カブ目線deおさんぽだ♪。

2017061901.jpg
JR西日本の可部線が延伸され3ヵ月が経ちました。
延伸区間に出来た新駅の『河戸帆待川駅(こうどほまちがわえき)』と『あき亀山駅』前を毎朝通るのですが、通勤通学の方々で賑わっていますよ。
必要とされていた区間ということを再認識させられます。


さて、6月18日の日曜日のこと。
梅雨入りしたはずなのに、その気配は一向に感じられないくらいの青空が広がっています。
しかも夏本番が訪れたと思わせるくらいの暑さだ。

午後になり、自由に使える時間が出来たので、お散歩に出掛けます。もちろんカブでね(笑)。
お散歩ルートは少しでも涼しい場所をと言うことで、川沿い&山中を選んでみます。

いつもの太田川沿いから国道191号線へ。
自動車の流れには乗れず、動くシケインと化しているリトルさん。それでもカワイイのですよね(笑)。


さて、オープニングでお話した可部線延伸区間。
延伸区間の先はと言うと、廃線のままの状態となっています。
廃線跡には駅舎や線路、駅名票などがモニュメントとして残っているのですよ。

その中でも、憩いの場として有名な廃駅があります。
その名も『安野駅(やすのえき)』。ここは、桜の名所としても有名なのだ♪。
2017061902.jpg
シーズンオフと言うこともあり、自由にひとり撮影会が楽しめます。

国道191号線を北に向かって走っていると、右手(トンネル手前)に丸太がたくさん積み上げられている木材市場が現れます。
その木材市場前を通り過ぎ、道なりに進むと廃駅の安野駅が現れますよ。
2017061903.jpg
サイクリングを楽しまれている方々の休憩場所としても使われているようです。
近くに太田川が流れ、国道191号線から少し外れた場所にある為、休憩場所としては最適だと思います。

2017061904.jpg
味のある木製電柱。
外灯が良い雰囲気を醸し出しています。この外灯が点灯するならば、夜間の雰囲気も良いかもしれませんね。

2017061905.jpg
車両内には入ることが出来ませんでしたが、当時の雰囲気は味わえたような気がします。


時刻は午後2時過ぎ。
写真撮影に夢中になり過ぎ、レールに蓄積された熱によってお尻が火傷しそうになってしまった私。
リトルに乗って涼まねば!。
2017061906.jpg
安野駅から北に少し進むと、太田川にかかる沈下橋の『程原橋(ほどはらばし)』があります。

ちなみにこの程原橋は、通行規制基準なるものがありますよ。
人及び自転車、電動カーまでが通行可能とのこと。自動車類は通行できないということですのでご注意をっ!。

2017061907.jpg
程原橋から、太田川を覗き込む。
鮎釣りを楽しめる川というだけあり、水は澄み切っていますよ♪。

国道191号線を走るのも良いのですが、川を挟んで反対側の誰も通らない旧道?を走るのも良いかもしれません。
2017061908.jpg
と言うことで、自動車一台分の幅員しかない太田川沿いの道を走ってみたいと思います。
砂利や苔で滑る恐れがある為、慎重にリトルを走らせる。
炎天下の国道191号線よりも、草木で覆われているこの道の方が、気持ち良く走ることが出来たかな♪。

少しの区間ではありましたが、先程の太田川沿いの道を楽しみ、再び国道191号線へと戻ります。

加計(かけ)からは、国道191号線から国道433号線へ。
国道433号線にある加計の商店街には、シャッターの締まったお店が多い。
そんな中、唯一と言っても良いくらいお客さんがひっきりなしにやってくるお店があります。

たい焼屋の『よしお』さん。
2017061913.jpg
私の前には、たい焼きを購入待ちする人もいます。
そして、私はと言うと・・・。たい焼屋さんでたい焼きではなくソフトクリームを注文してしまいました(笑)。

2017061909.jpg
そのまま、国道433号線を進みます。徐々に酷道という文字に見えてきたのは私だけ?(笑)。

人の話し声は聞こえてこない。
聴こえてくるのは、用水路を流れている水の音と、ウグイスやセキレイといった小鳥の合唱くらいだ。

2017061910.jpg
酷道433号線に突入だ。

ここから3km強は、普通自動車がギリギリ通れるくらいで、離合箇所が無い道になります。
杉やヒノキ、赤松で陽射しが和らげられている酷道433号線。
対向車もなく、のんびりと時間が流れているような道です。道路の真ん中には、マムシがひとり?お休みになっている。
私が通りかかっても、飛び上って襲ってこないのです!?。

それにしても、このいろいろな木の混ざり合った香りがたまらなく好きです。

2017061911.jpg
その後は、道の駅『どんぐり村』で休憩し、夕方早めに帰宅しました。



本日のルートと位置関係はこのような感じです。


2017061912.jpg
走行距離は約110km。意外と距離を走ったツーリングとなりました♪。

原付だからこそ、満足できる道。カブだからこそ、楽しめる道。
そして満足感。
普段目にしている風景も、カブ目線で角度を変えて観てみると絶景に見えてくるものですね♪。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

雪中のオートバイ神社に行ってきた。

2017021101.jpg
2月11日(土)の建国記念の日
広島県北部にあるオートバイ神社に行ってきました。

前回訪れたのは、昨年の12月。
オートバイ神社の横には、おいしい『しょうが肉うどん』を食することが出来る長笹楽山さんがあるのですよね。
このうどんは、本当に旨いのだっ!。
ということで、参拝&雪見うどんをたのしもうツーリングのはじまりです♪。


大寒波再び!という予報だったのですが・・・。
2017021102.jpg
除雪作業と凍結防止剤のおかげで、私の住む地域では、ご覧の通りの路面状況。

気温は低いのですが、積雪もなく、安心して県北に向かって進むことが出来ました。
それにしても、目の覚めるような冷たさ、否、痛さと言ったほうが良いのでしょうかっ!。
冷気が顔に突き刺さります(泣)。


転倒覚悟の今回のツーリング。
なので、服装もそれなりのものをチョイスしております。
プロテクター入りのジャケットにライダーパンツ。もちろん胸部&脊髄パッドも入っていますよ。
カッパの上下で保温効果を保ち、グローブも冬用バイクグローブ。

そして、足元はというと・・・。
2017021103.jpg
ゴム長(笑)。
冬用ブーツも良いのですが、これがカブらしいでしょ♪。


さて、折角、スノータイヤに交換したのですから、雪上を走りたくなりますよね。
2017021104.jpg
誰も走っていないような場所を見付けては、走ってみる。そんな衝動に駆られてしまいます。
特に、雰囲気の良い場所では撮影大会(笑)。

太田川沿いの道から国道191号線に出るも、綺麗に除雪されている為、普通のツーリングとなっております。
しかし、大寒波の到来と言われているだけのことはあり、道路沿いの積雪量は、県北に進むにつれ増しています。
特に、県道301号線に移ると一面真っ白な雪景色ですよ。
2017021105.jpg
ふわふわの新雪の中に突っ込み、もこもこ中のタイカブさん。

大型の除雪車が、隅から隅まで綺麗に除雪していきます。
とはいえ、ノーマルタイヤでは危険過ぎますよ。私も一度、フロントが逃げて転倒しかけました(汗)。
最低でもスノータイヤに交換されていたほうが良いですね。
隣県にお住まいのプリンスは、スパイクタイヤを履いているから、もっと奥まで行くのかな・・・。気を付けなよぉ。

さて、県道を外れてオートバイ神社目掛けて上り坂を駆け抜けます。
2017021106.jpg
徐々にイイ感じになってきました♪。
ちなみに、ここまでバイクとはすれ違っていません。もちろん郵政カブにも。

12月に訪れたオートバイ神社。
『場所は覚えているだろう』と思っていたのですが、走り進むにつれ自信がなくなってきてしまう。
歳のせいでしょうか・・・。

2017021107.jpg
なんとなく記憶を辿り走っているのですが、一面真っ白な雪で覆われている為、記憶と違う風景に戸惑ってしまいます。
しかも、静まり返った林道に入っていますよ。徐々に不安に駆られていく私(汗)。

そんな私を助けてくれたのがタイカブさん。
ゆとりのパワーにスノータイヤの組み合わせで、上り坂でもグイグイと進んでいく。
それだけでも、気持ちが楽になるものですね。

四差路になり、加計方面に向かう道は、全く除雪されていません。
2017021108.jpg
この先にオートバイ神社があったのかどうかも覚えていない私。
少し進んでみるも、積雪20cmの雪に行く手を阻まれてしまいます。
郵便配達の方が、『レッグシールドに雪が当たるくらいになると、前に進まないよ!』とおっしゃっていたことを想い出します。


『オートバイ神社は、違う場所だったのかな?。』そう思いながら、来た道を下っていきます。

民家がポツンポツンと点在しているなか、お庭の除雪作業をされている方を発見!。
オートバイ神社の場所を尋ねると、先程の四差路をそのまま直進すると良いとのこと。
加計方面への除雪されていない道路は進んではいけないよ!と驚かれてしまいました(笑)。

その方の言われる通りに道を進むと、一枚目の写真の赤い鳥居が観えてきたのです♪。
いやいや、ホッとしましたよ。

参拝を終え、おたのしみのしょうが肉うどんの時間です。
2017021109.jpg
長笹楽山さん♪。

雪見うどんは、ひとり占めだっ!と大喜びで入口に近付いてみると・・・。

2017021110.jpg
がぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁっぁぁ~ん。

2017021111.jpg
ドンマイ、タイカブ。どんまい、わたし。

上空からは、大きな雪が降り出してきました。
白銀の世界に暖かい国の乗り物である黄色のタイカブが一台。イイ味を出しているのかな。

2017021112.jpg
平野部に戻ってくると、青空が広がっている広島。
お昼過ぎに帰宅。凍結防止剤が気になり、即行で洗車し、次なるツーリングに備えます。

しょうが肉うどんは食せませんでしたが、ふわふわ新雪の林道を楽しめたので良しとしよう。
そんなツーリングでした♪。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

オートバイ神社に行ってきた。

2016121404.jpg
お、お、大型バイクに囲まれてる・・・(汗)。


以前、lovecubさんがモトコちゃんで訪れていた、北広島町の長笹地区にあるオートバイ神社に行ってきました。
実はこちらの神社ですが、職場から然程遠くない場所にある為、ツーリング気分を味わえないと思い敬遠していました。

12月11日の日曜日の事。
早朝、自宅でゴソゴソしていると、いつもの如くきゅー奥から『どっか行ってきんさい!』と(笑)。
自宅付近は青空が広がり、気温も低くなく、12月とは思えないようなツーリング日和♪。

カッパも持たずに、きゅー奥のお古のジャンパーを着込んでトコトコと出発だ。

ですが・・・。
走り出して20分も経っていないのに、このような雰囲気。
2016121402.jpg
雨が降り出し、一気に身体の熱を奪っていきます。

『このまま先に進むべきか、それとも後退するべきか。』

後ろを振り返ると、既に雨雲に囲まれている状態だ。前方には、少しではあるが雲の切れ間から青空が覗いている。
上空の風の流れは速く、雲が西から東へとかなりのスピードで動いているのが分かります。
『バイクにバックギアはついていないぜ!』なんて、カブでいきがってみるもの良いと思いまして、このまま前進することにします。


大粒の雨でなかったのが幸い。
しっとりと頭のてっぺんから足のつま先まで、濡れている感じ。
乾燥肌になりやすいオッサンの年齢となった私。この雨で、良い感じに潤っていきます(笑)。

まもなくオートバイ神社に到着というところで、青空になりそうな気配。
2016121403.jpg
天気雨と言えば良いでしょうか。青空が見えるのに、雨がしとしとと降ってきています。
田んぼに降りていた霜は、お日様に導かれるように上空へと舞、そして消えていく。この季節独特な景色がそこにはあります。

2016121405.jpg
土砂降りにも遭わず、無事、オートバイ神社に到着した私。

そんな私の目に飛び込んできた光景はと言いますと、あの一枚目の写真の状況なのです。
普段はガテンなお仕事をしているオッサンでも、この光景にはビビってしまいます(汗)。
ハーレーなどがズラズラズラァ~っと並んでいるのですから。

2016121401.jpg
オートバイ神社。別名は楽山神社で、学業成就・健康祈願など、広く参拝出来るそうですよ。

このオートバイ神社のお隣(同敷地内)には、軽食が楽しめる『長笹楽山』という空間があります。
実を言いますと、この場所は広島や福岡などでハーレーやBMWを取り扱っている『(株)バルコム』が運営しています。
道理でハーレーやBMWのバイクが多いと思いましたよ!。

これだけ多くのバイクが停まっているのだから店内も満席であろうと思い、食事を諦めて帰宅しようと思っていたその時。
店内から出てくるライダーの方から、『食事が終わったから、どうぞ』とお声をかけて頂きました。
ツーリング部隊の方々の食事終了と時を同じくして私がオートバイ神社に到着したみたいですっ!。

さぁ、食事だ♪食事だ♪。
2016121406.jpg
長笹楽山さんでメインメニューの『しょうが肉うどん』。

しょうががたっぷり入ったこちらのうどん。寒い季節にはモッテコイの身体が温まるうどんです。

しかも、私の想像していた肉うどんとは違い、かなりおいしい肉うどんだったのですよ。これは嬉しい誤算。
お肉は牛すじ肉なのですが、じっくりと煮込まれて、口の中でとろけるくらいのトロトロ感。
6時間コトコトと煮込み、翌日には味を付けながら再び煮込むという作業。
その煮込んだ牛すじ肉の味に合わせた、甘辛く仕上げている出汁も嫌みが無くスッキリとしていて良い感じだ♪。
これで税込800円!。リピート確定です。

アフターには、もちろん珈琲を。
2016121407.jpg
苦みのある珈琲でしたが、スッキリとした味わい。これ旨しっ!。

ちなみにこちらのお店では、オートバイ神社のおみくじや絵馬も売っていますよ。
2016121408.jpg
ひとつ500円だったかな?。

同敷地内にはビンテージバイクも置いてあるとのこと。
2016121409.jpg
こんなのや。

2016121410.jpg
あんなの。

2016121411.jpg
これに。

2016121412.jpg
それと。

2016121413.jpg
私が一番気にいったバイクは、こちらのダート車両。私が乗ると、滑りっぱなしのコケっぱなしだろうけどね(汗)。

食事中に雨が降っていたようですが、帰宅時には綺麗な青空が広がっていました。
2016121414.jpg
もしかして、神様に見守られているのかな?。きゅー奥には、行動を見張られていますけど・・・(苦笑)。


とにかく、しょうが肉うどんと珈琲がおいしかった、まったりツーリングでしたっ!。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

落葉ツーリング。

二週間前に立冬を迎え、冬の入り口に立っていたこちら広島。
このまま寒くなると思いきや、再び暖かくなってしまった11月20日の日曜日のこと。

身体が気温の変化についていかないよ(泣)。


早朝、珈琲片手に全国の紅葉記事を読んでいると、あることを思い出したのですよ。
週の初めに、ローカルニュースにて紅葉の見頃が日曜日までと放送していたことをね。

時刻は午前8時過ぎ。
前日の雨を引きずっているのか、山の中は霧雨状態。
2016112001.jpg
この時期の中国山地入口では、冷え込んでいてもおかしくない時期のはず。
ですが、この日は秋ものグローブ&グリップヒーターで丁度良いくらいの気温でした。
電光掲示板には16℃という文字が見えたぐらいですから、暖かい一日だったのには間違いありません。


沈下橋の橋上で苔に足をすくわれ、危うく太田川の餌食になりそうだった私とタイカブさん(激汗)。
紅葉を求め、中国山地をもう少し徘徊します。

日曜日早朝の時間帯は、中国山地を目指して走行している自動車は少ない。
ですが、この日は紅葉シーズン期間中ということもあり、ズラズラズラァ~っと自動車が並んでいましたよ。

山の中を小一時間走り、国道186号線沿いにある大歳神社に到着。
その神社の境内には、県の天然記念物であり樹齢1,100年を超える巨大な銀杏の木があるのです。
『筒賀の大銀杏』だ。
2016112002.jpg
高さ48M、周囲の長さは8.2Mという巨木です。

毎年、綺麗な色に染まるこの巨木を観ようと意気込んでいる私。
今年もその望み叶わず、落葉となった姿の大銀杏を観ることになりました。
2016112003.jpg
ですが、落ち込むことはありません。
落葉直後に観ることが出来る、地面を覆い尽くすほどの黄色い絨毯に出会えたのですから♪。
考え方ひとつで、幸にも不幸にもなるということでしょうか。良い感じで、お姉さんも写り込んでくれたし(笑)。


霧雨状態は続いています。
大銀杏を後にし、広島では有名な避暑地の吉和を通過します。
指先が痛くなるくらいの寒さを覚悟していたのですが、電光掲示板では『14℃』という表示。この時期としては暖かい。
2016112004.jpg
暖かいとはいえ、落ち葉やマンホール、橋のエキスパンション部などのトラップもあるので要注意っ!。

こちら吉和には、広島市内から近い場所にあるスキー場の『めがひらスキー場』があります。
女鹿平山の山頂付近から、薄らと白い帯が流れているのが分かりますかね?。
2016112005.jpg
12月3日(土)オープンに向け、準備をされているようです。
人工造雪機を使用しなくてもスキー場を運営出来るくらいの積雪があれば良いのですけどね。
ライダーとしては、雪が降って欲しくないような欲しいような(悩)。

2016112006.jpg
軽くて小回りの利くカブだからこそ出来る、わき道・裏道漫遊記。
わき道が視界に入ったら、即Uターンし悪路に突入です。←後方車両には十分に気を付けてくださいね。
トタン箱も良い感じにガタン♪ガタン♪と音を立てていました(笑)。


お昼前に道の駅『スパ羅漢』で休憩。
大型バイクばかり駐輪している中に、遠慮がちにタイカブを停めます(笑)。
駐輪している大型バイクを観て『¥マーク』が脳裏に浮かんでくるのは、なかなか治らないみたいだ。
バイクドミノなんて起こしたら大変だもの。
出来るだけ大型バイクには近づいて停めないようにしています。無理ならば、車両の角度を変えて停めたりもしますよ。

さて、休憩後はというと。
ガソリンタンク内は空になりかけている状態。タイカブも私も空腹の為、いつもの珈琲豆屋さんを目指します。
2016112007.jpg
私にとっては秘密基地ではなくなってしまった『珈琲豆屋 大和』さん。

2016112008.jpg
ランチメニューのカレーセット(税込600円)とアフター珈琲を頂きました。
こちらのお店で用意されているメニューは、胃に優しい感じの素朴な味わいなので私は好きです。
刺激の強いものを求めてらっしゃる方には、物足りないかもしれません。

2016112009.jpg
霧雨の中の落葉ツーリングとなってしまいましたが、これはこれで自然を楽しめたツーリングだったと思います。
人間の思うようにならないのが自然の良い所。それを実感出来る乗り物がバイクなのですよね。


そんなポジティブ思考になったツーリングの走行距離は、約150kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

暑さに慣れろ!。

夏本番は、すぐそこまで来ていますよ!。
梅雨明け宣言が出されると、ツーリングにキャンプにと動き出したくなりますよね。

ですが、心配なのが熱中症による事故。
特に高温多湿のこの時期は、身体も慣れていないことから、熱中症が多発するとのことです。


普段、暑い屋外で仕事をしている私ですが、油断は禁物。
バイク乗車時は、歩行時の疲れと違う為、知らず知らずのうちに熱中症に掛かってしまう恐れがあるかもしれませんよね。
ということで、私も身体を暑さに慣らしていきたいと思います。

7月9日の土曜日。
ふらっと中国山地入口まで出掛けてきました。正午スタートですけど(汗)。
2016071001.jpg
天気予報では、昼から晴れマークになっていた広島ですが、このような空模様。
気温は『30℃』となっております。

服装は、吸水、速乾性の優れたインナーとメッシュジャケット&メッシュパンツ。
振動を軽減する為、厚底のライディングシューズに革製グローブを身に着けます。
カブには似合わない服装ですが、これも熱中症&疲労対策と言ったところでしょうか。

ルートはこのような感じで、クネクネ道はほとんどありません。


折り返し地点に設定した、道の駅『ゆめランド布野』に到着。
2016071002.jpg
青空が広がり、セミの鳴き声が聞こえてきます。

駐輪スペースにカブを停め、施設の方へ歩いていく私に、近付いてくる若者。
なにやら、手にはビラを持っている。『なにかの勧誘かな・・・(疑)』。
どうやら、広島大学の学生さんのようで、この日(7月9日)発売開始のアイスを宣伝しているとのこと。
2016071003.jpg
なんとなく、もやしもん・・・。否、オリジナルだよね(汗)。

道の駅ゆめランド布野、広島大学生物生産学部、三次市の産学官共同研究による、地酒の酒粕を使用した『酒粕アイス』。
『布野の酒』と『わかたの酒』の二種類のアイスが販売されています。
2016071004.jpg
こちらは『布野の酒』。
しっかりとした酒粕の味。かなり濃厚な味付けになっています。
甘いものが食べたいときには、良いかもしれませんね。

ところで、気になりませんか?。酒粕・・・。
私にこのアイスを宣伝してくれた若いお兄さんやアイスを販売されている方は、『運転に支障はありません』と言われていました。
販売されている場所が道の駅ですし、三次市も協力している訳ですから、間違ったものは販売されていないと思いますけど、少し気になります。
その点を、私たち消費者に分かりやすく説明下されば良いのですが、如何でしょうか?。

あっ、私ですか?。もちろん、ゆっくり休んで帰りましたよっ!。


帰路では、三次市にある高谷山展望所に寄ってみました。
2016071005.jpg
盆地の三次市が一望できる展望所です。

10月中旬から12月末には、霧が発生しやすく、この場所から霧で覆われた三次市を観ることが出来ます。
2016071006.jpg
まさに、霧の海が広がる場所なのですよ。

しっかり汗をかき、休憩や給水のタイミングを確認出来た、お散歩ツーリングの走行距離は約150kmでした。



やっぱり気になる酒粕・・・(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR