『なにもしない』という選択。

そろそろ、2017年カブライフの本格始動と参ります。
と言いたいところだったのですが・・・(汗)。

キャンプツーリングにと意気込んでいた3月26日の土曜日のこと。
この日のお天気は下り坂とのことでしたので、無理せず日帰りツーリングでまったりと過ごそうと思います。
無理をしないというのがカブ乗りっぽいですかね?(笑)。


なにもしない。
そんな贅沢な時間の過ごし方が許される空間。
2017032601.jpg
やはり、あの島で過ごすことになりますよね。そう、見近島です。


この日の天気予報によると、お昼過ぎまで『晴れ』とのことだったのですが、一日中曇天。
気温も上がらず、しかも風があるという、ぽかぽか陽気の春ツーリングとはお世辞にも言えない雰囲気です。

この時期、しかもこのようなお天気では服装に悩むのですよね。
おさんぽツーリングということで、タイカブではなくリトルを選び、服装は春仕様。
グリップヒーターもハンカバも取り付けていない、レッグシールドの小さいリトルさん。

低速走行ですが、手元足元が冷えてしまい、ガマン大会のツーリングとなりました(汗)。

途中、あまりの寒さに耐えかねて、開店時間の7時半に喫茶店に飛び込みます。
2017032602.jpg
純喫茶的な雰囲気が漂ってきます。

フェリー乗り場のある忠海港の少し手前に位置する竹原と言う町。
町並み保存地区から少し南へ進み、区画整備された道路沿いにあるこちらのお店。



その名も・・・。
2017032603.jpg
『珈根(かぶ)』。
看板のヤレ感が半端無い!。堂々のヤレ感賞受賞といっても良いのではないでしょうか♪。

店内はというと、木材がふんだんに使われ落ち着きがある仕上げとなっています。
落ち着きがあるだけではなく、重厚感も兼ね備えているのですよ。
2017032604.jpg
入り口のドアを開けると、大きな松がお出迎え。
これは、巨木になった松の根元。木廻りの1/3周くらいでこの大きさです!。
私が両手を広げたくらいの幅で、高さは一階分くらいになるのかな(驚)。

天井を見渡すと、地松の八方に擦られた桁材が掛かっています。
2017032605.jpg
これまた立派な桁だ。

そして私が着座した目の前には、立派な松の伐り株が鎮座されておられます。
2017032606.jpg
大きさは、写真を観れば一目瞭然といったところでしょうか。
この様な巨木、しかも松となれば、滅多にお目に掛かることは出来ないと思います。

と、ジロジロと店内を見渡していた私。
丁度、こちらのお店のご主人がおられたので、お話することが出来ました。
ご主人が私に『若いのに、なかなかいい趣味しとる』と・・・。←私を30歳台と思っていたらしい!?(激汗)。
材木や製材のことで話が弾み、気が付いたら午前8時を回っていました。フェリーの出発時刻は午前8時半です(激汗)。

また来ます!。とバタバタとお店を後にします。
あっ、こちらのお店ではモーニングを頂きましたよ。
2017032607.jpg
ホットサンド(税込550円)。
大きな伐り株たちに囲まれて、心を落ち着かされては如何でしょうか?。ちなみに店内全面禁煙です。

店名ですが、もう、お気付きになられましたよね。
店名の由来はCUBではなく、『キリカブ』のカブからきているそうです。『珈根』は当て字だそうですよ。


2017032608.jpg
無事乗船。
霞の中に浮かぶ目の前の橋は生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋。
この時点で、青空の下、リトルでトコトコと走ることは諦めました。かなりの強風が吹付けてきているのですよ(泣)。

2017032609.jpg
『遅くてもいいんだよ だってリトルなんだもの』 きゅー(笑)。

それでなくても遅いリトルさん。
私の身体が小舟の帆のようになっている為、向かい風でなかなか進まない。←笑いが出てきます

ひさびさに登場。
2017032610.jpg
かなりヤレてきた木箱を今回装着してみました。私のリトルには、この木箱がシックリくる感じだ。

2017032611.jpg
土曜日の午前10時過ぎということもあり、静かな見近島だ。
ハンターの方と、白色のスクーターの方が撤収作業をされていました。その方々と入れ替わるかたちで入島です。

2017032612.jpg
イェーイ♪
貸切状態の見近島を堪能しているおっさんひとり(笑)。それを橋の上から眺めているチャリダーの方々(激汗)。

冒頭で、『今日は、なにもしない』と言っていたでしょ。
ただこの島で、ひとりイスに腰掛け、ボォーとすることが目的だったのですよ。
美味しい珈琲を頂きながらね♪。
2017032614.jpg
ひさびさに、きゅーカフェ開店です。

まだまだ珈琲修行中な私。先日、神戸で勉強してきたことを実践してみました。
キャンプ道具と一緒に持ち運びが出来るように、別梱包を考えないといけないかな・・・。
『綺麗な景色&おいしい珈琲を楽しむ』というのがコンセプトだからねぇ。

2017032615.jpg
幸せな時が過ぎていきます。

お腹もすいてきたことですし、どこかで昼食をとって帰宅しようと考えていた時、一台のカブが見近島に降りてくる。
2017032616.jpg
スーパーカブ 70デラックス

カブの使われ方をきっちりと熟されている?方としばしお話。
イカ釣りや夜景撮影などを楽しまれているようで、手元灯を装着したり、三脚を収納できるように細かな工夫をされていました。
自分のカブライフに合ったカスタムって良いですよね。

2017032617.jpg
持ち歩かれているカメラは、フィルムカメラ!?。67とか言われていたかな?。←間違っていたらすみません。
一発勝負の撮影をされている方のようで、亀老山からの美しい夕日の写真を見せて頂きました。


さて、当初は尾道経由で帰宅しようと考えていたのですが、一向に暖かくならないので、来た道を戻ることにします。
えぇ、楽々コースということになりますかね。

フェリーの出発時刻は午後2時40分。
昼食は、フェリー乗り場のある盛港付近のお食事処『くろしお』さんで頂くことにします。
2017032618.jpg
こちらのお店では、ヒラメ料理がおすすめとのこと。メニューの全てに、ヒラメが入っているとのことでした。

刺身定食も良いかな♪と思っていたのですが、肌寒かったのが影響した為か、注文したのは煮魚定食(汗)。
2017032619.jpg
しかし、おいしかったので無問題。この日の煮魚はタイとヒラメ。

味付けは、お酒飲みの方々が好まれる濃い味付けではありません。
あっさりとしているのですが、お魚本来の味が分かるように仕上げてあります。
ごまかしが利かない分、料理される方の腕の見せ所と言ったところでしょうか。大変おいしく頂きました。

ちなみにこちらの定食は税込2,100円。
普段の私の食事からすると、少しお値段が高めといったところですが、料理の内容を考えるとお得なような気がします。
お小遣いに余裕があるときに、また伺いたいと思います。


200kmくらいの走行距離だった、今回のおさんぽツーリング。
2017032620.jpg
珈琲を飲みながら贅沢な時間をまったりと過ごすことができ、大変満足しています。

寒かったけどね(笑)。


今回のツーリングで伺った場所の位置関係は、このような感じです。

2017032613.jpg
3月25日現在、見近島の桜状況。まだつぼみですな。

春を待ちわびているのは、私たちよりも開花直前の桜たちの方かもしれませんね。
厳しい状況に置かれれば置かれるほど、それを乗り越えた時の成長は格段に違ってくると思います。
この日の寒さも、美しく大きな桜の花を咲かせる為に必要だったのかもしれませんね。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お散歩200Km!?

200Kmといえば私なら立派な一日がかりのツーリングになりますが、きゅーさんはリトルの非力さを楽しんじゃう程度のほんのお散歩なんですね(^^;
見近島ってきゅーさんの縄張りみたいな感覚で見てしまいがちですが100Kmも、うちからなら富士山の手前辺りまで行けちゃうぐらいの距離があるんですね(汗)

しかしいつもながらリトルを撮るきゅーさんの写真は美しい。
「こばんとソラコ」のこばんさんが書かれているフォトコンにエントリーされてみては?→ http://honda.tokyocameraclub.com/supercub_photocontest/

せっかくのお散歩が曇天で冷えるとちょっと残念でしたね〜

しかし、面白い喫茶店にも寄れたし、収穫ありってところでしょうか。

カブ乗りは無理しない人と、狂った様に走る人しかいない様な・・・

写真撮ってますって、バケペン出てくるあたりでカブ乗りって本当にコアな方々が多いなぁと思う訳です。

見近島の桜、綺麗ですもんね。
タイミングが合えば行きたいなぁ

No title

始動はじめましたねぇ~♪

今日、マウントベルさんとこにヘリーノ(笑) のコットを見に行きました

テントの中で一段高いところで寝れる

いいなぁ、、、、アレ


あと、きゅーさんの見近島に写っている 椅子!

八馬力さんへ♪

普段からよく通っているルートなので、そんなに気にならないのですよ。
ただ、タイカブでは物足りないのでリトルで遊んでみました(笑)。

片道100kmくらいが私にとっては丁度良い距離のようです。
適度な疲れと充実感があるのですよ♪。

なんだか、カブのフォトコンテストが巷では流行っているようですね。
私は・・・。
現在このブログを観て下さっている方だけで十分満足していますので、フォトコンテストには参加しないと思います。
恥ずかしいし・・・。ってオッサンが何を言っている(笑)。

たかさんへ♪

昨日は瀬戸内も寒かったですよね。
しかも強風が吹付けていましたから、春仕様の服装では長時間の運転は無理のようでした。

喫茶館のカブね♪。
良い雰囲気の喫茶店を発見することが出来ました。
忠海港へ向かう時に、時間に余裕があれば寄ってみたい喫茶店です♪。

化け物ペンタックスっていう意味なのですね。
かなり大きなカメラでしたよ!。
やはり、カブって、いろいろな方の足に使われているのですね。

来週には咲き始めるのでしょうか?。たのしみですね。

むらさんさんへ♪

カブライフの始動ですっ!。

モンベルにヘリノックスを見に行かれるとは!?(笑)。
地面から一段高い場所で暮らされる方になるのですね。雨が降ってもダイジョウブ♪。

ヘリノックスのチェア♪。
あのイスは壊れないのがイイのですよね!。深く腰を掛けた時でも破損することはありませんし。

是非っ!。

No title

ナンニモシナイ…ナンニモシナイ…

ハシル…ハシル…ドンドンハシル…

中間がなかなか見つけられません。

きゅーさんもそうですか?(笑)

モリスケさんへ♪

モリスケさぁ~ん。
かなり病んでいますよ(笑)。

ナニモシナイは分かりますが、ドンドンハシルが理解できません(笑)。
しかもカブで(笑)。

っていうか、モリスケさんの周りには、モリスケさんと同じような方々がたくさんいるではないですかっ!。
みなさん、病んでる・・・(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR