瀬戸内堪能 Mr.D(いきなり出現のMr.T編)。

2016030301.jpg
見近島の朝は早い。私だけだが・・・(汗)。

午前6時の気温はというと、『5℃』です。
2016030302.jpg
普通に暖かく感じる気温と言っても良いくらい(笑)。感覚がマヒしているのかも・・ねっ。


消灯時間が遅かったということもあり、爆睡していた私。目覚めは最高に良い。
それもそのはず、購入した『シュラフカバー』が、私の想像していた以上に良い仕事をしてくれたから。

深夜2時、テント内の温度は5℃。
この状況下では、防寒着を着ていても震えがくる。
ですが、3シーズンシュラフ&シュラフカバーの中に潜り込むと、すぐに身体がポカポカと温まってきます♪。
シュラフ内の空気が、体温で温められている感じなのです。
身体の中で、少し寒さを感じたところは、足のつま先。
このことについては、ソックスを二重履きにすることで、対応出来そうですね。


Duckyさんもテントから抜け出し、朝食の準備を始めます。
『待ちに待っていた珈琲♪』という表情を浮かべるDuckyさん。プレッシャーが伸し掛かってきます。

普段と変わらぬ感じで、マグカップに珈琲を注ぐ。
変わっているのは、コーヒーサーバーをアルミ製のコッヘルに変えているだけだ。

一口含むと、珈琲の香りが・・・、んっ?、なんだか、いつもの珈琲の味と違う・・・。
珈琲豆の分量を間違えたのか?、お湯の分量を間違えたのか?。
それとも、コーヒーサーバーのガラスとアルミの熱伝導の違いによる温度差がもたらした結果なのか!?。←たぶんコレ。
熱伝導対策として、コッヘルを事前に温めておいたのですが、私の想像していた以上に、早朝の外気温が影響したようです。

どちらにしても、Duckyさんにお出しした珈琲は、納得がいかないレベルの味。Duckyさん、ごめんなさい。


そんな失敗作の珈琲を二人で飲みながら会話がすすむ。←これはこれで、良い雰囲気だ(笑)。

話題は珈琲の話から、料理の話へ。
どうしても私が聞きたかったことがあり、Duckyさんに尋ねてみる。
それは、関東の方々がブログで書かれている『サンマー麺』のこと。
画像で雰囲気は伝わってくるのですが、どのような味なのかわからない・・・。
Duckyさん曰く、『とろみがあって、野菜がサクサクしている感じ』だそうだ。←こちらで言う『五目あんかけ』の様な物なのか?。

あとは、珈琲とカレーのおいしいお店があるとのこと。←それも関東の方々のブログで良く拝見していますよ♪。

私の関東のイメージは、スカイツリーや浅草ではなく、『華や』さんと『れんが』さんに決定!。カブ主の聖地だな。
間違ったイメージになっていますかね(笑)?。

おっさん二人で盛り上がっているところ、昨晩遅くまで協力してくれた『じゅえる君』登場。
2016030303.jpg
午前8時に見近島を出発予定としていたのですが、おっさん二人のまったりモードが激しく、午前10時に出発という・・・。
昨日に引き続き、じゅえる君、ごめんなさい。


ここからは、じゅえる君にお任せモードで四国に上陸します。
海岸線を走り、松山入りするのかと思いきや、山の中のルートを選択しているみたい。
国道317号線を走り抜ける3台のカブ。
お昼前ですが、さすがに山の中は寒い。長いトンネルを通過した時には、震えが止まらなかったぐらいですから。

と、カーブに差し掛かった時に、赤色のハンターが目に留まる。
2016030304.jpg
Mr.Tだっ!。
松山のクールで男前なMr.Tこと、たかさんです。←なにか、ご褒美はありますでしょうか(笑)。

とりあえず、松山市内を通過し、お昼ごはんを求めて走ることに決定。
松山と言えば、『松山城』と『道後温泉』を思い浮かべる私。

ですが、Duckyさんのリクエストは違うっ!。『石手寺』という派手なお寺です。
2016030305.jpg
ここのお寺は、不思議なものがたくさんあります。
たかさん曰く、『理解出来れば、大したもの』だそうです。もちろん凡人の私には、全く理解出来ませんでした(汗)。

お寺の奥に進むと、怪しい洞窟が口を開けて待っています。
2016030306.jpg
マントラ塔への洞窟入口。
ひとりでは怖くて、この洞窟には入ることが出来なかったと思います。

洞窟内やマントラ塔付近には、私にとってはシュール過ぎるものが多数。ですので撮影しておりません(怖)。
2016030307.jpg
そんな中、たかさんが、とあるものをイキイキと撮影していたのを覚えています。
たかさんの意外な一面を見ることが出来ました(笑)。

続いて、松山と言えば定番の『道後温泉』。
2016030308.jpg
Duckyさんをひとりにして、私たちは駐輪スペースで休憩。至って、マイペースな私達だ。


観光モード全開の私たち。
松山市内を抜けると、右手に瀬戸内海を観ながら、気持ち良く、次なる目的地へとカブを転がします。
2016030309.jpg
下灘駅付近の菜の花。・・・と、おっさん3人&Boy。

実は私、この時には既にお腹が空き過ぎていて、電池切れ寸前だったのですよ。
目の前には、たこ焼き屋があるのですが、ここはグッと我慢です。

菜の花を観ながら、まったりと過ごしています。ポカポカ陽気に誘われて、眠たくなってくる。
『食欲』と『睡眠欲』に襲われながらも、闘い続けている私。
このあと、下灘駅に到着するのですが、もう一つの欲望が少し顔を覗かせてしまったのは、ここだけの秘密だ(汗)。

少し霞んではいますが、良い感じの下灘駅です。
2016030310.jpg
この日も、この景色を撮影しようと、観光客で賑わっていましたよ。列車に乗る人はいませんでしたけど。

2016030311.jpg
長閑で良い感じなのですが、黄色が目立ち過ぎだ。

ここから、どこをどう走ったのかはわかりません。とにかく内子(うちこ)を目指していたようです。
2016030312.jpg
お昼ごはんの目的地に到着。『峠たこ焼き』の看板が目立つ、峠のたこ焼き屋さん♪。

こちらの店主の方は、バイク好きらしい。
店内に入ると、本棚にはズラッと並ぶバイク書籍。テレビにはバイクレースが流されています。
私達が店内で落ち着いていると、映像は『カブの番組』に切り替わりましたよ。←気を使って頂きまして、ありがとうございます。

2016030313.jpg
たこ焼きは、一口サイズで丁度良い大きさ。魚粉がふりかけであり、外はパリッ、中はジューシーなたこ焼きです。
あっという間に完食。本当においしかったのです。

お腹も満たされ、三崎港目指し走ります。
強風が吹き付ける中、風車群の中を走り抜ける4台のカブたち。すべて、違う車種のカブなのですよね。
しかも、売れ筋のクロスカブがいないという、珍しいパターン。

三崎港まであと30分くらいの場所にある『みさき風の丘パーク』でDuckyさんとはお別れになります。
本当に楽しかったツーリングでしたよ。
まだまだいろいろと話したいことはありましたが、次回どこかでお会いした時の為に取っておきます。

時刻は午後5時を回っていたと思います。
松山観光港発、広島行きのフェリーの最終便に乗船する為、じゅえる君&たかさんが私を引っ張ってくれます。
ひとりで走っていたら、間に合わなかったと思います。ありがとうございました。

ちなみに、フェリー内のカブの固定状況は、このような感じです。
2016030314.jpg
3箇所に、車止めを置いているだけ。波の穏やかな瀬戸内海だからこその固定方法。

2016030315.jpg
みなさん、また、どこかで♪。

今回のきゃんぷツーリングの走行距離は、約460kmでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっと完成した♪
帰宅したときは疲れが出なかったのに
今更になって疲れをドッと感じながら仕事に復帰しております。
記事を書く元気がないのでチョコチョコって書いて詳しくは「こぉーひぃぶれいく。」へ、リンク飛ばしちゃお♪

No title

石手寺、結構面白いですよねー。
なかなか、三重の塔とかあって退屈しません。
洞窟は、僕が子供の頃はロウソクの火しか灯りがなくて、怖かったのを覚えてます。

あっ、僕は足元の冷えは、ハクキンカイロを突っ込んでいます。
こたつになりますよw

にしても、じゅえる君・・・ 恐るべしw

お疲れ様でした(=゚ω゚)ノ

当日までいけるか行けないか分からない状態でしたので・・・

なんだか暖かくて、まったりし過ぎましたね〜(^-^)

見近島でボケっとしたいですな〜

お腹空いてたのねwww

No title

自分も、ひっそりとこっそりと平日に訪れておきます(笑)

あっ! 5月は大阪組と土日に行きますわ

たぶん伯方島になるかな

No title

シュラフカバーが役にたって良かったですね(*^▽^*)
足裏にカイロを貼り付けたら完璧ですよ。

愛媛ねぇ・・・
行ったことない所ばっかり(笑)

じゅえる君ってキャンプしたんじゃなかったんだ((( ;゚Д゚)))

Duckyさんへ♪

仕事中は、気が張っているので大丈夫だとは思いますが、帰宅後に疲れがやってきますよね。
しかも、一気に(汗)。

はははっ(笑)。
ブログ内では、なかなかDuckyさんが登場しないよ。朝食時の会話くらいかな。
がんばれぇ~。


ぐぅだらさんへ♪

ぐぅだらさんも、石手寺に行かれたことがあるのですね。
洞窟の怖さ!?は、たかさんも言っていましたよ。
小さい時に、『悪いことをしたら、洞窟に入れるぞ!』って言われたそうですよ。

なるほど!。
冬の足元には、カイロが重要なのですね。次回のキャンプからは、カイロを忘れずに向かいたいと思います。

No title

日曜日、私は昼前に松山を出発して尾道でラーメン食べて帰宅しました。

またしてもニアミスだったんですね

No title

きゅーさん こんばんわ!(^^)!

いや~、きゅーさんもしっかりヘン〇イキャンパーになりましたね(笑)
もう激寒キャンプもお手の物ですね!!!
僕は、まだまだその域に達せれないです(T_T)/~~~

しかし、神奈川のカブ乗りさんは、あの方もこの方も超超超ヘ〇タイさんですね!!!
あの走りは、僕ら凡人にはとうてい真似できないですよね(汗)

温かくなってきたので、僕も早くキャンプツーしたいです(^_-)-☆

たかさんへ♪

お疲れ様でした。

お忙しいところ、案内いただきまして、本当にありがとうございました。
フェリーに間に合うことが出来て、良かったですよ。

ポカポカ陽気で、まったりしたツーリングでしたね。
会話を楽しめたので、このようなツーリングも良いものだと思いました。
見近島でボォーっと過ごす贅沢も良いですな。次回は見近島でキャンプでしょうか?。

お腹は、かなり空いていたのですよ。
たこ焼きを食べるペースが、かなり早かったと思われます(笑)。

むらさんさんへ♪

隠密行動を平日にされるということですか(笑)?。

毎年恒例のキャンプですね。
あの秘密基地は、少々の天気の崩れなどは関係ないですものね。
いまから、楽しみで仕方がないのではないでしょうか?。

しあんさんへ♪

やはり、決め手はカイロなのですね。
シュラフカバーは、あの大きさからは想像出来ないくらいの効果の持ち主でした♪。
シュラフカバーの袋を初日で噴出しなくて良かったです(笑)。

地元を観光していない。
これは、俗にいう『あるある』というものではないでしょうか(笑)?。
私も、広島となると・・・。あまり案内することが出来ないかもしれません。

そうですよ。
午前1時過ぎに見近島から自宅へ帰って、それからまた見近島にやってきたのです!。
そして、丸一日のツーリング!?。すごいでしょ。

on&offさんへ♪

かなりのニアミスでしたね。

私達が走ってきたのが、山から松山市内へのサブルートでしたので、すれ違うことも出来ず。
すれ違っていたら、ルートが尾道から佐田岬へ変更になったかも♪。

また、ニアミスしそうな予感がするのですけど・・・。

トヨピーさんへ♪

こんばんは。

大丈夫ですよ。
今回は極寒ではありませんでしたから♪。トヨピーさんも一緒にキャンプしましょうよ。

あの距離をカブで走ってこられるのですから、本当にびっくりしますよ。
体力がある方ばかりですね!。

見近島でお待ちしておりますよ♪。

No title

下灘駅でのもう一つの欲望(笑)
楽しかったですね(*´▽`*)

えーっと・・・自分ツーリング中は空腹でもあまり気にしない人なので、これからは遠慮なく言ってくださいね!

No title

こんばんは~♪

無事にご対面おめでとうございます(*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・
ブログを通して出会った関東と中国地方のカブ乗りがこうして四国でご対面だなんて
・・・カブって素晴らしい(*´∀`)

んで、きゅー様はいつこちらへ??wwww
お待ちしてま~~っすヽ(*゚∀゚)ノ

じゅえるさんへ♪

下灘駅でね(笑)。
Mr.DさんやMr.Tさんが、何やらざわついていたので、気が付きましたよ。
だって、私はたこ焼きのことしか考えていませんでしたから(笑)。

腹減り現象♪。
たぶん、頻繁に止まってしまうこととなるでしょう。
『次のコンビニに寄ってぇ~』ってな感じでね。

岡山当たりのツーリングも一緒に楽しみたいものですな。
そろそろ、あの場所に到着されているのかな?。気をつけていってらっしゃいませ♪。

まゆっちさんへ♪

おはようございます。

Mr.Dは、想像通りのジェントルな方でしたよ♪。
関東の方々の楽しい話もお聞きすることが出来ました。
こうやって、ブログで知り合えた方々と、実際にお会いできるのは、素晴らしいことですよね。
特に、カブに乗り出して、その幅が広がったように思えます。

なんだか、楽しいことがたくさんある関東方面っ!。
うぅ~ん、とことこと走って行かなくては・・・、ってフェリーを使ってたりして(笑)。

No title

いつもながら、写真が綺麗で引きつけられます

暖の取り方ですが、ぼくも、ぐぅだらさんと同じで、幕営してシュラフを広げたらまず、カイロを足下に放り込んでおきます
(酔っぱらってからでは忘れるときがあったりしますので)
そして、寒いときは2個(^^;
出発するときには体に貼って、使用継続なのです

峠たこ焼きへ寄られたのですね!・・・我が家から1Kmほどのところです(*^_^*)
あの親父は、ぼくの1年先輩で・・・たしか、あそこに店を開いて40年近くになる大御所です・・・そう(*^_^*)単車大好きで
元々は、店の前の道が旧の国道56号だったので、当時はもっとどーんと大繁盛でしたが、いまでも密かな人気を保っているみたいですね
とにかくタコが大きいのとソースが旨いって!評判でした

>店内で落ち着いていると、映像は『カブの番組』に切り替わりまし
そうなのですか!
中へ入ったことは一度もなかった(^^;ので、近々久しぶり(もう20年ぶりくらい)に覗いてみます
たぶん、あの丸顔の親父、顔は昔のままでしょうね

ララヒッパさんへ♪

どもども、ありがとうございます。

なるほど、やはりカイロは必需品なのですね。
次回のキャンプでは、この方法を実践しようと思いますっ!。

なんとっ!?。
ララヒッパさんのお宅は、たこ焼き屋さんから、ものすごく近かったのですね。
回覧板を届けることが出来るくらい、ご近所ではないですか。

テーブルが一つありましたよ。
私はお腹が空いていたので、店内を観察する間もなく、たこ焼きを頬張っていました(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR