走り納めは、聖地で!。

12月30日。走り納めを致します。
カブ購入のきっかけを与えてもらった、あの地へ行きます。

午前9時。
然程寒くも無く、青空が広がっている広島市。
とは言え、路面状況が気になる為、遠回りにはなりますが、呉経由で海岸線を東へ進むこととします。

国道185号線の休山トンネル付近にある、こちらのお店。
2014123001.jpg
古くからある、その名も『メロンパン』。
こちらで、メロンパンを購入し目的地に向かいます。
今回、売り切れで購入出来なかった『ナナパン(ちょこれーと)』もおいしそうなのです!。


呉の次の町の『広』を通過すると、渋滞は無くなり、スムーズに流れ始める。
2014123002.jpg
右手に瀬戸内海を眺めながら、トコトコと走ります。
安浦から安芸津の海岸線には、牡蠣直売所がたくさんあり、駐車場も満車状態の大盛況でしたよ。

この国道185号線を東へ進むと、朝の連続テレビ小説『マッサン』で脚光を浴びている『竹原』に到着します。
道の駅付近には、駐車場へ入ることが出来ない車が道路に溢れ、渋滞の原因になっていました。

カブの機動力で渋滞を回避し、流れに任せてカブを走らせます。
次の町の『三原』手前の海岸線では、海からの強風にあおられ、カブが右に左に流されてしまいました。(怖)

10数年ぶりの三原の街中。
帝人通りを通ると、なんだか寂しくなっている。解体撤去され更地になっているところもあるみたいだ。
三原港にあった、『たこボックス』も無くなっている!?。どこにいったんだ!、たこボックスよぉ!!!。

そして、賑わっている昼の尾道を通過し、しまなみ海道を走り抜けます。
2014123003.jpg
島内も橋上も風が強く、時々、フラフラ走行になってしまうカブ。

午後2時半。思っていたよりも風が吹いていなかった聖地、『見近島』に到着です。
2014123004.jpg
この時期にテントが2ヵ所張ってありました!?。強者だ(震)。

今朝購入したメロンパンの『メロンパン』。
2014123005.jpg
ずしりと重い、ラグビーボールの形をしたメロンパン。
普段イメージしているメロンパンのカリカリしている表面ではありません。とにかく、『しっとり、ずっしり』なのです。

クリームもズシリとしています。
2014123006.jpg
軽いカスタードクリームや生クリームとは違うのですよ。どう説明したらよいのか・・・。
このおいしいパンを一つ食べると、お腹いっぱいになるのは確かです(笑)。

本日淹れた珈琲は、『ニカラグア』の中深煎り。
『苦みと酸味のバランスのとれた澄んだ味わい』と説明されています。
メロンパンが、かなりパンチの利いた甘みですので、この珈琲でも味が薄く感じました。
このメロンパンには、深煎りの珈琲豆を選ばれても良いかもしれませんね。


この撮影をしていると、一台の綺麗な黄色のクロスカブが現れました。
一目でベテランキャンパーさんとわかる、綺麗なパッキング。
撮影等作業を済ませ、ご挨拶をと思っていたのですが、既に見近島を去られていたみたいです。
第二サイトも覗いてみたのですが、おられませんでした。折角、カブ乗りさんにお会い出来たのに・・・。


見近島に1時間程滞在し、帰路につきます。
大三島の盛港からフェリーに乗船して忠海へ。
2014123007.jpg
竹原までは、夕日が沈む海岸線を観ながら国道185号線を走ります。

竹原からは、国道2号線~県道46号線~県道37号線へと進みます。
特に、夜の県道46号線の白木山付近は、寒いを通り越して冷凍庫に入ったような冷たさでした。
しかし、ナックルバイザー&グリップヒーター、冬用グローブ装着で、指先が痛くなることはありません。
期待以上の防寒効果でした。

聖地へ向かった、2014年の走り納めの走行距離は、約260kmでした。
そして、2014年のカブの走行距離は875kmでした。←あと少しで1,000kmです。


今年終盤になり、カブデビューとなった私。
来年もツーリングに写真にと、楽しんでいきたいと思います。

それでは皆さん、よいお年をお迎えください。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

カブと父親。

父親が亡くなり、25年が経ちます。

私が幼かった頃。
我が家には、緑色の鉄の塊で丸目の50ccカブ(名前は分かりません)があり、通勤で活躍していました。
仕事が忙しく、休みの日も自宅にいないことが多い父親。
幼かった私は、カブの排気音が自宅に近付いてくると、父親と思い、玄関に走って迎えに行っていたそうです。

そんな忙しい父親も、時間を作っては、近くの神社や商店に私を連れて行ってくれていました。
カブの荷台に座布団を置いて、ゴムひもで縛ってタンデムシートの出来上がり♪。
当時、原付はヘルメットの着用義務はなかったのですが、もちろん50ccは二人乗りは禁止されていました。
(のんびりとした時代の片田舎での出来事ですので、お許しください。)

自宅前は、砂利道で木製の電信柱という時代。
そんな時代ですから、舗装されている幹線道路も交通量は少ない状態です。
にも拘らず、心配性の父親は、私を乗せている時には交通量が皆無といっても良いくらいの裏道を走っていました。

ただし、この裏道ルートには決まりごとがありました。
神社の手前に派出所があり、その手前でカブを降りて、早歩きで派出所前を通過すること。(笑)
毎回、この戦法?で難所を通過していたのです。←幼心にドキドキしていたのは覚えています。

でもね。
座布団を縛っているカブ。そして、お父さんと幼い子・・・。どう見ても二人乗りしていますよね。

もちろん、おまわりさんに止められましたよ。
しらを切る私たち親子に対し、お巡りさんはやさしく『何度も二人乗りしていますよね?』と。(汗)
父親はお巡りさんに謝り、その場から離れる私たち親子。そして、いつものように座布団に飛び乗る私。

その直後、『見ているんだぞっ!』と後ろから大きな怒鳴り声が聞こえてきました。
お巡りさんのあの形相と言ったら(怖)。
この翌日から二人乗りはしなくなった私たち親子。このことは今でも覚えています。(一生覚えているんだろうな。)


『カブは強い』、『カブは丈夫』、『カブは壊れん』とよく言っていた父親。
『カッコ悪い』、『ぼろい』、『早く買い換えれば良いのに』と思っていた小学生だった私。
(もちろん現在の私は、こんなカブがあったら欲しくてたまりません!。)

一昨日の転倒で、カブの丈夫さを実感いたしました。
損傷個所は、前カゴとナックルバイザー、そして左ステップ端部が削れていました。←本日発見。
その程度の損傷で済むのですから、考えられて造られているバイクなんですよね。



本日は仕事納めの為、早めに帰宅。
帰宅後、お買い物に出掛けます。もちろんカブで♪。
2014122901.jpg
フロントバスケット復活です!。少し歪んでいますが、気にしない。

見慣れている為か、このスタイルが好きです。
2014122902.jpg
近所にあるスーパーマーケットを通り過ぎ、次のスーパーマーケットも通り過ぎ(汗)。
どこまでも、走り続けたい。この気持ち、わかります?。

本来の使われ方がされているフロントバスケット。
2014122903.jpg
決して、緩衝材ではありません(笑)。

私が最初に跨った二輪車が、カブで本当に幸せです。
2014122904.jpg
そんな幼少期の想い出の一コマに残っているカブと父親。
その時の父親の年齢を、既に超えてしまっている私。しっかりしろっ!、自分!。

しっかりしていない私が走った本日の走行距離は、約40kmです。←買い物の走行距離とは(汗)。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

傷付いた前カゴの塗装。

昨日の転倒により、傷付いたフロントバスケットを塗装します。
2014122801.jpg
塗装の剥がれや、凹み箇所もあり、若干歪みが発生しているフロントバスケット。

このフロントバスケットのおかげもあり、カブの車両本体への衝撃が緩和されたと思います。
2014122802.jpg
カゴの後方も凹みや歪みが発生しています。

このエンデュランスさんのフロントバスケット。
新車購入から18ヵ月間は、2,500円で購入可能らしいのですが、今回はこのバスケットを直します。
2014122803.jpg
手間を掛けることはしません。
一番粗目のサンドペーパーで、塗装が剥がれた部分をヤスリ掛け。
下地と既存塗装面に段差が発生しますが、気にしないこととします。

中性洗剤で汚れや油分を取り除き、よく乾かします。そしてスプレー塗装に入ります。
2014122804.jpg
『チャンピオンシップホワイト』
フロントバスケットに塗装されている色と比べると、今回用意した塗装色は少し濃い感じがします。

数回に分けて塗装をしたのですが、液ダレやムラが発生している箇所が多々あります(汗)。
2014122805.jpg
既存塗装に比べると、新たに塗装した場所は、日に焼けているように見えます。

塗装ムラや、凹んだままのフロントバスケット。
使い込んでいるカブのように見え、意外と良いかもしれませんね。←ポジティプ過ぎます(笑)。

大事に乗っているカブ。この塗装で益々好きになってしまいました♪。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

転倒!?、戒めも込めて。

12月27日の土曜日。

青空に恵まれている午後1時半。夕日が観たいので、ツーリング再スタート?致します。
2014122701.jpg
午後2時過ぎ、広島港に到着。江田島は切串行のフェリーに飛び乗ります。

フロントバスケット無しのカブ。
2014122702.jpg
前カゴが無くなるだけで、フロント周りが軽くなり、操作性が向上したのが分かります。
ヒラリ♪ヒラリ♪♪と倒れていきます。益々・・・注意が必要と思われます。

上の写真で、お気づきの方もおられると思います。
左ナックルバイザーに、ザックリとキズが出来ているのです。


転倒しました。

と言いましても、ゼロ発進時からの転倒ですので、身体にはダメージはありません。←少し左ふくらはぎを打っただけ。
ライディングウエア類も無傷です。

転倒詳細の記述は遠慮させて頂きます。
パタン、そして逆にパタンと倒し込んだ直後にコテッ!?ズザザザァァァァァ!のイメージです。
(車体を起こすのに、ボォンとアクセルを入れています。)
周囲におられた方に、大変ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

今回の転倒は、私自身の運転に対する過信によるものです。
大事故につながる前に、カブが私に『安全運転しろよ!』と教えてくれたような気がします。
カブにはカブの乗り方があるようですね。今回の転倒で、その事に気付かされました。


転倒後に帰宅。
塗装が剥がれて少し凹んだ前カゴを外したり、ナックルバイザー取付け部の締付けを行ないました。

前カゴやナックルバイザー、ジビ箱が盾となった為か、カブ本体へのキズはありません。
レッグシールドやグリップエンドも無傷です!(驚)。
ライディングウエア上下にライディングシューズ&グローブ、ヘルメット。全て無傷です!。

この転倒から安全運転を肝に銘じ、ルートを変更し、目的地へ向かったのです。

江田島から早瀬大橋を渡り、倉橋島へ。
午後4時に、倉橋島南西に位置する大向(おおこう)に到着。
ここ大向の夕日はたいへん美しい。傷付いた心を癒すのには、打ってつけのロケーションなのです。
2014122703.jpg
波の音しか聞こえないような空間で、珈琲を入れます。

夕日の時間まで、あと少し。
海を観ながら、入れたての珈琲を味わうのですが、今日はなんだかホロ苦い。
2014122704.jpg
目線をカブに向けると、ナックルバイザーのキズが痛々しいではありませんか。
『ごめん、カブよ。』

このキズは戒めの為に、そのまま残します。

午後5時前。
2014122705.jpg
この夕日が観たかった。本当に観たかった。

いろいろ考えさせられた一日でした。
2014122706.jpg
なにかと忙しくなる年末年始。
事故無く、楽しく過ごしていきたいものです。皆様もお気を付けくださいませ。

本日の走行距離は、約160kmでした。(総走行距離が、やっと500kmを超えました。)

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

かき、好きですか?。

メリークリスマス♪。
クリスマス&忘年会渋滞にドップリと嵌ってしまった、くりぼっちのきゅーでございます。
幸せな方々が、一人でも多くなることを心より祈っています。


さて、12月23日(火)の天皇誕生日のこと。
ステッカー作成や掃除等、あれやこれやで、あっという間にお昼を迎える。

ここ最近、天気の荒れる週末が多かったのですが、この日はとても良い天気でした。
満足にカブに乗ることが出来なかった日が続いていたので、カブに乗ってお出掛けします。

午後1時半過ぎ。目指すは、呉。
潜水艦を眺めながら、ゆったりとした気分で珈琲を味わいたい。そしてボォーっとしていたい(笑)。

クリスマスイブ前日の祝日ということもあり、道路は至る所で渋滞中。
国道2号線から国道31号線に入った途端、益々、車の台数が増えてくる。

矢野駅付近では大渋滞になり、バイクに乗っていても楽しくない状態です。
ここで、呉に行く事をあきらめ、Uターン。

海岸線まで走ってきたのですから、そのまま帰宅するのは勿体無いような気がします。
人が少ない場所で、海を眺めながら休憩したい!。
2014122501.jpg
午後2時半というのに、路面に映し出されるカブの影は長く伸びています。

この場所で、ボォーっと過ごそうと思っていたのですが、なにやら匂うのです。
それは、大量に積まれている牡蠣の殻。ドッサリと積まれている牡蠣の殻。船の上にも積まれている牡蠣の殻。
牡蠣は大好きなのですが、牡蠣の殻は好きではありません。

この時期の広島の食と言えば、『牡蠣』なのです。←個人的にね。

そして、毎年のように行われる『広島かき祭り』
かき祭りで食する牡蠣は、新鮮なのでおいしいのですっ!。しかも、お手頃な値段で、購入が可能です。


来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、
平成27年広島かき祭りの日程が発表されていましたので、覚書としてあげておきます。

1月25日(日)・・・第14回おおたけカキ水産まつり、おおがきみなと市場
2月 1日(日)・・・広島市かきチャリティバザール、江田島市カキ祭り、音戸かきまつり
2月 8日(日)・・・大野かきフェスティバル、田原かきまつり
2月11日(水・祝)・・・呉水産祭り
2月14日(土),15日(日)・・・第31回宮島かき祭り
2月15日(日)・・・宝島くらはしフェスティバル、坂町漁協水産まつりチャリティバザール
2月22日(日)・・・第25回広島市水産祭り、早瀬かきまつり、安浦かき祭り
3月 1日(日)・・・第38回江田島市かきカキマラソン大会

かなりのイベント数ですっ!。さて、どこのイベントに参加しようかな?。
まだ、『予定』となっているイベントもあるので、詳しくは広島県の『広島かき祭りカレンダー』にてご確認ください。


午後3時半過ぎに帰宅。走行距離は約40kmでした。
僅かな時間でしたが、おさんぽツーリングを楽しむことが出来たので、とても良かったです。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ステッカーを作ってみた。

カブに乗られている方々は、すてきなステッカーをたくさん貼られていますよね。
しかも皆さん、オリジナルでカッコ良いのですよっ!。

業者さんに頼まれているのかな?。
それとも、デザインの勉強をされていたのでしょうか??。

私には、その様な知識もセンスも無いので諦めていたのですが、
最近、カブならではの『手作り感』に目覚めてしまい、素人の私がステッカーなるものを作ってみました。

とは言え、デザインソフトの『イラストレーター』や『フォトショップ』などは持っていません。


そこで、
前回の記事でお姉さんの落書き時に使用した、パソコンに内蔵されている『ペイント』という機能を使ってみることにしました。
他には、現在私のパソコン内にある写真加工のフリーソフト等を使用し、作戦実行です。

試行錯誤の結果。
2014122301.jpg
素人感丸出しのオリジナルステッカー♪。(笑)

今週末、カブに貼ってみようと思っています。


追記
と、思っていたのですが、早めに帰宅出来ましたのでステッカーを貼ってみました。
2014122302.jpg
少し気泡が出来ましたが、良しとします!。

前カゴで隠れる位置なので、あまり目立たなくて良いかな♪。
2014122303.jpg
控えめに自己主張。(笑)

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

積載量UPを考える。

今年も残すところ、二週間を切りました。
年を追うごとに、一年という時間を短く感じてしまうようになっています。そして、また一つ歳をとる。

年齢を重ねるにつれ、仕事や家庭での責任が重くのしかかってきます。
忘年会帰りのごきげんなお父さん。
千鳥足ですが、その肩や背中にも、しっかりとした何かを背負っているのが見えます。

私はというと、年々、軽くなっているような気がするのですが(汗)。


今年からキャンプデビューした私。
デビュー当初は、あれやこれやとキャンプ道具を詰め込んで出掛けていました。
最近はというと、『軽量・コンパクト化』をめざし、目的に応じたものだけを持って行くように心掛けています。
とはいえ、積載量が激減するわけではありません。

そこで、カブへの積載方法を考えてみます。
カブ=積載=箱(ステッカー付)という図式が、私のカブに対するイメージです。(笑)

カブにお乗りの方々は、色々と工夫され、思い思いの箱を取付けられていますよね。
この姿に憧れていたのですが、私のカブはダブルシートの為、巨大な箱を取付けることが出来ません。

そこで、何の変哲もない『ジビ箱』の投入です。
2014122101.jpg
現在使用しているジビ箱は『30L』。
普段はこの大きさで十分なのですが、キャンプとなるとそうはいきません。
そこで、ジビ箱の『37L』(奥行430×幅497×高さ320mm)を今回購入いたしました。

リアキャリアの幅が200mmなので、取付けられる箱の幅は最大500mm。
2014122102.jpg
このジビ箱は、取付け可能なサイズぎりぎりといったところでしょうか。

30L、37Lとも、箱のベースとなる台座が同じ為、箱の取替えが容易なのです。
台座を取り換えなくても良いのは、本当に助かります。
2014122103.jpg
気になるのは、大きくなった箱への収納重量。
容量は増したのですが、キャリアの取付位置を考えると、重量物を載せるのは避けた方が良いと思います。
軽量で嵩張るもの、濡れては困るものをメインに収納することにします。


では、重量のあるテント等はどうする?。
背負えば良いのですよ!。

原付でキャンプツーリングを行なうようになり、リュックを活用し始めました。
重量物がバイクの中心付近にくる為、運転が楽になるのです。

しかし、現在使用しているリュックでは、キャンプ道具を入れるとパンパンに膨らんでしまいます。
もう少し余裕があるバッグにしたい。

そういう気持ちから、先週の日曜日に某ショッピングモール内にある『モンベル』へ行ってきました。

登山などの知識がない私。
いろいろな種類のザックを観ながら迷っていると、店員さんのお姉さんが現れる。

『バイクでキャンプ。時にはキャンプ道具を背負って歩くかも』と伝える私。

すると、そのお姉さんが。
2014122104.png
『こんなバイクですか?』

2014122105.png
『このような感じですか??』

2014122106.png
『それとも、こんなのですか???』

と矢継ぎ早に聞いてくる!。バイクの乗車姿勢三段活用みたいだ(笑)。
そして、お姉さんがこう切り出す。
『ヘルメットの後頭部が、ザックと干渉するのが気になりますよね?。』

ズバリです!。
私が気になっていたことを、的確に理解されていました。その様な事から、『中型ザック』がお奨めとのこと。

その日には購入せず、帰宅後に検討。
そして昨日の土曜日にザックを購入いたしました。
2014122107.jpg
チャチャパック45。その名の通り45Lの容量があります。
肩から背中、腰にかけて密着するので、後ろへ引っ張られる感覚が無く、背負っても疲労感がありません。

ザックの購入時に、背負い方や使用方法等を親切に教えて下さった男性店員さん。
バイクでキャンプツーリングをされている方でしたので、話が繋がり易かったです。←これは助かりました♪。
実際にツーリングでザックを使用されている方から感想を聞く事ができ、安心して購入することが出来たのですよ。
ベンチをバイクのシートと見立て、ザックの底部とシートとの干渉具合を確認出来たのも良かったかな。

『ポチッ』とするのも良いのですが、
経験のないものを購入する際は、実際に、試着やアドバイスを受けられたほうが良いかもしれませんね。

『ジビ箱&ザック』入手により、キャンプのみならず、ロングツーリングも楽しみになってきました。
西へ東へ。知らない場所を走ってみたい!。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

走りに集中したい!。

衆院選開票結果、オリオン座流星群と慌ただしい夜を迎える、12月14日の日曜日
昨日に引き続き、寒さが身に応える一日となりました。

冬仕様となっている私のカブ。
多くの方々が、ハンドルに取り付けているハンカバ。暖かくて気持ちが良いことを、私も体感しております。


ですが。

スイッチ操作や、ライディング中の違和感が気になり、走りに集中が出来ません。←私だけでしょうか?。
もちろん、そこはカブ。
ゆっくりトコトコ走っているのですが、それでもギクシャクしている走りになっています。

このままでは、本来のバイクの楽しみ方を忘れてしまう。その様な気持ちから、決断しました。
私、きゅーは、『ハンカバと別れます』。(泣)←ハンカバは師匠の妹夫妻所有のスクーピーの下へ。

そして、こちらを購入しました。
2014121401.jpg
パッと見ただけでは分からないのですが、『ナックルバイザー』です。
『デイトナナックルバイザー(スモーク)』『デイトナナックルバイザーステーM10』です。

ちなみに、このナックルバイザーはアマゾンにて注文。
昨日の昼過ぎにポチッたにもかかわらず、翌日のお昼に到着という、驚きのスピード配達!?。
注文から到着までが、24時間以内だったのは、初めての体験でした!。本当に驚いたよ。

夕方から取付開始。
2014121402.jpg
ブレーキレバーと干渉しないように、細かく調整しながら取付けます。

取扱説明書は、分かり易く記載されてる為、私の様な素人でも簡単に取付けることが出来ました。
バックミラーを外す事が出来る方ならば、どなたでも取付けることが出来ると思います。

今回用意した工具は
14mmソケット&ラチェットレンチ、14mmスパナ、10mmスパナ、プラスドライバーの四点。

陽が暮れる前に取付完了です。
2014121403.jpg
ステーには、バイザー取付け位置を調整できるように、上下にボルト穴が開いています。
写真の状態では、バイザーが少し上がっている状態になっています。

冬用グローブ着用、グリップヒーターを最大熱にし、ご近所を試走してみます。
指から手の甲にかけて、風がほとんど当たらないので、楽に運転が出来ました。
ただし、指先には風が当たっています。寒さで痛くなるほどではなかったのですが、気になるところです。


試走後、バイザー取付け位置を変更し、バイザーが少し下がっている状態にします。
2014121404.jpg
夕方6時。
ヘルメットのバイザーを開けて走ると、顏が痛くなるほどの低い気温です。

試走結果はというと、指先への巻き込み風が少なくなりました。
風による、指先の痛みも感じられません。ナックルバイザーの効果アリを実感しました。


ナックルバイザーは、暖かさではハンドルカバーには敵いません。
ですが、寒さに耐えられないことはありません。
ライディングのし易さを考慮すると、ナックルバイザーも選択肢の一つと思われます。

走りに集中出来るようになった、私のカブ。
走ることが楽しくなり、冬の夜走りでさえ、楽しくさせてくれた『ナックルバイザー』でした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

冬夜は心温まる珈琲を♪。

12月13日の土曜日。

冷え込み始めた昨晩。
今朝目が覚めると、屋根の上には薄っすらと雪が積もっていました。
道路には雪は無く濡れている程度でしたが、昼過ぎまで雪が舞っていました。


寒い一日となった本日。
午後2時過ぎ、雪は止み始めてきたようですので、お買い物に出掛けます。

私がお世話になっている珈琲豆屋の『大和(やまと)』さん。
2014121301.jpg
本日まで私の秘密基地化?となっていた珈琲豆屋さん。雰囲気の良いお店ですので、ご紹介させて頂きますね。

決して派手では無い大和さんのHPを拝見したのが、私と大和さんとの出会い。
こちらのお店のHPから、仕事に対して実直そうな感じを受けました。

お店も決して派手ではありません。
2014121302.jpg
こちらのお店。幹線道路沿いにあるのですが、うっかり通り過ぎることもあります。

私も通り過ぎたひとりです(笑)。最初に伺った時には、気を付けていたのですが、通り過ぎてしまいました。
お店を通り過ぎましたが、この最初の出逢いが良かったのかもしれません。


いつも通り店内に入ると、珈琲の良い香りが広がっています♪。
私よりお若い店長さん。私の質問にも丁寧に答えてくださいます。

毎晩、珈琲を楽しんでいる私。
ですが最近、『珈琲豆とお湯』の割合に悩んでいます。
いろいろ珈琲豆の分量を変えて飲んでいるのですが、ピンと来ないのです。

この悩みを打ち明けたところ、店長さんに、いろいろと教えて頂きました。
2014121303.jpg
お客さんの流れもいったん途切れたところで、
寒がっていた私を気使って頂き、おいしい珈琲とシフォンケーキをごちそう下さいました♪。


『珈琲豆』のお店を探していたときに、たまたま見付けた大和さん。
こちらのお店に数回通った時のこと、お店の前に置いてあった乗り物に興味が沸きます。
2014121304.jpg
2stのKSRですっ!。
このKSRは、珈琲豆運搬専用?マシーンなのです。バイクのオーナーさんは、もちろん店長さん。

このKSRを見ると、店長さんが、かなりのバイク好きということがわかりますよね。

この日も、心温まる珈琲&シフォンケーキを頂きながら、珈琲やバイク談義で楽しむことが出来ました。
お忙しい中、いろいろと教えて頂き、ありがとうございました。早速、今晩の珈琲で試してみたいと思います。

夕方になり、すこし雪が舞い始めました。
2014121305.jpg
本日頂いた珈琲の味を忘れる前に、自宅でおいしい珈琲を入れたいと思います♪。

明日も雪が降る可能性がある広島市北部。
本日購入した珈琲で、心も身体も温まりながら一日を過ごそうと思います。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

今年の漢字。

全国公募により決定した、今年の世相を表す漢字。
2014年 今年の漢字 第1位は『税』だそうだ。

私にとっての今年の漢字は、もちろん『株』に決定っ!。
2014121201.jpg
明日、明後日と連休なのですが、雪が降りそうな予感。

衆院選投票を済ませ、ツーリングに行こうと考えていたのですが、バイク乗りにとっては難しい天気になりそうです(泣)。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR