FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同型に遭遇!?。

この記事はブロとものみ閲覧できます

休日のお父さん。

オバマ大統領が広島訪問を無事に終え、帰路に就かれました。
その翌日の5月28日の土曜日のこと。

朝から、リビングのソファーでゴロゴロ。新聞を読みながらゴロゴロ。部屋に戻ってはゴロゴロ。
普段と違う張り詰めた空気の広島を経験した為か、身体が重い。

なぁ~んにも、したくない。

そんな感じで、一日が過ぎようとしている午後2時。
『キッチンの手元灯の蛍光灯が切れたから買ってきて!』と嫁から命令が下る。
水廻りを掃除中の嫁。ゴロゴロしている私の姿が、イラッとさせてしまったのかな。


日本の休日のお父さん、ちっさいカブに乗って出掛けます。
2016052801.jpg
箱を取り外した姿のリトル。
何から何まで、普通のカブより、一回り小さく仕上げられているデザイン。このデザインが好き♪。

梅雨の走りでしょうか。
時折、雨がポツポツと、ヘルメットのシールドを濡らします。この日は、少し肌寒く感じる一日でした。
雨雲レーダーを頻繁にチェックしながら走行する季節となってきたようです。


家電屋さんに行く前に、いつものバイク屋さんに寄る。
オイル交換をお願いしている間、店長さんとバイク話。オイル交換が終了してもバイク話(汗)。
休日のバイク屋さんで、よく見掛けるお父さんの姿だ(笑)。


オイル交換後のリトル。
自宅でゴロゴロしていた私ですが、軽く回るエンジンに刺激されると、少しはリトルを走らせたくなってくるものです。

と言っても、いくあてもなく。
2016052802.jpg
到着したのは、いつもの珈琲豆屋さん(笑)。

リトルを眺めながら、珈琲とシフォンケーキを頂きます。
2016052803.jpg
メニューにはないアイスも試食♪。
りんご酢が、香り付け程度に入ったアイスです。スッキリとした舌触りで、暑くなるこれからの季節には、良いかもしれませんね。

そしてプロの淹れる珈琲。
当たり前ですが、私の淹れる珈琲とは全く違う、深い味わい。時々、このように刺激を受けると、良い勉強になります。

そういえば、こちらの店員さん。
カブ号リトルのボディーカラーとシートカラーに興味があったみたい。
店長さんもカブの本を買おうとしていたみたいだしね♪。カブ菌を少し散布しておきました(笑)。


いつも通りの広島に戻った土曜日。良い感じで時が過ぎる。
2016052804.jpg
女子大近くで、ヘルメットをかぶったまま、この写真の撮影をしている私。←怪しすぎる・・・。

そして、近くで遊んでいた、ちびっこから職質を受ける(汗)。
『すみません、何を撮っているのですか?』。身なりも言葉づかいも、きっちりとした男の子だ。
リトルを指さし、『カブ』と答える私。←どちらが大人か分からない回答(汗)。
すかさず『Oh!』と答える男の子。怪しくないことが分かったのか、解放されました(笑)。←カブ菌散布失敗・・・。


『昼間のぉ~♪パパぁ~はぁ~♪ちょっとぉ♪ちぃ~がぁ~うぅ~♪。』
忌野清志郎さんの『パパの歌』を口遊みながら、午後6時過ぎに帰宅。

嫁『こんな時間まで、どこに行っとったん?』。
俺『カブだから時間が掛かって・・・』。←意味不明。
嫁『で?、蛍光灯は?』。
嫁・俺『・・・』。

私の左手には、珈琲豆の入ったビニール袋しか・・・(激汗)。

はじめてのミーティング。

5月22日の日曜日
2016052401.jpg
午前7時過ぎ。
私は、しまなみ海道の入り口にあたる、尾道にいます。

今回開催されたタイバイクミーティング。
前日の宴会から始まっていたのですが、私は仕事の為、日曜日のしまなみ海道ツーリングから参加させて頂きます。
まぶしい日差しが、尾道水道を照らしています。晴天の下、ツーリングを存分に楽しめそうだ♪。

今回のミーティング&ツーリングでは、on&offさん以外の方々とは、当日まで全く面識はありませんでした。
主催者のMAXさんとは、参加表明した時から数回ほどコメントでやり取りしたのみ。
しかも、参加者がどなたなのか分かっていないという、あまりにもノーガードな私。
そんな中、単身でミーティングに乗り込んでみました(笑)。

前回の記事に対してのコメントで、『濃い』という表現が良く使われていました。
そして、ご一緒した方々の『濃さ』を知ることとなります。このブログを書き始める数時間前に・・・(激汗)。


千光寺公園の西側にある『ビューホテル セイザン』。
2016052402.jpg
午前9時前、集合場所のタイの雰囲気を味わえるホテルに到着。
送迎車両として、トゥクトゥクが使用されているホテルなのですよ。カブの後ろ側にひっそりと隠れています(笑)。

私が到着する前に、宴会に参加された二名の方が、既にホテルを後にしていました。
お会い出来なかったのは残念ですが、またの機会にお会いしたいものです。

参加車両は、左から、Dream、WAVE、WAVE、クリック、Nice、WAVE。
オーナーさんは、左から、私、MAXさん、いのっちさん、素人airsoftさん、DAXさん、YAMAMINEさん。

WAVEに乗るon&offさんは、ミーティングの場となる見近島にて、お会いすることになっています。


しまなみ海道にお詳しいMAXさんを先頭に、トコトコとタイバイクが走り抜ける。
いきなり、道路端に描かれているブルーラインの無い最短ルートを選ばれたMAXさんっ!。
そんなMAXさんの走りに、思わず心の中で『うおっ!?』と声を上げた私。安心して最後尾から追いかけていくことにします。
2016052403.jpg
最後尾で走っていると、ふと気が付くこと。
全車両、テールランプとウインカーが一体化(ビルトイン)されていて、テール部分がスッキリとしています。

タイバイクの特徴ですね♪。
そして、こちらも全車両統一されています。
2016052404.jpg

2016052405.jpg
今も昔も変わらない、『160km/h』メーター(笑)。


2016052406.jpg
しまなみ海道では、今や定番となった、因島にあるスウィーツ店のはっさく屋さん。

2016052407.jpg
午前中には売り切れる確率の高い『はっさく大福』。

この日は、十分に在庫があり、甘さ控えめの大福で小休憩。はっさくの苦みが、ポイントなのですっ!。
朝早くからスタートした私にとっては、糖分補給で良い休憩となりました。

まだまだスウィーツは続く。お昼前ですが、ジェラートを頂くことに。
2016052408.jpg
こちらのお店も、しまなみ海道では外せないジェラートのお店『ドルチェ』。
食事前に、連続でスウィーツを頂きます。

2016052409.jpg
皆さん、いろいろなジェラートやシャーベットを選ばれていました。そんな中、ジェラートの王道中の王道『バニラ』をチョイスした私。
ひさびさにバニラを頂いたのですが・・・。あっ、甘い(汗)。
直前に大福を食べたのが影響している為か、しつこく感じる甘さでした。食後に食べると丁度良い甘さかもしれませんね♪。

生口島から多々羅大橋をバックに撮影タイム。
2016052410.jpg
この様に、バイクをきれいに並べて撮影することは、あまり経験していない私。
普段、私の周りの方も、几帳面にバイクを並べていないような気がします(汗)。
これは、のんびりとした地方に住んでいるからなのでしょうか?。それとも、ズボラだから?(笑)。


お昼は、伯方島にある『さんわ』というラーメン屋さんで食事です。
順番待ちの間、初対面の方々と会話を楽しみます。会話の中心は、やはりバイク。特にカブ(笑)。
DAXさんからは、リアサスについて興味深いお話を聞くことが出来ました。カスタム時には、参考にさせて頂きます。


食事を終え、いよいよ見近島に上陸だ。
2016052411.jpg
来たぜ!、見近島!!。そして、お待たせ、on&offさん♪。

先導、お疲れ様でした。
2016052412.jpg
今回のタイバイクミーティングの主催者である、MAXさんのWAVE。
素人の私が見ても、かなりイジっているのが分かるくらい。ミラーに映ったら、即、道を譲ります(笑)。

静かな見近島でテンションが上がります。
2016052413.jpg
個性的なタイバイクを眺めながら会話が弾む。
『このパーツは、どこで買ったの?』という質問に、『チェンマイ』と普通に答えている(汗)。

んっ?。
『このパーツは、どこで買ったの?』という質問には、『2りんかん』とか『ナップス』という答えが返ってくると思うのですが・・・。
いきなり、チェンマイですか!?(驚)。

そして、バイクの話だけではなく、タイ文化の話も出てきますよ。
今回の参加者のうち、半数の方々はタイ旅行の経験者。しかも買付やツーリングを楽しまれている方もおられます。

こっ、これはっ!。
2016052414.jpg
このステッカー!。リサイクルのマーク!!!。
お達者カブ倶楽部ではないですか!。しかも『北Q組』だ!。お達者カブ倶楽部の特殊部隊と言っても良いのでは(笑)?。
DAXさん、いのっちさんは、北Q組の方だったのですね。九州方面に進出の際は、よろしくお願いします♪。

MAXさんから、タイビールを頂きましたよ♪。
2016052415.jpg
日本で飲むキレのあるビールとは違います。
柔らかい味わいと香りなのですが、すっきりとした呑み心地。辛い料理にピッタリなビールではないでしょうか。
と、あまりお酒を飲めない私が言ってみます(笑)。


現行型で黄色のカブを探していたら、たまたま見つけたのがタイカブのDream。
購入後、ツーリングにキャンプにと楽しんでいた私。
そんな私が、タイバイクのミーティングに参加し、タイ文化に興味を持ち始めました。

人と人との繋がりは、楽しくもあり興味深いものでもありますね。5555

そんな素敵な体験が出来た、タイバイクミーティングでの走行距離は約300kmでした。


今回のミーティングでお世話になりました皆様方、ありがとうございました。

はじめてのミーティング(プロローグ)。

カブがこの世に生まれて、半世紀以上経つ現在。
いろいろなカブが街中を走っています。

郵政、プロ、ハンター、クロス、カスタムに行灯と、カブに詳しくない私でも、なんとなく分かるカブたち。
カブにお詳しい方ならば、もっと多くの種類にカブを分けたり、型式?で呼んだりするのでしょうね。

そんな種類の多いカブの中で、私が乗っているのはタイカブ。
たまに見掛けるWAVEではなく、今まで一度もすれ違ったことのないDreamというマイナー車(汗)。
『日本でDreamに乗っている方は、本当にいるの?』と疑問に思うこともしばしば。



ミーティング・・・比較的少人数の集会。会合。

いろいろな場所で開催されているミーティング。
大規模なものから、かわいらしい集まりまで、自由気ままな雰囲気に包まれている会場。
情報交換や、新たな交流が生まれる場としても楽しめそうです。

『ミーティングって、良いな♪』と思い始めていた先々週のこと、一通のメールが届く。
ブログでお世話になっているon&offさんからだ。

タイバイクのミーティングが、尾道で開催されるという内容。しかも見近島までツーリングがあるらしい。

今まで、ミーティングというものに参加したことのない私。
記憶に残るミーティングデビューになると思い、参加させて頂きました♪。
2016052301.jpg
あまり見掛けないタイバイクが揃うと、妙にテンションが上がる(笑)。

各地から集まってこられた方々。
2016052302.jpg
聴きたいこと、話したいことがたくさんあったミーティングに、少々テンションが上がっていた私(汗)。

そんなテンションの上がってしまったミーティング&ツーリングの内容は、次回に。

マップル、使ってる?。

この記事はブロとものみ閲覧できます

押し掛け?ツーリング(笑)。

気候も良くなり、島巡りから山陰攻めに勢力が移りつつある、きゅーでございます。
そんな中、広島入りを伺わせるコメントを下さった、ブロ友さんのeddyさん。

eddyさんは、私の前ブログからのブロ友さん。
数年前からブログ上ではお付き合いがあったのですが、実際にお会いする機会がありませんでした。


ということで、こちらから強引にアプローチ(笑)。
押し掛け女房ならぬ、押し掛けおっさんと一緒にツーリング開始です。
2016051501.jpg
高速道路で、ばびゅーんと登場のeddyさん。愛機はビッグスクーターのスカイウェイブです。

5月15日の日曜日
広島市内のコンビニで待ち合わせ。
お初ではありますが、お初では無い感じがする。ひさびさに、このような感覚を味わえましたよ。
ブロ友期間が長いですものね。

一服後、eddyさんのご希望の土地へ。
信号、渋滞箇所が少なく、クネクネ道を楽しめるルートを選択。
その甲斐あって、カブでも中型二輪と一緒にツーリングを楽しむことが出来ました♪。


山の中を気持ち良く走り抜け、安浦は三津口港に到着。
2016051502.jpg
ここは、小さな港なのですが、特別なものがあるのです。
タイカブの向こう側に、既にそれは観えています。防波堤・・・。

2016051503.jpg
廃墟!?。

2016051504.jpg
三津口港の防波堤。
この防波堤は、太平洋戦争中に輸送船として製造された、コンクリート船なのです。
写真左側が第一武智丸、右側が第二武智丸。武智丸1号・2号といったところでしょうか。

さぁ、探検です。
※この探検は、危険が伴う為、自己責任にてお願いします。

船首側から武智丸を見る。
2016051505.jpg
当たり前ですが、アンカーを巻き上げるように設計されています。
船首甲板部分に、当時の面影を伺わせるような、アンカー用の鎖の通り道が存在します。

鉄筋コンクリートの塊ですが、当時は海に浮かぶことが出来たのですね。
ある意味、凄い技術だと思います。
2016051506.jpg
塩害による風化は、かなりのスピードで進んでいるように見えます。
本当に危険なので、足元にはかなりの注意が必要です!。

透き通ったエメラルドグリーンの海水。
2016051507.jpg
船底を覗き込むと、肋骨の様な構造体が張り巡らされています。
この様な光景を、四国にお住まいのとあるハンター乗りさんは、喜んで見入ってしまうのではないでしょうか?。

2016051508.jpg
歴史の証人。
この丸窓から観える景色は、いつまでも平和で穏やかな瀬戸内海であってほしい。


目的のコンクリート船の見学を終えると、急にお腹が空いてくる。←いつものパターンだ(笑)。
ここ三津口港の近くに、ミシュランガイド広島2013に掲載されたラーメン屋さんがあるという。

その名は『一村(いっそん)』さん。

店先には、店内に入れない方々が順番待ちをされている為、お店を発見するのは容易。
2016051509.jpg
私が注文したのは、チャーシューメンの大盛り(900円也)。

スープは鶏白湯と魚介のWスープ。
とんこつ醤油に慣れ親しんでいる広島の方ならば、魚介スープの味が際立っていることが分かると思います。
添加物を一切加えない自家製麺と化学調味料を使用しないのが特徴のラーメン。
このことを踏まえると、この量で、このお値段ならば納得出来るのではないでしょうか。
欲を言うと、スープがもう少し多ければ、大満足なのですけどね♪。

と、少し通ぶってみましたが・・・。
庶民な私は、麺がどぉーんとあって、スープがおりゃぁ!ってな具合でしたら、どのようなラーメンでも良いのです(汗)。


空腹も満たされ、次なる目的地の野呂川ダム。
2016051510.jpg
スカイウェイブに喰われそうなタイカブ(笑)。
カブの中でも、このタイカブは大きな部類に入ると思っていたのですが、さすがに中型バイクと比べると小さいですな。

人生初の『ダムカード』なるものをGetです。
2016051511.jpg
ものすごくマイナーなダムからスタートしたのが、私らしい?。

このダムに近い場所にある、野呂川キャンプ場。
2016051512.jpg
今後のキャンプを考え、偵察中のeddyさん。キャンプ場の状態を観て、満足されているようでした。
eddyさんにとって、このキャンプ場は、中国地方ツーリングの中継地点となるのでしょうかね?。

2016051513.jpg
そして、コンビニ珈琲にて、珈琲休憩。(激汗)
休憩後、eddyさんは自動車道&高速道路で、次なる目的地へ。私は、そのまま帰宅となりました。

押し掛けツーリングとなった今回。
eddyさんの人柄にも助けられ、楽しく過ごすことが出来ました。
走行距離は約120kmと少なかったのですが、それ以上に、会話を楽しむことが出来たので、大満足です。
eddyさん、またよろしくお願いしますね♪。

広島訪問。

この記事はブロとものみ閲覧できます

今年初の日本海。

連休が少なかったとはいえ、GW気分を満喫した、きゅーでございます。
次回は、盆休みですな♪。

連休期間中に、強風により転倒したタイカブの下敷きになり傷だらけになったヘルメット。
通称『23番さん』。
2016050412.jpg

衝撃が加わっている為、買い替えを検討していました。

俺『あのぉ、ヘルメットを買い替えたいんだけど・・・』。
嫁『はぁ~?、何を言っているのかな?ニコッ』。←この笑顔が怖い。本当にコワイ。

分かっていますとも。今月が『納税月』だということを。トホホ・・・。

このヘルメットの前にかぶっていたヘルメットのシールドを移植。
パーツクリーナーで磨き上げた結果。
2016051101.jpg
この様な感じとなりました。
しばらくは、今まで通り、23番さんにお世話になろうと思います。ただ、衝撃が加わっているのが気になります(汗)。


GW最終日?の5月8日の日曜日のこと。

今年は、この時期まで瀬戸内の島々を巡ることが多かった為、まだ日本海を観ていない。
山陰も良い気候になってきたのではないだろうか?。←強風では無ければね(汗)。
午後の早い時間帯で帰宅するという条件で、ふらぁ~っと日本海に向け出発します。

ばびゅーん(気分だけ)と走って、午前10時前に、島根県は浜田漁港に到着。
2016051102.jpg
良い感じで、青空が広がっていますよ。
前回のビックリ転倒時のような強風ではなく、タイカブと私に優しく触れてくる、日本海の風。


カブとはいえ、広島から浜田まで一気に走ると、無意識ではあるが興奮するみたい。
漁港で日本海を眺めていたら、張り詰めていた気分がフッと緩み、その瞬間、急激にお腹が減ってきた(笑)。
朝飯を食べていないのだから、当たり前だよね。

しかし、この時間帯に開いているお店は・・・。
実は、この漁港内には、開いているお店があるのですよ!。

ここ!?。
2016051103.jpg
水産物仲買売場???。

鮮魚店の方が掛けている防水エプロンを身に着けたお兄さんが、建物内から出てきたので、直撃インタビュー(笑)。
『こちらに、食堂がありますか?』。
私の不躾な問い掛けに、嫌な顔一つせずに答えてくれたお兄さん。
建物二階に『ぐっさん』という食堂があるとのこと。

西側屋外階段を上り、一昔前の小学校のような引き戸を開ける。
決して広くはない店内に、ギッシリと椅子が並べられているカウンターが目に入る。
店内は綺麗で、メニューも豊富。お若い大将も、誠実そうで良い感じです。

こちらのお店では、『のどぐろの炙り丼』が有名?らしいのですが、とりあえず朝定食をば。
2016051104.jpg
たくさんあるメインメニューから二品を選べます。
私は塩サバとマグロのメンチカツ。どちらも、注文後に調理するので、暖かいおかずを頂くことが出来ますよ♪。
これで、600円(税込)ならば、良いんじゃない?。

実は朝定食は、午前10時まで(汗)。
大将、メニューを下げ忘れていたみたい。特別に作って頂きました♪。

こちらのお店の営業時間は。
日曜日~木曜日が、午前6時から午後3時。土曜日が、午前10時~午後3時まで。
毎週金曜日が定休日となっています。

市場で仕事を終えた、舌の肥えたお客さんが来られるお店。おいしくないわけがない!。
浜田近辺をツーリングする時には、このお店で食事をすることに決定♪。


今回のツーリングは、ただ日本海を観るツーリング。
浜田から、国道9号線を西へ走り、益田に向かいます。
2016051105.jpg
国道9号線から、少し外れて海岸線を走る。

ここで、地元のおばあさんから、『変わったバイクだねぇ~』と声を掛けられました。
こう見えても、カブなんですよ。とカブ談義(笑)。
おばあさんも、少し前まで、カブで通勤していたそうだ。やるねぇ(笑)。

細い道でも、スイスイと走れるのがカブの良い所。気軽なUターンが出来る幸せ(笑)。
大きなバイクでは、出会う事が出来ないようなツーリングでも、カブならば可能性も秘めているのでしょうね。
カブの魅力を再確認出来た、日本海の海岸線です。

益田からは、中国山地を再び越え、広島入り。
2016051106.jpg
すこし、クネクネを楽しみます。ステップは擦らないけど、気分はGPライダー(笑)。


軽く流した日本海ツーリングの走行距離は、約270kmでした。

プラグ交換。

この記事はブロとものみ閲覧できます

燃費について。

この記事はブロとものみ閲覧できます
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
注意事項
ブログ内容及び写真の転載・無断使用は、ご遠慮ください。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。