別れの季節。

早くも、明日から三月に入ります。

三月と言えば、卒業の季節。
気の合う友人との別れは、辛いものです。それが、たとえバイクであろうとも。


このブログには登場させない予定だった、軽二輪のVTR250。
201522801.jpg
最初で最後の登場となります。

本日、2月28日の土曜日。
6年弱を共に過ごし、北は北海道、南は九州鹿児島まで、ツーリングを楽しんできた相棒のVTR250とお別れ致しました。

中型二輪界のカブと言われるVTR250。
私の粗い運転でも、故障もせずに52,000km弱を走破してくれました。

バイクの楽しさを教えてくれたVTR250に感謝です。
201522802.jpg
ありがとうな。

にほんブログ村 バイクブログへ
スポンサーサイト

キャンプdeとびしま。

安芸灘の島々を結ぶ、通称『安芸灘とびしま海道』
下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島、そして愛媛県今治市に属する岡村島の五島を走り抜けるツーリングコースです。

各島は橋で結ばれていますが、本州と下蒲刈島を結ぶ『安芸灘大橋』だけは、利用料金が掛かります。
と言いましても、原付は片道50円という生活道価格なので、存分に楽しめるのです♪。
ちなみに、自動二輪は560円です!?。


2月14日の土曜日。
201521501.jpg
正午前、私は、安芸灘大橋を渡り『下蒲刈島』にいます。タイカブに大荷物を詰め込んで!?。

14日、15日でキャンプを行ってきました。
世間では、バレンタインデーのこの日。週末と重なって、街中は賑わっていた事でしょう。
その様な日に、キャンプに行くという私。しかも1人で。


なにか?(笑)。

気分は、キャンプ♪、キャンプ♪でしたので、心晴れやかに(汗)。
この日は、風が強かったのですが、青空が広がり、気温も耐えられないほどではありません。
土曜日ということも影響している為か、この時間帯に走っているバイクは、あまり見掛けませんでした。

本日はキャンプ仕様ですので、カメラはコンデジを使用しています。
201521502.jpg
海沿いをトコトコ走っているのが、楽しくて仕方がありません。

このタイカブで、キャンプ道具を積載して走るのは初めてなのですが、パワーは必要にして十分です。
坂道もグイグイ上って行きますので、心配ご無用です!。


今回のとびしま海道ツーリングは、岡村島を除く、四島を走ります。
目的は、『ループ橋を巡る』です。

まずは、本州から数えて四島目にあたる『大崎下島』を目指します。
島の北側中央に位置する『久比(くび)』という集落。

ひっそりとした集落を見守っているかのように、山陰に佇む黄色のループ橋。
201521503.jpg
久比ループ橋です。

久比のある豊町は、『大長(おおちょう)みかん』で、広島では有名なのです。
そのイメージもあり、橋の色が黄色く塗装されているようです。

黄色の久比ループ橋&タイカブ。なぜか、ひとり微笑んでいます。


ここからは、本州側に戻っていきます。
豊浜大橋を渡り、本州から三島目の『豊島』に移動です。
橋上では強風の為、カブがふらつく状態。必死に、身をかがめて渡りきります。

ここ豊島にも、ループ橋が存在します。
昭和47年に建設された『むろきはら橋』です。
201521504.jpg
一度通り過ぎてしまったほど、目立たないループ橋。呉市役所豊浜支所裏側にありました。

広島県の鳥の『アビ』。
そのアビの古里が、ここ豊島なのだそうです。
ループ橋上部には、アビが描かれています。アビが驚かない為に、橋がクリーム色に塗られているのが特徴的です。

道幅は狭く、路面状態も悪いのですが、クルクルと立派に回っています。
201521505.jpg
生活道路感があり、先に進むことを諦めてUターンします。
静かな町は、静かに、そして速やかに通過したいものですよね。

豊島南側の海沿いは、交通量が少なく、原付で走るのには最適です。
201521506.jpg
波の音しか聞こえてこない・・・。

と思っていたら、撮影している私の後ろから、みかん箱を運搬するモノレールの音が響いてきます。
急斜面をダダダダダ♪と音を立てながら、ゆっくりと降りてくるみかん箱。と、おじさん(笑)。
この時期の瀬戸内の島々の光景でもあります。

この豊島から上蒲刈島へ渡る『豊島大橋』手前に、みかんが置いてある無人市を発見。
これでもかっ!というぐらいに、みかん袋に詰め込んである、まちまちな大きさのみかん。
数として10個以上は入っていたと思います。←数を数えながら食べる状態では無いぐらい詰め込まれていました。
しかも一袋200円!。もちろん、購入しましたよ♪。


上蒲刈島を通り過ぎ、下蒲刈島へ。
下蒲刈南東にある、梶ヶ浜ビーチ。そのビーチに隣接している梶ヶ浜キャンプ場に到着です。
201521507.jpg
午後2時半。誰もいません(汗)。

この梶ヶ浜キャンプ場は、海水浴シーズンの6月3周目から8月が有料ですが、その他月は無料開放されています。
キャンプ場に隣接してある施設の受付のお姉さんに確認したところ、この時期はいつでも使用可能とのことでした。


ご注意を!。
梶ヶ浜キャンプ場のサイトを閲覧してみると、注意事項が記載されていました。
NPO法人海駅三之関は3月末で管理運営を終了し、その後は呉市直営施設になるそうです。
無料開放時期は、どうなるのでしょうか?。


キャンプ場に到着した私。
午後2時半という早い時間ですが、テントを張って、まったりとしたいと思います。
食材や水については、とびしま海道に渡る前に、本州側のスーパーで購入済み。
島内で食材調達が良いのでしょうが、勝手が分からない為、本州側で購入致しました。


ここで、私が所有しているキャンプ用品について。
極寒仕様のキャンプ用品は、残念ながら持っていません。基本、スリーシーズン用です。
氷点下の様な気候の下では、無理をせず、速やかに撤退致します。

テントは、キャンプ入門者用のロゴスの『neosツーリングドーム』です。
コンパクトで組み立て易いのが魅力的なのですが、ペグとハンマーが心許無いのです。
特にペグは、打ち込んでもすぐに抜けそうなタイプ。
突風時にペグが抜け、他人に突き刺さったら、『すみませんでした』では済まないですよね。

そこで、今回からのキャンプに新たなペグとハンマーを導入しました。
201521508.jpg
エリッゼステークの鍛造ペグ&スノーピークのペグハンマー。
28cmのペグは、地面にシッカリと食い込みます。
ペグハンマーは、長いペグを楽に打ち込むことが出来ます。そして、シッカリ打ち込んだペグを楽に抜くことも可能でした。

夜間、強風でテントがバタついていましたが、テントは地面にピッタリと貼り付いていました。
安心して眠ることが出来たのも、このペグとハンマーのおかげだと思います。


テント設営後。
201521509.jpg
イスに腰掛け、海を観ながら遅い昼食。

何もせず、ただ、海を観ながらボォーッと過ごす贅沢な時間。
誰もいないキャンプ場で、ゆっくりと流れる島の時間。

カブに乗り始めて、時間をゆったりと楽しむことを覚え始めたような気がします。

そして、夕食。
201521510.jpg
豚の生姜焼きで一杯いかがです♪。

念願のフライパンデビュー。
ハイフロン加工(テフロン加工の様なタイプ?)で、直径16cmのコンパクトなフライパンです。
使用後は、キッチンペーパーで拭取るだけで良いので、今後のキャンプでも活躍しそうです。

食後に、インスタントラーメンも頂きました(笑)。寒い時には、これに限りますっ!。


夕暮れが近付きます。
201521511.jpg
キャンプ場付近では、釣りを楽しまれている親子がおられました。
波の音しか聞こえてこない静かな空間に、心温まる光景です。

広いキャンプ場に、私一人。
201521512.jpg
波の音しか聞こえない場所の上空には、無数の星が輝いています。

そして、夜が明けはじめる。
201521513.jpg
夜明け前の空に浮かぶ、お月さん。
まもなく、姿が見えなくなるお月さんを楽しみながら、淹れたての珈琲を頂きます。
寒さで凍えた手を、マグカップに当てるだけでも幸せを感じます。これがキャンプの素晴らしさなのでしょうか?。

朝日が昇る、梶ヶ浜キャンプ場。
201521514.jpg
この朝日を浴びながら、昨晩と同じインスタントラーメンを頂きます。食後のみかんも忘れずに。

ツーリング先での食事は、おいしいものですよね。
素晴らしいロケーションの下、コックさんが料理しているお店で食するのは最高です。

それにも負けない?くらいの食事。
焼いたり、茹でたりしただけの料理でしたが、素晴らしい景色の下で食事が出来た事が、なによりも幸せでした。
キャンプというものは、『小さな幸せ』を感じさせてくれるものなのかもしれませんね。
201521515.jpg
翌15日の日曜日は、午後から用事がある為、午前9時半に下蒲刈島を後にしました。

バレンタインデーに楽しんだキャンプツーリングの走行距離は、約170kmでした。
また、この場所でキャンプをしたいっ!。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ふらっと、四国は今治へ。

向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島の六島を飛び越え、
広島県は『尾道市』と、四国は愛媛県『今治市(いまばりし)』を結ぶ、通称『しまなみ海道』

しまなみ海道を走る高速道路(西瀬戸自動車道)。
『西瀬戸自動車道』を使用すれば、約50分で、尾道~今治区間を走り抜けることが可能です。
四国へのツーリングには便利な高速道路なのでが、庶民の私にとっては、利用料金がネックとなっていました。
今までの私にとっては、近くて遠い、四国は愛媛県。
今までは・・・。


ですが、今の私には原付二種のカブがあります♪。

六島を結ぶ橋。(広島側から)
尾道大橋(無料)、因島大橋(50円)、生口橋(50円)、多々羅大橋(100円)、大三島橋(50円)、大島大橋(50円)、
そして、来島海峡大橋(200円)。橋の利用料金が計500円で四国入り出来るのは、ありがたいものです。

しかし、各島をカブでトコトコと縦断しなければならない為、時間が掛かり過ぎてしまいます。
そこで、広島側から四番目の島の『大三島』へフェリーで渡り、伯方島、大島を通り抜け、今治入りします。

尾道よりも広島市内側にある忠海港。
その『忠海港』を出港し、大三島の盛港(さかりこう)へ到着するフェリーで約30分の船旅。
そこから、トコトコとカブで走る事、約1時間で今治市へ上陸です。
ちなみにフェリーの片道利用料金は、おとな360円、原付260円の計620円です。

移動時間が約1時間30分、フェリー&橋の利用料金が920円という、しまなみ海道の旅。
これで、四国が本当に近くなってきました。


2月11日の建国記念の日。さぁ、今治へ!。
201521101.jpg
本日は、カブによるマスツーです。
私にとって、カブでのマスツーは初めての経験なのです。

お相手は、ブログでお世話になっている『のぼうさん』。
普段は大きなバイクを操っている『のぼうさん』ですが、本日は、カブ(C90カスタム)で、ご一緒して頂きます。

カブによる初マスツーが、角目カブ同士になりました。

大三島の井口港にて、多々羅大橋を望むカブ二台。
201521102.jpg
カスタムのコンパクトな姿が、印象的です。それとも、現行カブが大きすぎるのでしょうか?。
盛港から、この井口港までのショート区間のみ、私が先導。
この日のツーリングは、終始、のぼうさんに引っ張って頂きました。ありがとうございました。

サクサクと、しまなみ海道を通り抜け、四国は今治市へ上陸です。
時刻は、午後12時を回ったばかり。まずは、お昼ご飯を目指します。

国道317号線を進み、今治市中心部の『ドンドピ交差点』を右折、国道196号線を横切ると目的地は、もうスグだっ!。
日高小学校の隣にある、お食事処『たつ』
201521103.jpg
『ジャンボカツ丼』です。

このカツ丼は、デミグラスソースが掛かったどんぶりなのですよ♪。
トンカツは柔らかく、変な脂っぽさも無い。
カツとご飯の間には、『タマゴ』が隠れていました。←目玉焼きなのかどうなのかは不明。

シンプルなのに、おいしさが広がる、嫌味の無い、癖になる味付けです。
無言で食しているのぼうさん。時折り、『うん、うん』とうなづきながら、黙々とカツ丼を食べていましたよ(笑)。

決して広いとは言えない店内ですが、終始お客さんで満席のようでした。
地元のお客さんに支えられているお店の様に思えましたよ。お店の方も、明るく親切で、感じが良かったのです。
リピート確実であります(笑)。

ちなみに、この『たつ』さん。看板が出ているのですが、目立たない(汗)。
なので、このお店に行かれる際は、『日高小学校』を目指して行けば、辿り着くことが出来ると思います。

お店の前面道路は道幅が狭く、駐輪するスペースがありません。
駐輪スペース&駐車場については、お店の方にお聞き下さいませ。←ローカルルールが適用されると思います。


昼食で大満足した、おっさん二人(笑)。
このまま帰宅しても良い感覚に少し襲われましたが、名所は抑えておきたい。

ベタですが、『今治城』。
201521104.jpg
半日はブラブラしていたいぐらいの美しさです。
公園としても楽しめるのではないでしょうか?。桜が咲くころは、素晴らしい景色が拝めそうな気がします。

お城には、多彩なカラクリが、あちらこちらに散りばめられています。
201521105.jpg
城内を歩きながら、当時の戦を想像してみるのも、面白いかもしれませんね。

殿になった気分で、城下を眺める。
201521106.jpg
そして、おっさん二人による寸劇が始まる(苦笑)。
のぼうさんの『エア双眼鏡を覗く殿』は、面白かったわ。←内容は・・・、言えない(汗)。

今治城前で必死にカブを撮影している、おっさん二人。
201521107.jpg
通り掛かるカップルさん達。
私達と目を合わせないようにしていたような気がするのは、私の気のせいでしょうか?。

大三島盛港を午後5時発のフェリーに乗船する為、早めに今治を後にします。
そして、盛港にて『のぼうカフェ』の開店です♪。
201521108.jpg
お互いに、珈琲を持ち歩いているところが面白い。
ということで、本日は、のぼう店長持参の珈琲を頂きます。このひと時が、たまらなく好き。

フェリーで、再び忠海港へ。
201521109.jpg
のぼうさんに、カブで走り易い裏道を教えて頂きました。
これで、国道2号線をヒヤヒヤしながら走ることが無くなると思います。ありがとうございます♪。

四国が近くなった今回の走行距離は、約220kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

リアサスペンション乗り比べ。

タイカブ(Dream)のリアサスペンションには、サスペンションの硬さを調整出来る機能が付いています。
20152802.jpg
ピクト君が1人。
普段は、このサスペンションの状態で走行しています。


慣らし運転も終わりましたので、サスペンションの乗り比べを行ないたいと思います。
と言いましても、おどおどしている私が運転するので、評論家さんの言うようなインプレは出来ません。
トコトコとカブで楽しんでいる一般ライダーのインプレと思って下さい。

では、ご近所にあるクネクネ道へ。
20152801.jpg
走行テストとはいえ、無理な走りは致しません。
カーブを曲がる時も、道路のアウト側をゆったりと走ります。ステップを擦るような走りはしていません。

ライダーの私のスペック。
身長174cm、体重63kg←少し増量しました(汗)。運転スキルは、へっぽこです。

カブの状態は、箱を取付けていない仕様でノーマルの重量に近付けています。
慣らし運転直後ですので、エンジンフィーリングは最高に良いです♪。

路面状況について。
峠や山陰の日が当たらない場所は、道の辺に雪が残り、路面はウエットとなっています。
慎重な運転が必要ですな。


まずは『1人用』のリアサスで一本流します。
普段乗っているリアサスの硬さなので、違和感なくトコトコと走ります。

このカブに初めて乗った時のこと。
交差点の右左折で、あまりにも切り込み過ぎるハンドリングに驚いたことを覚えています。
咄嗟に足を出して、転倒しそうになったのを防ぎました。

今では、あまりカブを寝かし込まずにカーブを曲がっています。←これで丁度良い感じです。
その乗り方に慣れた為か、中型バイクに乗っている時には、曲がるのに苦労しています(汗)。


いよいよ♪。
20152803.jpg
ピクト君が2人になります。

カブに跨った瞬間、リア部分が高くなったことに気が付きます。
そして走り出してすぐに思う事は、『カブがドッシリとしているっ!。』ということ。
言い過ぎかもしれませんが、ひとクラス上のバイクに跨っている感覚です。

段差越え時も、変な突き上げ感は無く、路面からの衝撃をしっかりと吸収しています。

カーブでは、1人乗り用に比べ、前輪が若干外側に逃げていく感じです。
ですが、クネクネ道を走っていると、この感覚が気持ち良いことに気が付きます♪。
中型バイクでクネクネ道を走っている感覚に似ているのですよ。少しバンク角が増えたような気が・・・。


二人乗りや重たい荷物を載せている時以外でも、このリアサスの硬さを楽しむことが出来そうです。
20152804.jpg
私は、カブならではのフィーリングを楽しみたいので、『1人乗り用』のリアサスに設定しておこうかな。

タイカブのノーマルリアサスペンションは、意外と使えるヤツなのです。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

燃費記録 その1(タイカブ編)。

おどおどしながらの慣らし運転&初回点検を終えた私のタイカブ。
一度、派手に転倒をしているので、外装慣らしも終えてます・・・(苦笑)。

そんな私のタイカブ。
125ccにボアアップされていることもあり、カブの体調管理を兼ねて、燃費チェックを行っていきたいと思います。

20152401.jpg

カブの運転について。
神経質なエコ的走行は致しません。交通の流れに逆らわず、カブを走らせます。
シフトダウン時は、アクセルを煽り、エンジンの回転数を上げています。
暖機運転は、行ったり行わなかったりと、その時の気分次第(汗)。

計測方法について。
満タン法で行います。正確な燃費計測は出来ませんが、カブの体調管理には問題は無さそうですね。
給油タイミングに決まりはありません。適当に給油しようと思います。


平成27年2月1日給油
1,158.2km~1,320.3km 162.1km走行 2.94L給油  燃費55.13km/L
海沿いの平坦な道を走行しているとはいえ、ガソリン1リットルで55kmも走れば大満足です♪。
ガソリンタンクの容量が4.2リットルなので、満タン状態で約200km走ることが出来そうですね。

平成27年2月11日給油
1,320.3km~1,519.8km 199.5km走行 3.35L給油  燃費59.55km/L
渋滞に遭わず、一般的な巡航速度で流した為なのか、燃費が60km弱/Lという好成績を収めました。

平成27年2月14日給油
1,519.8km~1,713.0km 193.2km走行 2.00L給油  燃費 - km/L
ガソリンスタンドの方が、大雑把な給油をされましたので、ありえない燃費数字となりました。
次回の給油と合算し、燃費記録とさせて頂きます。

平成27年3月14日給油(一回目)
1,713.0km~1,818.8km 105.8km走行 3.07L給油  
今回の燃費計算は、前回の給油と合算致します。
193.2km + 105.8km = 299.0km 2.00L + 3.07L = 5.07L給油 燃費58.97km/L
暖機運転を行なっているにもかかわらず、リッター60km弱という嬉しい燃費記録を樹立♪。

平成27年3月14日給油(二回目)
1,818.8km~1,968.7km 149.9km走行 2.55L給油  燃費58.43km/L
前記録と同日給油ということもあり、同じくらいの燃費記録となりました。

平成27年3月22日給油
1,968.7km~2,159.9km 191.2km走行 3.23L給油  燃費59.19km/L
キャンプ道具満載で、周防大島に向かったツーリング日。驚きの燃費記録です。カブ最高っ!。

平成27年3月28日給油(一回目)
2,159.9km~2,323.2km 163.3km走行 2.72L給油  燃費60.03km/L
先週のキャンプ走行に引き続き、早朝の快走路。エンジン回転数を高めに回して走行します。
燃費が初めて60km/Lを達成した、記録的な燃費記録となりました。

平成27年3月28日給油(二回目)
2,323.2km~2479.0km 155.8km走行 2.49L給油  燃費62.57km/L
山道をマイペースで走っていたのですが、60km/L以上の燃費には脱帽です。

平成27年3月28日給油(三回目)
2,479.0km~2,669.7km 190.7km走行 2.99L給油  燃費63.77km/L
数か所で渋滞があり、思うように走れませんでしたが、燃費記録の更新です。

平成27年4月25日給油
2,669.7km~2,864.4km 194.7km走行 3.12L給油  燃費62.40km/L
キャンプ道具を積載し、トコトコと裏道走行。この燃費に落ちついた模様です。

平成27年4月29日給油
2,864.4km~2,963.3km 98.9km走行 1.68L給油  燃費58.86km/L
見近島でキャンプを行なって帰宅。
竹原から八本松までの国道2号線は、休日の午前中ということもありハイペース走行。
キャンプ道具を積載し、重量増となっている状態での燃費記録となりました。

平成27年5月4日給油
2,963.3km~3,152.1km 188.8km走行 3.18L給油  燃費59.37km/L
しまなみ海道のキャンプツーリングを行ないました。
キャンプ道具を積載状態で、トコトコスピードですが、シフトアップ&ダウンを頻繁に行っていました。

平成27年5月17日給油(一回目)
3,152.1km~3,266.3km 114.2km走行 1.84L給油  燃費62.06km/L
ひさびさに、中国山地越えを行なうツーリング。タンク内を心配することのないように、早めに給油です。

平成27年5月17日給油(二回目)
3,266.3km~3,420.6km 154.3km走行 2.32L給油  燃費66.50km/L
中国山地を走行。アクセルを大胆に開けた走りでしたが、高燃費だ♪。

平成27年5月17日給油(三回目)
3,420.6km~3,539.0km 118.4km走行 1.86L給油  燃費63.65km/L
日本海側からの中国山地越え。走行ペースも速く、アクセルの開閉が多かった。
アクセル全開区間もあったが、それでも60km/L超え!。

平成27年5月23日給油(一回目)
3,539.0km~3,670.4km 131.4km走行 2.80L給油  燃費46.92km/L
んっ?、んんんっ!?。燃費が急に悪くなってしまった!?。
今回の給油は、大山ツーリングの往路でのこと。日南町のガソリンスタンドで、店員さんに給油してもらいました。
復路でも同じお店で給油してもらうので、結果をみて判断したいと思います。

平成27年5月23日給油(二回目)
3,670.4km~3,867.4km 197.0km走行 3.40L給油  燃費57.94km/L
大山ツーリング復路でのこと。前回と同店で店員さんに給油して頂きました。
アクセル開度が大きく、アップダウンのあるコースを走ったのですから、この燃費結果には満足しています。
前回の燃費結果についてですが、
前々回の給油がセルフ給油の為、ギリギリまでガソリンを入れることが無かった為だと思います。
なので、次回の給油がセルフ給油の場合は、好成績な燃費結果となるのではないでしょうか?。

平成27年6月14日給油
3,867.4km~4,074.0km 206.6km走行 3.34L給油  燃費61.85km/L
大山ツーリングの続きと、ご近所のおさんぽコース福富をアクセルを楽しくオープンさせ走らせました。
それにもかかわらず、燃費が61km/L超え!。嬉しい結果です。

平成27年8月2日給油
4,074.0km~4,254.6km 180.6km走行 2.90L給油  燃費62.27km/L
一ヵ月半以上も給油していませんでした。
リトルばかり乗っていて、タイカブに乗っていなかったというのは秘密だ(笑)。
それにしても、パワー、スピードということ無しのタイカブ。それにこの燃費!。
リトル全開走行の燃費を超えているではないですか!?。恐るべし、タイカブなのです♪。

平成27年8月22日給油
4,254.6km~4,433.9km 179.3km走行 3.40L給油  燃費52.73km/L
あわわわわぁぁぁ。
三瓶山ツーリングを楽しんだ結果、燃費が落ち込んでしまいました。
ほぼ、アクセル全開に近かったのが原因なのかもしれませんけどね(汗)。
それでも、燃費50km/L以上なのですから、優秀だと思います。さすが、世界のカブなのです。

平成27年8月30日給油(一回目)
4,433.9km~4,595.7km 161.8km走行 2.65L給油  燃費61.05km/L
雨ガエルさんとのツーリングに備え、しまなみ海道入りする前に尾道にて給油。
国道二号線を快適速度で走行してきた為か、燃費が通常レベルに戻ったようです。

平成27年8月30日給油(二回目)
4,595.7km~4,731.3km 135.6km走行 2.14L給油  燃費63.36km/L
しまなみ海道をゆったりとしたツーリング速度で走った結果、午前中に給油した時よりも、燃費が伸びました。

平成27年9月12日給油
4,731.3km~4,867.4km 136.1km走行 2.20L給油  燃費61.86km/L
しまなみ海道からの帰宅時。深夜の豪雨の中の走行の為、ゆっくりペースで走った結果です。

平成27年9月13日給油
4,867.4km~5036.1km 168.7km走行 2.72L給油  燃費62.02km/L
とびしま海道にて、キャンプを実施。キャンプ道具で積載量が増えているにもかかわらず、この燃費ならば、大満足。

平成27年9月20日給油
5,036.1km~5,213.1km 177.0km走行 3.5L給油  燃費50.57km/L
シルバーウィークにキャンプ道具満載で走行中です。
今回の給油は、宍道湖周辺の小さなガソリンスタンドで給油致しました。
おばあさんが、ガソリンを入れて下さるのですが、タンクになみなみとガソリンをついだため、私が注意を促したところ、
『だいじょうぶ、だいじょうぶ』と言いながら、キャップを締めました。案の定、ドバドバこぼれたのは言うまでもありません。
『すまんことをしたねぇ』と私に謝るガソリンスタンドのおばあさん・・・。
ですので、今回の燃費記録の結果は参考にならないと思われます。

平成27年9月21日給油
5,213.1km~5349.2km 136.1km走行 2.13L給油  燃費63.89km/L
シルバーウィークにキャンプ道具満載で走行中です。
今回はセルフスタンドで給油致しました。前回の給油が多かった為、この様な高燃費の記録となっていると思われます。

平成27年9月21日給油
5349.2km~5,538.4km 189.2km走行 3.08L給油  燃費61.42km/L
シルバーウィークにキャンプ道具満載で走行中です。
今回のガソリンスタンドでの給油が、今までで最悪。←燃費結果では無く、ガソリンスタンドの給油のことです。
給油して下さるのは、おじいさんの店員さん。
私がガソリンスタンドに入ってくる前から停まっている自動車に給油ノズルを指したまま、処理せずに私に近付いて給油し始める。
後に他の店員さんが、この自動車の方に誤ってらっしゃいました。
この時に少しは不安に思っていたのですが・・・。
給油ノズルをタンクの奥に思いっきり差込、目いっぱい引き金を引くものだから、当然の如く、給油口から吹き出しますよね。
咄嗟に『今のは、(ガソリン)は入っていない!』とおっしゃっていましたよ。『すみません』の一言もありませんでした。
ガソリンは入っていなくても、吹き出しているのだから、今まで入っているガソリンが失われたことになるのに・・・(呆)。
挙句の果てに、給油キャップを斜めに締めてくださいました。
完全に閉まらない給油キャップを未だ閉めようとするおじいさん店員。咄嗟に『やらんでいい!』と広島弁で制止させました。
結果、私が給油キャップを閉め直したのですが、おじいさん店員は、終始ニコニコ・・・。
後にネジ山を確認したところ、傷んでいなかったのでホッとしております。
セルフのガソリンスタンドが安心できる今日この頃ですわ。

平成27年9月22日給油
5,538.4km~5,722.6km 184.2km走行 3.17L給油  燃費58.10km/L
シルバーウィークにキャンプ道具満載で走行中です。
ガソリンスタンドの店員さんが給油してくれるということが不安で仕方がありません。
田舎のガソリンスタンドでは、セルフスタンドがなかなかありません。今回も店員さんがガソリン給油されます。
給油の数字を上げたいのか、キリをよくしたいのか、給油表示を頻繁に確認しながら給油しているおばさん店員さん。
未だ給油したかったのかもしれませんが、タンク内の棒をガソリンが超えた為、私が『ストップ』と指示。
未だガソリンを入れたそうなおばさん店員さんでしたが、今までの事がありますので仕方がありませんよね。

平成27年10月4日給油
5,722.6km~5,854.6km 132.0km走行 2.36L給油  燃費55.93km/L
シルバーウィークツーリングにて帰宅後、そのままの状態でしたので、給油してみました。
アクセル全開で走行すると、このような結果となってしまいます。
Dreamの燃費は、55km/L~60km/Lなのではないでしょうか。

平成27年10月10日給油
5,854.6km~5,987.8km 133.2km走行 2.39L給油  燃費55.73km/L
前回と同様な結果となった今回の燃費記録。
雨ガエルさんを迎え、広島市内入りを目指す途中で給油。

平成27年10月11日給油
5,987.8km~6,168.9km 181.1km走行 3.04L給油  燃費59.57km/L
のんびり速度で雨ガエルさんとツーリングを楽しんだこの日。
とびしま海道で雨に打たれ、ノンストップで淡々と走った結果、このような燃費になったのだと思います。
しまなみ海道の伯方島で給油。

平成27年10月12日給油
6,168.9km~6,281.7km 112.8km走行 2.00L給油  燃費56.40km/L
早朝、見近島から松山市内へと良いペースでマスツーリングを楽しんだ時の燃費記録です。
60km/Lという燃費記録が懐かしい・・・。

平成27年10月12日給油
6,281.7km~6,444.2km 162.5km走行 2.73L給油  燃費59.52km/L
正直なところ、この燃費記録には驚いています!。←良いほうにです。
四国カルストを目指すクネクネ道を高回転で走り抜けた区間がありました。
ギア操作も頻繁に行っていましたので、ガソリンをかなり使用したと思っていたのですが、60km/L弱の燃費結果になるとは!?。
どのように走ればいいのか、わからなくなってきました(汗)。

平成27年10月24日給油
6,444.2km~6,574.9km 130.7km走行 2.18L給油  燃費59.95km/L
四国ツーリングから帰宅し、そのままの状態からの給油です。
セルフで目一杯給油した時の燃費記録ですので、信用出来る数字なのではないでしょうか。
平均燃費は60km/Lで落ち着きそうですね。

平成27年11月1日給油(一回目)
6,574.9km~6,697.6km 122.7km走行 2.05L給油  燃費59.85km/L
純正フロントタイヤ最後の給油。
キャンプ道具を満載で、自宅から野呂川ダムキャンプ場を往復した燃費結果です。

平成27年11月1日給油(二回目)
6,697.6km~6,852.8km 155.2km走行 2.58L給油  燃費60.15km/L
フロントタイヤをビジネスタイヤに交換後の初給油。
タイヤ外周は、純正サイズと然程変わらない為、距離や燃費結果には影響がないと思われます。
フロントバスケット&リアキャリアを外し、軽量車両で走行。
山の中を全開モード&ハイペースで走っていたにもかかわらず、60km/Lをマーク!。良い感じです。

平成27年11月22日給油
6,852.8km~7,014.0km 161.2km走行 2.99L給油  燃費53.91km/L
ひさびさに燃費が50km/L台前半に落ち込みました。
アクセルを開けて走っていたというのもありますが、もう少し燃費が伸びても良かったように思えます。

平成27年11月29日給油
7,014.0km~7,154.4km 140km走行 2.53L給油  燃費55.49km/L
良いペースで、呉までツーリングに行った時のガソリン給油。
燃費に異常なし!。

平成28年1月10日給油
7,154.4km~7,263.6km 109.2km走行 2.42L給油  燃費45.12km/L
一か月以上ぶりに給油。
たまに暖機運転をしていましたが、燃費が初の40km/L台に突入しました。
この燃費の落ち込みようは気になります。

平成28年1月11日給油
7,263.6km~7,396.0km 132.4km走行 2.53L給油  燃費52.33km/L
しまなみ海道にキャンプに行く途中に給油した前回。
今回の給油は、そのキャンプからの帰宅時に尾道で給油した結果です。
少しではありますが、燃費が回復したよう感じです。

平成28年1月24日給油
7,396.0km~7,508.9km 112.9km走行 2.25L給油  燃費50.17km/L
10年に一度の大寒波に見舞われた、この日。
早朝にスノータイヤの初雪上走行を実施。その後に給油しました。
ただし、今回の走行距離のほとんどは、前回のしまなみ海道のキャンプ走行のものです。
その結果、50km/Lという燃費になったものだと思われます。

平成28年2月14日給油
7,508.9km~?????km ???km走行 2.32L給油  燃費 - km/L
給油時に、走行距離を記録出来ていなかった為、燃費が記録出来ませんでした。
次回給油時に合算し、平均燃費を記録したいと思います。

平成28年2月21日給油
?????km~7,777.1km ???km走行 2.73L給油  燃費 - km/L
前回、走行距離を記録していなかった為、今回の燃費計算は、前回の走行距離&給油と合算致します。
7,508.9km~7,777.1km 268.2km走行 2.32L + 2.73L = 5.05L給油  燃費53.10km/L
冬場だからなのか、それとも、暖機運転をするからなのか。
燃費が、50km/L台前半という結果となりました。燃費50km/L以上という数値ですので、正常と判断します。

平成28年2月27日給油
7,777.1km~7,941.5km 164.4km走行 3.0L給油  燃費54.8km/L
しまなみ海道&見近島へ、キャンプツーリングに行った時の給油。
燃費54km/Lと、この時期の燃費記録ではマズマズですな♪。

平成28年2月28日給油
マスツーリングなので、給油時に走行距離を記録することが出来ませんでした。
今回の燃費計算は、走行距離&給油と合算致します。
7,941.5km~8,235.5km 294.0km走行 2.05L + 3.27L = 5.32L給油  燃費55.26km/L
昨日のキャンプツーリングの続き。キャンプ道具満載の冬場の平均燃費と思われる結果です。

平成28年3月20日給油
8,235.5km~?????km ???km走行 3.61L給油  燃費 - km/L
しまなみ海道、キャンプツーリング往路にて給油。
次回給油時に合算し、平均燃費を記録したいと思います。

平成28年3月21日給油
?????km~8,616.1km ???km走行 3.36L給油  燃費 - km/L
今回の燃費計算は、前回の走行距離&給油と合算致します。
8,235.5km~8,616.1km 380.6km走行 3.61L + 3.36L = 6.97L給油  燃費54.60km/L
スノータイヤからビジネスタイヤへ、交換してからの初ツーリング。
にもかかわらず、燃費が、前回の記録よりも悪くなっています。
スノータイヤの為、燃費が悪いと思っていましたが、一概には言えないのですね。

平成28年4月3日給油
しまなみ海道ツーリングの燃費計算は、走行距離&給油をそれぞれ合算し、計算します
今回の燃費計算は、
8,616.1km~8,943.0km 326.9km走行 2.38L + 3.55L = 5.93L給油  燃費55.12km/L
ガンガンとぶん回しての燃費結果です。
ゆっくり走っても、速く走っても、燃費結果があまり変わりませんでしたね。

平成28年4月23日給油(一回目)
8,943.0km~9,145.7km 202.7km走行 3.11L給油  燃費65.17km/L
岡山へツーリングに行った時の一回目の給油。
国道二号線を良いペースで走った時の結果です。キャンプ道具を積載せず、軽量だった為、好記録になったと思われます。

平成28年4月23日給油(二回目)
9,145.7km~9,301.9km 156.2km走行 2.47L給油  燃費63.23km/L
岡山へツーリングに行った時の二回目の給油。
ルートを間違えながらの走行。満タン法の為、結果に若干の誤差があると思います。
ほぼ、燃費記録は、給油一回目と同じだと思われます。

平成28年4月29日給油
9,301.9km~9,463.8km 161.9km走行 2.58L給油  燃費62.75km/L
山の中、クネクネ道を楽しく、時々、アクセル全開の走り。
十分楽しんだ燃費結果が60km/L超え。大満足な結果です♪。

平成28年5月4日給油(一回目)
9,463.8km~9,627.1km 163.3km走行 3.46L給油  燃費47.19km/L
むむむっ。
鳥取県日吉津に向かうため中国山地を越えた場所で給油。
日野からは、燃料系がレッドゾーンに入っていた為にエコランに切り替えたのですが、燃費記録が思わしくない。

平成28年5月4日給油(二回目)
9,627.1km~9,806.6km 179.5km走行 3.72L給油  燃費48.25km/L
強風の中、日吉津から帰宅したのですが、スピードもあまり出してなく、シフト操作もあまりしていない。
その様な走りで、燃費が50km/Lを切っているのは、どういうことなのだろうか?。

平成28年5月8日給油(一回目)
9,806.6km~9,967.5km 160.9km走行 2.6L給油  燃費61.88km/L
前回の給油で燃費の悪さを実感したため、今回、燃費確認の為、再び山陰を走ります。
ほとんどの走行区間をハイペースに設定し、浜田経由の益田まで走行した結果です。
ひさびさに見た、60km/Lという数字。
ガソリンにより、燃費が左右するのか、疑問に思えてきました。

平成28年5月8日給油(二回目)
9,967.5km~10,085.8km 118.3km走行 2.32L給油  燃費50.99km/L
復路の益田から自宅までの走行ルート。
中国山地をアクセル全開に近いスピードで駆け抜けた燃費結果です。

平成28年5月15日給油
10,085.8km~10,205.3km 119.5km走行 1.98L給油  燃費60.35km/L
プラグ交換後、一発目のツーリングを終え、給油した結果です。
ペースを抑え気味に走ったということもありますが、ひさびさの60km/L台の燃費記録にホッとしています。
次回もこの調子であってほしい。

平成28年5月22日給油(一回目)
10,205.3km~10,284.8km 79.5km走行 1.57L給油  燃費50.63km/L
早朝の国道二号線を尾道まで、ほぼ全開走行の燃費結果。
この燃費が当たり前のように思えてきました。普通のペースで流すと燃費は良くなるのかもしれませんね。

平成28年5月22日給油(二回目)
10,284.8km~10,491.5km 206.7km走行 3.58L給油  燃費57.73km/L
尾道で給油後、しまなみ海道を普通のペースでマスツー。
その後、国道二号線をほぼ全開走行で走りぬいた燃費結果です。運転の仕方次第で、燃費に差が出ることがわかりました。

平成28年6月25日給油
10,491.5km~10,687.0km 195.5km走行 3.3L給油  燃費59.24km/L
しまなみ海道へ向かう途中に給油。
キャンプ道具満載での、この燃費記録には満足です。

平成28年6月26日給油
10,687.0km~10,849.1km 162.1km走行 3.0L給油  燃費54.03km/L
ほぼアクセル全開走行での結果。こんなもんですよ♪。

平成28年7月9日給油
10,849.1km~10,974.6km 125.5km走行 2.0L給油  燃費62.75km/L
走行距離が少なかった為か、それともガソリンスタンドの方が給油してくれた為なのか。
燃費結果が、ひさびさに60km/L以上を記録し、大変うれしく思っております。

平成28年7月10日給油(一回目)
10,974.6km~11,083.3km 108.7km走行 2.02L給油  燃費53.81km/L
今回の給油は、セルフでタンクいっぱいにガソリンを入れてみました。
前回の給油量を目視で確認していない為、よくわからない燃費結果となっています。

平成28年7月10日給油(二回目)
11,083.3km~11,246.7km 163.4km走行 3.51L給油  燃費46.55km/L
今回の給油も、セルフでタンクいっぱいにガソリンを入れています。
がっ!?、燃費結果が40km/L台後半になっています。全開走行をしているとはいえ、がっかりする結果・・・。

平成28年7月10日給油(三回目)
11,246.7km~11,402.1km 155.4km走行 3.0L給油  燃費51.8km/L
店員さんによる給油ですが、私が給油停止の指示をしたので、セルフで給油と同じ結果と思われます。
この燃費結果が、アクセル全開時のデータとなるのではないでしょうか。

平成28年7月17日給油(一回目)
11,402.1km~11,560.5km 158.4km走行 2.73L給油  燃費58.02km/L
四国ツーリングに向かう途中に給油。前回の『秋芳洞ツーリング』でガソリンタンク内が少なかった。

平成28年7月17日給油(二回目)
11,560.5km~11,737.8km 177.3km走行 2.99L給油  燃費59.29km/L
この給油から、四国ツーリングの燃費記録となりそうです。
四国カルストをめざし、麓のガソリンスタンドで店員さんに給油して頂いた結果です。

平成28年7月18日給油(一回目)
11,737.8km~11,967.4km 229.6km走行 3.68L給油  燃費62.39km/L
四国カルスト周辺を楽しみ、エコランにて麓まで降りた結果、燃費が60km/L台に到達しました。
ひさびさの好記録です。

平成28年7月18日給油(二回目)
11,967.4km~12,166.9km 199.5km走行 3.10L給油  燃費64.35km/L
前回、今回ともセルフ給油。アクセル全開を多用したにもかかわらず、燃費が60km/L台に到達しています(驚)。
調子が良いのか悪いのか、よく分かりません。

平成28年7月23日給油(一回目)
12,166.9km~12,290.2km 123.3km走行 3.04L給油  燃費40.55km/L
なっ、なんだぁ!、この燃費記録は!?。今までで、最低の燃費記録となりました。
ガソリンスタンドで、給油してくれたおじさんが、ガソリンを大量に吹きこぼしたのが、原因かな?。
それを考慮しても、あまりにもひどい燃費です。ちなみに、角島ツーリングの往路での途中結果です。

平成28年7月23日給油(二回目)
12,290.2km~12,453.4km 163.2km走行 2.8L給油  燃費58.28km/L
角島ツーリングから帰宅中に給油。燃費も平均的な数値で満足♪、満足♪。

平成28年7月23日給油(三回目)
12,453.4km~12,663.9km 210.5km走行 3.6L給油  燃費58.47km/L
前回と同様、角島ツーリングから帰宅中に給油。前回に近い数値で、ホッと一安心。

平成28年8月13日給油(一回目)
12,663.9km~12,765.5km 101.6km走行 2.01L給油  燃費50.54km/L
今回から、九州ツーリングでの給油となります。まずは、燃費50km/L台からスタートです。
深夜ですので、ラフなアクセルワークとStop&Goは皆無だったのですが、燃費が思ったよりも延びませんでした。

平成28年8月13日給油(二回目)
12,765.5km~12,896.9km 131.4km走行 2.65L給油  燃費49.58km/L
私の不注意で、給油時にガソリンを溢れさせた結果です。

平成28年8月13日給油(三回目)
12,896.9km~12,995.2km 98.3km走行 1.61L給油  燃費61.05km/L
超満タンスタート&早めの給油タイムで、このような燃費記録が生まれたと思います。

平成28年8月14日給油(一回目)
12,995.2km~13,144.1km 148.9km走行 2.67L給油  燃費55.76km/L
このDreamでは、この燃費記録が平均的な値だと思っています。

平成28年8月14日給油(二回目)
13,144.1km~13,284.2km 140.1km走行 2.36L給油  燃費59.36km/L
給油量、走行距離と平均的な値に対しての燃費記録。

平成28年8月15日給油(一回目)
13,284.2km~13,435.9km 151.7km走行 2.37L給油  燃費64.0km/L
平戸をトコトコと走ったり、渋滞の中、アクセルを開けずに走ったことが、高燃費記録に影響していると思われます。

平成28年8月15日給油(二回目)
13,435.9km~13,638.0km 202.1km走行 3.28L給油  燃費61.61km/L
九州ツーリングで、給油に失敗した場所にて、ふたたび給油。
夜間走行、そして渋滞アリの為、アクセルは思ったよりも開けてはいません。
アクセル操作ひとつで、燃費記録に影響が出るDreamですね。

平成28年8月16日給油
13,638.0km~13,833.3km 195.3km走行 3.41L給油  燃費57.27km/L
九州ツーリング最後の給油。
日付を超えての給油となり、渋滞もないハイペースで記録した燃費数値です。

平成28年10月1日給油
13,833.3km~14,217.3km 384km走行 2.17L+2.94L+1.49L=6.6L給油  燃費58.18km/L
しまなみ海道を走行した時の燃費記録です。平均的な燃費数値を確認出来ました。

平成28年10月8,9,10,11日給油
14,217.3km~15,141.9km 924.6km走行 3.45L+2.63L+3.01L+3.64L+3.7L=16.43L給油  燃費56.27km/L
キャンプ&カフェカブ九州で阿蘇を走行した時の燃費記録です。平均的な燃費数値を確認出来ました。

平成28年11月20日給油
15,141.9km~15,347.2km 205.3km走行 3.68L給油  燃費55.78km/L
カフェカブ九州帰宅時と広島市内をぶらぶらした時の燃費記録。
アクセルを回せば、このような燃費記録となります。60km/L台が懐かしい・・・。

平成28年12月25日給油
15,347.2km~15,496.1km 148.9km走行 2.92L給油  燃費50.99km/L
1ヶ月近く、給油をしていないことに気が付く(汗)。
それだけ、カブに夢中だったのかな。しかも燃費が50.99だとは!?。

平成29年1月1日給油
15,496.1km~15,628.7km 132.6km走行 2.23L給油  燃費59.46km/L
祝!元旦給油。良いペースで尾道まで走行したにもかかわらずこの燃費記録ならばOkだ♪。

平成29年1月3日給油
15,628.7km~15,791.6km 162.9km走行 3.14L給油  燃費51.87km/L
しまなみ海道の見近島で開催された新年会キャンプツーリングでの往路での燃費記録。
走り方は今までと変わらずなのですが、燃費記録が悪いな。

平成29年1月4日給油
15,791.6km~15,929.0km 137.4km走行 2.65L給油  燃費51.84km/L
しまなみ海道の見近島で開催された新年会キャンプツーリングでの復路での燃費記録。
わぁぁぁぁぁっ!、冬場だからこの燃費記録なのかな!?。
それとも往路復路とも全開走行していた区間が長かった為なのかな?。どちらにしても、気になる燃費記録となりました。

平成29年1月28日給油
15,929.0km~16,100.6km 171.6km走行 2.98L給油  燃費57.58km/L
忠海港まで走行した時の燃費記録です。
所々、凍結によりペースを落とさなければなりませんでしたが、今回の燃費結果に満足しています♪。

平成29年2月11日給油
16,100.6km~16,236.6km 136km走行 2.32L給油  燃費58.62km/L
積雪のオートバイ神社ツーリングを楽しんだ時の燃費記録です。
私のタイカブの平均燃費結果ですね♪。タイカブの健康状態に異常なし!。

平成29年3月5日給油
16,236.6km~16,374.3km 137.7km走行 2.61L給油  燃費52.75km/L
じゅえる君に会いに尾道へ。尾道で給油した時の燃費結果です。
タイヤ交換後で空気圧が適切でなかった為、悪い燃費結果になったと判断。

平成29年3月7日給油
16,374.3km~16,490.4km 116.1km走行 2.03L給油  燃費57.19km/L
尾道からタイヤの空気圧が気になりマイペースで帰宅。その二日後に給油。
その運転方法が良かったのか、良い燃費記録となりました。

平成29年4月9日給油
16,490.4km~16,638.6km 148.2km走行 2.77L給油  燃費53.50km/L
しまなみ海道へ花見ツーリングに行く途中に、竹原で給油。
全開走行多用が影響しているのか、このような燃費結果でした。異常はないと思います。

平成29年4月9日給油
16,638.6km~16,777.2km 138.6km走行 2.74L給油  燃費50.58km/L
しまなみ海道花見ツーリングから帰宅時に、竹原で給油。
少し気になる燃費結果だ。
しまなみ海道では、程よいスピードで流していたのにもかかわらず、この燃費結果。次回の燃費結果が気になります。

平成29年4月16日給油
16,777.2km~17,250.0km 472.8km走行 2.61L+2.67L+3.04L=8.32L給油  燃費56.82km/L
北九州の門司にカブ菌ちゃんを持って行ったときの燃費記録。
アクセルのオンオフが少なかった為、アクセル全開区間が多かったにもかかわらず好記録でした。

平成29年5月3日~7日給油
17,250.0km~19,088.2km 1,838.2km走行 
2.45+2.91+2.41+2.47+2.65+2.77+3.05+2.77+3.29+1.94+2.62+2.88+2.38L=34.59L給油  燃費53.14km/L
富士山ツーリングでの燃費記録。
深夜早朝では全開走行。その他は大渋滞に巻き込まれながらの徐行となっています。
5日間での給油と走行距離による平均燃費を出しました。私のタイカブとしては、平均的な燃費と思われます。

平成29年5月27日給油
19,088.2km~19,231.5km 143.3km走行 2.53L給油  燃費56.64km/L
とびしま海道ツーリング中に給油。最近稀に見る好成績です。

平成29年5月28日給油
19,231.5km~19,392.6km 161.1km走行 3.1L給油  燃費51.96km/L
羅漢高原へのツーリング中に給油。最近では、これくらいの燃費記録が普通になりつつあります。
もう、60km/L以上の記録は出ないのでしょうかね・・・。

平成29年6月4日給油
19,392.6km~1,9592.6km 200km走行 3.34L給油  燃費59.88km/L
なんとっ!、ひさびさに好記録が出ましたよ。普段と変わらないような乗り方をしていたのですけど・・・。

平成29年6月4日給油
1,9592.6km~19,722.7km 130.1km走行 2.29L給油  燃費56.81km/L
しまなみ海道ツーリング帰宅時に給油。この燃費が私のタイカブでの平均燃費だ。

平成29年6月25日給油
19,722.7km~19,913.9km 191.2km走行 3.18L給油  燃費60.12km/L
やったぁ!、ひさびさの燃費60km/L台だっ!。
広島県北部に向けて、アジサイツーリングに出掛けた時の燃費記録でした。

平成29年7月16日~17日給油
19,913.9km~20,464.1km 550.2km走行 3.09+2.08+3.12+1.04L=9.33L給油  燃費58.97km/L
北九州キャンプツーリングに出掛けた時の平均燃費。
ロングツーリングでしたが、燃費が悪い結果では無かったので良かったです♪。

平成29年8月11日給油
20,464.1km~20,695.6km 231.5km走行 3.94L給油  燃費58.75km/L
観音様巡りツーリング時の燃費結果。
優マークを付けても良いような燃費結果だ。それよりも、満タンで230km走行可能ということが確認出来たことに満足。

平成29年8月14日給油
20,695.6km~20,840.9km 145.3km走行 2.24L給油  燃費64.86km/L
とびしま海道の豊島で開催された豊浜水産祭りツーリング。
帰り道の途中で給油したときの燃費結果。ひさびさに60km/L以上の結果が出ましたっ!。
ただ、少しエンジン?に不安な現象アリ・・・。

平成29年8月20日給油
20,840.9km~20,974.1km 133.2km走行 2.53L給油  燃費52.64km/L
しまなみ海道ツーリング時の記録。
シリンダー内、スロットルボディの洗浄後のツーリングとなった今回。
伯方島にて給油したのだが、思ったよりも燃費が延びなかった。

平成29年8月20日給油
20,974.1km~21,079.9km 105.8km走行 1.83L給油  燃費57.81km/L
しまなみ海道ツーリングからの帰り道にて記録。
平均的な値となりました。

平成29年8月26日給油
21,079.9km~21,268.9km 189km走行 3.12L給油  燃費60.57km/L
しまなみ海道ツーリングにて。
伯方島GS(エネオス)にて給油です。アクセル開度を抑え気味に走った為、燃費結果が良かったと思われます。
ちなみに、こちらのGSは午前6時開店、午後10時閉店となっています。

平成29年8月27日給油
21,268.9km~21,442.4km 173.5km走行 3.05L給油  燃費56.88km/L
しまなみ海道ツーリングにて。
帰宅時に白木にて給油。アクセルの全開率が高かったのですが、良い燃費結果となりました。

平成29年9月9日給油
21,442.4km~21,599.3km 156.9km走行 2.52L給油  燃費62.26km/L
良い燃費結果だっ!。
タイヤ交換後、GSにて空気充填のついでに給油。

平成29年9月24日給油
21,599.3km~21,698.1km 98.8km走行 1.68L給油  燃費58.80km/L
街乗りでこの燃費結果。私の乗り方&タイカブの平均燃費だね。

平成29年10月8日給油
21,698.1km~21,825.1km 127km走行 2.35L給油  燃費54.04km/L
これから数回に分けて、カフェカブ九州への往復の燃費を記録していきます。

平成29年10月8日給油
21,825.1km~21,972.6km 147.5km走行 2.5L給油  燃費59.0km/L
阿蘇麓にあるJAで給油。あともう少しで草千里というところ。
燃費自体も良かったようだ。

平成29年10月9日給油
21,972.6km~22,110.4km 137.8km走行 2.1L給油  燃費65.61km/L
カフェカブ九州当日。早朝、本田技研付近で給油しました。
燃費記録が良くて気持ちの良い朝を迎えることが出来ましたよ♪。

平成29年10月9日給油
22,110.4km~22,295.4km 185km走行 3.01L給油  燃費61.46km/L
帰宅中、フェリー乗船前に給油。

平成29年10月10日給油
22,295.4km~22,416.8km 121.4km走行 2.26L給油  燃費53.71km/L
またもや、燃費が50km/L台になってしまった。

平成29年11月5日給油
22,416.8km~22,584.1km 167.3km走行 3.13L給油  燃費53.45km/L
前回と同じような燃費だ。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

かき祭り、はじまる。

2月1日の日曜日

寒いっ!。
この一言で済ますことが出来そうなくらいの気温の中、目が覚める。
前日はというと、積雪にはなりませんでしたが、雪がちらつくほどの寒さに覆われていました。

雪、雨の心配がいらない広島市南部の本日。
気になるのは路面状況のみだ。山沿いにある自宅前の路面状況は、濡れてはいるものの凍結はしていない。

走ることが出来る。

 
午前8時過ぎに、寒さで凍えるタイカブを始動させます。
冷えきっている為、セルは使用せず、キック!キック!!キック!!!。ひたすら蹴りまくります。
キック始動のコツをつかめていない私。カブの暖機運転の前に、私の身体が温まってしまいました(汗)。

8時40分広島港発、切串港行のフェリーへ、カブを滑り込ませます。
目指すは、『江田島』です。
20152101.jpg
フェリーで約30分の船旅。

通勤、通学でも使われている航路と言うだけあり、朝、夕、夜は30分間隔で出港しています。
運賃は船内で支払う為、乗船がスムースに行われるのも、このフェリーの特色でもあります。

ちなみに。
乗下船時に、『暗黙の了解』で行われる行為もあるのですが、ブログ上では記述を控えさせて頂きます。

快適なフェリーで到着した切串港。
切串港から、少し東へ走った場所にある小用港へ。
20152102.jpg
この時期、毎年開催されている『江田島市カキ祭』に行ってきました。

警備員さんにバイク置場をお聞きすると、空いている場所に、適当に駐輪して良いとのこと。
アバウトという言葉が当てはまる島感覚に、朝から癒されます。
20152103.jpg
邪魔にならないと思い、この場所へ駐輪。
が、これから1時間後には、無料試食が出来る『牡蠣汁』の長蛇の列が、タイカブの前に現れることになる。
少し、恥ずかしかった(苦笑)。

ここで、ヘルメットホルダーについて一言。
20152104.jpg
このヘルメットホルダーは使い辛そうでしたので、今まで使用していませんでした。
今回、ワイヤーロックを忘れた為、ヘルメットホルダーを使用してみたのですが、意外と使い易かった・・・。
何事も、食わず嫌い?は、いけませぬな。


さて、カキ祭開始40分前に会場入りした私ですが、上には上がいるようです。
お買い得価格で販売される殻付きカキコーナーには、既に行列が出来ていました(驚)。
この牡蠣を購入する為に、毎年、このカキ祭に来られる方もおられるのでしょうね。

私はと言うと。
20152105.jpg
カキ飯に並びます。しかも、先頭。
このカキ飯は、あっという間に売り切れるのですよ。300円というのも嬉しい。
購入数に制限が有るのか無いのか分かりませんが、複数個購入される方が多いのも影響しているのでしょうね。

母さんの味『ますやみそ』ご提供。
20152106.jpg
無料試食『牡蠣汁』。寒い日に打ってつけの牡蠣汁!。最高です!。

『紅色(べにいろ)の 両の手添える 牡蠣汁を 口に近付け 微(え)みがこぼれむ』
歌を詠んでみました(笑)。文法や表現方法に誤りがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

その様な気分にさせてくれるのも、この様な景色の中で、カキ料理を楽しめるからではないでしょうか?。
20152107.jpg
隣のメインステージでは、江田島の写真コンクールの授賞式が行われていました。
次回は参加してみようかな?。と少しだけ思った昼下がりです。


かき祭を満喫した後は、江田島と能美島を適当に流します。
20152108.jpg
島をトコトコと流すのは、本当に気持ちが良いものです。カブを選んで良かった。

青空が広がったり、急に曇り空になったりと忙しい冬の空。
20152109.jpg
広島市内とは違い、風が穏やかな江田島&能美島。その為、冬のツーリングには適している地ですな。
忘れてはいけないのは、『島内は、スピードを控えめに!』ですね。


中町港付近で珈琲休憩。
20152110.jpg
今回のお供は、『ブラジル』の中深煎り。
定番のコーヒーっぽいナッツな風味という説明通り、嫌味は無い飲み味でした。

このような景色を眺めながら、珈琲を楽しむ♪。
20152111.jpg
牡蠣棚から望む瀬戸内海。
薄っすらと中央に浮かび上がるのが、広島市内です。その向こう側にそびえる山は雪で白くなっています。
温暖な地域と寒冷な地域が入り混じった広島県。楽しみ方は、いろいろだ♪。

フェリーに乗り込み、早めの帰宅。本日の走行距離は、約100kmでした。


まだ、牡蠣食べたい(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
注意事項
ブログ内容及び写真の転載・無断使用は禁止です。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
お知らせとお願い
当ブログでは、相互リンクをおこなっておりません。 また、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR