SWは山陰へ(寄り道編)。

201592601.jpg
イスに腰掛け、日の出を待ち受ける。

9月21日の月曜日、敬老の日です。
日に日に、朝の目覚める時刻が早まっている私。そのうち、午前0時起床となってしまうのではないでしょうか(汗)。
そんなお爺さん化が進んでいる私にとって、すごし易い暖かさの朝を迎えることが出来た、敬老の日。
私にやさしい地球です♪。


みなさんの目覚めを促進させる珈琲♪。
201592602.jpg
他の山を見下ろしながらの珈琲タイム。
澄んだ空気は、珈琲の香りをより一層引き立たせてくれます。SW二日目も良いお天気が続きそうですよ♪。

アットホームな感じのファミキャン?(笑)。
201592603.jpg
みなさん、素敵な笑顔で写っているのですよ。モザイク処理がもったいないくらいです!。

私の隣の『のぼうさん』が膝を曲げて写っているので、低く見えますが、本当は身長が180cm以上あるのですよ。
向かって左側のプリン王子『るーのぼくん』は、巨神兵であることは、言うまでもありません(汗)。
ひさびさに、私が小さく写る写真で、新鮮に感じます♪。


まったりとした朝を過ごし、各々、次なる旅に向け出発します。
私はというと、テント道具を片付けながら、鳥取砂丘を目指すことに決定。
事前に行き先が決まっていない旅も、良いものでしょ?(笑)。

午前9時半、みなさんに別れを告げ、砂丘に向け出発します。
海岸線の国道9号線を東に向け進むのですが、すでに自動車が多い。
昨日よりも渋滞が激しいように思え、ストレスが溜まり始めます。←この渋滞は、境港周辺まで続くこととなります(疲)。

境港を通過出来たのが午前11時前。
鳥取砂丘までの距離をツーリングマップルで確認してみると・・・。マップルを見ない方が良かったよ(泣)。

しかし、境港周辺を通過すると、道路状況は一変します。
快走だぁ♪。

タイトカーブもアップダウンも無く、日本海に沿って延々と続く、なだらかな道の国道9号線。
気持ち良くタイカブを走らせていると、元気良く回っている大きな風車群が見えてきます。

国道9号線を外れ、風車群に近付いてみる。
201592604.jpg
実際は、風車が勢い良く回っています!。風を切る音が聴こえてきそうな感じで迫力があります。

このあぜ道を通り、国道9号線に戻るのですが、風車の真下を通過する時は、少し緊張。
グルゥン、グルゥン、グルゥン
振り子の様に、大きく勢いをつけて回る羽根を真下から見上げると、身体が硬直してしまいます(怖)。


変化の少ない国道9号線を長時間走っていると、飽きてきます。
おしりも痛くなり、楽しいカブツーリングが、退屈で苦痛に感じてくることもあります。
そんな時は、ヒョイッと脇道に反れて、寄り道をしてみるのも良いかもしれません。

私も何かに導かれるように、脇道へカブを潜り込ませます。
目の前には日本海が広がり、『鳴り石の浜』という看板が掲げられていました。←2012年版マップルには表記されていません。
201592605.jpg
こんな寄り道もあるものですよね。この様な発見は、嬉しくなってきます。

201592606.jpg
海岸線一面に漬物石のような大きな石が並んでいます。
この上を歩くと、ゴトン♪ゴトン♪と音が響くのですが、打ち寄せてきた波が引く時にも同様にゴトン♪ゴトン♪と音が鳴ります。
この音を聴きながらテント泊もありかな?と考えるのは、キャンプ病でしょうか?(笑)。

陽射しは厳しいのですが、風がある為、過ごしやすい山陰の日本海側。
201592607.jpg
ちなみに『鳴り石の浜』は、赤碕駅(あかさきえき)付近にあります。


コンビニでドーナツ&珈琲休憩で体力回復。
再び国道9号線を東へ進み、砂丘を目指します。本当に砂丘までは距離があるのですね(泣)。

大型バイクで気持ち良くバビューンと走っている方々の後ろを、タイカブで頑張って走ります。
今回のツーリング、タイカブのアクセル開度は、かなりオープンにされています。

気高町にある『魚見台』から日本海を望みます。
201592608.jpg
ここから魚群を見ていたことから、この名が付いたようです。
先程までの晴天が一変、気温も下がり、怪しい雲で覆われてきました。
『弁当忘れても傘忘れるな』と言われる山陰らしい天候ですね。


あともう少しで鳥取砂丘。
と思っていたのですが、甘かった。
ここからが大渋滞!。SWの地獄の大渋滞の洗礼を受ける事となります。

右にも左にも鳥取砂丘へ通じる道はないのです。とにかく国道9号線を走る、否、カブに跨って歩くのです(泣)。
安全を確認し、バイクの特権も使用させて頂きました。
それでも、鳥取砂丘には、何時到着するのか不安になるくらいの大渋滞です。


鳥取砂丘手前で午後2時を回る。
この時点で、かなりの疲労度が襲ってきています。
砂丘横にある無料の『柳茶屋』というキャンプサイトがあるので、テントを張ることにしました。この時までは。

渋滞の中、苦労して到着した私の目に映るキャンプサイト。キャンプサイトでは無いよ・・・。

遊牧民の様な大きなテントをあまり見た事が無い私。
そんな大きなテントが足の踏み場もないくらいに密集状態で張られています。建築法違反です(汗)。

渋滞の中、買い出しやお風呂に行く事も苦痛に感じるのに、ゆったり出来ないキャンプサイトで過ごそうとは思いません。
この地でのキャンプは諦め、鳥取砂丘を目指します。


砂丘周辺の駐車場は、もちろん『満車状態』。
駐車場付近での駐車待ちは禁止されているようで、駐車出来るかどうかは『運』しだいのようです。
長時間並んで駐車場の前まで辿り着いても、また振出しに戻らないといけない状態にイライラしているドライバー。
ガードマンとの争いごとまで、目にしてしまいました。

そんな中、バイクはスイスイと駐輪♪。特にカブは、邪魔者扱いにされずに、遠慮なく駐輪出来ます♪。
『カブ最高!』

最高気温に達する時間帯に、重たいザックを背負って砂丘を歩きます。
201592609.jpg
何かの修行でしょうか(笑)?。
右を見ると、ラクダに乗ってお散歩中の観光客の皆さんがおられます。益々暑くなる光景だ。

高くそびえ立つ砂丘。
『わぁぁぁーっ!』とか、『キャァァァーっ!』とか、いろいろな声が聴こえてきます。
201592610.jpg
写真右側が一番緩やかな斜面の様です。
遠目で観ているので緩やかに感じますが、実際はかなり前かがみで登りますよ。

靴を脱ぎ、裸足になり、登丘?を開始!。
砂の表面は暖かいのですが、踏み込んだ足裏には、ヒンヤリとした感覚が伝わり、気持ち良い。
さらさらとした砂が指の間をすり抜ける♪。

登頂成功。
201592611.jpg
丘を越えた日本海側では、パラグライダーを楽しんでいる方々がおられました。


この日のミッションを完了し、大混雑の鳥取砂丘を後にします。
汗だくになってしまったので、お風呂に入りたい。ここ鳥取県には、良質な温泉がたくさん存在します。
温泉でゆったりまったりでも、と思っていたのですが、その前にキャンプ場を探さねば。

国道9号線を西へ戻りながら、キャンプ場、もしくはテントを張れる場所を探します。
が、ベテランキャンパーの様に、鋭いアンテナを持ち合わせていない私。なかなか見付けることが出来ません。
時間は午後4時半を回っています。

や、やばい・・・。


マップルで確認してみると、北栄にある『お台場公園』というキャンプ場があるみたいだ。
しかし、『要予約』となっている。
大型連休の当日に空きサイトなんてあるのだろうか?。不安が過ぎるが、とりあえずTELだ。

結果。
『空き有、午後6時までに管理事務所までお越しください』とのことでしたので、ひと安心♪。

キャンプサイトには、まばらにテントが張られているだけ(嬉)。
しかも、みなさん、キャンプ慣れされている方々の様で、もの凄く快適に過ごせました。
サイトのスグ横を国道9号線が走っているので、自動車等の走行音が聴こえますが、快適に過ごせるので良しとします。
反対側には、直接見ることが出来ませんが、日本海が広がっています。

サイト使用料600円で綺麗なトイレや炊事場、ゴミ処理等があるので、有料ですが大満足です。
近くには、ガソリンスタンド&スーパーマーケットもありますよ。

んで、プシュッとビールを飲むのです。
肴はというと。
201592612.jpg
連日焼き餃子。冷凍ですけど、なにか?。

ちなみに、今回初投入の『プリムス ライテック・フライパン』。
スーパーマーケットで売られている冷凍焼き餃子が全てフライパン内に収まります。
適度な深さですので、チャーハンなどをチャッチャッと返すことも出来ますよ。

お風呂に入りたいなぁ・・・と思いながら、ゆったり気分で就寝。
201592613.jpg
野郎のキャンプなんて、こんなもんだ。

大渋滞で苦しんだSW山陰ツーリング二日目の走行距離は、約200kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実は

チームへなちょこも山陰道の渋滞ぶりに辟易して、境港からは9号線を快走したのですよ。
目的地は北栄町。お台場公園も通ったねー
きゅーさん、チームへなちょこを見つけるアンテナは持ってるみたい(笑)

No title

キャンプしてると朝早いのは空気のせいですかね?
高校生のとき山岳部でしたけど似たようなもんでしたよ~
コーヒーのんでマタ~リしたいですねv-273

野郎のキャンプなんて、こんなもんだ!

こんなもんだよね~♪
建築法違反は笑わせてくれる~
まさか高層違反じゃあないよね、

Witchさんへ♪

境港からは快走出来ましたよね。

おっとぉ~!。
北栄町ということは、例のアレを観に行かれたのですね♪。

キャンプ場からスグ側のところで開催されていましたよ。黄色い車の前で皆さん写真を撮っていたかな。

ペリカンドーロさんへ♪

空気が澄んでいるのですよね。あとは雰囲気と興奮度かもしれませぬ♪。
楽しくて仕方がないので、寝ているのがもったいないのかな(笑)。

えぇぇぇぇっっ!。
ペリカンさんって山岳部だったのですか!?。しかも高校生のときでしょ。
高校で山岳部がある学校って、珍しいのではないでしょうか?。カッコイイな。

キャンプでは、せかせかしないでマッタリが良いですよね♪。

Duckyさんへ♪

婦女子がいなければ、こんな感じで良いのではないでしょうか。
加齢臭ですか?。気にせんわ(笑)。

高層も引っかかります(笑)。
だって、日照時間が足りず、日影規制に引っ掛かりますもの。
もうね、基本的な建ぺい率&容積率違反です(笑)。

No title

砂丘、蟻のように人がいますねw
凄い(笑)

柳茶屋の混雑ぶり・・・・ かえって設営場所がなくて良かったですね。
きっと寝れないw

餃子、旨そうです(^^)

大渋滞に巻き込まれ、逃げ道が無いのは辛いですねぇ・・・

そのうえキャンプ場まで・・・

でも結果オーライ!

餃子美味しそうですね(^_^)

きゅーさん!お腹空きました!

風車は大山町辺りのですね?
直ぐ側を走ることが出来ますから、風切り音が中々の迫力&海も目の前なのでお気に入りの場所の一つです。

このSW、私も多くの大渋滞を見ましたが、バイクだと駐車場とかは問題なしなのが◎ですね~。

No title

そんな境遇でもしっかり砂丘散策されてるのはさすがです!


柳茶屋キャンプ場、数回行きましたけど

自分含めて数人しか泊まってるの見たことなかったんですが


ためしに、今年のお盆の家族旅行で覗きに行ったら


難民キャンプを超えてテント&超人口密集地に豹変してました


ぐぅだらさんへ♪

本当ですね(笑)。
写真を見返してみると、本当にアリがたくさんいるように見えます(笑)。

あのようなキャンプサイトの状況を始めて見ました。本当にびっくりして・・・。
普段、ひっそりとしたキャンプ場で楽しんでいるので、本当にびっくりしてしまいました(驚)。

夜、トイレに行ったら、自分のテントを見失いそうですよね。
泊まらなくて正解でした。

たかさんへ♪

そうなんですよ。
特に鳥取砂丘手前の橋で、大渋滞でした。車で行っていたら、帰りたくなる状態でしたよ。

キャンプ場については、最後の最後で当たりくじを引いた感じです♪。
無理して、混雑したキャンプ場に泊まらなくて良かったですわ。

次回から『餃子休憩。』と改めましょうかね(笑)。なんか、臭いそう(汗)。

yukananさんへ♪

ビンゴです!。
あの辺りの風車は、道路が真下を走っているのですよね。
他の場所の風車は、あまり近づけなかったと思います。

バイクは、混雑している道の駅等の駐車場で快適に駐輪する事が出来るのが良いです。
非常に満足しております♪。

No title

5年くらい前に柳茶屋キャンプ場利用したことありますが、平日やったんで空いてた記憶が残ってますね。

ここは、無料で管理も行き届いてるから、最近は休日前になると違法建築状態らしいですね(T_T)/~~~

仕事の都合もあるんですが明後日、久しぶりに利用しようかなって思案中ですv-237

むらさんさんへ♪

気合いと根性で、砂丘攻略して参りました(笑)。
キャンプ場で落胆し、そのまま帰宅したとなると、かなりもったいないような気がして。
貧乏性なんでしょうね(笑)。

あのような状態のキャンプ場を始めて見たので、少しパニックになってしまいましたよ。
さすがに、あの密集地帯にテントを張る勇気はありませんでした。
密集時の見近島の方が、可愛いらしいかもしれませんね♪。

トヨピーさんへ♪

やはり、『無料』というのがポイントなのでしょうか。
しかも、管理が行き届いているとなると、週末のテント設営は無理なようですね。

平日の柳茶屋キャンプ場の状況を見てみたいものです。

No title

SWはどこも渋滞するんですね。
四国くらいじゃないかな?込まないの(笑)

やっぱりきゅーさんには珈琲ですヽ(^○^)ノ
私も次回は餃子にチャレンジしよっ‼

しあんさんへ♪

あらっ?。
四国は渋滞は無いの(笑)?。

四国は渋滞していたとしても、抜け道があるから助かるのですよね。
一本だけのルートですと、涙目になってしまいますよ(泣)。

餃子をたこ焼きの中に押し込んで、『ぎょうたこ』は如何でしょう・・・。
ダメだな(呆)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR