補助ライト。

滅多に夜間走行をしない私。
若い時に比べ、視力や運動神経が落ちてきている為、事故に遭う確率が高くなっているというのが、その理由。

しかし、どうしても走らなければならない時もありますよね。
ロングツーリングの為、深夜早朝に出発しなければならない時や、ツーリング先で道に迷い、帰宅時刻が遅くなった時。

それが、外灯で道路が照らされているような市街地ならば良いのですが、人里離れた山中にあるキャンプ場付近や、真っ暗な海岸線を走行する時には、涙が出てきそうな思いになります。


先日、お会いしたブロ友のじゅえる君。
2016030112.jpg
深夜走行が大好きな彼?(笑)。
視界を確保する為、強力な補助ライトを前カゴの下に取り付けてありました。

ロングライドで、しまなみ海道に到着されたDuckyさんも、補助ライトの取付用ステーは装備されていました。
補助ライトは外されていましたけど・・・。←なんでだろ?。

そういえば、しあんさんも補助ライトを装備されていましたね。


ということで、私も補助ライトを装着しました。
2016031801.jpg
自転車用ですけど(笑)。
ジェントスの『閃(セン)355B』という、電池式のコンパクトなライトです。

取付は、至って簡単。
2016031802.jpg
既存の壊れた電波時計を取り外します。←屋外で使用していた為、寿命が短かったなぁ・・・。

その場所へ、バーブラケット(通称ちょびハン)を取り付け。
2016031803.jpg
ちなみに、ちょびハンのカラーは、シルバーとブラックがありますよ。

そして、ライトのパイプホルダーを取り付ければ出来上がり♪。
2016031804.jpg
電源は乾電池を使用するので、配線いらずで、手間いらず♪。


夜間の試走を行ってみました。
このライトは、スポットビームからワイドビームまで無段階で調整が出来るようになっています。
2016031805.jpg
タイカブのロービームと補助ライトのスポットビームを併用。
ロービームで照らされる地面とカブとの間が暗い為、その場所を補助ライトで補うようにしました。

格段に明るくなったということはありません。
ですが、今までボヤけて照射されていたところが、くっきりと路面を照らしているように思えます。


この状態で、照明が全くないクネクネ道を走ってみました。
路面を照らす明るさが今までとは違う為、安心して走ることが出来ました。
パイプホルダーもしっかりと固定され、照射される場所がブレることはありません。

2016031806.jpg
ウインカーの点滅も、補助ランプの光で遮られることなく、対向車の位置から確認出来ます。


お値段や手間の割には、効果が期待できた今回の補助ランプ。
しかし、気になる点が無いこともないのです。

それは、『この明るさが、どれくらいの時間、持続するのか?』ということ。

バッテリーから電源を取っているのではなく、単4型乾電池を3本使用するだけのこのライト。
最大の明るさを長時間維持することは、期待出来ないのではないでしょうか。

兎にも角にも、明るくなったことには変わりはありません。
これで、フェリーに乗り遅れて、真っ暗なしまなみ海道を走ることになっても、安心して帰宅することが出来そうです(笑)。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それ、タブー!

あ~ぁ カブのライトが自転車のより暗いって認めちゃったよ。誰も怖くて言い出せなかったのに(笑)

オレも補助灯は常灯ではなく、トンネル、雨の日など限定的なので、その考え方は間違ってないと思います。
一個狭拡に補助灯で他を広拡にしようか、もう一個狭拡付け足そうか思案中でステーだけ残ってましたが、今のところ一個で満足しています。代わりにリアを足しましたし…

もしかしたら道交法で補助ライトはヘッドライトの下の位置ってあるかも知れませんのでご確認を、自転車用だから気にしなくていいとオレなら使うけど(笑)

Duckyさんへ♪

最近の自転車はスピードが出ますものね。
照明器具も性能が良くないと、危険なのでしょうね。LEDって凄いな。

市街地では十分明るいと思いますし、対向車の方が、まぶしい思いをされるのも困りますしね。
あのリアにブラ下がっている物体(笑)。この前のツーリングで、走行中に、ジィーッと観させて頂きました。

道交法ですね。
5.2.3.2. 二輪自動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車に備える前部霧灯は、その照明部の中心がすれ違い用前照灯の照明部の中心を含む水平面以下となるように取り付けられていること。

という条文がありましたよ。
『前部霧灯』について書かれているものでした。前部霧灯って、フォグランプのことですよね。
なので、自転車用ライトということで、フォグランプではないと解釈することにします♪。

No title

きゅーさん、こんばんは~
カブのライトだけでは、しまなみの夜道は恐怖ですよね。

私は鳥目なので夜はあれがないと無理ですわ~

いよいよ明日、アレがデビューですよ🎵
見に来てくださいね(*^^*)
あ、きゅーさんは見てるね(笑)

お待ちしておりまする🎵

No title

訳あって最近Waveに補助灯を付けました。

たいした理由でもないんですが、そこそこ明るくて重宝しております。

No title

おぉぉ!これにチョビハンが使われたのですね~(≧∇≦)b
補助ライトですか~♪

・・・私、未だに夕方以降は走った事がないですヾ(;´▽`A``
夏になったら夜間走行も練習してみよう!!

あ!まだDuckyさんの手元にありますがwwステッカーありがとうございます!!!
早く貰いに行かなきゃ~~( ̄▽ ̄)

しあんさんへ♪

おはようございます。

しまなみ海道の夜道は真っ暗で本当に怖いです。
意外と夜道を経験されている方は少ないのではないでしょうか?。その時間帯は楽しくキャンプしてますし♪。

しあんさんの補助灯は完成度が高いのですよね。
あの防水スイッチが良いではないですか!。毎回、スイッチを押すときに『ポチッとなぁ~』と言ってそう(笑)。

土曜日に入島なのですね。
私は、土曜日は仕事なので、日曜日に入島する予定ですっ!。
って、日曜日には誰もいなくなっているのかな(汗)。

on&offさんへ♪

んっ!?。
訳アリなのですか???。気になる発言です!。

on&offさんは、しまなみ海道のベテランさんですから、夜道もスイスイと走られそうですね。
それでも、補助灯は必要かもしれませんね♪。

これで、四国の山の中も大丈夫ですな。

まゆっちさんへ♪

そうなのですっ!。
まゆっちさんのブログを観て、『これだっ!』と思ったのですよ。
丁度良い大きさのちょびハンだったのです。

夕涼みのトコトコ走り。
冷たい飲み物で身体を潤すのも良いかも知れませんね。すぐに夏ですよ♪。

Duckyさん、いろんなところにステッカーを貼りまくりそうですね。
早くしないと、無くなっちゃうよ(笑)。

暗いですよね

今回初めて日没後にしまなみを走りました。
カブのヘッドライトこんなにも暗のかと感じましたよ。

取り敢えずポン付けのきゅーさんスタイルを考えよう。

タフアップチューブってパンク修理が大変と聞きます
がどうなんでしょう?

スノータイヤのコンパウンドがノーマルに比べ格段に
柔らかいのでリムと接する事が多いんですかね?

あっ返信は要りませんよ明日話しましょ!(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中華クロスカブさんへ♪

今宵の宴は、如何でしょうか?。
昨日の静けさとは違い、にぎやかになっているのでは?。

明日は、島をトコトコと流すには良いかも知れませんね。
では、明日、お会い出来るのを楽しみにしております♪。

鍵コメさんへ♪

了解致しました♪。

No title

暗がりの安全確保って

自分が見えるのはもちろん

大切なのは ”周りから見えること” ですよね♪



みっちゃん島に行かれますか♪

天気も良さそうだし楽しんできてくださいね~

むらさんさんへ♪

確かに。
周りから見られるぐらい明るいほうが良いですよね。
それが安全運転に繋がると思います。

なので、私の頭もハゲるように努力しています(違)。


天気良さそうですね♪。
間違って、秘密基地へ行くかも(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR