海自ピンバッチ。

広島市のお隣、呉市。
呉市といえば、大和や潜水艦など、海軍さんの街のイメージが強い。
飲食はというと、フライケーキにメロンパン、冷麺、そして千福一杯いかがです♪でしょうか(笑)。

そして、にわかに活気付いているのが『呉海自カレー』。
二週間前に三軒の店舗をはしごした私。今回も呉海自カレーを食しに行ってきましたよ!。

ちなみに、今月21日(土)に開催された『2015呉海自カレーグランプリ』。
初代チャンピオンは、クレイトンベイホテル内にあるソーニョ・コートダジュールさんの『海軍伝承いせカレー』でした。


11月29日の日曜日のこと。
20150112901.jpg
押し入れに眠っていたタナックスのツーリングバッグを引っ張り出し、タイカブに装着。
この大きさならば、敷板を外したほうが良かったかも!?。

午前11時過ぎに呉市へ到着。
またもや、カレーがメインの為、レンガ通りへと向かいます。

一軒目は『花本商店 台所』さん。
パンフレットに記載されている営業時間は10時30分~18時となっていますが、食事が出来るのはお昼の時間帯のみ!。
おしゃれで落ち着きのある店内。座席数が少ないため、入店待ちする可能性があります。
20150112902.jpg
せとゆき呉海自カレー

お肉屋さんの料理店ということもあり、とんかつをトッピングしてみました。(プラス400円)
揚げたてのとんかつは油っぽくは無く、サクサクとした衣に包まれた柔らかいお肉でしたよ。
もちろん、カレーもおいしかったぁ♪。また来たい!と思わせるお店でした。

間髪を入れず、二軒目に突入します。もちろん、はしごカレー(笑)。
向かったのは、うどん屋の『りゅう』さん。
20150112903.jpg
潜水艦けんりゅうの『ソードドラゴンカレー』。
食卓に並びそうな感じのシーフードカレーでした。次回は、うどんを食べてみよう。

呉海自カレーを頂くと貰えるオリジナル艦艇シール。
パンフレットに貼られた艦艇シールが5枚となりましたので、プレゼントを頂きに『てつのくじら館』へ。
20150112904.jpg
陸に上がったクジラは、迫力がありますな。

プレゼント引換場所は、てつのくじら館3階にあります。
20150112905.jpg
海上自衛隊ピンバッチ!と呉海自カレー缶バッチ???。

シール数に応じて、プレゼントと引き換えが出来るのですが、私は勘違いしていたようです。
てっきり、プレゼントと交換すると、ゼロからの再スタートになると思っていました(汗)。

次なるプレゼントは、シール10枚と交換される『海上自衛隊クリアファイル』です。
あと5店舗でカレーを食すことになりますが、道のりは険しいかな。
シールを貼っているパンフレットは大事に保管しておこうと思います。

折角ですので、てつのくじら館を見学。
20150112906.jpg
赤い照明のあるエスカレーターが、潜水艦内部へのイメージを膨らませてくれます。

館内には、いろいろと展示されていますが、やはりメインは潜水艦内部。
20150112907.jpg
見学範囲は極僅かなのですが、それでも潜水艦内部を肌で感じることが出来ます。
こんな狭い空間で寝食しているの!?。というのが私の感想。
多くの観光客の皆さんに紛れ込んで見学していたので、特にそう感じたのかもしれません。

操縦席。
20150112908.jpg
窓のない空間で操縦するのって、怖くないのでしょうか?。

何週間も、この狭い空間で生活しなければならない。しかも緊張が絶えない職場環境。
並大抵の精神力では務まりませんよね。


夕方から、嫁に頼まれているおつかいごとがありますので、帰宅します。

帰宅時にヘッドライトの球切れを確認。(走行距離は約7,000km)
いつものバイク屋さんにて、電球を交換。
純正品は、国内販売されていない32ワットの電球が使用されています。今回から30ワットの電球となります。
20150112910.jpg
カレー三昧のツーリング?。
海上自衛隊ピンバッチを貰えたツーリングの走行距離は、約100kmでした。


スポンサーサイト

冬キャンプ準備。

20150112801.jpg
冬到来!。
冬キャンプに向け、最終調整に入ったタイカブ冬キャン仕様。

シルバーの防水ザック内には、重ねシュラフの為、シュラフが2つ。
その他には、防寒着等のウェア類がぎっしりと詰め込まれています。

前方が見えないくらいに、もっさりとキャンプ道具を積載。
20150112802.jpg
ララヒッパさんが、カブを『ラクダ』と言われているのが、分かるような気がします(笑)。
安全対策としては、後方車両からテールランプ類が確認出来るので、ひと安心。←反射材を装着すれば、尚良しでしょうか。


メインのキャンプバッグについて。
キャンプ道具の収納方法。使い勝手を考慮し、配置しています。
20150112803.jpg
食器類を用途別に収納したプラスチック箱を使用。
必要な時に、必要なものだけを取り出せるようにしています。
しかも、バッグ内に箱を収納することによりキャンプバッグが安定し、上部に防水ザックを座らせることも可能となりました。

前記事のコメント内で、ひろさんから『テント等の配置』についてアドバイスがありました。
現在の配置では、バッグ中央下部になっています。←トレイを取り出す手間が発生します。
もうひと工夫が必要ですね。


この仕様で、近所のクネクネアップダウンな道を走行。
ところどころにギャップもあり、試走には適した峠道なのです。

リアサスペンションは、フルバンプ状態(汗)。リアタイヤを見ると、かなり潰れています。
フロントが浮き気味の状態で走るタイカブ。カーブでは、無理をせずにゆっくりと曲がっていきます。

荒れた峠道を走っても、荷物はきっちりと固定されています。
背中の空間にも少し余裕があり、荷物が前方にズレてくることはありませんでした。
今まで以上に、走行距離を伸ばせることが出来るのではないでしょうか?。


峠道を往復後、いつものバイク屋さんにてリアタイヤの状態を確認してもらます。
今回のようにキャンプ道具積載時には、空気圧を300kpaに設定してもらいました。
少しですが、リアが安定したような気がします。←はっきりとはわかりませんけどね(汗)。


フロントバスケットを以前のように戻しました。
20150112804.jpg
本日は、かご内にデジイチを収納しています。
キャンプ当日には、カメラをコンデジに変更する予定。かご内には、焚き火用にオガライトを入れて走りたいと思います。


冬キャンプ仕様のタイカブ。
今回の試走により、不安材料を取り払うことが出来ました。
安心して駐車場に止めているタイカブを眺めている私に対して、嫁が一言。

『家出?』

い、いや・・・。


ハンドルカバー。

20150112401.jpg
定番のヤママルトハンドルカバー。

20150112402.jpg
リトルカブに装着してみました。

これまで、幾度となくハンドルカバー装着に挑戦してきた私。
相性が悪かった為か、いつもハンドルカバーを取り外す運命となっていました(悲)。
タイカブは、グリップヒーター&ナックルガードで、寒い冬場を凌いでいます。

ですが、リトルカブはグリップヒーターすら装着されていないド・ノーマル仕様。
すでに、気合いと根性とは言ってはいられない年齢となってしまった私。
なんとかせねば・・・。


先月、広島に来られた雨ガエルさん。
大切にされているクロスカブに試乗させて頂けるチャンスがありました。

その時のクロスカブの第一印象はというと。
実は、エンジンフィーリングや足回りではなく、『ハンドルカバー』の使いやすさだったのですよ!。

今まで使用してきたハンドルカバー。
手を出し入れすると、ハンドルカバーが動き、うまくハンドルを掴むことが出来ない。
その感覚が嫌で、ハンドルカバーから遠のいていたのですが、このヤママルトのハンドルカバーは違います。
専用設計されている為、ハンドルの奥深くまでハンドルカバーを取り付けることが出来ます。
手を出し入れしても、ハンドルカバーは装着場所から動かないのですよ。

その感覚が気に入り、ヤママルトのハンドルカバーを装着することとなりました。


11月22日の日曜日のこと。
20150112403.jpg
時刻はお昼を回っています。
グローブを薄手の手袋に替え、試走に出掛けます。向かった先は、お散歩コースで頻繁に登場する福富。

到着した道の駅で、お土産や焼き芋を購入。そして駐輪場へ戻ってみると。
20150112404.jpg
埋もれちょる(汗)。
リトルの周りが、大型二輪でいっぱいだ(汗)。先ほどまで、周りにバイクはいなかったのに・・・。

まったりと休憩。
その後は、近くにあるキャンプ場を視察です。
20150112405.jpg
『県央の森キャンプ場』。
Dayキャンプに来られている方々が、数名おられました。バーベキューの美味しそうな香りが漂います。

ここ、県央の森キャンプ場は、山中にある為、夜間の冷え込みは半端ないと思われます。
暖かい季節が訪れたら、テント泊をやってみよう♪。


午後3時過ぎ。風を冷たく感じる時間帯だ。
20150112406.jpg
ですが、心配ご無用!!!。

がっちりと装着させてされているハンドルカバーからは、風が吹き込んでこない。
暖かさが維持されています。

ハンドルカバーを苦手としている私が、購入した今回のヤママルト ハンドルカバー。
良い買い物をしたと思います♪。


少し早目のプレゼント。

私のパソコンが不機嫌になり、メンテナンスに追われている、きゅーでございます。
嫁のパソコンからブログアップ・・・。嫁からの視線がイタイ(汗)。

一昨日から、ピリッとした冬の空気に包まれた、ここ広島。
至る所から、クリスマスソングが流れてきます。

クリスマスまで、あと1ヶ月となった昨日。
関東方面から、一足早いクリスマスプレゼントが我が家に届きました♪。
20150112601.jpg
『Fam』

この本が欲しかったのですよ!。
増刷前から欲しかったのですが、書店に行っても売り切れ状態のまま。
半ば諦めていたところ、ご夫婦でカブを楽しまれている雨ガエル1号・2号さんからのプレゼント♪。

本当にありがとうございます!。

そして、この付録が良い味出しているのですよね。
20150112602.jpg
ミニ焚き火台!。
キャンプで十分活躍してくれそうな、手のひらサイズの焚き火台。もち運びにも、便利そうですね♪。

ツーリングバッグ用の敷板。

昨日の11月22日の日曜日。タイカブが納車され、丸一年が経ちました。

タイカブと過ごしたこの一年。
いろいろな方と出会い、ツーリングやキャンプを楽しめたことは、私にとって、とても素晴らしい想い出となっています。
『カブには、大きなバイクでは得られなかった世界がある』ことを経験出来た一年でした。


そんな素敵な経験をさせてくれる、我が家のタイカブさん。
今まで以上に、キャンプを楽しめる仕様にしてみたい!。そんな気持ちからシングルシート化となりました。

自宅に保管してあった、タナックスのキャンピングシートバッグをリアキャリアに載せてみる。
20150112201.jpg
バッグの両サイドを延長し、最大容量の75L仕様にしています。

この状態でも良い感じなのですが、もう少し安定させたい。
そんな気持ちから、敷板を作ってみました。

ホームセンターで、丁度良いサイズ(300mm×450mm×15mm)の板が販売されていたので購入。
購入した板は『パインの集成材』。すぐに傷みそうな板です(汗)。

傷んだら簡単に作り直せるのが、木材の良いところ。
仕事関係の方から、厚さ24mmの針葉樹合板の切れ端を頂いたので、次回は、この合板で作製したいと思います。


仕事終了後、職場の作業場を借りて、敷板を仕上げていきます。
と言いましても、穴を開けたり、タッピングビスで揉んだりするだけの簡単な作業ですけどね(笑)。

キャリアに取り付けると、このような感じとなります。
20150112202.jpg
キャリアへの取付は、いたって簡単♪。六箇所ほど結束バンドで固定するだけです。
シートバッグ本体は、リアキャリアへ直接固定する為、このような簡易な固定方法でも良いと思われます。

キャリア前方にスペースを設け、敷板を取り付けます。
20150112203.jpg
敷板を前方のリアキャリアのグラブバー?まで伸ばせば、しっかりと固定することが出来ると思います。
ですが、雨天時に雨水が板を伝い、シートバッグの下に浸入する可能性がある為、今回の様な取り付け位置としました。

敷板の裏側。
20150112204.jpg
横滑り防止の為、リアキャリアの隙間に合わせ、木っ端を取り付けています。
木っ端が柾目にとってある材でしたので、ビスで揉むと、木目に沿って割れてしまいます。
職場にあった廃材なので仕方がない・・・。板目の木っ端が見付かれば、都度差し替えていきたいと思います。


敷板の上に、シートバッグを載せてみます。
20150112205.jpg
少しですが、シートバッグが安定したように見えます。ダラダラ感が無くなったように見えるのは気のせい?。


早速、ご近所にあるクネクネ道で走行テスト。
20150112206.jpg
今までのキャンプ仕様とは違い、切り返しがラク!。
感覚としては、カブが軽くなった感じなのです。
重たい荷物がバイクの中心に近付くだけで、操作性がガラッと変わり、別のバイクに乗っている感覚になります。

重たいキャンプ道具を運ぶには、シングルシート化が良いかもしれませんね。


走行テストついでに、近くにあるキャンプ場を偵察します。
この峠道を超えると、すぐ到着出来るキャンプ場。
20150112207.jpg
海田町営キャンプ場。

キャンプ場に到着すると、巡回中のお巡りさんと出会う。
なにも悪いことはしていないのですが、ドキドキしてしまうのはなぜだろう(笑)。

清掃活動をされている方にご挨拶をし、帰宅します。

炊事場やトイレもあり、自宅から遠くない海田町営キャンプ場。
嫁と不仲になり、自宅に居づらくなったら、このキャンプ場で寝泊りしよう。
このキャンプ場で、ソロキャンプをしている私を見かけたら、嫁とケンカしたのだと思ってください(笑)。


今回作製した敷板。
20150112208.jpg
キャンプ場の夜は、立ち飲みのテーブルとしても使用出来るかも!?。
きゅーバル開店といったところでしょうか。ただし、店主は誰よりも早く眠りにつくと思われます(汗)。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

走れ、リトルっ!。

11月15日の日曜日のこと。
呉海自カレーのはしごツーリングから帰宅。時刻は、まだ午後3時前だ。


一か月以上もエンジンを始動していないリトルカブが心配になり、ひさびさに動かしてみることにしました。
バッテリーは十分に充電されていたみたいです。それよりも心配なのは、エンジン内の油膜切れです。

この日、バイク屋さんにてオイル交換を行ってもらいました。
バイク屋さんでは、オイル交換作業中に店長さんとお話しタイム。
今回のリトルの様に、ひさびさにエンジン始動した場合の弱点や、熱膨張、偏心、進角、遅角等々。
勉強になる話ばかりでした。

町の小さなバイク屋さんだからこそ、このような会話を楽しむことが出来ると思います。


お散歩に出掛けます。
向かった先は、いつもお世話になっている珈琲豆屋さん。
幹線道路を利用すれば、あっという間に到着する珈琲豆屋さん。
それでは面白みがないので、少し遠回りをしてみようと思います。
20150111801.jpg
『柳瀬キャンプ場』を偵察。

ディキャンプを行うには、丁度良い場所のようです。
この日も、若い方々がバーベキューを楽しんでいましたよ♪。

便利な場所にあるキャンプ場ですが、一人では怖くて泊まることが出来ないかな。
数人でキャンプを楽しむならば、泊まることが出来そうですが・・・。


なんだ坂、こんな坂♪。
20150111802.jpg
時速30km+αで走行しているリトルでは、写真の様な長く続く上り坂で失速してしまいます。
それをも楽しむことが出来るのも、リトルの楽しみ方の一つ。ちょっとそこまでが、大冒険なのです。


この日の日中は、11月中旬とは思えないくらいの暖かさ。
20150111803.jpg
珈琲豆屋さんにて。

珈琲をごちそうになりながら、店長さんと珈琲話。
ネット通販も良いのですが、会話を楽しみながらお買い物をするのも良いものですよね。
私の質問に、いつも丁寧に答えて下さる店長さん。
時には、書籍を引っ張り出して調べて下さります。本当にありがとうございます。


暖かいとはいえ、さすがに陽が傾いてくると肌寒くなってきます。
20150111804.jpg
グリップヒーターもハンドカバーも装着していないmyリトル。
防寒装備の導入を検討しながら、この日のお散歩ツーリングを終了しました。


帰宅後、冷えた身体を温める飲み物。
20150111805.jpg
ウイスキーの珈琲割り♪。『アイリッシュコーヒーもどき』みたいな飲み物です(笑)。

珈琲豆屋さんで質問していたことが、この飲み物についてでした。

私は、本物のアイリッシュコーヒーを飲んだことがありません。そんな私が作るウイスキーの珈琲割り。
アイリッシュではない安物のウイスキー、ザラメではない砂糖、そしてスーパーで売られているデザートホイップを使用。
誰にでも簡単に出来る飲み物ですが、想像していた以上においしかったっ!。

寒い休日の午後、まったりと過ごしながら飲む一杯には、最高かもしれません。
口の中で甘くとろける感覚、そして、ほのかに香るようなウイスキーの味わい。女性にはウケそうな飲み物ですよ♪。

寒いキャンプ場で、お昼からまったりと過ごす時の飲み物として、良いかもしれませんね♪。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

はしごカレー。

ご近所にあるスーパーマーケットで開催されたガラガラ抽選会。
コロンと赤玉が出てきてビール6本セットが当り、ご満悦なきゅーでございます。


11月15日の日曜日のこと。

昨日の大雨が嘘のような青空で、すがすがしい朝を迎えています。
しかし暑い!。革ジャンを着て、少し歩くだけでも汗ばむほどの陽気な一日でした。
20150111501.jpg
定番?の『潜水艦あきしお』とカブの写真。

午前10時30分でしたが、
『てつのくじら館』や、対面にある『大和ミュージアム』は、多くの観光客の方で賑わっていました。
呉の代表的な観光スポットですからね♪。

しかし、今回のツーリングは、『はしごカレー』ということもあり、呉海自カレーを楽しむことが最優先!。
大和ミュージアムには脇目も降らず、呉海自カレー発見に全力を尽くします。


いろいろな場所で配布されている『呉海自カレー』のパンフレット。
20150111502.jpg
私は、てつのくじら館でパンフレットを入手しました。
早速、パンフレットに記載してある事項について確認し、呉海自カレーを求めてカブ発進だ。
朝ご飯を食べてきているのに、既に空腹状態になっている私(汗)。そりゃ、太るよ・・・。

パンフレットを眺めていると、カレーを提供しているお店が密集している場所があります。
20150111503.jpg
『れんがどおり』
アーケード街のれんが通り周辺には、徒歩で移動可能な距離に、数件のカレーポイント(笑)が待ち構えています。
はしごカレーを行うには、好都合な場所なのです。


ヒトヒトマルマル、作戦開始ぃ~♪。

最初に伺ったお店は、れんが通り南口付近にある『多幸膳』さん。
店内に入るとズラズラっと並ぶ鉄板テーブル。そうです、このお店はお好み焼屋さんなのですよ。
お好み焼屋さんと気が付いて、海自カレーを注文することに少し戸惑いましたがね(汗)。
20150111504.jpg
鉄板の上に置かれる『呉基地業務隊牛すじカレー』。
どのご家庭でも味わえそうな感じの普通においしいカレーです。『お母さん、おかわりぃ~』と言いたくなるようなカレーです♪。

ペロリと完食。私の胃袋は、まだまだ次のカレーに挑める状態です。


さぁ、二件目に挑みまする。
ヒトヒトサンマル、開店と同時に店内に飛び込みます。
カレー専門店『カレーのマスター』さんです。
20150111505.jpg
こちらの海自カレーは『いずしまカレー』。
パンフレットでは、濃い色に写っているカレーですが、実際には写真の様な明るい色のカレーです。
トマトの酸味の利いたチキンカレーで、私のタイプ!。一目惚れならぬ、一口惚れですわ♪。


さて、勢いついて三件目に行きます!。
20150111506.jpg
大量に落下している銀杏を避けながら北西に進路をとります。
ヒトヒトゴマル、『シティプラザすぎや』というホテルに到着。
ここでは、『おおすみ』のカレーを食べることが出来るのですが・・・。

お昼前ということもあり、1Fにあるレストランには空席はありましたが、満席に近い状況。
ホテルから出発されるお客様をバスに案内されている年配の従業員さんに海自カレーを尋ねたところ、
満席を強調され、丁重に断られました(泣)。
いちげんさんだしねぇ、時間帯が悪かったかな・・・。撃沈です。

ホテルにて提供されている海自カレーを食するには、時間帯に気を付けたほうが良いみたいですね。


しかし、これで火が付いた私。胃袋の燃焼も良くなってきたようだ!。
どこか入り易そうなお店はないかな?とパンフレットを眺めていると、あった!あったよ!!。

『居酒屋 利根 本店』さん♪。
店名からして、居酒屋だけど海自カレーならばお昼でも大歓迎的ではないですか!。
20150111507.jpg
ヒトフタマルマル、起死回生であります。

こちらの海自カレーは、その名も『護衛艦とね 特製キーマカレー』。←そのまんまじゃね。
香ばしさが、何ともたまらない風味を醸し出しています。このカレーも病みつきになりそうですよ。
ご主人さんも感じの良い方のようでした。満足満足。

ヒトフタフタマル、無事作戦終ぅ了ぅ~♪。
どっぷりとハマった呉海自カレーを堪能できた『はしごカレー』。

最後に、おいしい珈琲で〆たいと思います
20150111508.jpg
海軍さんの珈琲でお馴染みの『昴珈琲店』さん。れんが通り南口にお店はあります。
お店には、ひっきりなしにお客さんが訪れてくる。ツーリング途中に寄られている方もおられましたよ。

店頭では、珈琲の販売もされています。
20150111509.jpg
休憩中の一杯も良いのですが、食後の、特にカレーの後の珈琲は格別ですな。
店先で、くつろぎながら頂く一杯。良い感じです。

20150111510.jpg
呉に行ったのに、大和も潜水艦もそっちのけで、カレーオンリーとなった今回のツーリング。
そんなツーリングでしたが、満足度数は高かったように思えます。
海沿いをただ走っただけのツーリングの走行距離は、約80kmと少なめでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

あとシール2枚で『海上自衛隊 ピンバッチ』が貰えるのだ♪。

オイル交換記録(リトルカブ編)。

リトルカブのオイル交換を記録していきたいと思います。

基本的に、
使用オイル、オイル交換サイクル&オイル交換方法は、タイカブのオイル交換と同様です。


平成27年6月13日 オイル交換時の走行距離 995km
初回点検時にオイル交換。

平成27年11月15日 オイル交換時の走行距離 1,414km
初回点検時から5ヵ月500km弱という走行距離。
オイル交換には早い時期と走行距離なのですが、バイク屋さん付近を走行していたのでオイル交換を行ってもらいました。
翌月は師走で忙しくなりそうでしたので、今月中にオイル交換は済ませておきたかったのですよ。
これで、安心して年を越せますわ。←まだ早いですか(笑)。

平成28年5月28日 オイル交換時の走行距離 2,826km
前回のオイル交換時から6ヵ月、1,400kmで交換。

平成29年2月26日 オイル交換時の走行距離 4,069km
前回のオイル交換時から9ヵ月!?。
半年でオイル交換しなければならなかったのに、リトルであまり走っていなかった為、忘れていました。
走行距離1,200kmで交換だけど、オイルが痛んでいたかな・・・。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

ランタンスタンド。

今週末も雨に見舞われそうな、こちら広島。
キャンプツーリングを楽しみにしているのですが、なかなか、叶いそうにもありません(泣)。


キャンプの醍醐味と言えば、焚火やランタン祭り?ではないでしょうか。
私は、キャンプ時の夜間の灯り取りとして、ランタンを使用しています。
しかも、電池やバッテリーではなく、『ロウソク』を燃焼させるタイプです。

このロウソクタイプの特徴は、ほんのりと明るく、雰囲気が良いところ!。
小さな炎を観ながら、おいしいお酒を頂く。そして、速攻でウトウトとし始め、眠りにつく(汗)。
なんとも、小さな幸せですな♪。

しかし、このロウソクタイプのランタンにも欠点があるのですよ。
それは、風や振動ですぐに倒れてしまうこと。そして、溶けたロウの放出(汗)!。


その様な悲惨な目に合わないために、ランタンスタンドを作成しました。
20150121201.jpg
以前、キャンプでご一緒させて頂いた、『ぐぅだらさん』とゆかいな仲間たちの皆さん(笑)。
その方々が、綺麗なランタンスタンドを使われていたのが気になっていました。

今回の私のランタンスタンドとは別次元の作品で、商品として成立するくらいの美しさなのですよ!。
それに引き換え、私のランタンスタンドは試作品の前段階のように見えてしまいます(笑)。

いいの、いいの、気にしない♪。

ぶった切ったポールはアルミ製で軽く、コンパクトに収納できるサイズにしています。
これで、酔っ払ってランタンを蹴飛ばすことは、無くなったと思います。

とにかく、キャンプがしたい!、と思う今日この頃です。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

呉海自カレー。

キャンプで食べるカレーは、おいしさ格別ですよね。
2015011801.jpg
ひさびさに作ってみようかな(笑)。


さて、ここ広島の呉では、
平成27年4月3日(金)~平成28年3月31日(木)まで『呉海自カレー』と銘打ち、カレーが飲食店で提供されています。
各部隊のカレーを賞味することが出来るのですよ♪。その数、21部隊!。
どのような部隊のカレーを楽しめるのかは、こちらで紹介されています。(パンフレットには詳しく紹介されています。)

さらに、11月21日(土)には『2015呉海自カレーグランプリ』が開催されます。
21種類のカレーとごはんがセットになったGP限定セットを1,000円で楽しめるらしいのですっ!。
ただし、優先入場券(応募者多数の場合は抽選)が事前に必要とのことなので要注意ですよ。
詳しくは、こちらをご覧ください♪。

私も応募したいのですが、当日は仕事で参加できません(泣)。
もう二度と、このようなチャンスがないかもしれないイベントなのに・・・。

呉海自カレーグランプリを楽しまれた後に、江田島やとびしま海道をカブで走るのも良いかもしれませんね。

悔しいから、来週にでも海自カレーを食べに行こうかな♪。
あなたなら、どの部隊のカレーを楽しみますか?。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR