瀬戸内堪能 Mr.D。

関東から、あの方がやってきた。
2016022901.jpg
ブログの内容が、いつもキレキレなこの方。
一日で、関東から、しまなみ海道の見近島まで走破された強者さんです。
走りのほうもキレキレだ!。


そんな、キレキレな方の名は!。

2016022902.jpg
Mr.DことDuckyさん!。

本日、無事に九州に渡ることが出来たようなので、ホッと一安心。
道中、無事故無違反のツーリングであることを心より祈っております。

そして、皆様からの暖かいお心遣いや陣中見舞いに感謝しております。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

珈琲豆屋さん。

いつもお世話になっている珈琲豆屋さんの『珈琲豆屋 大和』さん。

今月の22日に移転されたとのことで、仕事帰りに寄ってみました。
2016022601.jpg
現在の店舗は、以前まであったアストラムライン沿いから、すぐ裏手にある安川沿いに移転。

『らくだの家』という喫茶店があった場所です。
2016022602.jpg
店名看板が、以前のままになっているのはご愛嬌♪。

今まで通り、自家焙煎の珈琲豆販売はもちろんのこと、喫茶店としても営業されています。
駐車場は、店舗に向かって右側にある土間コンクリートが打ち込んであるスペースです。
個人的には、自動車よりもカブでお店に通いたい。
秘かに、リトルをお店の前に駐輪し、撮影することを考えております(笑)。


さて、こちらのお店の開店時間は、朝の8時。
ちなみに8時からモーニングタイム。何時までだったかなぁ・・・。覚えていません。すみません(汗)。
11時~14時までは、ランチタイム。平日のみだったかなぁ・・・。覚えていません。本当にすみません(激汗)。
閉店時間は19時となっているようです。

メニューも拝見させて頂きました。
おいしそうなメニューの数々でしたよ。カレーもあったかな♪。
次回伺う時には、ゆったりと落ち着いて、食事を楽しまさせて頂こうと思います。

もちろん、珈琲もね♪。


私が、こちらのお店で今回購入した珈琲豆は、『エチオピア ナチュラル』。
2016022603.jpg
私がお気に入りの珈琲豆のひとつです。


明日?、関東方面から、トコトコとカブで来られる『Mr.D』。
無事に到着されることを祈っております。

Mr.Dさんっ!、自分のペースでテント泊をされてくださいね。
島は逃げはしませんから。疲れたところが、宿泊地ですよっ!。


明日の広島のお天気は、残念ながら雨とのこと。
でもね、私は雨の中、テントを張ろうと思っています♪。そして、ポタポタと雨の音を聞きながら、珈琲を楽しみたいと思います。
雨でも楽しいキャンプとなりますように♪。


シュラフカバー。

画一的では無い、カブの世界。
実用重視、おしゃれさん、サーキット仕様、旅仕様などなど。カブの数だけ、いろいろな楽しみ方がありますよね。


キャンプデビューから、二年も経っていない私。
未だ、キャンプの世界で、方向性が定まらず、さまよい続けている私。
そんな私ですが、カブに乗り始めて、どっぷりとキャンプの世界に浸かってしまったことは確かです。
この寒い時期に、キャンプに出掛けようと思うのですから。

私が使用しているキャンプ用品のほとんどは、ロゴスです。
キャンプ初心者の方々が、気軽に購入出来る価格帯の製品を取り扱っているメーカーさんですよ♪。
ちなみに、私の購入動機はと言いますと・・。『ロゴス』というメーカーしか知らなかったから(汗)。

本当に、キャンプ初心者でしょ(笑)。


2016022302.jpg
私が現在使用しているシュラフは、ロゴスの『ウルトラコンパクトアリーバ・-6』というもの。
適正温度が-6℃となっていますが、基本スリーシーズン用のシュラフ。
極寒でキャンプをされる方は、ダウンタイプのシュラフを購入されていると思います。

ですが、この時期でもキャンプはしたい!。でも、金銭的に・・・。
そこで、押入れの奥で眠っていた、これまたロゴスの封筒型シュラフを重ね、冬の夜を過ごしていました。
暖冬の為、性能面の判断は出来ませんが、先月の冬キャンプでは、ぐっすりと眠れましたよ。

ただ、この封筒型シュラフが、性能の割には、コンパクトに収まらない。
カブで行くキャンプツーリングには不向きなシュラフなのです。


素直に、極寒用シュラフの購入を考えましたが、予算が無い。
しかも、春はすぐそこまで来ています♪。この時期から、極寒用はねぇ・・・。

そして、私が出した結論はというと。
2016022301.jpg
シュラフカバーの購入。
イスカの『ゴアテックスシュラフカバーウルトラライトワイド』という長ったらしい名前のシュラフカバーです(笑)。

防寒着とカイロで、この寒さをしのぐことが出来れば良いと思っています。
2016022303.jpg
早速、部屋で芋虫の様にゴロゴロしてみる。
シュラフカバーが思っていたよりも薄かったのですが、保温効果というのでしょうか、すぐに身体が暖かくなってきます。
どこでも、眠れそうだ(笑)。

シュラフにくるまりながら部屋でゴロゴロしていると、ドアの陰から嫁がこちらを観ている。
じぃーっと観ている・・・。そして、笑いながら去っていく。

良いじゃないか!。シュラフやシュラフカバーを購入すると、寝てみたくなるんだよ!。


カブに大きな荷物を積んで、トコトコと出掛けている私は、嫁から見ると滑稽なのでしょうね(笑)。
『ストイックさが足りない』とでも言いたげな表情だ。

現在では、キャンプを全くしない嫁。
そんな嫁ですが、若いころには、シャベルでトイレを設営するようなキャンプをしていたそうだ。
(キャンプではなく、なにかの訓練なのでしょうか???)

その領域まで、私はあと何年掛かるのだろうか。



シュラフカバーのデビュー戦はこちらの記事です。

牡蠣食ってやる。

2月21日の日曜日

今シーズン、一度も牡蠣祭りに参加していない私。残すチャンスは、あと僅かとなっています。


本日、広島県内で開催予定の牡蠣祭りは二箇所。
しかも、そのうち一箇所は、自宅から比較的近い場所で開催される。

このチャンスを逃してはならぬ!。

牡蠣祭りに出掛けることを嫁に伝えると、『牡蠣を買ってきて!』とのこと。
『殻付き牡蠣じゃろ?』と問いかける私に、嫁様・・・。
『はぁ?、むき身牡蠣に決まっとるじゃろ。誰が料理すると思っとるん!(怒)。』・・・ハッ、ハイ。


冷や汗をかきながら、朝8時過ぎに出発します。
向かうは、広島市のお隣、安芸郡坂にあるショッピングセンター『パルティフジ坂』で開催される牡蠣祭り。
2016022101.jpg
どのような牡蠣に巡り合えるのか、楽しみだ♪。


8時半にショッピングセンターのフジに到着。
牡蠣祭り開始時刻は、午前9時なのですが、駐車場には誰もいない・・・。
この時間帯ならば、牡蠣祭りに向かうお客さんたちで賑わっているはずなのですが、その気配がない。

おかしい・・・。


実は、私の思い込みで、フジはフジでも『フジグラン安芸』というショッピングセンターに到着していました。
牡蠣祭りの会場となる『パルティフジ坂』は、ここから数km先にあるのですよ(汗)。

あわわわわ。
むき身牡蠣を買って帰らないと・・・(汗)。あわわわわ。

すぐさま、駐輪場からタイカブを引っ張り出し、正式な牡蠣祭り会場へ向かいます。


『坂町漁協水産まつりチャリティバザール』
2016022102.jpg
会場に到着すると、すぐに目に飛び込んでくる長蛇の列。

駐車場は、すでに満車状態です。
カブの利便性に助けられ、素早く駐輪し、むき身牡蠣販売の列に並ぶことが出来ました。
この様なイベント会場へは、カブで向かうのが良いですよね。

2016022103.jpg
ぐるっっと会場内を回るかのように並ぶ、むき身牡蠣販売の列。お隣は殻付き牡蠣の販売の列だったと思います。
どちらの列も、長い長い。

2016022104.jpg
無事に『むき身牡蠣』を購入することが出来ました。
1パック『むき身牡蠣600グラム』を3パック購入。1パックは実家へ、残り2パックは自宅で調理です♪。
ぷりぷりで大きな粒の牡蠣が、1パックに25~30個ぐらい入っているのですよ!。

むき身牡蠣を購入出来たことで、一気に力が抜けてしまう。
焼き牡蠣やカキフライ、カニ汁などが販売されていましたが、再び列に並び、購入する元気がありませんでした。


クーラーバッグに、むき身牡蠣を詰め込み、渋滞を避けながら帰宅します。
2016022105.jpg
クーラーバッグを締め付けている『ゴムひも』が、シックリきていて良いのです♪。
そういえば、学生時代に乗っていた自転車の荷台にも、ゴムひもが括り付けられていたかな。
意外と使えるゴムひもなのですっ!。

自宅で行われた牡蠣祭り♪。
会場では、牡蠣を食することは出来ませんでしたが、自宅ではたっぷりと頂きましたよ♪。
2016022106.jpg
カキフライ&牡蠣鍋の味噌仕立て。

どちらもたっぷりの牡蠣で埋め尽くされています。
しかも、加熱しても小さくならない牡蠣ですので、食べ応えがありましたよ。夫婦ふたりで食べまくりました(笑)。

2016022107.jpg
無事に牡蠣購入という重大ミッションを果たした私。
このミッションを成功させるか否かで、今後のカブ遊びに影響が出てしまいます(汗)。

我が家の牡蠣祭りは、明日も続きます♪。ちょっとしあわせ♪。


ストイックでは無いな。

身体が重たく感じられる。

体重計に乗ってみると、一年前の体重から、プラス5kg超え(汗)。
そういえば、お腹周りもブヨブヨになってきているな・・・。


乗り手に似てくるのか、タイカブも積載太りとなってきている。
20150112801.jpg
カブでキャンツーというのに、ストイックさの欠けらもないスタイル。
情けない・・・(泣)。


去年の春。
下ろし立てのリトルカブで、ゆめしま海道キャンプツーリングを行った時が、一番ストイックだったかな。
201541701.jpg
ザックひとつ背負って、リトルカブを走らせる。
強風が吹き付ける、誰もいない松林の中でのキャンプは、今でもハッキリと記憶しています。
その時の模様はこちらです。『その1』、『その2』、『その3


ここまでのストイックさを求めてはいませんが、キャンプ道具のダイエットは行いたい。
20150112803.jpg
最近は、プラ箱を使用し、整理整頓を行っていました。
ですが、デッドスペースが多い為、無意味にバッグが大きくなってしまいます。脱プラ箱宣言ですっ!。
しかも、キャンプデビュー当時を思い出させるような、アレもコレもと不必要なものまで詰め込んでいる。

そのひとつとして、珈琲セットがあります。
全く、持って行かないというのも選択肢の一つではありますが、やはり、現地で珈琲の香りを楽しみたい!。

ひとりでキャンプを楽しんでいる時には、このように、直接、マグカップに珈琲を注いでいます。
2016021901.jpg
いつも使用しているマグカップですので、分量等は把握済み。

しかし、これが二人分以上を注がなくてはいけなくなった場合、話は別です。
この方法で淹れると、味にムラが出てしまうのです。

味ムラ対策として、最近では、珈琲サーバを使用していました。
2016021902.jpg
抽出された珈琲の分量が、一目瞭然なのが良い!。

そのような便利でコンパクトな珈琲サーバ。
ですが、収納時に意外とスペースを使用しているのですよ。しかも、『ガラス』というのが、アウトドアではネックとなっていました。

そこで、コッヘルをサーバ替わりに使用したいと思います。
2016021903.jpg
事前に分量等は、確認済み。
見た目は、おいしくなさそうな珈琲ですが、コンパクト化に成功した珈琲セットは絶大です。

ただし、全てが同分量であったとしても、このままでは、同じ味を作り出すことは出来ません。
ちょっとした工夫とコツが必要となってくるのです。

それは、何かと言いますと・・・。秘密です(笑)。



体重の増加と反比例するかのように、髪の毛が減少してきた、きゅーでした(泣)。

走りたくなっただけ。

『無性に走りたくなる。』
そんな衝動に駆られるときがあります。
そういう時には、ガレージから黄色いあいつを引っ張り出すのです。タイカブをね♪。


春一番が吹いた、2月14日の日曜日のこと。
前日の土曜日に続き、日曜日も雨に降られると思っていたところ、お昼前には青空が見え隠れする。
2016021601.jpg
『アレイからすこじま』にて。

潜水艦とその仲間たちが、休憩中。
その周辺では、大きなカメラを構えている方々や、観光客と思われる団体さんが、熱い視線を送っていました。
この時には、風も強くなく、トコトコと走るには丁度良いくらいの気候だったのですが・・・。


この日のツーリングは、黙々と江田島を目指すだけです。←ただ走るだけ。
おみやげも何もないツーリングなのです(笑)。

午後一時前。
ツーリングルート上にある、田原漁協前で開催されている『田原かきまつり』に寄ってみることにしました。
2016021602.jpg
片付け中(汗)。
また、牡蠣を食べ損ねてしまったようです。

かき食いたい!、カキ食いたい!!、牡蠣食いたい!!!。

今シーズン、広島で開催される『かき祭り』も残りわずかになってしまいました。
次の日曜日には、自宅を早朝に出発し、焼き牡蠣を食すことが出来るよう頑張りたいと思います♪。
あっ、おみやげも買って帰らないと・・・。何を言われるか、わからんし(怖)。


江田島に入るころには、風が強く吹き付けてくる。
2016021603.jpg
タイカブの向こう側に薄らと観えるのが、広島市中心部です。

走行中、右に左にと、風に流される私とタイカブ。
しかも、気温は低下し始め、一気に冷え込む。早く帰宅したくなる心境です。

第二音戸大橋のパーキングエリアにて、小休憩。
2016021604.jpg
デジイチを構え、撮影していても、あまりテンションが上がらない。
ひさびさに走行距離が100kmを超えた為でしょうか?。先程の風で、体力が奪われたみたいです。

ちなみに、
足元はNewブーツのおかげで、暖かく快適。
しかし、手のほうはというと、厚手のグローブ&グリップヒーター、ナックルガード装備にもかかわらず、指先は寒さで痛くなってしまいました。

右に視線を移すと、さび錆の萌え工場群の日新製鋼。
2016021605.jpg
少し前には、新聞の紙面を賑わせた新日鉄住金と日新製鋼。
日新製鋼の今後が気になります。


2016021606.jpg
春一番が吹いた日に、何気なくタイカブで走った距離は、約130kmでした。
少し、寒さで身体が弱まりましたが、充実したタイカブツーリングでしたよ。

次の日曜日には、早起きをしなければ!。牡蠣食いたいもの!!!。


ウインターブーツ。

2016021401.jpg
林道良いなぁ~。


2月13日の土曜日のこと。

嫁さんと買い物に出掛けた際、初めて立ち寄ったお店。
とある場所にある登山用品店

遊び心のあるファサード。
重量感のある扉を開けると、広い店内には、色鮮やかな商品がゆったりと陳列されている。
時間を忘れさせてくれるレイアウトです♪。

嫁さんのテンションが上がるくらいのお店で、終始『あれ良いなぁ~、これ良いなぁ』の連発でした。
私も帽子や組み立て式シャベル(笑)をジックリ見ていましたよ。
そんな中、ブーツが並ぶ場所で足が止まり、目が釘付けになってしまう。

『良いよ、買っても。デザインが素敵だから。私からのプレゼント♪。』
な、なんと!?。きゅー奥からのプレゼントとな!?。
2016021402.jpg
KEENのウインターブーツ『アンカレッジ ブーツ ツー』ですっ!。ありがとう♪。

防水ヌバックレザーの質感が良い感じ。
2016021403.jpg
暖かくなり始めた今日この頃。
しかし、カブで走っていると、足元、特につま先が冷えてくるのですよね。
歳をとった私には、この冷えが一番の天敵なのですよ。体力を一気に奪っていきますから。

2016021404.jpg
さぁ、走りに行きますか♪。


そして本日は、バレンタインデーでしたね。

きゅー奥からのチョコレートは・・・。
2016021405.jpg
なにか、意味があるのかね(汗)。


リトルで珈琲休憩。

寒い時期の味覚といえば牡蠣。
ぷりっぷりで、大きく、ジューシーな牡蠣は、一口食べると止められなくなりますよね。
そんなおいしい牡蠣をたくさん食べることが出来るイベントが、広島県内の牡蠣生産地各地で開催されています。

広島の風物詩のひとつでもある『牡蠣祭り』。各日程に関しては、広島県のHPでご確認ください。


2月11日の建国記念の日
この日、私は、呉で開催される牡蠣祭り『呉水産祭り』に行く予定でした。
当日、仕事で休みの取れない嫁には、事前に牡蠣祭りに行ってくることを告げています。
もちろん、前回の件もありますので、『おいしいものを買ってくる』ことを伝え、万全の態勢を整えていたのです。

ですが、朝一から『こんなこと』や『あんなこと』があり、時刻は正午を回っている。

ダメだ・・・。
この時間帯から呉までの道のりを考えると、牡蠣祭りに行っても、牡蠣は残っていないよ(泣)。


昼食を終え、ソファーに座り、新聞を広げる。
しかし、落ち着かない。
新聞の向こう側には、窓から差し込む光。その向こうには青空が広がっているのです。
2016021301.jpg
珈琲セットを木箱&前カゴに詰め込み、出発します。
キャンプ以外では、ひさびさに屋外で珈琲を淹れますよ♪。

前カゴを装着するだけで、イメージが変わってきますよね。
2016021302.jpg
少し線が細い前カゴですが、これはこれで良いかと。


お世話になっている珈琲豆屋さんで二種類の珈琲豆を購入。
良い香りだ♪。挽き立ての珈琲豆で淹れて味わう珈琲を想像するだけでも、幸せを感じます。


デルタ地帯の広島市。その広島市内には、6本の川が流れています。
そのうち、一番西側に位置する川の『太田川放水路』を目指し、トコトコと走るリトルカブ。
『スピードを出さなくても良いんだ』という感じが、にじみ出ているのですよ。このゆるい感じが好きなのです♪。

トコトコとゆっくり走っても、そこは狭い広島市。すぐに目的地に到着します。
2016021303.jpg
三滝橋付近の太田川放水路河川敷。

この河川敷では、散歩やボール遊びなどを家族で楽しむことが出来ます。
広々としているので、声や物音が気になることはありません。ひとり、ボォーっと過ごすには、最高の空間なのです。

2016021304.jpg
今回、ガリゴリと挽いた珈琲豆は『コスタリカ』。
程よい酸味が口の中で広がる感じです。ゆっくりと珈琲を味わうのには良いかも知れませんね。

少し遠くに観える鉄橋からは、JR可部線の列車がガタンゴトンと通過する音が聞こえてくる。
山陽本線ではないので、頻繁に列車が通過することはありません。
列車が通過し、ガタンゴトンと遅れて音が聞こえてくるのも、まったりとした空間を生み出してくれます。


この日のドタバタ劇を忘れさせてくれる、珈琲休憩。
2016021305.jpg
陽も傾き始め、少しひんやりとした風が、身体にあたり始めます。

自宅付近では、綺麗な夕陽を観ることが出来ました。
2016021306.jpg
ここでも、ボォーっと・・・。
なんて、してはいられないのです。早く帰って、部屋の掃除をしておかなければ!(汗)。


帰宅後、掃除中に帰宅してくる嫁さま。
普段よりも嫁の帰宅時間が早いではないか!?。『疲れたぁ~』と言いながらも、笑顔な嫁。

あのことを早く言わねば・・・。
『あの・・・』と切り出した私の言葉を遮るかのように、『おいしいものはナニ?』と聞いてくる嫁。
『あ・・・、あの・・さぁ、(修理代金)円・・・』。
『???』。『???、(修理代金)円も買ったん?』。笑顔の中に驚きの表情が浮かんでいる嫁。えぇ、最高の笑顔ですよ(汗)。

『あぁ、ぼ、ボルト・・・、(修理代金)円、修理・・・』←何を言っているのか、さっぱりわからない私。
『・・・、ハッキリと言いんさい』。嫁さま、目が座っている(怖)。

次の日のお弁当のおかずの量が、普段より少なく見えたのは気のせいでしょうか。
ただ、お弁当箱の蓋を開けると、500円玉しか入っていないよりは、マシだったのかな。


俺、頑張っているよ。


リトルの前カゴ。

2016021201.jpg
無事にフロントキャリアを装着することが出来ました。バイク屋さんが取り付けたのですけどね(汗)。

当初、簡単に取り去ることが出来ると思っていた、折れたボルト。
想像していたよりも重症だったらしく、大工事となってしまいました。無事に作業が完了しホッとしましたよ。
ちなみに、新たに装着したボルトは、バイク屋さんにあったものを使用。


今回の件での気づき。
『んっ!?』と思った時に、次の手を考えられるのがプロ。勢いに任せて、そのまま進むのが素人と言ったところでしょうか。
私の場合、一旦戻り、確認後に再び突き進むという、一番やってはいけないことをしてしまいました。
ド素人丸出しです(恥)。

今回の経験は、良い勉強になりましたので、次回からの作業に役立てていきたいと思います。


さて、冷え込んだ朝一から、ゴソゴソと作業を始めていた私。
ツーリング前に、リトルカブの前カゴを装着したかったのですよ。
2016021202.jpg
雑貨屋さんで見つけた、小さなカゴ。蓋がパカパカと開閉出来るタイプの網カゴです。

付属品も、雑貨屋さんやホームセンターで仕入れます。
2016021203.jpg
カブに乗り始めて、雑貨屋さん巡りが多くなった感じです。
雑貨屋さんに立ち寄ることなんて、前職時に、仕事で小物を仕入れなければならない時くらいでしたから。
雑貨屋さんとは無縁のおっさんですからね(笑)。
ちなみに、私は、ホムセンをホームグラウンドと思えるくらいの作業着が似合うおっさんです(爆)。

『前カゴ取付金具』のステーに、滑り止め用のゴム板を貼り付けます。
2016021204.jpg
ゴム板は、気休め程度の効果しかないと思われますが、この作業をすることで、なぜか落ち着くのです。

前カゴ取付金具を三点で固定します。
2016021205.jpg
用意した前カゴの網が細い為、適度な力で絞めつけます。
強く締めすぎると、カゴ本体の変形を招く恐れがありますので、注意が必要です。

小さなバッグをポイッと入れて、洗濯バサミで、ちょんっと蓋を摘まめば出来上がり♪。
2016021206.jpg
デザインの可愛いアルミピンチを購入する為、数件の雑貨屋さんを回ったのですが、残念ながら取り扱っているところがありませんでした。
通販ではあるのですが、商品の価格よりも送料のほうが高いので、購入に踏み切れず。
そこで、ホムセンで見付けた、めっき塗装仕上げの洗濯バサミを使用することにしました。

網蓋を開けて、テーブル代わりに。
2016021207.jpg
コンビニなどで休憩時に、珈琲などを置くテーブルとして使用することも可能!?。
ただし、方杖のような斜材が装着されていない為、軽量なものに限ります。
ハンドルが傾くと前カゴが斜めになり、置いている珈琲が振り落されてしまうので要注意ですよ!。

2016021208.jpg
カッパなど、ちょっとした大きさのものを収納するのには、便利な前カゴです♪。

簡単に装着出来る予定の前カゴでしたが、思わぬトラブルで時間を使ってしまいました。
普通に作業出来る方ならば、30分もあれば作業を完了することが出来ると思います。


ボルトを折った時、リトルカブのことよりも、嫁さんに修理代金の説明をどうするかということが、頭に浮かんだ私(汗)。
ドンマイ!。


やってしもぉたぁ(泣)。

2月11日の建国記念の日

快晴ですよ!。ツーリング日和ですよ!!!。


ツーリングに出掛ける前に、ちゃちゃっと作業を致します。
2016021101.jpg
リトルカブに純正フロントキャリアを装着です♪。

鼻歌気分♪で日の出とともに作業開始。
ボルトを差し込んで手でくるくると回し、三か所のボルトを仮止め。
次にメインのボルトをラチェットレンチで締め付けていると、途中で引っ掛かる感じになる。
一度、ボルトを抜き、ボルトを確認。

再び、ボルトを差し込み、締め付け作業。


あと少しで、綺麗に装着できる。あとすこし・・・。あと・・・、あっ!?。
2016021102.jpg

ぬぅぅぅぅぅ。


2016021103.jpg
ボルトをねじ切った(泣)。


青空が広がるツーリング日和の本日。
私のツーリングは、バイク屋さんまでになりそうです。ぁぁあぁぁぁぁあぁぁ(泣)。

本当に、本当に、がんばれ俺。


プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR