リトルdeとびしま。

2016103101.jpg
10月30日の日曜日のこと。

しまなみ海道の西側に位置する『安芸灘とびしま海道』でトコトコツーリングを楽しんできました♪。

下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島、岡村島の五島を橋で結ぶツーリングコース。
この日、しまなみ海道では国際サイクリング大会が開催されている為、比較的走り易そうなこちらの海道を選びました。


きゅー奥を起こさないように、そっと出掛ける早朝。
2016103102.jpg
山越えでは、ひさびさに秋を感じさせるピリッとした寒さ。そして澄んだ空気。
つい最近まで暖かい日が続き、『秋は来ないのかな?』と思っていたのですが、ここにきて急に秋めいた気候になりました。
一気に冬に突入してしまう勢いですよ!?。


ひさびさのとびしま海道。
2016103103.jpg
しまなみ海道に比べ、観光地化されていないとびしま海道。
この安芸灘大橋を渡ると、のんびりとした島の景色が広がってきます。

晴天に恵まれいますが、安芸灘大橋の橋上では風がきつく、体の熱を奪われ寒くなってきます。
橋を渡りきっても風が収まることなく、スタートしたばかりのとびしま海道ツーリングですが、少し不安になってくる。


何度も訪れているとびしま海道なのですが、未だに行ったことが無い場所があるのです。
2016103104.jpg
それが、豊島にある、この『十文字展望台』です。

海岸線から展望台へのアプローチは、何通りかあるのですが、私が選んだのは最も過酷と思われるコース。
路面は崩れた土砂で覆われ、道幅は狭く、普通乗用車がギリギリ通ることが出来るくらい。
しかも離合ポイントが少なかったように思えました。

2016103105.jpg
展望台中央にバイクを停めての撮影。
もちろん景色も素晴らしく、360°ぐるりと広がる静かな瀬戸内の美しさには、思わず息を呑んでしまうほどです。


十文字展望台攻略というミッションを終え、あとは気の向くまま、島を流して走ります。
2016103106.jpg
とびしま海道最後の島『岡村島』へ渡るときに現れる県境ライン。
岡村大橋の中央には、手書きで『広島』・『愛媛』という文字が描かれています。良い味を出しているんだな♪。

岡村島の端に位置する岡村港では、良い感じでヤレたカブを発見。
2016103107.jpg
ドロドロのボディーに曲がったナンバープレート。錆も半端無く、使い込まれたカブです。
左右非対称なバックミラーも素敵♪。このままカフェカブに参加したいくらいです(笑)。

普通であれば、視界に入ってこないようなカブ。
ですが、私には、この場所に停まっているバイクの中で、一番輝いているように観えました。
完璧にカブ菌に侵されているものと思われます(笑)。


時刻は午前11時前。
トコトコとリトルで走るとびしま海道ツーリングが楽し過ぎて、朝食をとることを忘れていました(汗)。
寝食を忘れて・・・とはよく言いますが、仕事時ではなく、カブで遊ぶ時というのが私らしい。
2016103108.jpg
こことびしま海道でも、おいしい食事を提供してくれるお店は何件かあります。
ですが、今回は自宅の冷蔵庫から取り出してきた食パンとソーセージで空腹を満足させますよっ!。

気に入った景色の場所で、リトルを停車させる。
2016103109.jpg
そこが、本日のお店の場所だ。もちろん、そのお店の一番良い席に案内される。
きゅーカフェ開店です♪。

ソーゼージをボイル後、少し焦げ目がつくくらいに炒めます。
表面がおいしそうな油で光ったソーゼージを食パンに乗せ、粒入りマスタードとケチャップをたっぷりかける。
そして、ギュッと挟み込んだら出来上がりだ♪。
2016103110.jpg
珈琲はもちろん『ゴールドブレンド』。←古くなるから早く飲めって、きゅー奥がうるさいのですよ(泣)。

チープな食事ですが、このような素晴らしい景色の場所で頂けるなんて、贅沢だとは思いませんか?。
聴こえてくるのは、打ち寄せてくる波の音だけですよ。どの様な音楽よりも、素敵なBGMとなっています♪。


遊んでばかりいると、きゅー奥のご機嫌が斜めになってしまうので早めに帰宅することに。
と思っていたのですが、走り出してしまうと、なんだか楽しい島ツーリング(笑)。
来た道とは違う、島の反対側を走りながら本土まで戻ることにしました。
2016103111.jpg
太陽は丁度真上に差し掛かっています。
気温も良い感じで上昇し、風も治まってツーリング日和。

と、ここであることを思い出す。メーターの端っこで小さく光るオレンジ色。そう、エンプティーランプの存在を(汗)。
景色に見惚れ過ぎて忘れていましたよ。
2016103112.jpg
ガァーン!。
本土まで、あと島を三つほど渡らなければなりません。
ガソリンスタンドはあることはあるのですが・・・。日曜日に開いているようなガソリンスタンドは皆無。

ここからは、究極のエコランモード。
サイクリングを楽しんでいる集団に追いつけないくらいのスピードです(笑)。
早めに帰宅する予定だったのですが、大幅にずれ込む。

救いだったのは、しまなみ海道に比べ、一つ一つの島が小さいこと。
そして、コンパクトにまとまった海道だったので、ガス欠にならずにとびしま海道を脱出することが出来ました。
これがしまなみ海道ならば、完全にアウトです。島に渡る前には、必ず給油が必要ですね。

その後、呉駅周辺にあるガソリンスタンドまで無給油で走ることが出来ました。
リトルって、意外と燃費が良いのですね。

2016103113.jpg
いまどきの学生さんでもしないようなチープなツーリングでしたが、それがまた新鮮で気持ち良く楽しかった♪。
こんなツーリングも有りではないでしょうか♪。

今回のツーリングの走行距離は、約190kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

このトコトコ感と愛らしさは、タイカブでは出せないんだなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

展望所の羅針盤の横に階段ない?
誰かが上から撮った写真載せてたと記憶してたけど、誰だった?

ちょうど良い距離をいく通りもの好景色でルート選べるなんて、やっぱスゴイや!
今回はきゅーさんらしい内容のトコトコでしゅた(笑)

Duckyさんへ♪

階段ありますよ。

とびしま海道に来られるほとんどの方が、この展望台で撮影していますよ♪。
しかも羅針盤の中央にバイクを駐輪してね。

えぇぇぇぇっ!?。
そんなに褒められると、標準語ではなくなるよ(笑)。可愛らしいブログを目指している、きゅーでしゅた(痒)。

なんて贅沢なブランチでしょ

ミシュランの星なんぞクソ食らえってぐらい最高な食事じゃないですか。
素晴らしいロケーションだらけの瀬戸内にお住まいで良かったですね ←他人事のように言っとかないと「来んさい」攻撃必至なので予防線(≧▽≦)

No title

男って、ずっと”あの頃のまま”なんだと思います

そしてあの頃の自分と同じくらいの男の子を見ると


「あぁ♪ 自分もそうだった」 とか 「自分とは違うんだ」 とか


天空の上くらいからの目線でモノを見るようになります(笑)

No title

イイ景色ですねぇ♪
こんな素晴らしいロケーションならエコランでも・・・エコランだからこそ楽しく癒されますよね(笑)
行灯は燃料計がないので感と記憶の勝負なんですが最近はボケも酷くなり記憶がブッ飛んで
数キロ行灯と手をつないで散歩するのが多くなりました(T^T)
でもそれもカブとなら楽しいかなと・・・軽いし(笑)

リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

(*_*)

お舟に乗って渡らなかったのですね!?
渡ってしまうと、かなり大回りですもんね?

何はともあれ!!
押さずに済んで良かったです(^o^)



八馬力さんへ♪

カブだからこそ、楽しめる食事でしたよ。
気取っていない食事が、カブライフには似合うのかもしれませんね。
しかも、ひょいっと場所を選ばずに駐輪出来るのが良いですしね♪。

きんさいなんて言わないよ。
今からは、『ほんじゃぁ、いつ来んさるんかいのぉ』と言いますよ。
プリンスたちに言われているんでしょ(笑)。

No title

いつも美しい写真を楽しませていただいております(^^)/
トタン箱&リトル
似合っていますね~

ゴールドブレンド
ワテクシの味覚では
ドリップコーヒーと違いが判らない
美味しさです=^_^=

むらさんさんへ♪

そうなんですよ。あの頃のままなんですっ!。
特に、楽しかったころのイメージが染みついているのでしょうね。

原付の免許証を取得し、乗り回していた頃を思い出すのでしょうね。
楽しくて楽しくてな感じです。
ますます私の中では原付ワールドが広がっていく予感♪。

桃内さんへ♪

行灯は燃料計がないのですね。
走行前には、タンク内のガソリンの量を確認しなければなりませんね。
桃内さんならば、行灯を押して歩く姿も画になるのでしょうね♪。

雑誌に載っていた桃内さんを観たことがありますが、オシャレさんですものね。
目立つこと間違いなし!ですな。

リンクの件。
私のブログにはリンク欄がないので相互リンクは出来ませんが、このような拙いブログでも宜しければ、ご自由にリンクしてくださいませ。

Pandaさんへ♪

しまなみ海道へは、フェリーで行きませんでしたよ。
フェリーで渡っていたら、今頃、しまなみ海道を彷徨っていたかもしれません(汗)。

リトルを押して歩かなくてよかったですよ。
ガソリンを気にしながら、ヒヤヒヤしていたのも事実。
無事に帰宅出来て良かったです♪。

ガンビーさんへ♪

ありがとうございます。

カフェカブ青山では、Kccの広報活動、お疲れ様でした。
知名度は格段にアップだったのではないでしょうか。

ゴールドブレンド・・・。
濃い味の珈琲を出されると、私も何が何やら分かりませんよ(汗)。

サブタンク

こんにちは。
やっぱりサブタンク必要では?
ガソリンストーブも持っていけば1石1.8丁、0.2はストーブで消費するから?意味分からない。
島はいいなーー

最近・・・

しまなみ海道行くから休みくれと申し出て会社クビになるとか、走っても走っても着かなくて苦しむとか、そんな夢を見てうなされてます(笑)

今日石さんに「身近島行ってもキャンプ道具も無いしさぁ・・・」なんて話したら「あるから貸すぞ」って言われちゃいました(^^;

四面楚歌(汗)

とびしまはまだない

とびしま海道はまだ未経験です><
時がゆっくり流れ、スローライフにぴったりですね
いつか連れて行ってください^^

No title

うわぁ~~~~なんですかこのリトルに持って来いなツーリング記事(ノω・、) ウゥ・・・
羨ましい過ぎますヽ(`Д´)ノプンプンwwww

東西南北の真ん中にリトルの写真も県境の写真も素敵過ぎる~~♪
ちっちゃくたってどこにでも行けますね!!

リトルって『意外に』燃費良いは聞き捨てならないですなwww
リッター70を切った事ないですがタイカブの方が燃費良いのですか?

アッキンさんへ♪

こんばんは。

悩みどころなんですよねぇ。
予備タンクを購入するのも良いのですが、持ち歩いているのが不安というものあるのですよ。
とはいえ、3.4Lの燃料タンクで山越えや深夜走行はリスクが高いし・・・。

悩むなぁ。

八馬力さんへ♪

見近島が鬼が島状態になってきていますよ(笑)。

ストレス発散ではなく、ストレス溜まりまくりではないですか!?。
それにしても、石さんのツッコミはさすがだな(笑)。

こうなったら、しまなみ海道のどこかの島に定住するしかないね(笑)。

ごん太さんへ♪

しまなみ海道より、のんびりとしているとびしま海道。
しかも、コンパクトにまとまっているので、島々でのんびりと過ごすことが可能です♪。

愛媛県の今治または、大三島の宗方港から岡村島の岡村港までフェリーで移動できますよ♪。
今の時期ならば下蒲刈島のキャンプ場も無料で開放されています♪。
キャンプも良いですよ♪。

まゆっちさんへ♪

良い感じの島々でしょ♪。
リトルならではのトコトコツーリング。ばびゅーんと走ることが出来ないカブだからこそ楽しめる風景。
良いよね。

燃費の件。
エンプティランプが点灯してからの一人旅。
想像していたよりも、距離を走ることが出来たので『意外に・・・』という発言になっているのですよ(笑)。

それにしても70km/L台!?。
我が家では、タイカブが55km/L、リトルが65km/Lでした。これが悪い結果なのかどうなのか(汗)。

No title

瀬戸内海の穏やかさ、こんな場所で過ごせたら人間も穏やかになるんだろうな~
なんじゃ このコメントは(爆)

goodpowerさんへ♪

かなり穏やかになっていると思います。私がそうだもの・・・。
うん?、ということは、北陸の方って・・・。暴れん坊なのですかね?、アソコが(爆)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR