カブで角島に行ってみた。

2016072401.jpg
角島大橋&意外とスタイリッシュなタイカブDream!。

お盆前の墓掃除や家のことなど、普段、嫁にばかり押し付けている私。
連休にキャンプキャンプと、はしゃいでいる場合ではありませんよね。
そこで、キャンプツーリングを日帰りツーリングに変更し、一日は自宅のお手伝いをすること決定。
キャンツーを計画していたことは秘密だ(汗)。

行先は、カブでは未開の地、山口県は角島。


広島市内から国道2号線を走り、中国山地入り。
日本三大カルストのひとつ、秋吉台付近を通過し、角島入りするのが一般的なツーリングルートだと思います。

しかし、頻繁なStop&Go、そして渋滞を懸念し、走行距離は伸びますが国道191号線を突き進み角島へのアプローチを試みます。

渋滞箇所が少ない、このルート。しかも、夏の日本海を眺めながらの走行となり、気持ち良く走れること間違いなしです。



7月23日の土曜日。
寝ている嫁を起こさないように、そっと玄関ドアを閉める。決して、気が付かれないように!というわけではない(笑)。
夏の早朝。薄明が、ツーリング前の私の気持ちを高ぶらせてくれます。

早朝の中国山地越えでは、気温16℃と肌寒い為、カッパを着用します。
出会った自動車は、10台もいない快走ツーリング。
走り慣れた道とはいえ、所々、エクストリームだったのには、ビビりましたけどね。


日本海に到着すると、青空が迎えてくれましたよ。
2016072402.jpg
写真タイトル『カブに乗ってみませんか?』です♪。

右手に日本海を眺めながらトットコとカブを走らせ、午前10時に、角島に到着です。
2016072403.jpg
ひさびさの角島にテンションが上がる!。
周りにいた、女子大生と思われるのグループもテンションが上がっていましたよ!。いいなぁ、若いって(笑)。


この角島大橋を渡り、角島へ上陸します。

橋上から眺める景色は、言葉では表現できないような美しさなのですよ。
カブに立ち乗りで、高い目線から眺める海。
右を向いても左を向いても、エメラルドグリーンからビリジアンブルーに変化している綺麗な海が広がっています♪。


島内は、整備された道路が東西に横断しています。
道なりに進むと、左手には物産品等の販売所『しおかぜの里 角島』、道路を挟んでビーチが広がっています。
夏の角島観光で一番賑わう場所だと思います。この時間帯でも、海水浴客で賑わっていました。

道路を突き当たると、一方通行でグルッと角島灯台を回り、元の道路に戻るようなルートになります。
2016072404.jpg
角島灯台公園を通り過ぎると、オサレな飲食店が建ち並ぶエリアが現れます。
お昼には、順番待ちが当たり前。今までで、このエリアで食べたことがあるのは、ソフトクリームだけという私。
おいしそうな海鮮丼などがあるみたいですよ。

と、ここまでは、バス観光などのルートです。
折角、小回りの利くバイク、特にカブで角島に来たのですから、観光地化された場所ではないところをトコトコと走りたい。

では、私が一番好きな場所に行きます。
2016072405.jpg
尾山港。
島の南側の端にある小さな漁港です。角島漁業協同組合さんによる、朝市も行われている場所なのですよ。

これぞ、角島!。というくらいの静けさです。
カブに乗り始め、島巡りやキャンプを経験することで、このような落ち着く場所が好きになりました。
何もないと思われる場所ですが、人の暖かさという一番素敵なものがあるのですよ。


角島に来ると、必ず立ち寄るこの尾山港。
そのお隣に、いつも気になっていたお店があるのです。午前10時過ぎですが、暖簾が掛かっていたので覗いてみることに。
2016072406.jpg
はまゆう食堂さん。
私にとっては、オサレな佇まいのこのお店。たぶん、見近島キャンパーの方々には分かってもらえるかも。

タイミング良くお店の方が現れ、食事が出来ることを確認できたので、お店の横にカブを停めます。
2016072407.jpg
長閑な景色が広がる。静かで本当に安らぎます。

ヘルメットやジャケットを脱いでいると、どこからともなく磯の良い香りがしてくる。
2016072408.jpg
ひじきの天日干しですよ!。
ものすごく、良い香りなのです。旨みが出ている感じがするくらい♪。お店のお母さんが、手際良く、こまめに干されていました。

店内はというと、昔の定食屋さんというイメージ。
2016072409.jpg
メニューもシンプルで分かり易い!。

午前中とはいえ、気温が上がり始めています。
ですが、エアコンなどはつけません。窓を開け、網戸は中途半端に閉まっているくらい(笑)。
ときどき、ハエも飛んでいます(笑)。それが味があるんだなぁ。

オサレなお店や、時間を気にされる方は、こちらのお店ではなく、角島灯台付近で食事をされたほうが良いと思います。
本当に、島時間を楽しまれたい方だけにお勧めします。

で、私が食したのがこちら。
2016072410.jpg
さしみ定食。メニューにあるメンバーのなかでは、群を抜いてのトップクラス。

注文してから15分くらい待ったと思います。
お店の外に出ては写真を撮ったりしてのんびり過ごしていました。これで良いのです♪。

今回のお刺身は、イサキです。
お隣の漁協さんから仕入れたものを、注文を受けてから魚をさばくのですよ。
冷蔵庫に保管されているものではなく、まさに活造りなのです。コリコリとした食感と、甘みのある魚が、その新鮮さを物語っています。
ツマも、機械ではなく手で切られていました。もちろん、残さず食べましたよ。

魚のフライを揚げている音が聞こえてきます。
アツアツなのは当たり前なのですが、パクッとひと口かじると、いつも食べているフライと違うのが分かります。
分厚く切られた魚(今回はハマチ)。水っぽさがないのですよ。冷凍保管していない魚フライなのです。

ごはんは、さざえ御飯。
こりこりとしたサザエがたくさん入っています。メニューにもありますよね。

写真中央のひじきは、当然、天日干ししたものです。
変な苦みがなく、フワッと感じる旨みが出ているのですよ。化学調味料をたくさん使い、味をごまかさなくても良いみたい。
いかに普段私たちが、ごまかされている味に慣れているのかが分かります。

味噌汁の味噌は自家製とのこと。
毎年10月くらいに、お母さんがこちらで味噌を仕込まれるそうです。甘くて風味のあるお味噌汁でしたよ。

味に関しては、濃い味ではありません。
かといって、薄味と一言で表現するのは、失礼かなと思います。旨み本来の味が、しっかりと出ているお料理なのですよ。

ざっと刺身定食について書いてみました。これで、税込1,500円。あなたなら、どう感じますか?。


食事を終え、カブにまたがろうとしていると、先程のお母さんが『これ、これを』と私を呼び止めます。
手には、先程の天日干しのひじきを持っている。
2016072411.jpg
おみやげに非売品の天日干しのひじきを頂きました♪。
初対面の私に、このようなお土産まで頂き、本当にありがとうございます。『また来ます!』と声をかけ、皆さんとお別れ。

祖母の家に行った感覚になってしまいました(笑)。良いお店を発見出来たことに喜びを感じます。


さて、もう少しトコトコと走ります。
今度は、島の北東に当たる場所、『牧崎風の公園』。
2016072412.jpg
枝葉のアーチを通り抜けると、一気に視界が広がり、綺麗な海が目の前に現れる。

駐車場にカブを駐輪し、歩かなければならない場所。
2016072413.jpg
お昼前、気温は上昇していますが、この景色を見せられると先へと歩きたくなる。

2016072414.jpg
『ほぉーっ』と声があがりそう。地球って丸いのねと再認識。

左を向くと。
2016072415.jpg
先程の角島灯台が観えます。
島の東端から、西端を観ることが出来るのですから、この角島が小さな島ということが分かりますよね。

観光地化された場所以外は、このような長閑な島のままであってほしい。
2016072416.jpg
静かで、人が優先。
島民の方々の迷惑にならないように、これからもカブでトコトコと走ることが出来るような島であってもらいたいものです。

正午に角島を後にし、191号線で帰宅。
2016072417.jpg
人の暖かさと島時間で、心の洗濯が出来たツーリングとなりました。

帰路で少し眠くなってしまったツーリングの走行距離は、約510kmでした。また、角島に行こうと思うぞ!。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お天気も良く、角島の海も綺麗に輝いて、きゅーさんを大歓迎ですね!
( ^ω^ )

観光地であって、観光地感を求めないツーリングライダーにとってはカブの隠密性能に驚くことでしょうw

漁港隣接の食堂にハズレ無し。

魚は新鮮が一番ですね!

しかし暑いのに元気だなぁ(._.)

弾丸ツー!

日帰りで角島ですか!
1日で510キロてすか!
僕には、この選択肢は永遠に有りませんよ。
でも相変わらず角島綺麗ですね僕も行こうかな?
最低でも1泊でね(笑)
パへより刺身定食の方が良か!(^^)

たかさんへ♪

昨日は、朝から晴天に恵まれました。

カブの機動性、そして、風景に溶け込むスタイル。
このような島巡りには、モッテコイのアイテムですよね。

まさに、たかさんの言う通りで、漁港そばの食堂は素敵なのです。
残念なのは、当分スーパーのお刺身を食べることが出来なくなったこと。
だって、新鮮さが違うのですもの。

反動が来て、今日は身体がダルイのです(泣)。

中華クロスカブさんへ♪

日帰り可能な距離だとわかりました。
ただ、帰りは眠たくて眠たくて・・・。途中、何度も休憩しましたよ。
睡眠を十分にとって攻めれば、北九州往復も可能かと思われますっ!。

でも、キャンプをしたほうが良いかもしれませんけどね♪。

角島、海水浴客で賑わっていましたよ。
海パンもって、ビールに枝豆食べながら、レッツゴーです。

パヘ、私はうらやましく思えますよ。チョコパヘ食べたいもの♪。

No title

角島大橋、行って見たい所の候補地です。

エメラルドグリーンの海に架かる橋絵になりますよね(^^)

〉走行距離は伸びますが国道191号線が良いとの事(メモメモ)
〉はまゆう食堂さん、これも、(メモメモ)

しかし、きゅーさん最近走りすぎです(笑)

奥様のお手伝いも大切ですよね(汗)

きゅーさんの世界観

綺麗な写真とともに詩を読むような、画像からは伝わらない空気感や匂いや潮騒まで聞こえてくるような表現力に脱帽です。
きゅーさんが紹介する場所はどこも素晴らしい風景に思えるのですが、多分同じ場所を私が通っても気付かない・・・感覚の鋭さの違いも大きいのかな~と思います。

奥様には申し訳ないのですが、この出来の良い旅番組のような記事を読むためにきゅーさんにもっと時間をあげてほしいと願ってやみません。

No title

うんがあぁぁっぁぁぁぁっぁl!

行ったんですね角島

撮った写真を見てウフウフとニヤケられましたね!




そしてチャンネー遭遇だけじゃなく


ビーチでハンチチもゲットされたんですね (笑)


自分の次に掲げている目的地は角島です


平日の誰もいない角島をマンキツしてやります

No title

うわぁ~~~~~~~角島~~~~~~~~(*´ω`*)
ここはいつか絶対行きたい場所です~~~~~~~~~~~~!!

お天気も良くて海のブルーがたまりませんなぁ~~~(*´∀`*)
おばあちゃん家みたいな食堂も良いですね♪

てか、2枚目の芝生の向こうに日本海と木のテーブルの場所も良いな~♪
そこで休憩したらもう動きたくなくなりそうですね(≧∇≦)b

羨ましいなぁ~~♪

決めました。

九州へ行くとき、角島行きます。
こんなに素晴らしい景色を見ない手はありませんから・・・
はぁ、私も早く行きたいです。

No title

良い天気と景色でしたね。

 小さな漁港をトコトコ走るのはカブならではですね。
 角島は、観光地化されたとこしか行ったことがなかったので、とても新鮮な記事でした。
 往復500kmあまり・・・下道オンリーで大型バイクでも疲れる距離をよく駆け抜かれましたね。老体のぼうにはちょっと無理みたい(笑)
 
 カブ旅の醍醐味を感じる記事で楽しく拝見させて頂きました。
 

No title

うわあぁ、またまた美味そうなもの食べてる。

先々月、角島に行ったのに気が付かなかった、残念

リベンジしたくなっちゃいましたよ

honeGさんへ♪

ひさびさに訪れた角島ですが、いつみても新鮮で気持ちの良い所ですよ♪。

191号線は、快適ルートです。
島根県の益田市、国道191号線と国道9号線がクロスするところだけ、渋滞が発生します。
朝早い時間帯ならば、渋滞は無いので、疲労度は少ないですよ。

う、うん。走り過ぎてるみたい(激汗)。
お手伝いをしっかりとさせていただきました。こ、これで大丈夫かな・・・。

八馬力さんへ♪

えぇええぇっぇぇぇlっぇlっっ!?。
日本語も上手に使えていない私なのに、文才溢れる八馬力さんから、そのようなお言葉を貰えるとは・・・。
小島ダンスを踊ってしまいますよ(笑)。ウェーイ。

カブに乗ると、ゆっくりと風景が流れているので、いろいろと目に入ってきます。
匂いも、風の動きもよく分かるようになりました。

夏休みにどこかへ行けるように、お手伝いを頑張りたいと思いますっ!。

むらさんさんへ♪

行ってきましたよ、真夏の角島へっ!。

うっ、うん・・・。
流石に、ビーチ近くでカブを停めて、デジイチを引っ張り出したら職質を受けてしまいますよ。
見惚れたのは、綺麗な海だけにしておきました。←これ本当(笑)。

平日ならば、パラダイスでしょうね。
プライベートビーチというよりも、プライベートアイランドとでも言いましょうか♪。

まゆっちさんへ♪

角島って、関東の方にも有名なツーリングスポットなのですね。

観光地としての角島、長閑な島の暮らしを味わえる角島。どちらの風景も味わえるのが角島の良い所。
関東からは遠いですが、チャンスがあれば、ぜひお越しくださいませ♪。

お天気、そして人々に恵まれたツーリングでした。
はまゆう食堂さんは、田舎でしか味わえないような感じなので、関東の方々にも味わっていただきたいですね。

二枚目の写真は、中国山地を越えて日本海側に出て、少し走った場所なのですよ。
日本海に来たぁー!という感じが良い場所です♪。

雨ガエル1号さんへ♪

おぉぉおおぉぉっ!、決定されましたかっ!。

秋吉台&角島のセットコースになりそうですね。
んっ?、カエルさんは9月に九州旅の予定ですよね。
9月は関東からのカブ友さんたちが、こちらに多く来られる予感!?。

あとは、二か月後の天気が気になるだけですな(笑)。

のぼうさんへ♪

お天気に恵まれた一日でした。

小さな漁港や島内を走り抜けるには、ゆっくりと走ることが可能なカブが適していると思います。
邪魔にならない感じが、良いのですよね♪。

たぶん、国道2号線を走るよりも疲労度は少ないと思いますよ。
クロスカブならば、足元も楽々でしょうから、ロングツーリングは可能ではないでしょうか?。
存分にカブ旅を楽しまれてくださいませ。

on&offさんへ♪

ふふふっ(笑)。

これね、ものすごくおいしいのですよ。
on&offさんにも、このおいしさは分かってもらえると思います。
しかも、このお店の雰囲気が、味を増してくれているのですよ♪。

テントを持って、リベンジ決定ですな♪。

No title

角島~‼
より、はまゆう(笑)‼

きゅーさんって、秘かにグルメライダーなのですね。
もっと早く教えておいてくれないと(。>д<)

きゅーさんカメラマンの写真は肉眼で見るより
素敵に見えちゃいますね。


萩って、その位置にあるんだ(笑)
なかなか地理感覚が判らない異国の地
きゅーブログで改めて日本を見返します
日本の国税をソッチに使いすぎじゃあない?立派な橋、観光地が多すぎだって!

そうそう!地元生活道路は邪魔せずにトコトコ溶け込めるのがカブ忍者の秘策
だから止められません~

最近、誰かさんみたいになってます
時間があれば長距離?食レポ?写真?
こりゃ~村制圧も目の前だね(^_^)v

No title

きゅーさんも角島日帰りで行ってしまいましたか(笑)

あそこは観光地化された部分と「The 島」な部分が共存していて面白いと思います。
とかいいつつ僕が行くときは大抵夜だったり夕方だったりなので、美味しいご飯にも美しい景色にもなかなかありつけないんですよね(笑)

夏休みに、そして日中に!リベンジしたいですね。

No title

こんばんは (^_^)

すごく景色が良いですね (*'▽')
カブのカタログにあっても良いような
写真ですね (*^▽^*)

最近、どこにも行けてないので (´;ω;`)
どこか行きたいなぁ!

しあんさんへ♪

はははっ(笑)。
はまゆう食堂の方に目が行きましたか(笑)。

うんにゃ、グルメさんではないのです。
まさか、さしみ定食があるとは思ってもいませんでしたよ。朝定食があれば良いかな程度で入ったお店ですから。
近くでキャンプが出来れば、はまゆう食堂三昧ですよ♪。

写真はね、カメラの性能が良いだけです(汗)。

Duckyさんへ♪

離れた地域は、覚えていないものですよ。
私なんて、都道府県もはっきりと覚えていませんもの。
特に関東方面は、どの県がどの位置にあるのか、さっぱり分かりません。←威張るなよ

中国地方は、田舎ですから。
この様なものを作る産業を与えてもらわないと、食べていけないのですよ。ゆるしてぇ~。

カブは、ひっそり、こっそり堂なのです(笑)。
あんなものや、こんなものまで、買に行けるくらい溶け込むのですよね。

こっ、こらぁぁっぁぁっぁぁっぁ!。
なんていうことを言うのですか!。そんなことを言うと村から追い出されるよ(激汗)。
ひっそりこっそりと生きる、きゅーでした。

じゅえるさんへ♪

日帰り出来たよ。
っていうか、じゅえる君よりも走行距離は短いからねっ!。

キャンプや地元のかたではないのに、角島の夕日を見ているじゃない!。
あの夕日を観たことのある人は、なかなかいないと思うよ。じゅえる君は、美しいものを観ているなぁ。

じゅえる君の夏休みの宿題は、日の出から日中、そして夕日&星空(笑)。

カフェオレ号さんへ♪

おはようございます。

本当に、景色の良い時に角島に伺うことが出来ました♪。
うわぁ、カフェオレ号さんに、写真をほめられましたよ(嬉)。

お忙しいようですね。
暑い時期は、早朝、夕涼みのツーリングも気持ちが良いですよね。
特に、尾道から向島をぐるりとは知られるだけでも、楽しいと思いますよ♪。

No title

はまゆう食堂、良いですね~
また角島へ行くことがあったら、絶対寄ります!

僕は角島もですが、お隣の油谷地区が大好きです。
今の時期、棚田と日本海が綺麗だろうなぁ。

しかし、1日510km!!
変態度が増してきていますね。
凄い!

羨ましい~

いいですねー♪

角島大橋は午前中がキレイですよねー。
福岡市から午前中に着くのは・・・さすがにシンドイかなぁ(><;)
でもカブで角島!夢です(*^^*)

刺身定食もおいしそう!
そしてがっつり天然ひじきをGETなんて羨ましいー(>▽<)

いい画ですね(⌒▽⌒)

こんにちは!自分も先月梅雨の晴れ間をねらって角島にいきました!そのときは少しガスっぽかったけど良い写真が撮れたと思ってましたが…
これ見たら再度撮り直しにいかないといけなくなりました(笑)もちろん刺身定食も!ほんと綺麗な画ですね(⌒▽⌒)

ぐぅだらさんへ♪

味のあるお店の佇まいが、ぐぅだらさんの心を掴みそう♪。
味も人も良いお店なので是非っ!。

油谷地区。
次回は寄ってみようかな。棚田があるということは、稲刈りシーズンも良いかもしれませんね。

カブで1日の走行距離が500kmを超えてしまいました。
当日はテンションが上がっていた為、大丈夫だったのですが、翌日に疲れが、ドッときましたよ。
歳ですかね(汗)。

ゆーさんへ♪

そういえば、午前中の空が午後よりも澄んだ青色で綺麗でした。
この青色の空と海を観る為には、早朝出発が必要なのでしょうかね。
是非、ゆーさんにも、この美しい空と海を観て頂き、気持ちの良い角島ツーリングを体験してもらいたいですね♪。

刺身定食は、びっくりするほどおいしかったです。
うどんとおむすびを食べられれば良いか、程度で入店しましたから、そのギャップに驚きです!。

親方さんへ♪

おはようございます。

角島は、いつの時期も、どんな天候でも画になりますよね。
カラッと晴れた午前中は、綺麗な海と青空に出会えそうです。観光客の方も少ないので、良い写真が撮れそうですよ♪。

刺身定食&景色の撮影で、リベンジですねっ!。

ありゃ~~~(@_@)

山口にまたお越しのようで(*_*;
身が軽いな~(@_@)
羨ましい限りです(^o^)

私は、身が重くて(*_*;
地元ながらなかなか行けてません(;^_^A
見所は、沢山有る様ですので
私の地元をドンドン紹介して下さいm(_ _)m

私は、重い腰を上げて?
年1回の会合に行って来ましたヽ(^o^)丿
来年は、お越し下さい(^o^)
http://otassyacub.web.fc2.com/

YamaMineさんへ♪

お隣の県なので、トコトコとお邪魔しましたよ♪。

山口県は、瀬戸内海と日本海、どちらも楽しめる県ですので、たくさん楽しめる場所があると思います。
カブでのんびりと楽しみたいと思います♪。

お達者さんのミーティングに行かれたのですね。
楽しいひと時を過ごされたことでしょう。
暑さに負けず、YamaMineさんもWAVEではしりましょうぞっ!。

No title

同じ日にほぼ同じ地域にいたんですねぇ(^^♪

角島灯台の周りは自生のはまゆうが見頃じゃなかったですか?

eddyさんへ♪

なんとっ!?。
近くにおられたのですね。eddyさんのエリアですものねぇ。

角島灯台の周りでは、全く気にも留めず、サッサと移動してしまいました。
撮影場所にカブを停め、灯台まで歩けばよかったかな。暑さで早く移動したかったのは、秘密だ(笑)。

No title

タイトル『カブに乗ってみませんか』♪^^

σ(▼▼;)はカブ菌を宣伝でばら撒きまくってますけど、きゅーさんの絵は1枚1枚が超キレイでどれもがカブ菌散布中の絵って感じ♪^^
(*´ω`*)ポッ

3年目突入おめでとうございます♪^^
(*- -)(*_ _)ペコリ

これからも、素敵な絵を一杯届けて下さい♪^^

楽しみにしています♪^^

こてつさんへ♪

日本海とカブの綺麗な写真が撮れましたよ♪。
早朝っていうのが良かったのかな。空気が澄んでいました。

こちらこそ、宜しくお願い致します。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR