熱いぞ!夏九州の旅(快晴の生月島編)。

『夏九州の旅』二日目のメインは、オープニングでも紹介した場所を堪能すること。
2016081601.jpg
長崎県の西の端にある島、『生月島(いきつきしま)』。

と、その前に平戸島を通過します。
赤い橋の平戸大橋を渡り、まっすぐ西へ。
平戸島は翌日に散策する予定なのですが、ルートの都合上、一箇所だけ寄り道をしてみます。
2016082101.jpg
川内峠。

草原の中を駆け抜ける峠道。青空と緑のコントラストが美しい道でしたよ。
風にそよそよとなびく草が、夏の暑さを忘れさせてくれます。『ヤッホーっ!』と叫びたくなる気分ですよ。
あっ、わたしですか?。ヘルメットの中で呟いただけですよ(笑)。


さぁ、いよいよ生月島に上陸します。
2016082102.jpg
この水色の橋、生月大橋を渡り、御崎野営場を目指します。

生月島の町中を抜け、北の端に向かって進む。
左手に御崎野営場をいう看板を発見し、そちらの方向へとカブを走らせてみるも、受付を済ませるようなところは無い。
『・・・』。
とりあえず、まだ北へ進むこととする。

2016082103.jpg
生月島の北の端にある『大バエ灯台』。
生月島に観光で来られた方が、辿り着く場所のようです。端っこですからね(笑)。

2016082104.jpg
逆光ですが、大バエ断崖を望みます。
とにかく、この生月島は断崖絶壁の多い島なのですよ。私がテントを張った場所のすぐ後ろも、断崖絶壁なのですよっ!。

2016082105.jpg
北側を眺めると真っ青な海が広がり、いつまでも眺めたいと思いたいところだが、時刻は午後3時半くらいだ。
とにかく暑い・・・。

ここで、御崎野営場の窓口に電話をすることに。
どうやら土・日・祝日は、役場の裏手にある守衛さんが受付担当されているようです。
再び町中に戻り、キャンプ場(有料)の受付を済ませる。

キャンプ場には、シャワールーム(有料、受付時に申込み)も完備され、気持ち良く過ごすことが出来ますよ。
2016082106.jpg
御崎野営場は、東西の海を眺めることが可能な場所というのが特徴。
夕日と日の出を観ることが出来るのですっ!。

誰もいないキャンプ場。
とりあえず、崖っぷちにテントを設営してみることにする。
風が吹き抜ける場所ですが、強風の見近島を経験しているので、テント設営も普通に出来ました。
しまなみ海道の見近島は、『キャンプ訓練の場』なのかもしれませんね(笑)。


さて、夕方の5時を回りましたので、島をグルッと時計回りに一周してみたいと思います。
島の東側には、ガソリンスタンドやスーパーマーケット、コンビニなどが揃っているので、不便さは感じません。
島のイメージとは違い、少し拍子抜け(汗)。

2016082107.jpg
ここ生月島に上陸した際に渡った水色の橋、生月大橋。
夕方になると、道の駅周辺も観光客の方々が少なくなり、落ち着いた雰囲気となります。

本来の島の姿を観ることが出来る時間帯に突入ですよ♪。

2016082108.jpg
島の西側海岸線には、夕日と東シナ海の水平線を眺めながら走ることの出来るサンセットウェイが続きます。

先程通った島の東側の穏やかな海とは違い、西側は風が吹き付け、波が高い。
生月島が、二つの顔を持つ島ということが分かります。

2016082109.jpg
イノシシやシカではなく、『牛注意!!』なのですね(笑)。

断崖そばを走る為、眺めが非常に良い。
2016082110.jpg
普段、地元の海岸線を流して走っている時とは全く違う景色にテンションが上がります。

2016082111.jpg
岩がゴロゴロとしていますが、放牧されている牛も数頭写っているのですよ。
この写真を撮影した私自身、どれが岩でどれが牛なのか分からなくなっていますけどね。

2016082112.jpg
この風景を眺めながら走ることが出来るだけで、幸せですよ。言葉などは要らないでしょ。

2016082113.jpg
塩俵の断崖。
写真では分かり辛いのですが、六角形の亀甲模様の円柱群が、断崖下に立っています。
自然の力とはいえ、不思議な現象です。

キャンプ場に戻り、夕食の支度をしていると、もう一方キャンプ場を使用される方が現れます。
2016082114.jpg
名古屋から来られた方で、スズキのレアなバイクに乗られている。

今宵の御崎野営場住人は、二人だけ。
あとは、野良猫四匹とカラス・・・。落ち着いて食事をすることは出来ませんよ。
2016082115.jpg

2016082117.jpg
東シナ海に沈む夕日を眺めながら、スーパーで購入してきたお寿司と鯖の南蛮漬けを頂く。
蓋を開けていないのは、野良猫とカラスが狙っているから。
調理しながら食事というのは、このキャンプ場では無理かもしれませんよ。

2016082116.jpg
ちなみに、『しおかぜ』というスーパーマーケットは町中にあり、駐車場は満車状態になるくらい大盛況でした。

2016082118.jpg
断崖付近に設営した為、ミスト状となった波しぶきが風に乗り、全身を包んでくれます。
よって、身体もタイカブもジメジメベトベトになってしまいました。

2016082119.jpg
それでも断崖付近に設営したいですよね。

2016082120.jpg
先程の方と夜遅くまで、バイクや旅の話で盛り上がる。
翌日からは、軍艦島やしまなみ海道の大三島に向かわれるとのことでした。楽しまれて来られたと思います♪。

良い出逢いがあった、夏ツーリング二日目の走行距離は、約210km。
ルートは、このような感じです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ここも日本なのですね

ほとんど関東から出ない人生の私には衝撃的なほど美しい風景の連続ですね。
やっぱり落ち着いた感じのナレーションが似合う旅番組のようです。

コバンさんの写真ともまた一味違う風景メインの画像を堪能させていただきました。

あ、鳥はいませんでした(笑)

No title

塩俵の断崖に、素敵な夕陽・・・
生月島は甘い思い出の場所なのですよ🎵
きゅーさんのきれいな写真で思い出が蘇りましたわ。

キャンプ場は一人でなくて良かったですね?
ちょっと怖そう・・!( ・∇・)
きゅーさん、アルコール増えましたね?(笑)

八馬力さんへ♪

私にも衝撃的な景色でしたよ。
特に、生月島の断崖絶壁な景色は迫力があり、しかも美しい!。

おっさんの自撮り・・・。
苦情の嵐だと思われますので遠慮しときますね(笑)。

しあんさんへ♪

しあんさんにも、甘い想い出があったのですね(笑)。
断崖から見る夕日と波の音は、とろけるくらいの演出だったのではないでしょうか?。

キャンプ場は、オープンで綺麗に整備されているので怖くなかったですよ。
夜釣りに来られる方もおられるので、ひとりでも大丈夫ですよ♪。

ちなみに漁火は、お盆ということもあり、ひとつしか見ることが出来ませんでしたよ。

生月島行かれたんですね(^ ^)

水色の橋を見て思い出しました、
大バエ岬風が強かったでしょ^_^;

でもここから見る夕日は綺麗でしょうね。

また、行って見たいですですね。

そういえば

大バエ灯台に行ったときやたらカラスが多かったのを思い出しました。

おちおち食べながら調理できないなんてキャンプの楽しみに半減ですね(><)

生月島なら日帰りでもいいんですが
せっかくなのでいつか行ってみようかと思ったけどキャンプ場は悩みますね。

猫はともかくカラスはやっかいですよね(^^;)

honeGさんへ♪

良い所ですよね、生月島っ!。

夜間は風がきつかったのですが、冬の見近島を経験していると落ち着いて対処できましたよ♪。

夕日は綺麗でしたねぇ。
絶壁からの夕日の眺めは最高でしたよ。

綺麗な自然を満喫する為、クロスカブで御崎野営場までGo!ですな。

ゆーさんへ♪

食料確保は必須です(笑)。

カラスは陽が沈んでからは、いなくなりましたよ。猫は居座っていましたけどね。

御崎野営場でのキャンプをお勧めしますよ♪。
テントの中から、夕日と日の出を観ることの出来るキャンプ場なんて、なかなかないのではないでしょうか?。

是非、キャンプを楽しまれてくださいな。

No title

こんにちは!夏休みは九州ツーリングに行かれたのですね。
私がいる南関東では見られない素晴らしい景色ばかりです。
今年の夏は何処にも行けなかったので、きゅーさんの写真を見てツーリング気分に浸ります♪
まだバイクで九州に行った事ないのでいつか行ってみたいです!

No title

きゅーさんのレポが無ければ多分死ぬまで知らなかった場所ではないでしょうか(苦笑)

日本、知らない名所が多すぎますね。

おおー! たぶん、僕はきゅーさんと同じ場所にテントを張りました。
西陽が暑くて大変でしたけど、あの素晴らしい景色は、今でも目に焼き付いております。
平戸も良いですよね~
翌日の記事が楽しみです(^^)

No title

>牛注意
・・・ですか(^^;
宮崎では、戦闘機に注意ってのを見かけたこともありますが、素朴におもしろいです

>野良猫とカラスが狙っている
どちらも巧妙そうで気が抜けませんね
夜中とか、ネコちゃんの訪問はなかったでしょうか

>先程の方と夜遅くまで、バイクや旅の話で盛り上がる
ここまで来てホントに良かったなぁ(*^_^*) どーんとそう思えるひととき
バイクでキャンプする人、みんな良い人・・・なぜか安心できますよね

No title

まさか、そんな遠くまで旅に出られていたとは・・・。(^^;)

生月島、地の果ての島という雰囲気があって、遠くまで来たっていう気分にさせられそうです。
ここでキャンプですか・・・うらやましいです。

鳥の襲撃はたまりませんね~、後ろから急降下してきた鳥に弁当を食べられたことがあります。(笑)

No title

こんにちは。初めまして。写真もカブもとっても綺麗ですね!
僕もおでかけしていろんな写真と思い出を残したいと思います。

ソラネコさんへ♪

こんばんは。

原付で初の九州入りですっ!。
どれくらい走ることが出来るのか分からなかったものですから、調査も兼ねてのツーリングとなりました♪。

ソラネコさんの夏と言えば、北海道のイメージなのですけどね♪。
涼しくなってきたら、九州ツーリングは如何ですか?。バイク輸送で、楽々九州入りだねっ!。

goodpowerさんへ♪

実は私も、この九州ツーリングを決定するまで生月島を知りませんでした。
知っていたのは、平戸まで・・・(汗)。

想像していた以上に、良い景色と良いキャンプ場でしたよ。
たまたま端っこまで走りたくなって、検索したキャンプ場でしたが、本当に良かったですっ!。
goodpowerさんも、是非九州へお越しくださいな♪。

ぐぅだらさんへ♪

御崎野営場でテントを張るとなると、やはり、あの場所になるのでしょうか(笑)。
あの景色を目の前にすると、少々風が強くても、あの場所から動きたくないですよね。

平戸も、しまなみ海道にある島々と似ている感じでしたよ。
のんびり感が、そう思わせるのかもしれませんね。

後悔先に立たず…

カブに乗り換えていなければ
調子にのって四国、九州へ行かなければ
妖しいきゅーブログに関わらなければ

知らなくて良かったのにぃぃぃいいぃ

これ以上はブロックしよう、いや無視だ!削除し記憶から抹消しよう(笑)
余命1年です。って言われたら一緒に行ってくらはい💙

ララヒッパさんへ♪

戦闘機に注意って!?。
道路を走っているっていうこと?、それとも爆撃?(笑)。

ネコちゃんの訪問っていうか、ずぅーっといましたよ。
カブのシートの上に寝ていたので、テーブルでブロックしていたら、荷台に取り付けてある木製の台の上でお休みになっておられました。
ヨダレだらけでしたけど(泣)。

バイクでキャンプに行くというだけで、物好きな人とされますよね。
良いんですよ、それだけ苦労してキャンプに行く人に悪い人はいないのです!。
特に、カブを選択する人はね(笑)。

るーのぼさんへ♪

こういう時しか走ることが出来ないかなぁ~、と思いましてな(笑)。
高速道路を使用せずに、どこまで走ることが出来るのか、挑戦してみました。
まだまだ走ることは出来そうですよ(笑)。

この御崎野営場はお勧めしますよっ!。
750円(シャワーなし)で存分に楽しめます。要予約ですよ。
タイガーならば、あっという間に到着です。是非、行ってみてね。

そういえばあったねぇ、鳥の攻撃(笑)。
陸と空からの同時攻撃ですので、気を付けてくださいな。

オッカブPさんへ♪

オッカブPさん、こんばんは。そして初めまして。

写真をほめてくださり、ありがとうございます。照れますよ(笑)。
オッカブPさんも、お出掛け&撮影がお好きなのですね。
どちらにお出掛けになられるのか、楽しみにしていますね。

No title

こんばんは (^_^)

カブでの九州上陸良いですねぇ (*'▽')
自分もレンタルバイクの大型で宮崎の親戚
のとこまで行ったことはありますが、
カブで九州に上陸するのが
1つの目標です !(^^)!
いつか時間がとれたら行きたいですね!
九州 (*^▽^*)

きゅーさん羨ましい (*´Д`)

Duckyさんへ♪

ふふふっ、もう遅いよ(微笑)。

知ってしまいましたものねぇ。いろいろねぇ。
カブで九州に行けることが分かってしまいましたものねぇ。
ならば、九州の素敵な場所を巡らなければならないでしょ?(笑)。

涼しくなった時には、goodpowerさんとマスツーで九州上陸でしょうな。
おっさん二人の珍道中。楽しそうですよ(笑)。

カフェオレ号さんへ♪

こんばんは。

行ってきましたよ!、カブで九州!!。
高速道路を使用できないカブで、どこまで走ることが出来るのかチャレンジしてみました。
意外と走れるものだなと実感しましたよ。

九州は、意外と近かったのですよ。
カフェオレ号さんのお住まいのところからですと、私の所要時間プラス2時間と言ったところでしょうか。
でも行けますよ、九州にっ!。

行っちゃいましたね!

生月島は毎週の様に両親と釣に出かけた所です。
昔はね橋が無く船でしか行けなかったんですよ!

福岡タワーですねぇ!
我が家から500メーターですよ(笑)

1日の移動距離が僕と全然違いますわ!(¯―¯٥)

良い旅をされましたね!羨ましか〜(笑)

そこん所、宿営してユックリと聞かせて下さいね!

中華クロスカブさんへ♪

毎週釣りですか!?。
中華さんにとっては、知り尽くした島なのですね♪。
っていうか、子供のころの中華さんって、どんな感じだったのでしょうね(笑)。

福岡タワーのそばですか。おまちの子なのですね(笑)。

この旅で九州北部が満喫できたことに感謝っ!。
まだまだ、このような景色に出会える場所があるのかもしれませんね。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR