たびび・・と?、旅・き・・ん?。

ふと旅に出たくなる時がある。

短時間で移動出来る乗り物ではなく、のんびりと移動する乗り物で旅に出たい。

そう、カブに乗って。

今まで見たことの無い景色を目の前にした時、どの様に感じるのだろう?。
そんなワクワク感や不安感などを現在の私はどこに置き忘れてきたのだろうか。
私のように歳をとればとるほど、『出来ない理由』を探しては、二の足を踏んでいる方もおられるのではないでしょうか。


新年を迎え、早二ヵ月が過ぎようとしていた時の事。
一本の連絡が携帯に入ってくる。彼だ・・・。
2017030701.jpg
郵政箱にメインクーンのステッカー。
カブ界のプリンス、じゅえるくんだ。私が年末年始の宗谷岬行きを反対していることに抗議してきたのか!?。
『お渡ししたいと思っているものが・・・』。ナ、ナンダナンダ?、ハタシジョウカ!?。

既に、じゅえる君のブログでご存知の方も多いのではないでしょうか。
2017030702.jpg
旅人ならぬ旅菌?の『カブ菌』ちゃん。
カブに乗っていながら、タイヤ交換も完璧にこなせない私の下へやってきましたよ。良いのかなぁ、こんな私が預かっていて(汗)。


就活で忙しいじゅえるくん。
何とか時間を作ってもらい、3月5日の日曜日に尾道で待ち合わせ。

国道二号線でまっすぐ尾道に向かうのも味気ないので、山道を走行後に国道二号線入りのルートを選択。
一歩一歩、確実に春が近づいてきていることを実感しながらトコトコとタイカブを走らせます。

ストレスなく走り抜けることが出来る東広島白木線。
2017030703.jpg
その途中には、現代風?に塗装された昔懐かしいおまわりさんの人形が皆さんを見守っています。

その人形の足元には看板が・・・。
2017030704.jpg
(笑)。


こちらにも寄っていきますよ。
2017030705.jpg
前日のダイヤ改正日に開業した山陽本線『寺家駅(じけえき)』。
ゼブラゾーンが駐輪スペースに見えてくるのは私だけでしょうか(笑)。
開業翌日と言うこともあり、駅周辺はひっそりとしていました。カメラを嬉しげに構えているのは、おっさんの私だけだ(汗)。


午後二時過ぎ。
2017030706.jpg
じゅえるくんとひさびさに再会。
お互い頻繁に会っているような気がしていたのですが、今回で3回目くらいなのですよね。←ブログ繋がりのあるあるかもっ!

これが、年越し宗谷岬を完走した車両か・・・。
半年前にボディパーツを新しくした車両とは思えないくらいのヤレ感。
その車両を観るだけでも、いかに過酷な状況下で使用されてきたのかが分かります。

こちらでは想像もつかないような装備も見ることが出来ました。
秋田風防にヘルメットシールドの熱線。このような装備はこちらでは見たことがないよ。
その他にも、じゅえる君の走りに合わせた細かなセッティングが施されているようです。


お互い昼食をとっていないこともあり、昼飯を求めて商店街付近をぶらぶらと散策。
歩いていても、会話の内容はカブのことばかり(笑)。
午後二時を回っている為か、お店はどこも『準備中』の看板が並んでいます。
2017030707.jpg
そんな中、開いている中華料理店があったので、お腹を満たすことに。
食事中も、真面目な話は2分程度。あとはカブの話だ(汗)。

昼食後は、感じのいい場所で撮影会。もちろんここでもカブの話をしながら、シャッターを切っていきます。
2017030708.jpg
カメラはお互いキャノンのEOS60D。
6,7年前にデビューした骨董品と化したカメラですが、いまだに現役で活躍中です♪。

このカメラが氷点下18℃の世界でも活躍したということをじゅえる君本人から聞けたことが、なによりもうれしかった。
まだまだいけるぞ、60Dよ。←買い替え予算がないだけなんだけどね。

あっ、決まってこの画が出ると問い掛けることがある。
『あなたは、丸目と角目、どちらがお好みですか?(笑)』。


じゃぁ、ボアアップされたタイカブに乗ってみるかい?。
2017030709.jpg
ボヨンボヨンとさせて、リアサスを確認するじゅえる君。タイヤの空気が少ないのは気のせいだからね(笑)。

2017030710.jpg
んじゃ、いってらぁ~♪。やっぱり、空気が・・・。

2017030711.jpg
リアタイヤにしか目がいかないよ・・・。


その後、私もじゅえる君の07カブに乗らさせて頂きました。←その模様はじゅえる君のブログで見ることが出来ます。

まず跨って感じたのが、『重たい!』です。
特にハンドル廻りが重たいのには、少し走るだけでも悪戦苦闘。
低速ではフラフラしっぱなしでバランスをとるのが難しい。これで、アイスバーンをあのスピードで走り抜けるとは・・・。
というか、しまなみ海道の原付道を走るだけでも大変なのではないでしょうか?。
カブの性能というよりは、いかにじゅえる君のバランス感覚が良いのかということが分かりましたよ。

2017030712.jpg
帰り際、皆さんに大事にされている『カブ菌』ちゃんを渡される。ようこそ、きゅーのもとへ。

じゅえる君からはお土産まで頂きまして、大変ありがとうございます。
2017030713.jpg
お父さん、お母さんに宜しくお伝えください。

2017030714.jpg
今秋、愛媛で開催される国民体育大会と障害者スポーツ大会をアピールされているお饅頭です。
ポエムを柑橘風味にしたようなお味で美味しかったですよ♪。

帰宅後、カブ菌マントに名前を刻む。
2017030715.jpg
29.きゅー

さて、これから先、カブ菌は南へ行くのか西へ行くのか、それともやつがれさんのもとへ(笑)。
じっくりと考えて30番目の方にお渡ししようと思います。
それまでは、カブ菌が全く通用しないきゅー奥に見つからぬよう、押入れの奥にそっとしまっておきたいと思います。

2017030716.jpg
じゅえる君、就活がんばってな♪。
就活が無事終了したら、一緒にどこかを走ろうっ!。あっ、真冬の宗谷岬は堪忍してね(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カブ菌クンに先を越された(;´д`)

宮ヶ瀬でカブ菌受け渡しの場にたまたま居合わせて名前だけ書かせて頂いたのですが、あれから数ヶ月、ついに瀬戸内にまで行っちゃったんですね。
他力本願のカブ菌クンに先を越されて地味に悔しいです(^_^;)

あぁ私も誰かしまなみ海道まで運んでくれないかしら(≧▽≦)

八馬力さんへ♪

あっ、そうだったの?。
マントに達筆で書かれた『八馬力』と言う文字。たまたまだったのね(笑)。

いるじゃない、神奈川に(笑)。
荷台に括り付けられて、こちらまで来ればいいのですよ。
ロープで縛られているので、居眠りしていても大丈夫ですよ(笑)。

No title

こんばんは(^_^) 

尾道に来られていたのですね (*'▽')
いやぁ 、尾道はいいとこですよぉ~ (#^.^#)
尾道の街中や 、向島あたりを走るのが
私は好きですねぇ (^o^)
まぁ 、尾道出身ということもありますが (;^ω^)

尾道ラーメンも時々無性に食べたくなります (笑)

ちょこちょこ尾道走ってることがあるので
見かけたら声かけてくださいね (*'▽')

カフェオレ号さんへ♪

おはようございます。

尾道にお邪魔してきました。
と言っても、観光地を回った訳ではなく、路地裏をウロチョロしただけですけどね。
それでも画になるのが尾道ですよね♪。人通りが少ないのが逆に良いかも♪。

カブとすれ違うたびに、『どなただろ?』と思うことがしばしば(笑)。
もちろん、お声を掛けさせて頂きますね。その時は宜しくお願いします。

No title

わあ~!じゅえる君そしてカブ菌くんお久し振り~(^0^)//では4月の富士カブでやつがれさんへカブ菌くんの引き渡しのサプライズは如何でしょうか?

【カブ菌ちゃんニッポンキャラバン!】

こんにちは。
いよいよ尾道編に突入ですね!
九州上陸も夢ではなくなってきました。
ゴールは私ではありません。

【カブ菌ちゃんニッポンキャラバン!】

全国のカブ乗りに手渡ししながら
リレー方式でカブ菌ちゃんをタスキにして
製造元のライ・スケさんのお嬢さんと奥様までたどり着くプロジェクト!

私の所に来てもまだ旅させる気でいるので遠方の方に託します。
まあ、そろそろマントを増設したいので帰ってきたらキタでOKなんですけどね。
次もヨロシク(*^^)v

パパベリーさんへ♪

マントにパパベリーさんのお名前も刻まれていましたね。
ひさびさにカブ菌ちゃんを観て、涙を流されていると思います(笑)。

ちらっとやつがれさんもありかな!と思いましたが・・・。どうしよっかな(笑)。

やつがれさんへ♪

こんばんは。

広島県は尾道へとカブ菌ちゃんは移動してきました。
九州、四国、それとも関西方面・・・。おっと、山陰もアリかな!?。
『うぅ~ん、どうしよっかなぁ』と楽しく悩んでおります(笑)。

じっくり悩んで次の方にバトンを渡します♪。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR