今年も開催!『INAKAイルミ』。

数年前から、冬が訪れると島根県は邑南町で開催されるイベントがある。

中国山地の山間に広がる田園の中にある小さな集落。
この小さな集落が、たったの二日間ですがイルミネーションで美しく染まるのです。

INAKAイルミ@おおなん2016が、11月26、27日の土・日曜日に開催されるそうです。
今年も無事に開催されるようですね♪。

2016110501.jpg
イベント会場となっているこの場所には、JR三江線(さんこうせん)の宇都井駅(うづいえき)があります。

天空の駅と呼ばれている宇都井駅。
地上20メートルの場所にあるホーム。しかも昇降機は無く、116段の階段を上らなければならないというスパルタな駅です。
※残念ながらJR三江線は平成30年4月1日の日曜日に廃止予定となっています。

JR車両とイルミネーションのコラボレーションも、今年と来年の2回ということになるのでしょうか。


きゅー奥が、『寒いから行かない』と言えば、タイカブにスノータイヤを履かせて邑南町に行ってみようかな。
かなりの気合と根性が必要になりそうですけどね。
2016110502.jpg
皆さんも、素朴で暖かい夜をゆったりと過ごしてみませんか♪。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

田舎イルミ

へーこんなイベントが有るんですね。

イルミなんで真っ昼間行っても意味ないですね。
日没後、11月下旬、山ん中、スノータイヤも
いるかもですね?

三江線廃止されたら見れませんね。

きゅーさん、スノータイヤ履いて気合と根性で
写真撮って来て見せて下さいね。m(_ _)m

僕は写真見るだけで良いですから(笑)

中華クロスカブさんへ♪

そうなんですよ。
派手ではないのですが手づくり感があって良いんですよ♪。

ええっ~⁉。
真っ暗になった田んぼの中にテントを張ってキャンプするのも良いかもですよ(笑)。
極寒だけど(汗)。

村起こしですね

都会でイルミは今や珍しくありませんが、真っ暗な田舎ならイルミも映えるし人も集まるって寸法ですね。
きゅーさんならきっとカブを含めて幻想的な作品が撮れるんじゃないでしょうか^^

てか11月下旬ってもうスノータイヤが必要なのですか?
イルミネーション見物にしてはかなり気合と根性が必要ですね(^^;

No title

こんばんは (^_^)

このイルミネーションは知りませんでした!
2日間のみの開催なんですね (^o^)
なんかほっこりしそうでいい感じですね (#^.^#)
チャンスがあったら行きたいなぁ (*'▽')

八馬力さんへ♪

地元の方々やボランティアの方々でつくるイルミネーション。
実は、計算された光のパフォーマンスなのですよ!。
たしか、どこかの学生さん達が考案していたように記憶しています。

うん。中国山地は寒いですよ。
既に広島県の県北では、最低気温が氷点下となりました。
ちなみに広島県の県北には、西日本最大級のスキー場があるところなのですよ!。
暖かいイメージのある中国地方ですが、意外と山間部は冷え込むのです。

カフェオレ号さんへ♪

こんばんは。

INAKAイルミは、今年で何回目になるのかな・・・。
数年前から行われているイベントなのですが、『来年もイベントがあれば良いな』と思わせるようなイルミネーションですよ♪。

是非、INAKAイルミでほっこりしてくださいね♪。

No title

こんな素敵なイベントがあったんですね・・・
両日バイトで行けそうにないです(泣)

僕は12月になったらプコカブさんにスノータイヤ履かそうかと思っています。
バンバン雪道走行楽しみましょう♪

じゅえるさんへ♪

列車好きのじゅえるくんには、廃線前の三江線は涙が出てくるのではないでしょうか。←言い過ぎか?
今年は観ることが出来ないようですので、来年チャレンジだね。
JR車両とINAKAイルミのコラボは、来年が最後となると思いますよ!。

まっ、まじか・・・。
プコカブのボディパーツは新品だったのでは!?。
それを思い切って使えるのが、じゅえる君の良い所かな(笑)。

私だったら、冬だけボディをベージュに戻します(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR