FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防寒着の用意はOk?。

この記事はブロとものみ閲覧できます

気分転換しよっと。

この記事はブロとものみ閲覧できます

素朴な疑問。

この記事はブロとものみ閲覧できます

雨の休日を楽しむのだっ!。

この記事はブロとものみ閲覧できます

フィルムカメラ♪。

この記事はブロとものみ閲覧できます

kccステッカー(広島バージョン)♪。

この記事はブロとものみ閲覧できます

雨の中の清掃活動に行ってきた。

この記事はブロとものみ閲覧できます

ミーティングへの旅(カフェカブ九州編)。

いよいよ『ミーティングへの旅』もファイナル。

10月9日(月)の体育の日
早朝に阿蘇の雲海を眺め、その足で向かうのはもちろん、カフェカブパーティーin九州の会場だ。
まだ午前8時過ぎというのに、会場のホンダ熊本製作所へ向かっているカブが多いこと多いこと。
みなさん、この日を楽しみにされていたのですね♪。

私は、kccメンバーと待ち合わせの為、近くのコンビニに向かいます。
と、その前に♪。
2017101401.jpg
この場所で撮影したことがなかったので、一枚パチリ♪。

でも、私のカブは里帰りではないのですよね。里帰りとなるとタイ王国まで行かなくてはならないな・・・。
私のタイカブの場合は、『遠い親戚の家に寄ってみた!』と言った方が良いのか(笑)。


時刻は午前9時前。
待ち合わせのコンビニにkcc部隊が続々と集まってきます。約20台のカブがコンビニ終結だ!。
2017101402.jpg
antsさんから、kccの広島バージョンステッカーを頂きました。
パーソナルカラーは瀬戸田のレモン色だ♪。antsさん、ありがとうございました。

頂いた貴重な三枚のうち、一枚は広島と同じ平和都市へ、もう一枚は全国を駆け抜ける青年へと渡りました。
もしかして、このステッカーがあの地で年を越すのか!?。俺は認めんぞっ!(笑)。

朝食タイムでのんびりしていると、pandaさんがこちらに近付いてくる。
2017101403.jpg
yasuさんの娘さんからのプレゼントだそうだ♪。
余程嬉しかったのか、『これ、写して写して♪』と朝からハイテンションでしたよ(笑)。良いなぁ~♪。


各々、自慢の愛車に跨り、カフェカブ会場までパレードランだ(笑)。
kccのスウィングトップ&Tシャツを着込み、隊列を組んで進む姿は迫力ありましたよ。

今回の受付番号は173番。
2017101404.jpg
受付の順番待ちで並んでいると、LOVE CUB SNAPの撮影承諾の方が近付いてくる。
『きゅーさん?』。
お手伝いでスタッフをされていたキリカブ号で有名なノブゾーさんだ♪。京都に続き、お疲れ様です。
ノブゾーさんの頼みとあれば、断るわけにはいきません(笑)。快く承諾です♪。

で、いざ撮影現場にタイカブを進めると、テンションの高いあの方が・・・。
『ひゃぁぁぁ、きゅーーーさんっ!』。
ひえぇぇぇ、ピンクの女王、かぷりこさんだ。京都に続き、お手伝いお疲れ様です。

スタッフの方々の努力には頭の下がる思いです。
暑い中お疲れ様でした。本当にありがとうございました。


さて、思い思いにカスタムされた参加車両。もちろん私のようなノーマル車両もいますよ♪。
楽しみ方は十人十色。それがカブの魅力であり、楽しく過ごせるカフェカブだと思います。

ここからは、カブ歴が浅く、コアな世界に足を踏み入れていない私が『おっ!』と思ったカブたちを掲載してみます。
※無許可で掲載している車両があります。 不都合な 写真があると思われる方は、お手数ですがご連絡下さい。
2017101405.jpg
これを観ると、カフェカブ、というかカブミーティングに来たな♪と思います。

2017101406.jpg
カフェカブスタッフとしてお手伝いをされているノブゾーさんのキリカブ号♪。
ディスプレイされている、本物の『かぶ』は、じゃんけん大会の賞品にもなっていましたね。

2017101407.jpg
こちらも、泣く子も黙る『ピンクの女王』かぷりこ号だ。
っていうか、泣く子も泣く暇が無いくらいの勢いで迫られますから(笑)。

2017101408.jpg
ブルーメタリックが青空の下、一層輝きを増しています。
ご存じ、DAXさんのハンターカブ。

2017101409.jpg
リコイルスターターが魅力的なのですよね。
木陰で休まれていたDAXさんの横に座り、のんびりとカブ話。
メカに詳しくない私にも優しく教えてくれるDAXさん、ありがとうございます♪。

これだけカブで埋め尽くされていると、酔ってくるのですよ。カブ菌に(笑)。
2017101410.jpg
そんな中、見つけましたよ!。シックに決めているボーダーラインのJMS箱。

2017101411.jpg
広島のしゃみじさんだ。
一度だけ広島県の竹原市ですれ違った以外、お会いしていませんでした。もちろん、今回初めてお話させて頂きましたよ。
関門トンネル経由で熊本入りされたとのこと。このルートを一日で走破するのは、相当体力に自信がないと出来ませんよ。
若さって、恐ろしい(笑)。

2017101412.jpg
ハッ!。

2017101413.jpg
おっ!。

2017101414.jpg
オオオオオォォォォォッ!。
前日に開催されたカブ千里の参加車両とは別の車両でカフェカブに登場のポンコツさん。

2017101415.jpg
とにかく、凄いとしか言いようがありません。
この年代のカブに免疫のない私にとっては、かなり刺激的な画像となっています。

2017101416.jpg
ピンクのリトル。
可愛く纏められていますが、かなり攻撃的なスタイルのようにも見受けられます。
ツンデレ的な仕様なのでしょうか。また観たくなる一台です。

2017101417.jpg
レッグシールドを黄色にするだけでも、印象が変わってくるクロスカブ。
スポーティー感が増したカラーリングではないでしょうか。この色パターンで販売しても良いのにね。

2017101418.jpg
ベトナムドリームだ。タイカブならぬベトカブでしょうか。
この色パターンも純正でラインナップしてもらいたいくらいの出来栄えです。
シックなカラーリングの中に、赤をポイントとして入れている為、大人なスポーティー感が漂っています。

2017101433.jpg
リトルにも乗っている私。ついつい参加車両のリトルを観てしまう。Dreamの参加車両は少ないしね(汗)。
このリトルは綺麗にまとめられてカッコイイっ!。欲しいぞ!と思わせる一台です。

2017101420.jpg
素敵過ぎて、ため息しか出ません・・・。

2017101421.jpg
消防カブ?。

2017101422.jpg
そのまま、消防署に置いてあってもおかしくない仕上がり。
もちろん、こちらの車両も入賞されていましたよ♪。出来れば、基本注水姿勢を披露してもらいたかった(笑)。

2017101423.jpg
もう一台、入賞された方のプロ改。
このオレンジが素敵ですよね。オーナーさん曰く、KTMのオレンジを見本に塗料を合わせて自家塗装されたそうだ(驚)。
じゅえるくんも、この色は良いなぁ~と頷いていましたよ。

2017101424.jpg
カフェカブ九州の魅力の一つ、HSR九州・サーキットパレードラン。
サーキット走行を所有しているカブで気軽に楽しめるイベントです♪。※絶対に転倒しないというのが約束事。

2017101425.jpg
50ccクラスからスタート。
その後、50ccクラス以外の車両が走行するのですが、直前になり『速いさんチーム』と『ゆっくりさんチーム』に分かれていることが判明。
私はもちろん『ゆっくりさんチーム』で走行することにしました(笑)。

2017101426.jpg
このミーティングウィークでは、笑顔が絶えない露天さん。
顔の筋肉が固定されたのではないでしょうか(笑)。カフェカブロスになっていなければいいのですが・・・。

2017101427.jpg
太めのタイヤを装着されているcoroさん。全塗装された緑色のカスタムがカッコイイぞ!。
って、後ろに写っている露天さんが気になる(笑)。←上手いこと、フレームインしてくるなぁ(笑)。

2017101428.jpg
サーキット走行を終えると、昼食タイムだ。

2017101429.jpg
去年はうどん、今年はカレーをGetだ。いつになったら定食にありつけるのだろうか・・・。
このカレー、美味しかったですよ♪。私のような庶民にはモッタイナイ味付けでした。


昼食後は、カフェカブ九州のもう一つ魅力、工場見学。
もちろん、工場内は撮影禁止。私たちが案内されたのは400ccの二輪車のラインでした。

場内は白を基調に明るく清潔感がある空間。
作業性を考え、ひとりひとりの体格に合わせるようプログラミングされているのにも興味が湧きましたよ。

作業ミスをゼロに近付ける設計となっている工場内。
それでもヒューマンエラーの可能性はゼロではありませんよね。
工場内の通路には、異常時は、「止める・呼ぶ・待つ」で災害なし!という標語が至る所にぶら下げてあります。

怪我の無い工場内=品質の良い製品 ということなのでしょうかね。


2017101430.jpg
全てのプログラムが終了し、kcc車両を並べての記念撮影。

慌てて皆さんの場に滑り込む私。
この日の人気投票一位の車両を隠すようにタイカブを停車させます(笑)。HIROさん、すみません。

2017101431.jpg
念願のじゅえる君とのツーショット。
やっと、カフェカブでカブを並べて撮影することが出来ましたな。

2017101432.jpg
楽しかったカフェカブ九州。
毎年、この日を楽しみに仕事を頑張っていると言っても過言ではありません。←否、少し言い過ぎました(笑)。
それくらい、カブやカブ仲間が最高だっ!ということです♪。

ミーティングへの旅(ありがとう熊本編)。

2017101318.jpg
楽しかった1日目のツーリングも終盤を迎えています。

ロープウェイ乗り場にてkccメンバー揃っての記念撮影。
その後、ほとんどのメンバーは酒盛り・・・、否、キャンプへと向かわれます。
メンバーさん達とはここでお別れ。私はというと、来た道を戻り大観峰を目指します。

2017101301.jpg
米塚♪
阿蘇パノラマラインを走っていると、前方にちょこんと可愛らしい山が現れる。
円錐状をしている高さ80Mの小さな山で、阿蘇周辺では私が一番好きな山。それが米塚です♪。
ちなみに同率一位で、米塚とは対照的なギザギザしている阿蘇五岳の根子岳も好きです。

この地を訪れた時には米塚の麓まで降りてみようと思っているのに、毎回通り過ぎてしまいます。
というか、未だに米塚麓までのルートが分かっていない(汗)。次回も通り過ぎてしまいそうな予感がするな・・・。


パノラマラインを走り、一旦平野部へ。
2017101302.jpg
平野部から眺める阿蘇外輪山。

山肌の多数の傷跡は、あの地震を思い出してしまうほど痛々しい。
ですが、熊本の人々にお会いし明るく接してくれる姿に、人々のたくましいエネルギーを直接肌で感じ取ることが出来ました。
着実に熊本は復興していますよっ!。


やまなみハイウェイをグイグイと上り、ミルクロードへ。
2017101303.jpg
大観峰入り口付近からは、例によって観光客の車で大混雑だ。
それでもバイクは、スムースに駐輪出来るから良いよね♪。特にカブは、停めるところを選ぶ必要が無いので、尚良いっ!。

この撮影をしていると、若いお父さんお母さんのご家族がタイカブの前を通り過ぎる。
タイカブを見ながらお母さんが、『黄色カワイイ!。これならお母さん、乗ってもいいよね♪』と小さな息子さんに向かって話しかけていましたよ。
私には、息子さんの前にいるお父さんに向かって『お父さん、カブ買っても良いよね?』に聞こえましたけどね(笑)。
Newカブには黄色が用意されていると思うぞ!。買っちゃえ!とおさん!(笑)。

展望台までは徒歩で移動します。
2017101304.jpg
うぅ・・・。
もう少し右にカメラを向けたいのですが、逆光になってしまう為、それが出来ない(泣)。
大観峰の展望台から阿蘇平野を撮影する時には、午前中が良いのかな?。

2017101305.jpg
撮影はイマイチでしたが、阿蘇に来たという雰囲気を堪能出来たので良しだっ!。
やはり、ここ大観峰に来ないとね♪。

ここで私の電池切れ。
ここからホテルまでが遠いこと遠いこと。チェックイン後は夕方の6時には爆睡モードに入っていました。


さぁ、翌日の10月9日(月)の体育の日
第9回 カフェカブパーティーin九州当日だ。
前日のカブ千里でカブ主さん達に頂いたステッカーをタイカブさんやトタン箱に貼り付け準備完了♪。

時刻は午前5過ぎ。
ビジホの駐車場にはカフェカブに向かうと思われるカブがたくさん駐輪されていました。
そんなカブたちを見つめながら、一足お先にチェックアウトします。

まだ暗いミルクロードを上っていきます。
秋寒と思いきや然程でもない。
し、失敗したか・・・。寒暖差がないと現れないアイツを観る為に、早めにチェックアウトしたのに・・・。


ミルクロードを上り始め、しばらくするとヘルメットのシールドに水滴がついてきます。
良しっ!。


2017101306.jpg
ひさびさに観る、夜明け前の阿蘇の雲海だ♪。
モコモコ感が半端ない雲海が広がっています。
5月のGWにも雲海を観たことがありますが、その時よりも深い霧に包まれていましたよ。

2017101307.jpg
最高の雲海を観ながら、コンビニのやきそばパン&コーヒーで朝食です。
次回は、ここで珈琲豆を挽いて珈琲休憩したいですな♪。

2017101308.jpg
日出を迎える。
太陽が雲海を徐々に赤く染め、その美しさに見つめる人々の漏れるため息が聴こえてきそうな雰囲気です。
私もシャッターを切るのをやめ、カメラを持ったまま、しばらくその場に立ち尽くしていました。

私の隣では、私と同じような匂いを醸し出している青年がおられます(笑)。
日の出前に来られ、デジイチでパシャパシャとシャッターを切っているこの方。
2017101309.jpg
佐賀県からお越しの絶景大好きな『こうじ』さんだ。
バイクもいろいろと載ってらっしゃるご様子。カブ、特にタイカブにも興味を持たれていましたよ。
こうじさんに、九州の絶景ポイントや野宿ポイントなども教えて頂きました。

カフェカブ九州がこの日に開催されると言うことをお伝えすると、『どうりで、昨日からカブが多いと思っていました』と。
カブ菌を少しですが散布しておきました(笑)。
しまなみ海道の見近島でもキャンプされたことのあるこうじさん。
是非、しまなみ海道に再びお越し下さいませ。お待ちしております♪。


2017101310.jpg
さぁ、今回のツーリングのメインイベント『カフェカブ九州』。
その模様は、次回に・・・。←今回はこのパターンばかりですみません。

とにかく盛り上がった、今回のミーティングへの旅もそろそろ終わりだ。
2017101311.jpg
皆さんとお別れし、ひとり夕暮れ間近のミルクロードを走り抜けます。

ここからは、往路と同ルートで帰宅します。
真っ暗な長者原&湯布院を通過しなければならない為、明るいうちにカッパを着用し、防寒対策を施します。

と、その時。
『きゅーさんっ!』。
聞き覚えのある、独特なイントネーション&少しドスの利いた、それでいて緩やかな声。
2017101312.jpg
過積載姿のベージュのJA10。露天さんだ!。
写真は、カブ千里のもの。夕日をバックにツーショットを撮影しておけば良かったよ。

カフェカブ会場を一足先に出た露天さんでしたが、給油や美しい景色を撮影していた為、違うルートで進んでいた私がいつの間にか追い越していたみたいです。
なんとも、今回の旅では出逢いに恵まれている私だ。

実は九州にお詳しい露天風呂戦士さん。
露天さん曰く、私が往路で使用してきた道よりも、別府経由の方が安心して走れるとのこと。
暗い夜道をひとりで山越えするよりも、ふたりの方が気が楽ですので、別府までご一緒させて頂くことにしました。

快適ルートでスイスイと走り抜ける、10カブ2台。
上り坂では、かなり厳しい露天さんのカブ。下り坂でもかなり厳しい露天さんのカブ(笑)。
どちらにしても、運転が難しそうだ・・・。

そんな露天さんに案内されたのがこの展望台。
2017101313.jpg
十文字原展望台。
カップルが多いこの場所におっさん二人で来ましたよ(汗)。
良い雰囲気になっていたカップルを移動させてしまいました。す、すみません(激汗)。
この後、ちゃんと結ばれていればいいのですが・・・。←何をだ!?。


午後11時40分発のスオーナダフェリー最終便に乗船する予定の私。
時間に余裕を持たせているので、別府で暖かいものを食べながら露天さんと最終ミーティング(笑)。
2017101314.jpg
身体を温める為、地元で有名なうどんやさん『鳴門うどん』でミーティングだ。

写真では器の大きさと量が分かり辛いと思いますが、うどんの入っている器は、一般的なすり鉢くらいの大きさです。
うどん3玉まで1玉分のお値段で良いので、大食漢の方でも満足できるのではないでしょうか。
私が選んだのは、ごぼ天うどん(2玉)&かつ丼セット。お値段670円だったかな。安っ!

身体も心も胃袋も大きく温まり、寂しいですがここで露天さんとはお別れです。
先導、ありがとうございました。

2017101315.jpg
往路と同じく、お月さんに竹田津港まで導かれます。

月明かりに照らされ、海岸線を走るタイカブさん。
たった二日間のツーリングでしたが、私にとってはかなり内容の濃いツーリングとなりました。
この二日間で起こった出来事をダイジェストで想い出しながらアクセルをひねっていると、あっという間に竹田津港に到着だ。

大型のトレーラーに囲まれながら、タイカブが一台乗船。
そして、早朝になりましたが無事に帰宅出来ました。

2017101316.jpg
出逢い、カブ、そして熊本に感謝ですっ!。
ミーティングへの旅、最高でした!。ありがとうございました!!!。

あっ、まだ続きますよ。肝心なカフェカブの様子がまだだもの(笑)。

ミーティングへの旅(カブ千里編)。

2017101201.jpg
これもご縁と言うものでしょうか♪。

湯布院の展望台ではfujitakaさんと、そして長者原の撮影スポットではIさんと出逢う。
お二人とも、この日の目的地は草千里で開催されている『カブ千里』だ。

当初、カブ千里に向かう予定は、ゼロに近かった私。
時間的にも余裕が出来てきましたし、なにより、こんなに素敵なカブ仲間と目巡り合えたのですから行くしかないでしょっ!。

と言うことで、長者原よりIさんやMさんたちのマスツーに混ぜて頂き、カブ千里を目指します。


周辺ルートにお詳しいMさんのおかげで、スムースに会場入り。
2017101202.jpg
ヘルメットを脱ごうとしている私に、『集合写真の撮影があるから早く!』と声が掛かる。
丁度良いタイミングでカブ千里入りしたようです。←集合写真のどこかに小さく写っているはず(笑)。


今回の旅では、出逢った方、特にお初にお目に掛かる方が多かった為、私のおバカな頭では処理が出来なくなってしまいました。
顔とお名前、そしてカブが一致していない場合があるかもしれません。ご容赦ください。

さて、カブ千里ミーティングですが・・・。
ひさびさにお会いする方々と終始会話を楽しんでいた為、ミーティングに参加されていた車両をあまり撮影していません(汗)。
参加車両のカブをじっくりと観たい気持ちもあるのですが、やはり会話の方が楽しいかな♪。

撮影しているのは、ほとんどが知り合いの方たちのカブ(笑)。
2017101203.jpg
このピンクのカブは、どこに停めていても目立ちますな。
本人もテンションが高いから目立つんだよなぁ。ねぇ、かぷりこさん(笑)。
今回は二段箱仕様で旅されていたのですね。もう、イジるところが無くなってしまったんじゃない?。

2017101204.jpg
元気ハツラツモリスケ氏♪。
翌日に開催されるカフェカブ九州へは残念ながら参加されないとのこと(寂)。

そんなモリスケさんを会場で発見し近寄ってみると、見覚えのある方と挨拶を交わされている。
湯布院展望台でお会いしたfujitakaさんだっ!。
とここで、fujitakaさんとモリスケさんはお知り合いだったことが判明。出逢いは偶然というより必然だったのでしょうか!?。
出逢いって不思議だわ。

そう思っていると、後ろから『きゅーさん?』と声を掛けられる。
振り返ると、イケメンの方が笑顔で立っています。
しまなみ海道で中華クロスカブさん達とキャンプを楽しんでいるオミさんだ!。なんと、熊本でお会い出来るとは!?。
そして、2,3歩後ろにいた奥様を紹介して下さいます。なんとも、美人で小柄でおしとやかな奥様なのでしょうか。
美男美女の芸能カップルのようなオーラを出しているお二人。キィーーーーーーーーーーッ!、神様って不公平だ(笑)。
オミさん、またしまなみ海道でお会い致しましょう♪。

あっちへ行ってご挨拶、こっちへ行ってご挨拶とバタバタしていると、またもや『きゅーさんっ!』と声を掛けられる。
ジェントルな紳士二人組。親方さんとお初にお目に掛かるトミーさんだっ!。
親方さんからは素敵なプレゼントを頂きありがとうございました。キャンプで実戦投入したいと思います。
お二人のカブを観てみたかったのですが、時間が無く、拝見することが出来ませんでした。
次回、どこかでゆっくりと観させてくださいね。

ウロチョロしていると知合いのアッキンさんを発見!。
近くには、良い感じのヤレ感漂うレアなカブが置いてある。しかもハトナンバー、広島市から参加されているではないですか!。
2017101206.jpg
アッキンさんのお隣におられたオーナーさん。お名前を伺うと・・・。
旧カブ再生に情熱を傾けられているブログでおなじみの『ポンコツ』さんでした!。
いつもこっそりと覗かせて頂いておりました。これからも、こっそりと覗かせて頂きますので宜しくお願い致します。

2017101205.jpg
カブ知識が浅い私にも分かる、この存在感。
この様なカブで、島を流して走るのも画になるんだろうなぁ♪。ゆっくり走ることが楽しめるのもカブの良さなのですよね。


そして、やっと辿り着きましたよ。
Kccメンバー車両。一応、私もkccに所属しています(笑)。
やはり、今回のミーティングウィークでは、この方の車両を紹介せねばなりませんね。
2017101207.jpg
ケバケバ(笑)。
いやいや、翌日のカフェカブ九州では、かなりの注目度となるHIROさんの車両です♪。合言葉は『ごぼう抜き』でしょうか。
HIROさんの笑顔が、ミーティングを楽しんでいることを実感させてくれます。

2017101208.jpg
渋いっ!。
このカブ良いなぁ~と思っていたらantsさんのカブでした。ハンターも良いけど、こちらも素敵ですっ!。
純正でこのような色もあったのですね。カブの歴史を垣間見ることの出来る一台でした。

2017101209.jpg
ゆきぴーさんのカスタムはピカピカな仕上がり。
しかもバックステップ付きという・・・。どこまでレーシーに仕上げるのでしょうか?(笑)。

んっ?。
2017101210.jpg
ごん太さんは、香川県からNSで登場!?。
カブはメンテナンス中?とのことでした。次回のミーティングでは、カッコ良くなったカブを見せてくださいね。

お腹が空いてきたkccメンバーの皆さん。
ミーティング会場後ろにあるレストランで遅い昼食を頂くこととします。
2017101211.jpg
私が選んだのは熊本ラーメン。
熊本在住の方々からは、この熊本ラーメンに『意義アリっ!』の声も上がっていましたが・・・。
これはこれで、食堂の雰囲気と合っていて良しとします♪。


カブ千里を後にするkccメンバー御一行。
折角阿蘇に来たということで、kccメンバーでロープウェイ乗り場までツーリングとなりました。
ちなみに、現在阿蘇火口周辺が立ち入り禁止となっているので、ロープウェイは運休中です。
2017101212.jpg
カメラを向けるとポーズをとってくれる方が約1名(笑)。

2017101213.jpg
カブを並べ、撮影しているメンバーを撮影している私(笑)。

おっさんたちもテンションが上がってきます♪。
2017101214.jpg
隊長、カンチョウされるの図(笑)。

2017101215.jpg
とにかくテンションが上がるミーティングとなった『カブ千里』。
喋り過ぎて、あごが痛くなったよ(笑)。

この日、用意してきた手作りステッカー全てが配布終了となりました。
たくさん用意していたつもりでしたが、全然足りない状態になってしまいました。皆様に喜んで頂き、嬉しい悲鳴でいっぱいです♪。

そのことをきゅー奥にメールで伝えると、返信されてきた一文は・・・。
『夜なべして作った甲斐があって良かったね。私は洗い物をしていたけど』
怖っ!。

ミーティングへの旅、二日目へと続きます。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
注意事項
ブログ内容及び写真の転載・無断使用は、ご遠慮ください。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。