同タイプのリアタイヤに交換だ。

2017091101.jpg
9月9日の土曜日のこと。
朝からお天気は良く、ツーリング日和となったこの日。
先月から、日本海側でキャンプを行う予定を組んでいたのですが、どうも遠出をする気がしない・・・。

ということで、この日は車庫にて気になっていたリアタイヤの交換を行いました。
2017091102.jpg
スリップサインが出ているリアタイヤですが、センターの溝が無くなるまで使えるのでしょうか?。
タイヤのサイドはヒゲが大量に残り、新品タイヤと同じなのですけどね(汗)。

それにしても、まったく傾けて走っていないことが分かるリアタイヤの写真ですな(笑)。
時々重たいキャンプ道具を積載する使い方で、約11,000km走行出来ましたよ。
この結果は、カブで使用するタイヤとしては走行距離が短い方なのでしょうかね?。

ちなみに、リアタイヤと同じタイミングで交換したフロントタイヤはこのような状態です。
2017091106.jpg
まだまだ使えそうですね。


さて、リアタイヤの交換に掛かります。
今回も前回同様、リアタイヤは『IRC NR78 80/90-17 M/C 44P』に交換。
2017091103.jpg
新品タイヤは、いつみても美しい(笑)。
この写真を見ると、取り外したリアタイヤはまだ使えそうな気がする・・・。←どれだけ貧乏性なんだ!?。

見よう見まねでタイヤ交換をしてきた素人の私。
タイヤを組み終わった時にバルブ付近のチューブを噛んでいたり、バルブのナットをスパナで締め上げていたりと、いつパンクしてもおかしくない状態で、つい最近まで乗っていました(激汗)。う、運が良いとしか言えない・・・。
現在では、バルブを落としてチューブが噛んでいないことを確認したり、バルブナットを手でクルクルと回してはめ込んでいます。
タイヤ交換ひとつとっても、知らないことがたくさんありそうですね。勉強♪勉強♪。


2017091105.jpg
実家の裏山にて、トコトコスピードでクネクネしてみます。
四角くなったタイヤとは違い、丸いタイヤは乗りやすいのですね(笑)。

2017091104.jpg
私の運転ですからヒゲは当然のように取れていませんが、一応リアタイヤの慣らしは終了です。
これで、重たい荷物を積載しても、安心してキャンプツーリングに出掛けられますな(笑)。


数ヵ月前に購入していたこちらの商品も、今回のタイヤ交換でやっと日の目を見ることになりました。
2017091107.jpg
キタコのエクステンションエアーバルブ。

全国を所狭しと走り回っている『じゅえる君』が、このバルブを07カブに装着していたのですよ。
ガソリンスタンドで空気を入れる時に便利ということで、私も購入していました。
2017091108.jpg
私の場合は、ガソリンスタンドで空気を入れる時のみ、このバルブを装着しています。
確かに、楽に空気を入れることが出来ますね♪。
じゅれる君、教えてくれてありがとう。って、現在どこを走っているのでしょうか(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

リフレッシュメンテナンス。

どうにも気になって仕方がないっ!。

8月18日(金)、19日(土)のこと。
我が家のタイカブさんですが、二つ三つと気になる点が出てきたのでバイク屋さんで診てもらうことにしました。
もちろん私は仕事中ですので、日中にバイク屋さんがタイカブを持って帰り、診断後そのまま車庫へというスケジュール。

気になることは素直にプロにお任せする。
2017082001.jpg
ということで、診断結果はというと・・・。

陰性(笑)。


ただし、店長さんからは『アクセルのツキ(レスポンス?)が悪い』と指摘がありました。
確かに私もそう感じてはいたものの、急激に劣化するわけでもなかったので、今まで放置していました(汗)。
人間の身体と一緒で、早め早めの治療が必要なのにね・・・。

そんなタイカブさん。
店長さんからのリフレッシュ提案として挙げられたものは三つ。

一つ目・・・オイル交換時にゾイルというオイル添加剤を一緒に投入。
二つ目・・・シリンダー内の洗浄。
三つ目・・・スロットルバルブの洗浄。
2017082002.jpg
悩んでいてもタイカブさんがリフレッシュされる訳でもないので、全て実施してもらうことにしました。


施工後、気になるタイカブさんの動きをチェックだ。
本日8月20日(日)
2017082003.jpg
店長さんは、『乗ったら変わったことに気が付くよ』と言っていましたけど・・・。
素人でも分かるのかな?と半信半疑でスタートさせます。

!?。
このなめらかなフィーリングはなに!?。
アクセルを開けると、スゥーというような感じで軽く伸びていく。振動も少なく、今までのタイカブさんとは違う感じだ。
上り坂では、1速上げて走行しても良いくらい。それだけパワーがあり、振動が少なくなっています♪。

振動が手のひらから全身に伝わるくらいのドコドコ感がなつかしい(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

リフレッシュ時の総走行距離は20,840kmでした。

タイミング良くヘッドランプ球交換。

2017年夏休み最終日の8月16日の水曜日。
2017081601.jpg
午前中の涼しい時間帯に、ご近所にて森林浴だ。


さて、一昨日のこと。
とびしま海道お使いツーリング中に、ヘッドライト球が切れていたことに気が付きました。
ロングツーリングに出掛けていないときで良かったよ♪。ここでタイミング良く交換したいと思います。

前回、バイク屋さんでヘッドランプ球を交換したのが、新車時から約9,000km走行時のこと。
今回は予備のランプ球を保管していたので、自分で交換してみます。
2017081602.jpg
パカッとあけて、グッと押して、グイッとひねる(笑)。
こんな感じで素人の私でも簡単にヘッドランプ球が取り外せます♪。これで、旅先でヘッドランプ球が突然切れても大丈夫だ。

2017081603.jpg
光軸調整を行い、ランプ球交換完了。

今回の球切れが判明したのが、オドメーターで20,000km強。なので約10,000kmごとの交換スパンになるのかな。
これで来年までは安心してツーリングが楽しめそうです。

あっ、テールランプ球がいつ切れるのか心配ですけど・・・。←私のタイカブさんは、交換に手間が掛かりそうなんですよね(汗)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

エアフィルタ交換。

重盗。
今朝から、頭の中はこの言葉とあのシーンでいっぱいです。
夫婦間の会話も、いつもより多かったような気がします。嫁さま上機嫌♪
タイミングを見計らって、カブの部品を注文したいのですが・・・。その為にもカープには頑張ってもらいたい!。


10月23日の日曜日
カフェカブ九州から帰宅して、何もせずに駐輪スペースに収めていたタイカブ。
火山灰で、いつも以上に汚れている為、どんよりとしたお天気の下ですが洗車日と致します。
ついでにリトルカブも並べて二台とも洗車だ♪。

2016102301.jpg
調子に乗って、半裸にしてみました(笑)。
カブのボディーパーツは、プラスドライバー1本で外すことが出来るのですね!?。
バイクの燃料タンクを外すときよりも簡単でしたよ。


私のタイカブは走行距離が15,000kmを超えました。
火山灰の中を走行しているということもあり、このタイミングでエアフィルタを交換してみようと思います。
レッグシールドを外さなくてもエアフィルタの交換は可能なのですが、なぜかボディーパーツを外してみたくなりまして・・・(汗)。

バッテリーの位置や配線の確認をしたり。
これが楽しく、エアフィルタ交換に取り掛かるまでに時間がかなり経ってしまいました。
2016102302.jpg
肝心のエアフィルタボックスの蓋を開ける作業。

5本のネジで蓋が止めてあるのですが、『柄の短いプラスドライバー』を必要としました。
フロントフェンダーが邪魔なのですよね。
フロントフェンダーをテープで養生し、エアフィルタをボックスの蓋にはめ込んだままで取り外します。

2016102303.jpg
エアフィルタボックス内は、このようなひょとっこに似た部品がありましたよ。
空気抵抗が多そうなのですが、このような形状がカブにとっては良いということなのでしょうね。

2016102304.jpg
ちなみに、こちらが新旧のエアフィルタ比較。
走行距離15,000km時点の汚れ具合です。左側が交換前のエアフィルタ。右側が今回交換するエアフィルタです。
想像していたよりも汚れていなかったように思えます。

2016102305.jpg
新しくなったエアフィルタ。

エンジン始動した瞬間から、違いが分かるエンジン音。
デュルデュルデュル♪というジェントルな音と振動。ガサツな音と振動ではなくなっています!。
実際に走行させても、気持ち良くエンジンが回っているのが分かる!。交換して良かったかな♪。


メンテナンスデーとなった本日。
オイル交換をバイク屋さんで行ってもらい、帰宅です。
だって、夕方から日本シリーズをテレビ観戦しなければならないのですから(笑)。

エアフィルタ交換時の走行距離は、15,150kmです。



おまけ♪。
2016102306.jpg
パンダさんたちが、ハシャギ回っているトタン箱となりましたよ(笑)。
Pandaさん、ありがとね♪。

タイヤの具合。

2016071501.jpg
タイヤ交換後、1,000kmを走行したので、前回までのタイヤと比較してみたいと思います。

現在使用しているタイヤは、前輪が『IRC NF63 70/90-17 M/C 38P』、後輪が『IRC NR78 80/90-17 M/C 44P』の組合わせ。
ちなみに、前回使用していたタイヤは、前輪が『IRC 2.5-17』、後輪が『IRC NR6 2.5-17 38L』という組合わせでした。


私のタイカブは、ツーリング6割、キャンプツーリングが4割で使用されています。

走り方は、至って普通。
クネクネ道も気持ち良く走る程度で、ステップをするような走りはしません。っていうか、出来ません(笑)。
アクセルは、開けることが出来るところではおもいっきり開けるという、元気な走り方も時々します。


フロントタイヤの状態。
2016071502.jpg
トゲトゲもラインも残っていて、パタパタと倒していない走り方をしているのが分かります(笑)。

2016061105.jpg
前回使用していたビジネスタイヤのIRC 2.5-17と比較すると、『硬い』というのが第一印象。

スピードの遅い私の走り方では、グリップの違いは、よく分かりませんでした。
切り返し時に、フロントがスッと素直に切れ込んでいたのは、IRC 2.5-17の方だと感じましたよ。
ただ、リアタイヤとの相性もあると思いますので、どちらが良いとは言えないかな。


リアタイヤの状態。
2016071503.jpg
一般的な使用状態です。
こちらも、フロントタイヤと同様に硬いタイヤ。『剛性感がある』という表現が良いのでしょうか?。そんな感じ。
とにかくしっかりしていて、しかも摩耗状態が良い。←これが普通なのでしょうか!?。

前回のタイヤは、バイク屋さんの勧めもあって、標準タイヤサイズから、ひとまわり細くしていました。
お値段が安かったというのも、細いタイヤにした理由。
201510504.jpg
切り返しもラクラク出来て、グリップに関しても不安はありませんでした。
私の想像していたビジネスタイヤのイメージを覆してくれたタイヤでもあります。

ちなみに、現在使用しているタイヤの『IRC NR78 80/90-17』 では、切り替えしが楽々とはいきません。
これは、私のライディングが未熟ということもありますし、サスペンションのセッティングも影響していると思います。
誰もが乗って楽しめるタイヤは、ビジネスタイヤのIRC NR6 2.5-17の方かもしれませんね。

ただし・・・。
これらに関しては、軽装備で走っているときに限ります。


2016032411.jpg
この様な状態で走行すると、タイヤの摩耗がものすごく早い!。

空気圧を二人乗り指定の280KPaにしていても、タイヤのサイドがつぶれるのですよ。
走行中、少しでもバウンドするとホイールにダメージを与えているのではないかと、不安になるくらいでした。
かなり、柔らかいタイヤだったのでしょうね。

現在使用しているタイヤでは、タイヤのサイドがつぶれることはありません。
これが、私にとっては、非常にうれしかったこと♪。タイヤを終始気にしながら走らなくても良いのですからね。
2016062903.jpg
私のカブの使い方では、細めのタイヤより標準タイヤサイズが良いみたいです。

走行100km以下の慣らし後、いきなりのキャンプ仕様。しかも強風と雨の中を走行という悪条件。
2016071504.jpg
ですが、安定して走ってくれましたよ。
雨に関しては、溝の深い状態ですので、普通に走るのは当たり前。
それよりも、強風に不安を感じなかったのが大収穫。タイヤの剛性が増し、ヨレヨレでは無くなった為だと思われます。


どのような天候の下でも、安定して走ることが出来るというのは、キャンプツーリングをする上で重要です。
ひとつでも不安材料を減らすことが出来れば、その分、安全運転に気を回すことができ、事故を起こす確率が少なくなると思います。

私にとって、今回のタイヤ交換は、全般的に良い結果となりました。


プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR