この土日のこと(初めまして編その1)。

人と人との繋がり、そして出逢いは本当に素晴らしいですよね。
出逢いは偶然、それとも必然なのでしょうか・・・。凡人の私にとっては、よく分からない事柄です。

ただひとつだけ言えることは、出逢いには『必ずきっかけがある』ということかな。


しまなみ海道ツーリングの記事の途中ですが、今回と次回は、この土日のことについて書いてみます。

ということで、9月2日の土曜日のこと。
この日は出勤日。平日同様、朝一から元気よく働いています。
日中、仕事にもかかわらずテンションが上がるには訳がある♪。

キャンプのお誘いを受けたから♪。

2017090201.jpg
職場から帰宅後、ササっと身支度を整えて、さぁ出発だっ!。
外灯の少ない太田川沿いを目指してパワフルなタイカブを走らせる。キャンプ場まで一っ跳びだ。

今回お世話になるキャンプ場は、ご近所もご近所の柳瀬キャンプ場。
そして、私を誘ってくださったのは、先月下旬に見近島でキャンプを楽しんだ時に知り合った『みちる』さん。
キャンプにお誘いくださり、ありがとうございました。

外灯の少ない柳瀬キャンプ場。
暗がりの中、何組かのキャンパーが思い思い楽しんでいる。
キョロキョロとみちるさん御一行を探しながら、キャンプ場奥へ向かってみます。
奥の方では灯りがポツンと点灯し、その付近からは笑い声が聞こえます。ココだっ!、参加人数は約10人っ!?。
この様な大人数の集まりに参加しても良いのだろうかと、ビビってしまいましたよ。

キャンプに参加されたほとんどの方とは初対面な私。にもかかわらず、親切にして頂きありがとうございました。
2017090202.jpg
暗闇でのテント設営後は、椅子に腰をかけ、空腹を満たすものを作って食べてみます。
ガーリックの香りがタマラナイ♪。

今回のキャンプは、どうやら個性的なメンバーの集まりのようだ。
ギターを奏でる方、クワガタと仲良くなった方、そして焼きマシュマロ職人の方など(笑)。
楽しく過ごせたキャンプでしたよ♪。

爺さんな私は、早めに就寝。
ファミキャンや花火の音がうるさかったようですが、爆睡モードな私だったみたい。
あっ、私のイビキの方がうるさかったかも(激汗)。

2017090203.jpg
そして、爺さんの朝も早い(笑)。

2017090204.jpg
珈琲を飲みながら、澄み切った空気の中に身体を預けます。
腰かけた椅子の中で、再び眠りにつきそうな空間。ご近所ということで、緊張感のないキャンプとなりました。

ふと早朝の空を見上げると、綺麗な青空が広がっています。
2017090205.jpg
流れゆく雲を目で追いながら珈琲を楽しむ。
それにしても、午後からは再び暑くなりそうな予感がします。朝晩は秋の気配を感じるのですけどね。

2017090206.jpg
今回、キャンプ場に泊まったのは、私を含め3人。

2017090207.jpg
今回のキャンプ主催者である、きっちゃんさん♪。
まだお若い20歳代前半の方なのですが、キャンプはベテランクラスだ!?(驚)

2017090208.jpg
みちるさん♪
リラックスして、キャンプを楽しむことが出来たのはこの方がいたおかげ。

2017090209.jpg
そして、今回のキャンプで理想とも入れるパッキングをされていた方。
それが、きっちゃんさん♪。

2017090210.jpg
全ての道具がコンパクト!。そして、丁寧に手入れをされていることが伺えます。
見れば見るほどコンパクトに仕上がっているリトルカブ。いろいろと勉強させて頂きました。
アレとアレ・・・。この二つは、ぜひとも手に入れたいと思います。

が、我が家には『きゅー奥』という手強い奥様がいる。
ここを攻略出来なければ、バイク&キャンプ用品購入なんて夢のまた夢だ(泣)。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

ご近所忘年会キャンプ♪。

仕事納めの12月28日の水曜日。
以前からブログでお付き合いのある『のじゅくさん』に、忘年会キャンプのお誘いを頂き、のんびりと楽しんで参りました♪。

場所は、ご近所の柳瀬キャンプ場だ。
私が到着したのは午後7時半。いつもの橋の下で焚火をしている方々を発見。
2016122901.jpg
恐る恐る近づき、『のじゅくさんの御一行ですか?』と尋ねる私。

そうですっ!。
のじゅくさんをはじめ、今回お会いする方々とは初対面なのです。
ブログでは以前からお付き合いがあるので雰囲気は分かっていますけどね♪。

想像していた通りのフレンドリーな方々だ。
テーブル&イスをセットし終わると、すぐに釜玉うどんが運ばれてくる!?。
ここからは、おもてなしムード炸裂です(笑)。

2016122902.jpg
参加者ののじゅくさん、かきさん、がっちゃんさんと、まったり旅話やバイク、そしてキャンプやキャンプ道具と話題の尽きることはありません。

そして、小腹がすくと、しょうがうどんに豚汁にと、温まる食べ物のオンパレード。しかも、出汁の取り方が本格的で旨いのよ。
とにかく至れり尽くせりなキャンプです。
私も、鍋を用意していったのですが、出番がなく終了しました。←出さなくて正解だったかもしれません。


おいしい食事でお腹が落ち着き、まったりとしていたら『湯が沸いたよぉ~』という声が聞こえる。
ん!?。と思っている私に皆が指さす。その方向にあるものはというと・・・。

2016122903.jpg
ドラム缶(笑)。

もちろんお風呂を頂きましたよ♪。
入浴中の写真もあるのですが、皆様に悪夢をお届けしてはいけませんので写真upは自粛させて頂きます(笑)。

灯光器で照らされる露天風呂周辺。
気温4℃の世界で真っ裸になる私。もちろん、周囲を覆い隠すようなものは用意されていません。
ちなみに、昼間の景色はこのような感じです。
2016122904.jpg
超開放的ぃ~♪。

ドラム缶の中を覗き込むと、湯にプカプカと浮かんでいる敷板。
この敷板を足で鎮めながらお湯に浸かっていくのですが、敷板をうまく鎮めることが出来ず悪戦苦闘。
片足を上げている真っ裸な私を取り囲む、おっさん連中・・・。傍から見ると異様な光景です(汗)。

『あつい、あつい』という私の叫び声に対応し、水を足してくれるのじゅくさんとかきさん。
やっとのことで、ドラム缶の中に入ることが出来そうになると、溢れそうな湯を慌ててくみ出すのじゅくさんとかきさん。
息がピッタリなのですよ(笑)。

さて、ドラム缶の露天風呂の感想ですか?。
これが最高に良いのですよ。お湯に浸かっている姿勢が独特なのですが、これが楽なのです!。
肩まで浸かることができ、ドラム缶全体から温められる感じなのです。いつまでも浸かっていたいと思わせるお風呂なのですよ。

ちなみにこのドラム缶風呂ですが、ただのドラム缶とは違います。
上部は綺麗にくりぬかれ処理がされているため怪我をすることはありません。
しかも、内部は特殊塗料を焼き付け塗装されているため、肌が触れても火傷をすることはないのです。
なので、もたれ掛っても大丈夫なのですよ♪。


皆さんに囲まれながら入浴中の私の前に、新たな参加者が現れます。
仕事帰りのヒロキチさんだ!。
この方も、以前からブログではお世話になっている方で、しかも今日が初対面。
はじめましてのあいさつがスーツ姿と真っ裸という・・・。記憶にも記録にも残る出会いでした(汗)。


ここで、ちょっとひと休み。
翌日、このドラム缶の中に溜まったお湯(お水)を排出するのですが、どの様な方法で排出するのかおわかりになりますか?。
ドラム缶にはコックなどはついておりません。ただのドラム缶です。おわかりになられた方はコメント欄にてご回答を♪。


今晩のテント泊は、のじゅくさんと私だけ。
かきさんは車中泊。がっちゃんさんとヒロキチさんは、帰宅されました。
2016122905.jpg
いつものように、メッシュが漢を感じさせるロゴスのテントで寝ることとします。
もちろん、フライは装着しますよ。

無風だったのが良かったのか、気温0℃にもかかわらず快適に過ごせることが出来ました。
スリーシーズンのシュラフにシュラフカバーの組み合わせ。貼るカイロを背中に一つだけというスタイルで十分でしたよ。
それにしても、気温0℃が暖かく感じてしまうって。(汗)


熟睡の後、朝を迎えます。
橋の上には、いつものように通勤の車が走っている。
2016122906.jpg
昨日の豚汁の残りに、うどんを投入。これまた旨しっ!。

そして、こちらも楽しんでいただきます。
2016122907.jpg
モーニングコーヒーです。あっ、ゴールドブレンドでは無いですよ(笑)。

焚火を囲みながら、バイク談義でお昼過ぎまでくつろぐおっさんたち。
2016122919.jpg
再び、カブプロで登場した、がっちゃんさん。

缶コーヒーの差し入れですよ。サービス良過ぎです!。
それにしても、綺麗なカブプロなんですよね。ボディーパーツも紺色から白色にすべて変更している凝った仕様です。
気になるのは、国産最終型なのですが走行距離がかなり少ないところなんですよねぇ~。

と、こんな感じで、柳瀬キャンプ場から全く動かなかった忘年会キャンプでしたが、楽しく過ごすことが出来ました。
のじゅくさん、そして参加者の皆様、お誘い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

追記。
今回のキャンプではこちらのガスボンベを投入しました。
2016122920.jpg
イワタニカセットガス パワーゴールド。
気温0℃でも、普通に使うことが出来ましたよ。

今回のキャンプ参加者の皆様は、ベテランキャンパーの方々。
その方々が声をそろえて、『このボンベは雪の中でも普通に使えた』とおっしゃっていました。
良い買い物をしたかな♪。少し高かったけどね。


今年のブログはこれにて終了です。
来年も元気な姿でお会い致しましょう。それでは良いお年をお迎えください。

まったりキャンプ。

行くぞ黒酢!でお馴染みの中華クロスカブさん。
2015102502.jpg
出張から戻られ、久々にキャンプを行うということで、私もお邪魔させて頂きました。

今回のキャンプは、中華さんのリハビリということもあり、近場での開催です。
私の自宅からは、1時間強で到着するという、見近島よりも便利なキャンプ場。
『野呂川ダムキャンプ場』です。←広島勢のホームになるのでしょうか???。


10月25日の日曜日
行くぞタイカブ!。←なにも掛かっていない・・・。
いつものように、修行スタイルで出発です。普段よりも若干、積載量が増しています。
2015102503.jpg
今回は寒さ対策として、
ミニコンロと炭、そして普段使用しているシュラフとは別にもう一枚、大きめのシュラフを持って行きます。
重ね着ならぬ、重ねシュラフなのです(笑)。これで越冬キャンプは可能なのでしょうか!?。


正午に自宅を出発した私。
まっすぐ、キャンプ地へ向かわず、いつもの珈琲豆屋さんで珈琲豆を購入してキャンプ場入りします。
2015102505.jpg
丁度、コーヒーを淹れたところだそうで。
試飲レベルではない珈琲の量とシフォンケーキのセット。い、頂いて、宜しかったのですよね?。
珈琲はもちろんのこと、シフォンケーキもおいしかったぁ。ありがとうございました。

そして、バイク好きの店長さんから、『乗ってみます?』と。
2015102504.jpg
KSRだ!。

もちろん、試乗させて頂きました。
何十年ぶりに乗る2stバイク。発進時に、いきなりエンストしましたよ(汗)。
ただ、走り出すと速い速い♪。チャンバーから奏でる乾いた音が、若かった頃を想い出させてくれます。
テンションが上がり過ぎて、お店の前を通り過ぎるところでしたよ(笑)。


さて、珈琲豆を購入したところで、目的地の野呂川ダムキャンプ場へ向かいます。
ご近所さんということもあり、途中で観光スポットらしきところを見付けられず、そのまま目的地に到着です。
2015102506.jpg
日中の気温は、キャンプに適している感じ。暑くもなく寒くもなくと言ったところでした。

今回のキャンプ参加者の皆さん。
中華クロスカブさん、オミさん、クロスカズさん、しあんさん。
そして、この方とは『初めまして』です。ご近所にお住まいでしたので、お会いしたかったのですよ。
2015102507.jpg
赤ヘルさんです。
会話が楽しい方で、しかも旅慣れされている!。魅力的な世界観をお持ちの方のようです。←言い過ぎ(笑)?。

皆さん揃ったところで宴の始まり。
2015102508.jpg
焚火やロウソクの小さな炎を観ながら、ボォーッと過ごすのも悪くない。
皆さんからご馳走を頂き、大満足。皆様、本当にありがとうございました。

そして、ウトウトモードに入り、宴から早々にリタイヤ。しかも、イビキで迷惑を掛けるという大失態(汗)。


何事もなかったかのように、早朝に起床。
2015102509.jpg
夜明けと時を同じくして、珈琲を淹れていきます。

日曜日の朝、そしてキャンプ場で過ごす朝。
その様な場所で珈琲を頂く。ちょっとした贅沢と幸せを感じます。

午前10時、キャンプ場を後にし、帰路につきます。
途中、信号待ちで、楽しかったキャンプの余韻にひたっていると、私の隣に停車する一台のスクーター。
と、いきなり『きゅーさんですか?』と声を掛けられ、おどおどする私(笑)。
ブログを見てくださっているとのこと。
このようなブログを見て下さり、本当にありがとうございます。←有力な情報も無い私のブログですが、宜しいのでしょうか?(汗)。


ただ、まったりと過ごした今回のキャンプ。
焚火を囲んで、皆さんとお話しするだけで、日常のストレスから解放されたような気がします。

またキャンプしましょうね。

今回のキャンプツーリング?の走行距離は、約100kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR