原付二種感覚ツーリング。

桜の開花宣言が、各地方で聞こえてきました。
バイク乗りさん達にとっては、ツーリングシーズン到来の号砲が鳴り響いているのではないでしょうか?。

昨年末より、原付二種のカブに乗り始めた私。
本格的ツーリング前に、一日に走行出来る距離や自身の体力、住まい付近の交通事情等を把握しておきたい。

そこで今回は、
本州西端に位置する山口県は下関へ、『原付二種感覚ツーリング』と題して走りたいと思います。


3月28日の土曜日。午前5時過ぎ。
201532801.jpg
ひさびさにこの時間帯からスタートする為か、手振れが酷い(苦笑)。

ウェア類は、冬仕様。この時期のウェア選びは悩みますよね。
この日のツーリングでは、朝夕晩は冬仕様でOK。昼間は暑く、かなりご苦労致しました。
次回のツーリングからは、春仕様&カッパの方が良いかもしれません。


ツーリングスタートと行きたいのですが、冷えきっているタイカブに火を入れるのは大変苦労します。
エンジン始動の為の『キック』を何度もチャレンジ。予想していたとはいえ、なかなか火が入りません。

キック始動を試みる音でさえ、寝静まっている住宅地には響いてしまいます。
今までは、深夜早朝にツーリングをスタートする場合、自宅から少し離れた場所にある下り坂で押し掛けしていました。

押し掛け・・・。

カブはオートマとはいえ、ギア操作が出来るのですから・・・。
んっ!?。押し掛けが出来るの???。

カブを下り坂まで押して歩き、カブに跨る。
イグニッションキーを『ON』にする。←この操作は大事ですよね。私は時々忘れてしまいます(汗)。
ギアを4速に入れて、坂道を下り始めるとスグに『ト、ト、トトトト♪』とエンジン始動。

カブの押し掛け始動を初めて経験したオッサンの春。(笑)


土曜日の早朝ということもあり、渋滞の無い広島市内を通過します。
普段の感覚ならば、お隣の山口県入りしていてもおかしくない時間が経過しているにもかかわらず、
まだ、広島市のお隣の廿日市市を通過出来ていない状態。

スピードが遅いというのもあるのでしょうが、この標識が行く手を阻む。
201532802.jpg
特に国道を走っていると、この標識がたくさん出没します(泣)。

時々、流れの良いバイパスを走っていると自動車専用道でなくても、
『自動車専用道だったのではないか?』と疑心暗鬼になってしまうことがある私。
長距離、特に知らない地では、注意が必要な標識ですね。


広島県と山口県の県境にある栄橋(さかえばし)。
朝日を浴びながら、この橋を渡りきります。工業地帯の為か、早朝にもかかわらず渋滞気味だ。

カブにとっては、ハイペースで流れる国道2号線。
午前8時前、山口県徳山市にある徳山港に到着します。
201532803.jpg
今回のツーリング目的地の下関とは関係のない『徳山港』。

高速道路を使用出来ない原付二種。
スオーナダフェリーで、この徳山港から大分県の竹田津港へ行くことが出来ます。
九州は大分県、宮崎県、そして熊本県へとアプローチするのに、この港は私にとって重要なのです。

深夜早朝に走行しても、自宅から徳山港まで『約3時間』も掛かることが確認出来ました。
実際にフェリーを使用する時には、もう少し時間に余裕を持たせた方が良いですね。


午前10時30分過ぎ。国道2号線&9号線を走り、下関に到着。
201532804.jpg
みもすそ川公園。
長州砲が並ぶその先には、関門海峡、関門橋を観ることが出来ます。
すぐ目の前は、北九州市です♪。

ガソリン給油以外は休憩を取らず、しかも深夜早朝のハイペースで、自宅からここまで要した時間は
『約5時間30分』
ちなみに、VTR250で高速道路を使用すれば、西は熊本県阿蘇、東は三重県鈴鹿サーキットまで行ける時間に近い。


午前11時付近になれば、下関も観光客の皆さんで賑わってきます。
特に、唐戸市場やカモンワーフは、おいしい食べ物がたくさん揃っていますからね♪。
私も、よく利用させて頂いております。

が、今日の私の食の目的地は違います。
下関駅付近の路地を迷いながら到着した場所。←地元の方に道を尋ねながら、やっとのことで辿り着きました(汗)。
201532805.jpg
おかもと鮮魚店
写真を撮っても分からないでしょ(笑)。黄色いテントの庇が出ている場所です。

午前11時過ぎでしたが、お店の前には『営業中』の看板が出ています。
お店の入口を開けると、目の前には食堂のようなテーブル席が並び、奥にいたお姉さんが『どうぞ』と声を掛けてくれる。
ここで、このお店を初めて訪れた人は、『きょとん』とするはず。今の私もその様な状態になっています。
目の前にはパーティションがあり、すぐそこにあるテーブル席に行けないようになっているのですから(汗)。

それでも、お姉さんはこちらを見ながら『どうぞ♪』を繰り返しています。
ある方向を指差しながら・・・。

右方向を見ると鮮魚コーナーがあるのですが、
一旦その鮮魚コーナー前を通過し、テーブル席に到着するというロールプレイングゲームの様なレイアウト(笑)。
現に、私が食事中の時、来店されたお客様で同じような状況になっている方々がおられました。
初めてこのお店に来られた方と言うのが、すぐにわかります。

そして、目的のお品は。
201532806.jpg
『海鮮丼』です。
鮮魚店ということもあり、新鮮なのはもちろんのこと、驚くのはそのボリュームなのです。
お魚だけでも数えきれないほど丼に乗っているのですが、味噌汁付きのお値段が『1,000円(税別)』というのも驚きです。

ちなみに『おかもと丼(2,500円)』という最上級の丼があるのですが、さすがに食べきれる量ではないと思います。
ひとつ残念なのは、日曜定休日ということ。
それでも満足度が高い、おかもと鮮魚店の海鮮丼。機会があれば是非っ!。


食事後は、カモンワーフに移動し、対岸の北九州は門司を眺めながらお散歩です。
201532807.jpg
下関は『フク』が有名。『ふぐ』では無く『フク』なのです。

この日は、サルの大道芸が行われていました。
昼間の暑さの為か、少しヤル気のない様に見えたお猿さん。疲れている時もありますよね(笑)。
201532808.jpg
多くの人で賑わっています。
フクの揚げ物の匂いが、先程食べた海鮮丼で、おなかいっぱいになっている私を苦しめる。

早めに場所を移動します。


桜の開花情報では『火の山公園』の桜は、『開花』となっていました。
このツーリングで下関入りした時に寄った、みもすそ川公園。
その付近にある火の山パークウェイを上っていくと火の山公園に到着します。(駐輪場は、駐車場棟内の1階にあります。)

展望台から、関門海峡を眺める。
201532809.jpg
日本三大急潮のひとつ、関門海峡。汽笛を鳴らしながら航行している船。
この様な場所を航行するのは大変なのでしょうね。

肝心の桜はと言うと。
201532810.jpg
つぼみの状態でした。この日の暖かさで、一気に咲きそうな気配♪。

一輪だけ、咲いている桜を発見っ!。
201532811.jpg
『咲いているのは私だけよ』と言っている様な顔に観えます(笑)。

青空の下、お弁当を広げている家族連れやグループ。
その様な中、私は恒例の珈琲休憩を楽しみます。
小さな子供達は、バッグから取り出すミルやコンロを不思議そうな目で観ていました(汗)。
お父さん、お母さんは、『見ちゃダメよ』と言いたげな表情だ。
201532812.jpg
今回使用した珈琲豆は、エチオピアの中深煎り。
豆自体が普段使用している豆より一回り小さな豆なのです。

この様な景色を眺めながら、ゆっくりと珈琲を楽しむ。
201532813.jpg
この一杯を味わうと、アウトドア珈琲を止めることは出来ないっ!。

渋滞を考慮し、午後1時30分過ぎに下関を後にします。
来た道と同じく、国道を使用し帰宅。
201532814.jpg
帰宅途中、この様な場面にも遭遇出来ました。
自動車専用道路を走っていたら、観ることが出来ない景色と場所。カブに乗り始めて良かったと思えた一瞬です。

渋滞にドップリと浸かってしまいましたが、無事午後7時30分過ぎに帰宅。
カブの単気筒エンジンの振動で手が痺れた今回の走行距離は、約420kmでした。

私にとって、これくらいの距離が、原付二種で一日に走れる限界に近いようです。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

キャンプde周防大島(後編)

P3220042.jpg
年寄りの朝は早い(笑)。

爆睡中の皆さんを起こさず、ゴソゴソとテントから脱出し、キャンプサイト周りをお散歩します。
誰もいない駐車場で、バイクを眺めているだけでも幸せな私。変ですか?(笑)。


キャンプサイトの横には飛行艇が展示されています。
P3220044.jpg
PS-1飛行艇(18号機)。
この飛行艇は、昭和52年3月から昭和62年3月まで飛行していたとのこと。
テントで隠れて見えませんが、機体には大きく『海上自衛隊』の文字が書かれています。

徐々に明るくなる、夜明け前の空。
P3220048.jpg
引退している機体とはいえ、再び大空を泳ぎたいように見えるのは私だけでしょうか?。

静かな瀬戸内の海に、太陽が昇る。
P3220059.jpg
日の出と同じくして、釣り人を乗せた小型船がポンポンポン♪と小気味良い音を立て、小さな漁港を出港します。
聴こえてくる音は、小型船の奏でる音と、小さな波の音だけ。のどか過ぎる光景です。

この朝日を浴びるだけで、満足出来るキャンプ場です。
P3220062.jpg
この時間帯になると、皆さん、朝日を浴びてマッタリとくつろいでいます。あっ、おひとり爆睡中・・・。


モーニングコーヒーを楽しみます。
P3220063.jpg
今回用意した珈琲は、『ペルー』の浅煎りです。
昨日のおやつ時に淹れた珈琲と同じですが、今回は少し濃い目に淹れてみました。
酸味を楽しめる珈琲でしたよ♪。

珈琲豆をゴリゴリと挽いていると、なにやら後ろから殺気が!?。
マグカップを持って、待ち構えているWitchさんたちだ(笑)。珈琲豆を多めに持ってきて良かったよ(汗)。

そんなWitchさんからは、パンを挟むヤツで焼いてくれた、あつあつのホットサンドを頂きました♪。
このパンを挟むヤツは、この前から欲しくて欲しくてタマランのです。ただ、柄が長いのよ(悩)。

卓を囲んでマッタリしている私の横で、なにげに作業している、るーのぼ王子。
ライ麦パンにチーズをのせて網の上で焼いているのですが、なかなか思うように焼けない模様。

『っん!?』。
なにやらひらめいた王子の持ってきた秘密兵器はと言うと、『バーナー』だ。
チーズの上からバーナーで焼きを入れています(驚)。
これが、ピザの様な仕上がりになって、ぶち旨っ!状態でした。おいしかったよ、ごちそうさまでした♪。

今後もキャンプの『るーのぼくんの行動』からは目が離せない!(笑)。


おいしい朝食を楽しんだ私たち。ふと空を見上げると、本日も快晴のようだ。
P3220065.jpg
キャンプは、目じりの小じわが増えてくると思います。だって、笑顔が絶えませんから♪。

午前10時前、撤収準備完了です。
P3220067.jpg
ここで、アドさんが購入されていたケーキを皆で頂きます♪。
別れのケーキでしょうか?。いや、再会の約束のケーキですよね。

アドさんのパニアには日本地図が描かれています。
P3220068.jpg
走った都道府県には、青色のシールが貼られているのですよ。
残すは、関東地方のみ!。全国制覇まであと少しですね。アドさんからすると、『お隣さん家』の感覚では???。


集合写真撮影後、それぞれの旅に向け、キャンプ場を後にします。
P3220069.jpg
キャンプツーリング二日目のスタートが切られます!。

交通量の少ない時間帯を走ることが出来るのも、キャンプツーリングの特権。
P3220071.jpg
静かな島内を走ります。

私が選んだツーリングルートはというと。
島内の山の中腹から峰を東西に走る農免道路、通称オレンジロードです。
P3220074.jpg
適度なクネクネ道が続く、走り応えのある道路なのです。
この日も、数台のスポーツ系バイクが楽しそうにクネクネ走っていましたよ。

私はと言うと、トコトコと景色を楽しみながら、のんびり気分で走ります。
スピードを出す気にならないのが、カブの良いところ。

さようならスピード!、さようならバンク角!!。

気持ち良く走り抜けることが出来たオレンジロード。
P3220076.jpg
山口県内のガードレールは、ほとんどが黄色く塗装されています。(ひと目で、山口県入りしたことが分かります。)

このオレンジロードを楽しんでいたころに、キャンプでご一緒する予定だった『のぼうさん』からメールが入っていました。
メールに気が付いたのが、周防大島を脱出し、帰宅中だったという・・・。
のぼうさん、次回は是非、キャンプをご一緒しましょうね!。

周防大島を午前11時半に脱出。来た道と同じルートで帰宅致しました。
今回のキャンプツーリングの走行距離は、約270km。

キャンプツーリングで、ご一緒して頂いた方々、ありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

キャンプde周防大島(前編)

3月21日の土曜日。

穏やかな天気の下、キャンプツーリングに出掛けます。
目的地は、瀬戸内海に浮かぶ島。山口県は周防大島(すおうおおしま)。
周防大島は、メジャーなツーリングコースです。いつも、ツーリングを楽しんでいるバイクが、たくさん走っています♪。


今回のキャンプは、現地集合、現地解散。
集合時間は決められていないマッタリとしたキャンプです♪。

走行スピードの遅いカブには、ありがたいっ!。
トコトコとマイペースに走って、周防大島を目指します。

国道2号線の渋滞も、全然気にならないのがカブの良いところ。渋滞中の車の列に埋もれて、のんびりと走ります。

のんびりついでに、普段走っているコースとは違うコースを選びます。
岩国から、国道188号線にルート変更。少し遠回りになりますが、海岸線を走って周防大島に向かいます。


正午前。
周防大島まであと少しのところにある『潮風公園』にて休憩します。
201532401.jpg
心地よい風が吹く中、海岸線を観ながら、少しウトウトと(笑)。春ですね。

ここ潮風公園には、綺麗な砂浜が広がっています。
201532402.jpg
ポカポカ陽気、青空、心地よい風、静かな波の音。ほら、ウトウトするでしょ(笑)。


休憩も終わり、国道188号線を少し走ると目の前には大島大橋が現れる。
この大島大橋を渡ると、目的地の周防大島に上陸だ。

大島大橋は島の西側、目的地のキャンプ場は島の東側。
のんびりと島の北側海岸線を流しながら、キャンプ場を目指します。


久賀(くが)のセブンイレブンにて、昼食用のチョコクロワッサンとクリームパン、ホットココアを購入。


ここから、少し寄り道だ。
標高618.5Mの嵩山(だけさん)展望台を目指します。

山頂に近付くにつれ、道幅は車一台がやっと通れるくらいの狭さ。
しかも、急勾配の『つづら折れ』になっており、少し上るとグイッと曲がり、また少し上るとグイッと曲がる繰り返し。

そんな急勾配な道のりでも、グイグイと上って行く、キャンプ道具満載のタイカブ。
1速、2速、そしてまた1速とギアチェンジの繰り返し。
カワユイ顏をしているタイカブですが、
1速でラフなアクセル操作をしようものなら、フロントがポンッと簡単に浮いてしまいます(汗)。
恐るべし、タイカブっ!。

そして、到着する山頂。
ここ嵩山山頂には、ハンググライダーやパラグライダーのランチャー台が設置してあります。
201532403.jpg
この場所まで余裕で上ることが出来たカブに、正直驚きました。
キャンプ道具満載で重量増になっているのにもかかわらず、グイグイと上っていくのですから。

テイクオフっ!。
201532404.jpg
霞みの為、遠くの景色を眺めることは出来ませんが、それでも綺麗な景色に変わりはありません。
この景色を眺めながら、展望所のベンチに座り、先程のパンとホットココアを頂きます。
一人貸切状態の絶景レストランに案内された感じです♪。←その様なお店には行ったことは無いですけどね(汗)


絶景を眺めた後は、来た道を戻ります。
つづら折れ箇所は慎重に下ります。路面には、落葉がある箇所もありますので、ゆっくりと走ります。

再び北側海岸線を走り、キャンプ場へ向かいます。
201532405.jpg
今まで走ってきた瀬戸内の島々の中で、ツーリングを楽しんでいるバイクが、一番多いのではないでしょうか。
開けた景色と、走り易いコースが魅力的なのでしょうね。


島の東側の端にあるキャンプ場。『陸奥野営場』に到着です。
ここ陸奥野営場の隣には陸奥記念館があり、戦艦陸奥の貴重な資料を見ることが出来ます。
ちなみに、戦艦陸奥は1943年に周防大島の沖合いに停泊中、不慮の大爆発を起こし、沈没しました。

キャンプサイトでは、珈琲を飲んだり、ケーキを食べたり、おしゃべりしたり♪。
201532406.jpg
まったりとした時間を楽しみます♪。
私たちにとっては、何もしないこの様な時間の使い方が、一番の贅沢なのです。

各々、夕食の仕込みに取り掛かる。
201532407.jpg
市販の生姜焼きのタレを投入し、仕込終了(笑)。
豚肉よりもタレの量が多かった為、少し辛い仕上がりとなりました。キャンプですので、良しとしてくださいね。

Witchさんのミネストローネ、アドさんのジャガイモのオイルサーディン包焼き?、るーのぼくんのクリーミープリン♪。
そして、パンチの効いた炊き込みご飯っ!。

素敵な宴の始まりです。
201532408.jpg
私の生姜焼きの味が濃かった為、皆さん、のどが渇いたに違いないっ!(汗)。

おしゃべりに夢中になり、綺麗な星空でしたが、写真を撮っていない。
201532409.jpg
その代わり、目にはしっかりと星空を焼きつけてきました。

この日、睡眠不足の私。宴を早めに抜け、シュラフに潜り込む。
201532410.jpg
そして、夜が更けていく。キャンプde周防大島(後編)へ続きます。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

キャンプde周防大島(プロローグ)

何事も始めるに当たり、何らかのきっかけがあるものです。

去年の今頃のこと。
ブログでお世話になっている、るーのぼさん。
そのるーのぼさんのお知り合いのTREKさんが広島に来られるということで、私もツーリングにお邪魔致しました。

その時に出会った、TREKさん、アドさん、Witchさん、そしてるーのぼさん。
キャンプに興味が全く無かった私が、キャンプを始めるきっかけとなったツーリングなのです。
と言いましても、この方々と、キャンプをご一緒したことがない(汗)。

昨日までは。


昨日今日で行われた、アドさん主催のキャンプに、お邪魔させて頂きました♪。

アドさん♪
201532201.jpg
BMWのGSアドベンチャーです。大きいです!。迫力があります!!。

るーのぼくん♪
201532202.jpg
トライアンフのタイガー800XCです。
この大きなバイクに跨り、両足ベッタリという巨神兵(笑)。凄過ぎる!?。

Witchさん&りんこちゃん♪。
自家用車で参加です。この車を見て、るーのぼくんが発した『あれは敵ではありません!』が有名(笑)。


そして
201532203.jpg
私、きゅー。タイホンダのDreamです。

三台並ぶと・・・。カブ、ちっさ(笑)。
201532204.jpg
でも、カワユイので、なんだか応援したくなる。←意味ワカラン。

夜明けを待つ三台。
201532205.jpg
キャンプに出会えて、本当に良かったです。そう思える二日間でした。


さぁ、キャンプツーリングの始まりですっ!。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

開店準備?。

自家製ステッカー。
201531901.jpg
歩留まりが悪く、もう少し改善が必要だ。

ステッカーを名刺として渡される方が多い様ですね。
皆さんの作成されている綺麗なステッカーに憧れます。私が作成したステッカーはというと・・・。

既存の『珈琲休憩。』のステッカーを50%縮小したステッカー。
文字は粗くなり、URLは何が書かれているのか分からなくなっていますが、ポケットサイズステッカーを作成しました。
レッグシールドに貼ってあるステッカーは、背景が透明タイプなのですが、こちらは白ベース。

土曜日にお会いする方々にお配りする予定ですが、皆さん存じておりまして(汗)。
『いまさら、いらんわっ!』と言われそう(笑)。

本日、こちらも仕入れてきましたよ。
201531902.jpg
煎りたて!の珈琲豆です♪。
おいしい珈琲を飲みましょうねぇ~。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

フロントバスケットの件。

3月15日の日曜日

洗車をするだけでも、楽しく感じるカブ生活♪。
201531601.jpg
春暖の 風に飛び乗る 花粉色 洗い流せば 素顔なお良し 


転倒により、かなり歪んでいた前カゴ
小物を入れるのには不都合は無かったのですが、大きなものを入れるとなると凹んでいるところが気になります。

エンデュランスさんの代理店で購入した私のタイカブ。
購入後18ヵ月の間は、アフターパーツが約半額で購入できる特典があるので、前カゴを再び購入しました。
201531602.jpg
前カゴの歪みが無くなり綺麗に装着出来ているのですが、赤丸の部分には既に凹みがあります(汗)。

店長さんに尋ねたところ、『輸入品ですから・・・。』と申し訳なさそうに言われました。
用途に支障が無ければ、問題は無いという感覚なのですね。

この様な小さなことが気になってしまう私。私は、タイ人になかなか成れない様です(汗)。

『きゅーチャイ』への道のりは遠いようだ。←私はどこへ向かっているのだ!?(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

初上陸!大崎上島!!。

201531401.jpg
3月14日の土曜日、午前10時前。私は瀬戸内海上を航行しているフェリーに乗船しています。

早朝に雨が降り、路面が濡れていた状態でしたが、日中は雨の心配はなさそうだ。
しかも、気温が上昇しそうな感じの天気です。

霞が掛かり、遠くの景色は見え辛い状況となっています。
その様な状況下、私の目の前に本日の目的地の島が現れます。
前方に見える島が、本日の目的地『大崎上島』です。

この大崎上島は、とびしま海道の大崎下島と、しまなみ海道の大三島に挟まれる位置にある島です。
ただし、この大崎上島は橋では繋がっておらず、フェリーを利用しなければ上陸できません。
(私が今回利用した航路は、安芸津港~大西港です。)

だからでしょうか?。私、この島へは初上陸になります。
どのような素敵な景色を眺めることが出来るのか。どのような気持ち良い道が私を待っているのか。
楽しみなのですっ!。


上陸後は、島を時計回りに走ります。
大西港から、さほど遠くない場所にある小さな港の原下港。
201531402.jpg
存在感のある『厳島夜燈』が出迎えてくれます。
街灯らしきものが見当たらない場所にある夜の灯は、雰囲気が良さそうですね。

この夜燈を見ている私の背後には、ひときわ高くそびえる山があります。
『神峰山(かんのみねやま)』です。
その神峰山の展望所に向けて、カブを走らせます。中継アンテナの鉄塔があるので、場所はすぐにわかります。

絶景です♪。
201531403.jpg
写真中央の少し左側に、先程いた場所の原下港が観えます。
そして写真左側には、フェリーが到着した大西港が観えるのですよ。

この神峰山展望所は、島の周りを360°見渡せる遊歩道があります。
もちろん、山頂にも歩いて行けます。適度な歩行距離で、ツーリング中でも楽しめると思います。

早速ではありますが、霞みの掛かった『しまなみ海道』を観ながら珈琲休憩を。
見近島では、本日もテントを張られている方がいらっしゃるのでしょうか?と思ってしまう私。
しまなみ海道=見近島=キャンプと思ってしまう私は病気でしょうか(笑)?。
201531404.jpg
さて、珈琲休憩・・・。んっ?。んんっ???。
やかんを忘れてる(泣)。しゅうぅぅぅぅぅ~りょぉ~おぉぉぉ(泣)。

・・・。

さぁ、気を取り直して、再び島を時計回りに走ります。
201531405.jpg
午前中は晴れたり曇ったりと落ち着かない空模様。
この時間にすれ違うバイクは、地元のカブのみと言う環境。なんと素晴らしき大崎上島(笑)。

コンテナ船が汽笛を鳴らして航行しています。
201531406.jpg
汽笛って、結構大きな音がするのですね。静かな瀬戸内海に鳴り響いていました。
少し風が強くなってきていますが、グリップヒーターをオフにするくらいの暖かさです。気持ちの良いトコトコ走行♪。

造船の町『木江(きのえ)』に入ります。
古い町並みがある場所は、軽自動車がやっと通れるくらいの道幅です。
201531407.jpg
タイカブの後ろには、商店前に停まっている丸目カブとおじいさん。
黒い丸目カブに、黄色の平べったいミカン箱を荷台にくくり付けた姿が画になり過ぎます♪。

ちょうどお昼になったので食事をと考えたのですが、お店が見当たらない。
商店のおばあさんに聞いてみたところ、少し戻った場所にあるスナック『ジュン』でお昼を提供しているらしい。

先に進むことにします(汗)。

造船の町というだけあり、このようなアート作品がひっそりと佇んでいました。
201531408.jpg
クマさんこと篠原勝之さんの鉄の作品です。

下部には、スクリューで造られた風車があり、風が吹くとグルグルゆっくりと回り始めます。
201531409.jpg
ぐぉーん、ぐぉぉぉーん、というような鉄の重たい音が響きます。
説明には、『ドーム内にある大小の鐘が鳴り響く』とあるのですが、鐘の音は聞こえてきませんでした。


島の南側に到着します。
201531410.jpg
海岸線にある小さな岩の『弓張岩』です。
1400年に弓の名人の小早川冬平が、弓の弦をこの岩に固定し、海賊に矢を放ったと伝えられているそうです。
私は、この岩が弓の弦の形をしているから、弓張岩と言われているのかと思っていました。

島を一周して、大西港に戻ってきたのが午後1時前。
近所にあったラーメン屋さんで塩チャーシューメンを頂き、食後は再び島を走ります。
反時計回りに海岸線を走り、時計回りに走った時とは違う景色を楽しみます。


島を一周した後は、大西港付近にある、離れ小島の『長島』に渡ります。
201531411.jpg
美しいトラスが目に飛び込む長島大橋。写真左側が長島です。

長島大橋を渡った場所にある公園のベンチでカブ越しに海を観ながら休憩。
201531412.jpg
ポカポカ陽気にも誘われたのか、ウトウトとしていました。
傍から見ると、縁側でウトウトとしているおじいちゃんの様な姿だったと思います(笑)。
この写真を見ていると、今もウトウトとしてしまう。

それだけ、この島がカブでトコトコ走るのには適していたのでしょうね。

午後2時半過ぎに大崎上島を後にします。
午後6時に無事帰宅。走行距離は約200kmでした。

とびしま海道でキャンプを行って、ちょうど1ヵ月。
その日以来のカブでの走行。1ヵ月ぶりに動かすカブは、すこぶる調子が良かったのでホッとしています♪。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR