ご近所忘年会キャンプ♪。

仕事納めの12月28日の水曜日。
以前からブログでお付き合いのある『のじゅくさん』に、忘年会キャンプのお誘いを頂き、のんびりと楽しんで参りました♪。

場所は、ご近所の柳瀬キャンプ場だ。
私が到着したのは午後7時半。いつもの橋の下で焚火をしている方々を発見。
2016122901.jpg
恐る恐る近づき、『のじゅくさんの御一行ですか?』と尋ねる私。

そうですっ!。
のじゅくさんをはじめ、今回お会いする方々とは初対面なのです。
ブログでは以前からお付き合いがあるので雰囲気は分かっていますけどね♪。

想像していた通りのフレンドリーな方々だ。
テーブル&イスをセットし終わると、すぐに釜玉うどんが運ばれてくる!?。
ここからは、おもてなしムード炸裂です(笑)。

2016122902.jpg
参加者ののじゅくさん、かきさん、がっちゃんさんと、まったり旅話やバイク、そしてキャンプやキャンプ道具と話題の尽きることはありません。

そして、小腹がすくと、しょうがうどんに豚汁にと、温まる食べ物のオンパレード。しかも、出汁の取り方が本格的で旨いのよ。
とにかく至れり尽くせりなキャンプです。
私も、鍋を用意していったのですが、出番がなく終了しました。←出さなくて正解だったかもしれません。


おいしい食事でお腹が落ち着き、まったりとしていたら『湯が沸いたよぉ~』という声が聞こえる。
ん!?。と思っている私に皆が指さす。その方向にあるものはというと・・・。

2016122903.jpg
ドラム缶(笑)。

もちろんお風呂を頂きましたよ♪。
入浴中の写真もあるのですが、皆様に悪夢をお届けしてはいけませんので写真upは自粛させて頂きます(笑)。

灯光器で照らされる露天風呂周辺。
気温4℃の世界で真っ裸になる私。もちろん、周囲を覆い隠すようなものは用意されていません。
ちなみに、昼間の景色はこのような感じです。
2016122904.jpg
超開放的ぃ~♪。

ドラム缶の中を覗き込むと、湯にプカプカと浮かんでいる敷板。
この敷板を足で鎮めながらお湯に浸かっていくのですが、敷板をうまく鎮めることが出来ず悪戦苦闘。
片足を上げている真っ裸な私を取り囲む、おっさん連中・・・。傍から見ると異様な光景です(汗)。

『あつい、あつい』という私の叫び声に対応し、水を足してくれるのじゅくさんとかきさん。
やっとのことで、ドラム缶の中に入ることが出来そうになると、溢れそうな湯を慌ててくみ出すのじゅくさんとかきさん。
息がピッタリなのですよ(笑)。

さて、ドラム缶の露天風呂の感想ですか?。
これが最高に良いのですよ。お湯に浸かっている姿勢が独特なのですが、これが楽なのです!。
肩まで浸かることができ、ドラム缶全体から温められる感じなのです。いつまでも浸かっていたいと思わせるお風呂なのですよ。

ちなみにこのドラム缶風呂ですが、ただのドラム缶とは違います。
上部は綺麗にくりぬかれ処理がされているため怪我をすることはありません。
しかも、内部は特殊塗料を焼き付け塗装されているため、肌が触れても火傷をすることはないのです。
なので、もたれ掛っても大丈夫なのですよ♪。


皆さんに囲まれながら入浴中の私の前に、新たな参加者が現れます。
仕事帰りのヒロキチさんだ!。
この方も、以前からブログではお世話になっている方で、しかも今日が初対面。
はじめましてのあいさつがスーツ姿と真っ裸という・・・。記憶にも記録にも残る出会いでした(汗)。


ここで、ちょっとひと休み。
翌日、このドラム缶の中に溜まったお湯(お水)を排出するのですが、どの様な方法で排出するのかおわかりになりますか?。
ドラム缶にはコックなどはついておりません。ただのドラム缶です。おわかりになられた方はコメント欄にてご回答を♪。


今晩のテント泊は、のじゅくさんと私だけ。
かきさんは車中泊。がっちゃんさんとヒロキチさんは、帰宅されました。
2016122905.jpg
いつものように、メッシュが漢を感じさせるロゴスのテントで寝ることとします。
もちろん、フライは装着しますよ。

無風だったのが良かったのか、気温0℃にもかかわらず快適に過ごせることが出来ました。
スリーシーズンのシュラフにシュラフカバーの組み合わせ。貼るカイロを背中に一つだけというスタイルで十分でしたよ。
それにしても、気温0℃が暖かく感じてしまうって。(汗)


熟睡の後、朝を迎えます。
橋の上には、いつものように通勤の車が走っている。
2016122906.jpg
昨日の豚汁の残りに、うどんを投入。これまた旨しっ!。

そして、こちらも楽しんでいただきます。
2016122907.jpg
モーニングコーヒーです。あっ、ゴールドブレンドでは無いですよ(笑)。

焚火を囲みながら、バイク談義でお昼過ぎまでくつろぐおっさんたち。
2016122919.jpg
再び、カブプロで登場した、がっちゃんさん。

缶コーヒーの差し入れですよ。サービス良過ぎです!。
それにしても、綺麗なカブプロなんですよね。ボディーパーツも紺色から白色にすべて変更している凝った仕様です。
気になるのは、国産最終型なのですが走行距離がかなり少ないところなんですよねぇ~。

と、こんな感じで、柳瀬キャンプ場から全く動かなかった忘年会キャンプでしたが、楽しく過ごすことが出来ました。
のじゅくさん、そして参加者の皆様、お誘い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

追記。
今回のキャンプではこちらのガスボンベを投入しました。
2016122920.jpg
イワタニカセットガス パワーゴールド。
気温0℃でも、普通に使うことが出来ましたよ。

今回のキャンプ参加者の皆様は、ベテランキャンパーの方々。
その方々が声をそろえて、『このボンベは雪の中でも普通に使えた』とおっしゃっていました。
良い買い物をしたかな♪。少し高かったけどね。


今年のブログはこれにて終了です。
来年も元気な姿でお会い致しましょう。それでは良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

kcc出張忘年会(主に尾道編)。

2016122701.jpg

12月25日の日曜日のこと。メリークリスマス♪。
しまなみ海道から一旦帰宅。
翌日の天気が良ければ、自動車からタイカブに乗り換えて再びしまなみ海道方面の尾道へ向かう予定となっておりました。
隊長やごん太さんにお会いする為に。

そして、この天気っ!。
2016122702.jpg
あらら!?。
三日前の天気予報では、雨または雪になるはずだったのですが・・・。ポカポカ陽気に身体が包み込まれています。

この日は、しまなみ海道を楽しまれている隊長の帯山の嵐さん&ごん太さんと尾道で合流予定。
なんと、長崎からカブプロを駆る長崎のすみさくさんも駆けつけてきていた模様!?。
そしてとんぼ返り!?。スゴ過ぎますよ(笑)。

kccメンバーさん達は、見近島でゴミ拾いをおこなって出発したらしい。素晴らしいではありませんか♪。

その為か、隊長たちは尾道への到着時間が遅くなるようだ。
のんびり海を観たり、スマホを弄ったりで時間が過ぎていきます。
みんどこを起動し、隊長たちの位置を把握する。と、ちょうど尾道水道を挟んで、対岸の道路を走っているようだ。
ならば、渡船に乗ってもらい、こちらに向かってもらうことにしました。

2016122703.jpg
おっ、キタキタ(笑)。
しかも隊長はカメラを持ってデッキ前方を牛耳っているぞ(笑)。

2016122704.jpg
波しぶきをあげながら進む渡船。隊長はその前方で何を見つめているのだろう・・・。

あっという間に到着するので、慌てて下船準備に入るおっさん二人組(笑)。
2016122705.jpg
こちらには、全然気が付いていない模様。

2016122706.jpg
ということで、帯山の嵐さん、ごん太さん、そして私のカブ三台で尾道の街をトコトコと流してみます。

時刻はお昼前。
2016122707.jpg
お腹が空いた私たちは、尾道観光前に腹ごしらえだ。

尾道と言えば、べたですが尾道ラーメン。お店は『つたふじ』さんに決定っ!。
店内はというと、カウンターのみで通路も狭い。初めて訪れる方には圧迫感を感じる空間かもしれません。
暖簾をくぐると、ちょうど奥側の三席が開いていた。ラッキー♪。

2016122708.jpg
中華そばの大盛りで650円也。
この中華そば旨しっ!。他県の方にも勧められる味だと思います。まぁ、一度食べてみんさい(笑)。

さて、尾道観光へと進みます。
今回は、隊長のリクエストにより、映画転校生のロケ地にもなった『福善寺』へ。
2016122709.jpg
立派な造りだ。

2016122710.jpg
転校生と言えば、階段落ちですよね。
この後、隊長とごん太さんが入れ替わ・・る・・・?。

と、ここで業務連絡。
隊長、言われていましたよね?。『階段がもう少し長かったような感じがした』と。
その通りなのです。階段落ちのシーンは、この場所からもう少し北にある『御袖天満宮(みそでてんまんぐう)』という場所なのですよ。

グーグルマップでも、階段が描かれていますよね。
隊長、宿題がもう一つ増えてしまいましたよ(汗)。


どんまいっ!、隊長!。
のんびりとしたアーケード街や、細い路地を堪能出来たので良しとしましょうよ。
2016122711.jpg
時々、猫ちゃんたちも細い路地からチラリとのぞいています。尾道は、ネコ好きにはタマラナイ町並みなのかもしれませんぞ。

2016122712.jpg
おのみち映画資料館をのんびり楽しんだり。

2016122713.jpg
いつの間にか恋人の聖地となってしまった『千光寺公園展望台』に行ったり。

短い滞在時間でしたが、尾道をまったりと楽しめたと思います。私もしっかりと楽しませて頂きました♪。
ここで、ごん太さんとはお別れです。二日間、お付き合い下さりありがとうございます。

2016122714.jpg
海岸線を走行し、一路呉へと向かいます。
この海岸線ルートは、走っていて気持ちが良いのです♪。隊長も『良い道だぁ~』と喜んでいましたよ。

2016122715.jpg
呉と言えば、ここ『大和ミュージアム』。隊長のリクエストでもあります♪。
日が暮れるまで、じっくりと資料を眺める私達。

時間を忘れ、館内を歩き回っていた私の目に飛び込んできたもの。
2016122716.jpg
夕日を浴びる戦艦大和。
閉館時間ぎりぎりに、このような写真が撮れたことに感謝します♪。

二日間の参加ではありましたが、隊長やその仲間たちにお会いでき、大変うれしく思います。
またどこかのイベントでお会い致しましょう。ありがとうございました♪。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

その夜のこと。
隊長とお好み焼きを食べ、川沿いをブラブラしていたらイルミネーションがお出迎え。
2016122717.jpg
空母『赤城』だ。さすが呉だね。

kcc出張忘年会 in 見近島。

2016122602.jpg
念願の見近島でくつろぐkccメンバーたち♪。


12月24日の土曜日のこと。
この日の前日から、kccメンバーによる忘年会が見近島で開催されていました。
私も参加する為、タイカブキャンプ仕様の準備だ。

深夜に24日の天気予報をチェックすると・・・。
広島県北部は曇りのち雪っ!。雪ですかっ!?。
雨雲レーダーによると、午前6時にはスジ状の雨雲が我が家の上空を覆っている。
カブで出掛けることは出来そうだが、雪が降ると家に帰ることは出来ません。例え、スノータイヤに履き替えていたとしても。

ということで、今回は自動車の黄色1号で、しまなみ海道へ進出します。
2016122617.jpg
見近島からでも確認出来る、お隣の伯方島に駐車している黄色1号(笑)。黄色は目立つねぇ~。

2016122601.jpg
皆さんで珈琲を飲みながら雑談。良いっ!、このまったり感がイイっ!。

前日から、この見近島にはkccメンバーだけのようです。
クリスマスイブの為か、それとも大荒れの天気予報が発表されている為なのか。
どちらにしても、見近島の貸切状態に夢心地です♪。

2016122604.jpg
この透明感とエメラルドグリーンな海が最高なのですよ!。これぞ見近島!。
静かな波音と一定なリズムが、疲れたおっさんたちの心を癒してくれる。

天気予報では荒れた天気になるということでしたが、嬉しいくらいの大外れ。
2016122603.jpg
ですが、昨晩はテントが飛ばされるくらいの強風だったようです。
これが、荒ぶる冬の見近島なのですよ!。少し辛かったかもしれませんが、貴重な経験をされましたね♪。


と、このようなお話の輪に入りたかった私。
深夜に出発し、しまなみ海道の伯方島に到着したのが午前5時半前。周囲は真っ暗だったのです。

徒歩で見近島に上陸したのは初体験。
先程の場所に黄色1号を駐車し、見近島へと歩きます。
歩行者・自転車道に差し掛かると、前方に懐中電灯で路面を照らしながら、ワンちゃんと散歩をしているおじいさんが現れる。

同じ方向へと進んでいるおじいさんに向かって『おはようございます』とごあいさつ。
そのおじいさんも、ホッとした表情であいさつを返してくれます。
そして、『どちらまで、行きなさる?』と。それに対し私は『見近島です』と一言。
『ほぉ、それはごくろうさま・・・』。

暗闇の中に現れた私に、少し驚かれていたような気がします。
懐中電灯を灯していない、その時の私の姿はというと、キャンプ道具を一式詰め込んだこのようなザックを背負いっています。
2016041001.jpg
イメージです。

そして、ザックには収まりきれなかったキャンプ道具と大きな水筒、そして珈琲セットが入った黒色のリュックを胸側に抱えている。
右肩には、大きくて重たいデジイチと手提げ袋に入った2Lの水とミニコンロなどなど。
左手には、段ボールに入った3kgの炭と火箸を持っている。

そんな私と、真っ暗な中で出会うと、少し怖いかもしれませんね(汗)。

このような姿なので、通常30分弱で到着出来る見近島ですが、1時間弱も掛かってしまいました。
真っ暗な見近島で、物音を立てずに皆さんが起きてくるのをお茶を飲みながら待っていたのですよ(笑)。
露天さんが、びっくりした表情でこちらを見ていたのが忘れられないわ(笑)。


さて、ここでメンバーのご紹介。
2016122607.jpg
隊長こと帯山の嵐さん。
このメタリックブルーの風防は、COROさんが以前使用されていたものですよね♪。

2016122608.jpg
antsさん。
お二方は熊本からお越しになられました。ものすごいパワーだ。

2016122609.jpg
ハンターのうしろ姿がカッコイイ!。

2016122610.jpg
こちらは、京都からお越しの露天風呂戦士さん。
独特なスタイルの露天さんのハンター。
少しの距離でしたが乗らさせて頂きました。感想ですか?。ブレーキが利かないよ・・・(激汗)。

2016122611.jpg
新しい箱も、いい仕事をされているようです。この箱を付けて、次回はどこへ行かれるのでしょうか?。

2016122606.jpg
テンションの上がったおっさんたちは、橋の上からこちらを観ている女子に向かって、満面の笑顔で大きく手を振っているし(笑)。

2016122605.jpg
なんだか、とても良い想い出となったようですよ♪。

そんなことをしていると、うどん県からごん太さんが到着。(カブの写真を撮り忘れています。ごん太さん、すみません。)

貸切状態と穏やかな気候でポカポカしている見近島。
その為か、誰一人この場所から動こうとはしていません(笑)。
動き出したのは、午後12時を回った時から。とにかく、まったりと見近島で過ごされていました。

その後メンバーさん達は、お昼ご飯とお風呂を満喫する為、見近島を出発。
2016122612.jpg
私はというと、炭火を眺めながらボォーっと時が経って行くのを楽しんでいました。

ウトウトとしながら椅子に腰を掛けている私。
そんな私の耳に、聞きなれた音を奏でる、ちいさなバイクが現れました。チャンバーから聞こえてくるサウンドも良しっ!。
2016122613.jpg
某SNSでは、『レアキャラ、モトコンポに乗る蛍光おじさん』で名が通っているようですよ(笑)。
足元まで蛍光色で染まっていますからねぇ(笑)。

2016122614.jpg
蛍光おじさん、もとい、全国を仕事で飛び回っているlove cubさんだ。
今回は、同僚の方としまなみ海道を楽しまれているようです。

夕方になると、キャンパーが増えるのかと思いきや、ソロの自転車とバイクの方が来られただけ。
2016122615.jpg
穏やかな表情を取り戻した見近島で、鍋を囲みながら、まったりと夜を楽しみます。
スーパーで買ってきた食材をぶっこんだだけの鍋ですけど(汗)。男の料理として許してくださいな。

ちなみに、炭をきれいに焼くとススが出ない為、鍋が黒くならないのですね。
前回の真っ黒になった鍋とは違い、今回は普通に洗うことが出来ました。やっぱり、炭が一番だ。


今回は、伯方島から見近島までの区間を原付ではなく徒歩で進んだのですが、観たことの無い景色と巡り合いました。
これですっ!。
2016122616.jpg
歩行者・自転車道から見た夕日です。←写真加工は一切行っておりません。しかもスマホで撮影っ!。
鍋の材料を買いに行くため、自動車に向かっている時に観ることが出来ました。
原付道からは観ることが出来ない景色なのですっ!。初めて観る美しさに思わずため息が漏れます。

鍋を食べ終わり、自宅にいったん戻った私。
そんな私を見て、きゅー奥が一言。『もう、帰ってきたん!?』

がぁーん・・・(激汗)。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


と、そんなきゅー奥ですが。

私は、普段、ドロドロになりながら仕事をしています。
お財布もこの通りにボロボロになっています。
2016122618.jpg
それでも、穴が開いていなければ良いと思い、使い続けていました。

まだまだ使い続ける予定だったのですが、帰宅すると、真新しい財布が用意されていましたよ。
2016122619.jpg
きゅー奥からのクリスマスプレゼントだ。
どうやら、お会計時に私の手元を見ていたらしく、ボロボロの財布が気になっていたらしい。

ウルッとなるようなことをしてくれるではないですか!、きゅー奥よ。
私はというと、きゅー奥にプレゼントをひとつも用意していない・・・。スマン、きゅー奥よ。

きゅー奥の行動に感動し、嫁様孝行を誓いながら、翌日にはタイカブに跨っている(汗)。
さぁ、タイカブに乗って出発だ。←あらっ!?。

次回、尾道編に続く。

エキキタ散歩。

大規模再開発で賑わう広島駅周辺。

広島駅の表側にあたる南口は、大型商業施設などの建設により、今までの広島駅前の雰囲気と変わってきています。
歩道橋や広島百貨があったころが懐かしいな・・・。

そして、表があれば裏がある。
広島駅の裏側にあたる北口(新幹線口)も、再開発によりイメージが変わってきています。
今までの裏側というイメージを一新する為、『エキキタ』と名付け、官民でまちづくりに取り組んでいるようです。
2016121803.jpg
昼間でも影が出来るようになってしまった広島駅北口。

もともと、広島駅の北側に位置する東区民だった私。
狭い路地をクネクネ抜けるイメージは残しておいてもらいたいのが本音なのです。


ということで、新しいお店や再開発の雰囲気は置いといて、私なりのエキキタを楽しんでみよう!。


12月18日の日曜日の事。
三日前の寒さはどこへ行ったのかと思わせるくらいの気温になっている広島市内。
ハンカバもグリップヒーターもないリトルカブでも、気持ち良くおさんぽツーリングを楽しむことが出来ましたぞ。
2016121802.jpg
いつものように新幹線車両基地を眺めながら裏道をトコトコと走り抜けます。
寒さに耐えているように見える桜並木も、それはそれで美しいかな。

と、いきなり、お昼ごはん(笑)。
2016121804.jpg
昼から焼き肉にいっちゃいます♪。
錆びている看板が良い雰囲気を醸し出している『やきやき亭』さん。
お店の方々の対応も笑顔でハキハキしていたので、入りやすいお店でしたよ。

2016121805.jpg
牛ロースランチにしてみました。
ごはん、スープ、サラダとナムルなどがついてお値段は税込1,100円なり。
お肉の厚みも柔らかさも十分満足出来るレベルですっ!。お客さんも続々と店内に入ってきますよ。

焼き肉で空腹を満たすことが出来ましたので、ガツンと走る!。
いえいえ、本日はそんなことは致しません。ポカポカ陽気に恵まれているのですから、のんびりと過ごさせて頂きます。
2016121807.jpg
こちらでね。
写真中央に映し出されている銀色に輝く場所でウトウトとさせて頂きますよ。

と、その前にこちらでもお買い物を。
2016121806.jpg
広島の方には有名なお店の『ケーキハウス ミニヨン』さん。
特に、シュークリームは有名です。
注文後にシューにクリームを詰めてくれるので、シューのサクサク感が失われていないのですよ♪。


シュークリームを購入し、先程の銀色に輝く場所へ向かいます。

普通自動車では離合困難な道幅の上り坂。
その先にあるお寺や墓苑を通り過ぎると普通自動車ギリギリの道幅になり、しかも、かなりの急こう配!?。
リトルカブでは1速でなければ上ることは不可能でした。キャンプ道具を積載しているとバックドロップ確実だ(笑)。
2016121808.jpg
仏舎利塔。
正式には二葉山平和塔というようです。←知らなかった(汗)。
私が子供の頃から、広島市内で景色の良い場所といえば、黄金山か、この仏舎利塔だったのですよ。

写真に写っているのは仏舎利塔の裏側です。
表側には、セイロン国(現在のスリランカ国)から送られてきた金色に輝く仏像がおられます。

2016121809.jpg
標高139Mの山頂にある仏舎利塔。
小さな公園や登山道もあり、ピクニック気分でくつろぐには最適な場所とおもいます。
ここまで通じる道幅がかなり狭く、山頂に駐車スペースが無いことも影響しているためか、静かに過ごせます。


私のブログタイトルは『こぉーひぃーぶれいく。』
2016121801.jpg
綺麗な景色と珈琲を楽しむのがコンセプト。だったのですが、最近珈琲を屋外で淹れていないのですよね。
いつの間にか、ゴールドブレンドばかりになっているし・・・(汗)。

なので、平和を願うこの場所で、広島市内の景色を眺めながら珈琲休憩しますよ。
憩いの場である表側の公園ではお邪魔になるので、裏側でひっそりと珈琲を淹れます。
2016121810.jpg
寒い時期には中深入りぐらいが丁度良いと思い購入したのですが、浅煎りでも良かったと思える気温だ。

もちろん、先程購入したシュークリームも頂きますよ♪。
2016121811.jpg
岩場の上で(笑)。

そのあとは、『おじいちゃん、そんなところで寝ていると風邪をひきますよ』と声を掛けられるような姿でウトウトしていました。
リトルを眺めながら岩場の上で(笑)。
2016121812.jpg

こんなおさんぽツーリングもアリではないでしょうか?。リトルだから楽しめたのかな?。

『裏側』がキーワードとなってしまった、本日のおさんぽツーリングでした。エキキタという単語を紹介したかったのにね。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

路面電車のある街。

小さくとまとまった街の広島市。
この田舎から抜け切れない街並みが、逆に良い雰囲気を醸し出していると思っています。
2016120904.jpg
そして、のんびりと過ぎていく時間をさらにゆるぅ~くするのが路面電車ではないでしょうか。
私は路面電車のことを『市電』、または『広電』呼んでいます。『チンチン電車』と呼ばれている方もおられるようですね。


さて、この市電ですが、運営しているのは、電車・バス・不動産と事業展開されている広島電鉄株式会社。略して広電。
イメージカラーは緑色で、広島では有名な企業さんのひとつと数えられています。
ちなみに、バスも緑色なのですが、こちらでは『青バス』と呼んでいますよ。青色のJRバスはというと、普通にJRバスかな?。

路線図
広島市内はもちろんのこと、廿日市市の宮島口まで、この市電で移動できます。
路線は『1番』から『9番』まであるので、市電をご利用の際にはお間違えの無いようにお願いします。
もちろん、路線の乗り換えも可能ですので、乗務員さんにその旨をお伝えくださいね。

しばらく市電に乗っていなかったのですが、現在は大人160円になっているのですね。
私が頻繁に市電を利用していた時は、大人120円だったのですが・・・。←いつの時代だ(汗)


走行している市電もいろいろなモデルがあります。
広電のHPでは車両の紹介もされています。車両の紹介はこちら♪。
2016120901.jpg
こちらは元神戸市電の570形。
最新型の電車も良いのですが、画になるのはこのタイプかな。

ところでこの写真ですが、慌ててスマホで撮影しているのですよ。

拡大してみますね。
2016120902.jpg
別に・・・。という声が聞こえてきそう。
この拡大写真で何が言いたいのかが分かった方は、広電通(笑)。


さらに拡大だ。
2016120903.jpg
路線番号『0番』の広電前行きです。

終電などでは時々見かける『0番線』ですが、日中に走行している臨時便はひさびさに見掛けました。
もちろん、臨時便なので時刻表にも路線図にも記載されていません。

私は未だに0番線には乗ったことが無いのですが、きゅー奥は若い時に乗ったことがあるらしい。
仕事で疲れ果てた帰宅時、広島港まで行かなければならなかったのに、途中の広電前で降ろされたとお冠だったそうです。
『ちゃんと、確認して乗らないからだよ!』と思った私ですが、面と向かって言えず・・・(汗)。

さてと、そろそろリトルで出掛けますかね♪。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

広島市駐輪禁止区域および駐輪場情報。

過去記事より、広島市内の駐輪禁止区域および駐輪場情報をこちらに転記しておきます。
広島市内へ二輪車でお越しの際は、駐輪禁止区域にご注意ください。


広島市中心部では、駐輪施設以外の場所へは二輪車(自転車を含む)を駐輪することが出来ません。
駐輪施設と駐輪禁止区域については、広島市HPのこちらを参照ください。

※上記案内で『お探しのページがみつかりませんでした。』と表示されましたら・・・。
広島市HP『市政全般』→『施設ガイド』→『市営駐車場・駐輪場』→『市営駐輪場のご案内』へとおすすみください。

2016121006.jpg
市営、民営の駐輪施設がありますので、所有されている二輪車の大きさに合った場所に駐輪されることをお勧めします。

2016121007.jpg
ただし、『市営』に限り、領収書を提示すれば、他の市営駐輪施設に駐輪することが出来ます(同日に限る)。
原付を駐輪するのならば、市営駐輪場が良いかもしれませんね。


さてと、本日も広島市内をトコトコとお散歩しますよ♪。
原付速度で走行しますので、後続車にはご迷惑をお掛けすると思います。申し訳ございません。

オートバイ神社に行ってきた。

2016121404.jpg
お、お、大型バイクに囲まれてる・・・(汗)。


以前、lovecubさんがモトコちゃんで訪れていた、北広島町の長笹地区にあるオートバイ神社に行ってきました。
実はこちらの神社ですが、職場から然程遠くない場所にある為、ツーリング気分を味わえないと思い敬遠していました。

12月11日の日曜日の事。
早朝、自宅でゴソゴソしていると、いつもの如くきゅー奥から『どっか行ってきんさい!』と(笑)。
自宅付近は青空が広がり、気温も低くなく、12月とは思えないようなツーリング日和♪。

カッパも持たずに、きゅー奥のお古のジャンパーを着込んでトコトコと出発だ。

ですが・・・。
走り出して20分も経っていないのに、このような雰囲気。
2016121402.jpg
雨が降り出し、一気に身体の熱を奪っていきます。

『このまま先に進むべきか、それとも後退するべきか。』

後ろを振り返ると、既に雨雲に囲まれている状態だ。前方には、少しではあるが雲の切れ間から青空が覗いている。
上空の風の流れは速く、雲が西から東へとかなりのスピードで動いているのが分かります。
『バイクにバックギアはついていないぜ!』なんて、カブでいきがってみるもの良いと思いまして、このまま前進することにします。


大粒の雨でなかったのが幸い。
しっとりと頭のてっぺんから足のつま先まで、濡れている感じ。
乾燥肌になりやすいオッサンの年齢となった私。この雨で、良い感じに潤っていきます(笑)。

まもなくオートバイ神社に到着というところで、青空になりそうな気配。
2016121403.jpg
天気雨と言えば良いでしょうか。青空が見えるのに、雨がしとしとと降ってきています。
田んぼに降りていた霜は、お日様に導かれるように上空へと舞、そして消えていく。この季節独特な景色がそこにはあります。

2016121405.jpg
土砂降りにも遭わず、無事、オートバイ神社に到着した私。

そんな私の目に飛び込んできた光景はと言いますと、あの一枚目の写真の状況なのです。
普段はガテンなお仕事をしているオッサンでも、この光景にはビビってしまいます(汗)。
ハーレーなどがズラズラズラァ~っと並んでいるのですから。

2016121401.jpg
オートバイ神社。別名は楽山神社で、学業成就・健康祈願など、広く参拝出来るそうですよ。

このオートバイ神社のお隣(同敷地内)には、軽食が楽しめる『長笹楽山』という空間があります。
実を言いますと、この場所は広島や福岡などでハーレーやBMWを取り扱っている『(株)バルコム』が運営しています。
道理でハーレーやBMWのバイクが多いと思いましたよ!。

これだけ多くのバイクが停まっているのだから店内も満席であろうと思い、食事を諦めて帰宅しようと思っていたその時。
店内から出てくるライダーの方から、『食事が終わったから、どうぞ』とお声をかけて頂きました。
ツーリング部隊の方々の食事終了と時を同じくして私がオートバイ神社に到着したみたいですっ!。

さぁ、食事だ♪食事だ♪。
2016121406.jpg
長笹楽山さんでメインメニューの『しょうが肉うどん』。

しょうががたっぷり入ったこちらのうどん。寒い季節にはモッテコイの身体が温まるうどんです。

しかも、私の想像していた肉うどんとは違い、かなりおいしい肉うどんだったのですよ。これは嬉しい誤算。
お肉は牛すじ肉なのですが、じっくりと煮込まれて、口の中でとろけるくらいのトロトロ感。
6時間コトコトと煮込み、翌日には味を付けながら再び煮込むという作業。
その煮込んだ牛すじ肉の味に合わせた、甘辛く仕上げている出汁も嫌みが無くスッキリとしていて良い感じだ♪。
これで税込800円!。リピート確定です。

アフターには、もちろん珈琲を。
2016121407.jpg
苦みのある珈琲でしたが、スッキリとした味わい。これ旨しっ!。

ちなみにこちらのお店では、オートバイ神社のおみくじや絵馬も売っていますよ。
2016121408.jpg
ひとつ500円だったかな?。

同敷地内にはビンテージバイクも置いてあるとのこと。
2016121409.jpg
こんなのや。

2016121410.jpg
あんなの。

2016121411.jpg
これに。

2016121412.jpg
それと。

2016121413.jpg
私が一番気にいったバイクは、こちらのダート車両。私が乗ると、滑りっぱなしのコケっぱなしだろうけどね(汗)。

食事中に雨が降っていたようですが、帰宅時には綺麗な青空が広がっていました。
2016121414.jpg
もしかして、神様に見守られているのかな?。きゅー奥には、行動を見張られていますけど・・・(苦笑)。


とにかく、しょうが肉うどんと珈琲がおいしかった、まったりツーリングでしたっ!。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

懐かしい味を求めて。

原付で走っていると、ついつい脇道を走りたくなってくるのは私だけでしょうか?。
それが学生時代に自転車で走っていた道ともなると、懐かしい当時の想い出が蘇ってきます。
この様な気持ちになるのも、歳をとってきた証拠なのでしょうかね・・・。


12月10日の土曜日のこと。
2016121001.jpg
ひさびさに懐かしい味が恋しくなり、学生時代に走っていた道をカブで流して走ります。

駅前再開発の影響で、当時の面影が失われてきている荒神町付近。
『あのお店が無くなっている』とか、『あの場所に建っていた建物はなんだったっけ?』とか少しさみしくなってきます。


午前10時過ぎの人通りの少ない並木通り。
2016121002.jpg
パルコの手前には、数多くのお好み焼き屋さんが、ひとつの雑居ビル内で営業している『お好み村』があります。
私は、このお好み村でお好み焼きを食べたことがありません。チャンスがあれば一度味わってみたいものです。
っていうか、お好み焼き自体、数ヵ月に一度のペースでしか食べていないのです。

お好み村の隣に建っているビルは、ドン・キホーテ。以前はウィズワンダーランドだったな(懐)。


ほとんどのお店が営業準備をされている時間帯。
何故に、そのような早い時間帯にも関わらずこの場所を訪れたのかと言いますと、懐かしい味に再会したかったから。
そう、この交差点を左折し、しばらく走るとそのお店は現れるのです♪。

広島市にお住まいの方は、ご存知の方が多いと思われます。
バターケーキのお店で有名な長崎堂さん。
2016121003.jpg
私の父親のお土産=長崎堂のバターケーキというくらい、よく買って帰宅していました。
お土産=お寿司ではないところが、我が家らしいな(汗)。

2016121013.jpg
素朴で懐かしい味のスポンジケーキと言ったら良いでしょうか。
スウィーツで溢れている現在では、格別においしい!とは言い切れませんが、私にとってはこの味が忘れられない想い出の味なのです。

店頭で販売されているバターケーキは、1,200円の大きさが『中』のみ。
午前9時開店で、午前11時くらいには売り切れる場合が多いようですよ。購入の場合はお早めに♪。

ちなみに、店頭におられたお店の方が私のリトルを見て一言。
『古いのか新しいのか分かりませんね♪』。←その通りです(笑)。
あと、『少し小さな感じがします』ともおっしゃっていましたよ。←その通りです(笑)。
リトルの存在と、立体商標登録記念モデルについて、少しですが語ってきました。カブ菌を散布だっ!。


広島市中心部では、駐輪施設以外の場所へは二輪車(自転車を含む)を駐輪することが出来ません。
もちろん、先程の長崎堂さん前も駐輪禁止区域です。ご注意ください。
2016121006.jpg
なので、カブから離れる場合は、駐輪施設に預けます。
市営、民営の駐輪施設がありますので、所有されている二輪車の大きさに合った場所に駐輪されることをお勧めします。

2016121007.jpg
ただし、『市営』に限り、領収書を提示すれば、他の市営駐輪施設に駐輪することが出来ます(同日に限る)。
原付を駐輪するのならば、市営駐輪場が良いかもしれませんね。

駐輪施設と駐輪禁止区域については、広島市HPのこちらを参照ください。
※上記案内で『お探しのページがみつかりませんでした。』と表示されましたら・・・。
広島市HP『市政全般』→『施設ガイド』→『市営駐車場・駐輪場』→『市営駐輪場のご案内』へとおすすみください。


懐かしい味をもう一軒。肉のますゐさん。
2016121004.jpg
こちらも広島市にお住まいの方ならば、ご存知の方が多いお店。
古くから営業されているお肉屋さん。お肉屋さんの隣では、飲食店も営まれています。
こちらの飲食店は午前11時からの営業で、ステーキ、すき焼き、とんかつと肉料理のオンパレード。

そんな中、私が選んだメニューはアレですよ。
2016121005.jpg
サービスとんかつ♪。

薄ぅ~いとんかつに味わい深いオリジナルソースが絡みつく、広島B級グルメの定番!。
ボイルしたキャベツ、そして、とんかつの下には、ポテトサラダが隠れています。
ライスもついて、お値段は税込350円。んっ!?、1,350円ではないのですよ。たったのさんびゃくごじゅうえんですっ!。

お昼時には満席必至なこちらのお店。開店と同時に一番手で入店したのは秘密だ(笑)。


さて、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されている私。
広島生まれの広島育ちの私が病んだ心を浄化させるには、こちらを訪れるのが一番。
2016121008.jpg
平和記念公園。

観光客の方々が多いのですが、不思議とうるさくはないのです。鎮魂の場というのが、そうさせるのでしょうか。
2016121009.jpg
原爆の子の像。

公園内のベンチに腰を下し、心を落ち着けるだけでスッと楽になる。そのような空間なのです。

2016121010.jpg
現在、公園内の芝生へは立ち入りが禁止されています。
しかし、私が幼少期の時には、この芝生で遊ぶことが許されていたのですよ。
まだ、ハイハイしか出来ない私も、この芝生の上で身体を鍛えられたそうです(笑)。
ハトのエサを持つ私にハトの大群が襲いかかってきて、怖い想いをしたことしか頭に残っていませんけど・・・。


平和記念公園と言えば、丹下健三先生設計の平和記念資料館が有名ですが、今回はこちらに注目。
平和大橋と西平和大橋。しかもその橋の欄干。

イサム・ノグチ氏。
建築やデザインがお好きな方であれば、一度はその名を聞いたことがあると思います。
戦時中、戦後と日系人というだけで、大変ご苦労された方です。

そのイサム・ノグチ氏がデザインした欄干がこの二つ。
2016121011.jpg
平和大橋の欄干。
平和大通りの平和公園東側に位置する橋が平和大橋です。
『新たに自己の生活を建設する者の特に再建広島の理念を伝えるものとすべきである』という考えだそうです。

もう一つは、平和大通りの平和公園西側に位置する西平和大橋の欄干。
2016121012.jpg
『悲劇の経験よさらばということを伝えるべきもの』という考えからこのデザインとなったようです。

かなり古くなってきている両欄干。
芸術作品の補修とは思えないような施工状態でしたので、今後はオリジナルの状態を保つための補修を行ってもらいたいものです。


この様な感じで、懐かしさを味わったおさんぽツーリング。

これで、20歳は若返ったかな(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

いいなぁ、この色♪。

エンデュランスさんのHPには、感じの良い色合いのタイカブが写し出されている。

今までの派手なカラーリングとは違う、Dream SUPER CUB
艶消しがジャパニーズスタイルらしさを強調しているように思えます♪。
(エンデュランスさん、写真をお借りします。)

2016120301.jpg
マットグリーン/ホワイト

2016120302.jpg
マットブラウン/ホワイト

どちらも日本の街並みに溶け込みそうな色合いだ。
町並み保存地区に停めて写真を撮ると、良い感じの画になるのではないでしょうか。


あっ、黄色好きにはタマラナイ一台がある(笑)。
2016120303.jpg
SCOOPY i CLUB12
これも良いなぁ。

誘惑に駆られそうになるエンデュランスさんのHPこちらです♪。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

師走に入り、気忙しい日が続きますが、ポチッて心を落ち着けるのも良いかもしれませんよ。
んっ?、なにか違いますかね(汗)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR