、世界の為なのです!。
決して、私利私欲な行動では無いということを、声を大にして言いたい(汗)。


そのような、にわかキャンパーな私。
先日開催されたキャンプでは、少しだけ顔を覗かさせて頂きました。
深夜のしまなみ海道を走ることになったのですが、そこで活躍したのが、以前、タイカブに取り付けた補助灯です。
2016031801.jpg
ジェントス『閃(セン)355B』。

自転車用ライトとして使用されている方々が多いのですが、厳密にいうと、ただの懐中電灯です。
前照灯でも、フォグライトでもありません。


深夜のしまなみ海道は、外灯が少なく、走り慣れている方でも、オットットとなり得る恐れがあります。
2016040601.jpg
特に、海岸線から離れた生活道路の走行時には、道に迷っていないか不安になり、泣きたくなってくる時もあります。

補助灯のみ点灯させてみます。
2016040602.jpg
因島大橋が、外灯で薄らと浮かび上がる時間帯。
対向車のいない深夜のしまなみ海道。海岸線ということもあり、真っ暗な中、カブで走行します。

ハイビーム&補助灯の相性が良いみたいです。
2016040603.jpg
アイドリング状態で撮影している為、若干、ハイビームが暗くなっています。
ハイビームで照らしている範囲とカブの車体との間の暗くなっている部分を補助灯で補います。

深夜の原付道は、とても走り辛い。
真っ暗な道もさることながら、各橋に通じる原付道の道幅が狭い!。
2016040604.jpg
アクセルを少し回し、エンジンの回転数を高めにしています。
カーブ走行時でも、路面を全体的に照らすことが可能になったため、不安感が無くなります。

補助灯のおかげで、気持ちに余裕が生まれ、リラックスしてカブを運転することが出来ました。
このようなリラックスこそ、安全運転には必要不可欠なのではないでしょうか。


補助ライト。

滅多に夜間走行をしない私。
若い時に比べ、視力や運動神経が落ちてきている為、事故に遭う確率が高くなっているというのが、その理由。

しかし、どうしても走らなければならない時もありますよね。
ロングツーリングの為、深夜早朝に出発しなければならない時や、ツーリング先で道に迷い、帰宅時刻が遅くなった時。

それが、外灯で道路が照らされているような市街地ならば良いのですが、人里離れた山中にあるキャンプ場付近や、真っ暗な海岸線を走行する時には、涙が出てきそうな思いになります。


先日、お会いしたブロ友のじゅえる君。
2016030112.jpg
深夜走行が大好きな彼?(笑)。
視界を確保する為、強力な補助ライトを前カゴの下に取り付けてありました。

ロングライドで、しまなみ海道に到着されたDuckyさんも、補助ライトの取付用ステーは装備されていました。
補助ライトは外されていましたけど・・・。←なんでだろ?。

そういえば、しあんさんも補助ライトを装備されていましたね。


ということで、私も補助ライトを装着しました。
2016031801.jpg
自転車用ですけど(笑)。
ジェントスの『閃(セン)355B』という、電池式のコンパクトなライトです。

取付は、至って簡単。
2016031802.jpg
既存の壊れた電波時計を取り外します。←屋外で使用していた為、寿命が短かったなぁ・・・。

その場所へ、バーブラケット(通称ちょびハン)を取り付け。
2016031803.jpg
ちなみに、ちょびハンのカラーは、シルバーとブラックがありますよ。

そして、ライトのパイプホルダーを取り付ければ出来上がり♪。
2016031804.jpg
電源は乾電池を使用するので、配線いらずで、手間いらず♪。


夜間の試走を行ってみました。
このライトは、スポットビームからワイドビームまで無段階で調整が出来るようになっています。
2016031805.jpg
タイカブのロービームと補助ライトのスポットビームを併用。
ロービームで照らされる地面とカブとの間が暗い為、その場所を補助ライトで補うようにしました。

格段に明るくなったということはありません。
ですが、今までボヤけて照射されていたところが、くっきりと路面を照らしているように思えます。


この状態で、照明が全くないクネクネ道を走ってみました。
路面を照らす明るさが今までとは違う為、安心して走ることが出来ました。
パイプホルダーもしっかりと固定され、照射される場所がブレることはありません。

2016031806.jpg
ウインカーの点滅も、補助ランプの光で遮られることなく、対向車の位置から確認出来ます。


お値段や手間の割には、効果が期待できた今回の補助ランプ。
しかし、気になる点が無いこともないのです。

それは、『この明るさが、どれくらいの時間、持続するのか?』ということ。

バッテリーから電源を取っているのではなく、単4型乾電池を3本使用するだけのこのライト。
最大の明るさを長時間維持することは、期待出来ないのではないでしょうか。

兎にも角にも、明るくなったことには変わりはありません。
これで、フェリーに乗り遅れて、真っ暗なしまなみ海道を走ることになっても、安心して帰宅することが出来そうです(笑)。


バイク用タイヤチェーン。

再び積雪があるのかないのかわからない今シーズン。
調子に乗って、ポチッとしてしまいました(汗)。

2016020501.jpg
YUTAKAスノーチェーン。バイク用のタイヤチェーンです。

商品到着後、部屋でタイヤチェーンを広げて一人ゴソゴソしていると、ドアのそばに立ちこちらを見ている嫁。

『っ!?』。

『はぁ?。チェーン、購たん?。(呆)』←ハッ、ハイ・・・。
『・・・。新聞配達のバイトに行ってきんさい。朝、早ようから起きとるんじゃけぇ(怒)』←早く起きるのは加齢によるもので・・・。

お世辞にも、あのPerfumeさんたちのような可愛らしい広島弁ではありません。
他県の方が聞かれると、喧嘩をしているのかと思わせるような、優しい広島弁で諭されましたよ(激汗)。

そっと、箱にしまっておこう・・・。


購入後に気が付いたのですが、このタイヤチェーンには『ノーマルタイヤ用』と『スノータイヤ用』が存在します。
私が購入したのは『225/250-17』のノーマルタイヤ用。←あらら
なんとか装着出来ましたので、無駄にはならなかったのですが、次回購入するときには気を付けたいと思います。
また、怒られるところだったよ。


スノータイヤ&タイヤチェーンでフル装備な私のタイカブ。
しかし、タイヤチェーンを使用するような豪雪地帯や、カチコチガタガタ道となった圧雪路面を走行することはないと思います。

お守り代わり購入したようなものですから。

備えあれば憂いなし。
(普段から準備をしておけば、いざという時に何も心配がないということ。)

ですが、いざという時には、倉庫の中に眠っていたというケースもあるかも。
タイヤチェーンって、意外と嵩張るのですもの・・・。



追記です。
Shinさんからスノータイヤのサイズに関してコメントを頂きましたので、追記致します。

現状の後輪サイズは、下記のとおりです。
ホイールは、純正サイズ 17×1.60-1.4。
スノータイヤは、前後とも『IRC SN12』の2.5-17インチです。

ちなみに、タイカブの後輪の純正タイヤサイズは、80/90-17となっています。
2.75-17インチに近いタイヤサイズですね。


現在使用中のスノータイヤに、YUTAKAの『ノーマルタイヤ用』のチェーンを装着した場合、
チェーン接合部(引っ掛かるところ)が、最大になっています。
チェーンは少したるむ感じになっており、もうひとコマ少ない位置で引っ掛けたいのですが、余裕がないみたいです。

新品同様の前輪に、同チェーンを装着させてみました。
2016020503.jpg
若干余裕がある感じで、装着可能です。

このYUTAKAのチェーンは、ホイールに締め付ける為のチェーンバンドが必要無いようですので、
走行中に、ホイールからタイヤチェーンが外れないか、少し不安です。


ブレーキロッドとの干渉について。
2016020502.jpg
ブレーキロッドとタイヤチェーンの干渉ですが、私のタイカブでは心配無いようです。

Shinさんは、2.5-17インチのスノータイヤを購入されたようですので、現在お持ちのチェーンを装着されてみては如何でしょうか?。もし装着不可ならば、スノータイヤ用の『2.5-17S』をご検討下さいませ♪。

この程度の追記ですが、ご参考になれば幸いです。


プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
注意事項
ブログ内容及び写真の転載・無断使用は禁止です。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
お知らせとお願い
当ブログでは、相互リンクをおこなっておりません。 また、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR