熱いぞ!夏九州の旅(あの景色をっ!編)。

8月14日の日曜日

早朝、テントの中でカロリーメイトと缶コーヒーで朝食を済ませ、静かに出発準備。
午前6時に、北山キャンプ場を出発します。
2016082001.jpg
今日も良い天気になりそうですよ♪。

既に北山ダム周辺には、ばびゅーんと走り抜けるバイクが、何台か集合しています。
その様な場所を、トコトコと走り抜けるタイカブ。良い感じだ(笑)。

国道323号線を西に向かい唐津湾方面へ。
それぇ~♪ってな感じで快走中の私の目に映る、コンビニで休憩中?のカブ2台。
このツーリング中にカブを見掛けたのは初めてかも!?。ただ、快走中の為、手を振る余裕なく通り過ぎてしまいます。


この日は、じっくりと九州北部の景色を堪能したいと思います。
まずはここっ!。
2016082002.jpg
日本三大松原のひとつ『虹の松原』。

右を観ても左を観ても、立派な松並木。
そこを貫くように走り抜ける全長4kmにも及ぶ道路が東西に流れています。←関門トンネルの全長と一緒ですな。
陽射しが松の枝で遮られ、交通量の少ない快適な時間帯にタイカブでトコトコと往復してみます。

っと、その時に前方からクロスカブ(だったと思う)がやってくる。ライダーさんは手を振ってくれていますよっ!。
先程のコンビニで休憩されていた方ですね♪。
カブ2台でツーリングをされているみたい。後ろのカブは女性ライダーさんのようだ。
まるで、『雨ガエル夫妻』のような感じでしたよ。ご夫婦?でカブライフを満喫してて羨ましいっ!。


ガソリンスタンドで、虹の松原が一望できる展望台までのルートを教えてもらいます。
松並木の枝ぶりが立派過ぎて、標識が隠れて見えなかったのですよ(汗)。
クネクネ道を上っていくと、玄海国定公園『鏡山展望台』に到着します。
2016082003.jpg
緑に生い茂っている全てが立派な松なのです。

私のカメラのレンズでは、すべてを写し出すことが出来ないくらいの圧巻の景色が目の前に広がります。
カメラを少し左に向けると、このような感じ。
2016082004.jpg

右に向けると。
2016082005.jpg
遭難しそうなくらいの松林と言っても良いのではないでしょうか(笑)。

午前8時を過ぎると、ライディングウェアを着込んでの歩行は、暑さの為、困難になってしまいます。
展望台から駐車場までの距離を歩くだけでも、汗ばむくらいの気温だ。←持参したスプレーのクールシャツが大活躍ですよ。


鏡山展望台を後にし、国道202号線から国道204号線へ。
実は、長松大橋交差点まで、この日のルートを悩んでいました。
直進すれば『呼子のイカ』が待っています。左折すれば、『あの景色』を観ることが出来る。
丁度、長松大橋交差点は赤信号。悩みに悩みぬいて、左に方向指示器を点滅させます。

『あの景色』とは・・・。
カブブログの自撮りで有名?な、こばんさんのブログ『こばんとソラコ』で紹介されていた風景。
2016082006.jpg
大浦棚田と大浦漁港。
漁港と棚田、いろは島とお腹いっぱいになるくらいの風景が楽しめる場所。
この時期に、既に稲刈りは終わっているのですね。地域が違うと、田植えから稲刈りまでの時期が違うということを実感。

お盆でお休み中の静かな大浦漁港にも寄ってみる。
2016082007.jpg
この場所から棚田を眺めてみるのも、心地よい。


ちょっと脱線して、ここ佐賀県と、これから走る長崎県の道路について。
私にとっては、とても走りやすい道でした。
道幅やクネクネのリズムが、中国山地の道路と似ているのですよ。
以前、中型バイクで長崎県の天草を走った時も、このように感じたのを覚えています。
あまり整備されていない道路の方が、私にとっては走りやすいのかもしれません(汗)。


さて、大浦棚田から少し進むと、『いろは島展望台』があります。
2016082008.jpg
逆光とガスっている『いろは島』の風景。
弁天島など『48』の島々で構成されているので、いろは島なのですね。

伊万里湾東部に位置している、いろは島。瀬戸内海以上に大人しく、ピタッと動きの無い海面です。


県道217号線を西に進むと現れる『鷹島肥前大橋』。
2016082009.jpg
橋を渡ると、長崎県は鷹島に上陸します。

午前10時過ぎに鷹島入りした私。
阿翁(あおう)方面へ北上。阿翁漁港から、直角直角直角・・・と曲がって辿り着いた場所。
2016082019.jpg
海上屋台『三軒屋』さん。
午前11時開店までの間、不味いOS-1を体内に補給し、日陰で待ちます。

お盆で漁は行われていない為、活イカが無いとのこと。
そこで、漁師めしなるものを頂くことにしました。
2016082010.jpg
『魚嶋来(おとこ)めしセット』。
大盛りで、普通盛りと思えるくらいの量です。お値段1,500円(大盛り価格)。

わさびを混ぜたゴマ醤油をご飯の上のお魚にかけ、最初にお魚を頂く。
そして、出汁をかけて、お茶漬け感覚でかき込んで食べるという漁師めしなのです。
町おこし的な料理でしたが、ゴマ醤油で頂くというのが、新鮮でした。


鷹島は小さな島なので、急がなくとも端から端まで観ることは可能。
北側先端にある鷹島モンゴル村。
一歩踏み出すごとに、汗が噴き出てくるような気温の下、丘を越えてみようと思います。
2016082011.jpg
グラススキー用の丘を越えると、その先には水平線が観えるはず。

た、確かに観えるが・・・。
2016082012.jpg
木々がうっそうとしており、手入れがされていないように思えました。


どっと疲れが出てきたところで鷹島を南下し、船唐津(ふなとうづ)へ向かう。
お盆休みど真ん中で大渋滞。そして、午後の一番暑い時間帯にトロトロと移動するのだけは避けたい。
なので、陸路では伊万里横断のこのようなルートを、フェリー(船唐津~御厨)でワープ移動します。


船唐津(ふなとうづ)港に向かって、道を下っていると、チラッと目に映るものがある。
桟橋だっ!。
2016082013.jpg
この朽ち果てた感じが良いのですよ。

この様に、ガツンっと真っ二つになった時には、大きな音がしたのでしょうね。
2016082014.jpg
このような朽ち果てた桟橋が、そのままの状態で残してあるのが島的で、瀬戸内に住む私には親近感が湧きます。

12時50分、船唐津出港予定のフェリーが近づいてくる。
2016082015.jpg
のんびりとエアコンの効いた船内で、疲労回復に努めるフェリーの旅。
ちなみに、黄色、ピンクナンバーの車両は、750cc未満の車両価格と同じです。

瀬戸内海と違うのは、周りに船がいないこと。
2016082016.jpg
この海域を通過しているのは、私が乗船しているフェリーのみだ。
本当に静かな海です。

御厨(みくりや)に到着し、とにかく西へ。
2016082017.jpg
日本最西端の駅『たびら平戸口駅』に到着。端っこって、ロマンを感じます(笑)。

そして、赤い橋の『平戸大橋』が観えてきます。
2016082018.jpg
この橋は、『風速15Mでバイク通行止め』となるそうです。台風が近づいてきたときには、十分にご注意を。

さて次回は、今回の旅のメインともいえる『生月島(いきつきしま)』へと進みます。
今回のルートは、このような感じでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
しまなみとはまた違った眺めですね。
旅を満喫してるのが伝わってきます。

虹ノ松原ってすごい!それだけ風が強いのですね。
呼子のイカ・・・残念でしたね(T-T)

しあんさんへ♪

おはようございます。

手の届きそうなところに島々があるのが、しまなみと違う雰囲気を醸し出しています。
湾となっている為、潮流のある瀬戸内よりもおとなしい海でしたよ。

虹の松原は、私も想像以上に感動的な場所でした。
佐賀県って、まだまだいろいろ楽しめそうな場所がありそうですよ。

呼子のイカね。
漁が確実に行われている時を狙って行ってみようかなと思っています。
呼子に向かっていたら、フェリーに乗れなかったのですよ。かなり便の少ないフェリーですから(汗)。

おぉ!!

私の知らないところばかり(笑)

以前福島に上陸し、鷹島では手前の道の駅でおとこ飯を食べただけで帰ってきました。
そこから平戸へのフェリーとかもいいですね!

いいですね~
今度参考に行ってみます(^^)

美しい

記事を拝読していると酷暑の道程だと頭では理解するのですが、いつもながらの絵のような綺麗な写真を拝見すると何故か爽やかな心地好い風が吹いているように見えちゃうから不思議です。

真っ青な空を悠然と飛ぶ鳥が良いな~・・・あ、この写真にも・・・あれ?こっちも・・・と思ったらパソコン画面の汚れでした(笑)

ゆーさんへ♪

有名観光地から外れたところをウロチョロしてみました(笑)。

道の駅は、たくさんの車でごった返していました。
人のいないところを選んで走った、今回の旅。カブならではのところへ向かって走りましたよ。

このフェリーは使えますよっ!。
だた、便数が少ないので注意が必要ですけどね♪。

八馬力さんへ♪

ぶち酷暑でした(笑)。
ただ、渋滞の少ない場所を選んで走っていたので、メッシュジャケットを風が通り抜けていましたよ。
特に、メジャーではない大浦棚田方面は、お昼前でしたが、気持ち良く走ることが出来ました♪。

八馬力さんっ!、掃除!掃除!!(笑)。

No title

テントでは爆睡だったことでしょう
早朝の出発のphoto、いいですねぇ
よっしゃぁ!って

>瀬戸内海以上に大人しく、ピタッと動きの無い海面
写真から、熱波がじわぁ~っと伝わってきます
愛媛の西南方面の海に、ちょっと似ていますね
海面が重光りするってな感じでしょうか

ララヒッパさんへ♪

爆睡!、と言いたいところですが・・・。
興奮していた為か、眠りが浅く、頻繁に起きてしまいました(汗)。

べた凪以上にべた凪でしたよ。
カブを停めて海を眺めている時は、風がなかった為、暑いのなんのって。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR