リトルdeお花見。

2017040801.jpg
朝霧が、サクラをより一層淡く映し出す。

開花時期が少し遅れた今春。
こちら広島でも続々と桜の花が開き出し、街を淡いピンク色に染め始めました。

広島市中心部では、すでに満開を迎えているところもあります。
さぁ、お花見ツーリングだ!。

・・・。
いつものパターンと言いましょうか(汗)。
桜が最高の状態になってきたと思ったら、雨が降るのですよ。こればかりは仕方がないのですが(泣)。


4月8日の土曜日。
天気予報では、8日の夜から翌朝にかけて降雨とのこと。花が散ってしまうよ。
この日は朝から霧雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、お花見ツーリングを強行します。
だって、綺麗な桜を目に焼き付けておきたいではないですか。

早朝6時、リトルのエンジンに火を入れ、トコトコお花見ツーリングの始まりだ。
ウォーキングを楽しまれている方にごあいさつをしながらカメラを構えます。
一枚目の写真がそれ。

桜の名所でも何でもないこの場所。
自動車が通らないので、ゆったりとした気持ちで写真を撮ることが出来ます♪。

2017040802.jpg
近くには、JRの新幹線基地がありますよ。


土曜日とは言え、通勤で慌ただしくなり始めた午前7時過ぎ。
裏道をスイスイと走り抜け、開かずの踏切を渡ると目の前には猿猴橋。
信号待ちをしていると、桜を撮影しているオネイサンが目に飛び込んでくる。
2017040803.jpg
と言うことで、私も撮影タイム(笑)。市電と川と桜とリトル。The広島だ。

エンジンを切り、サッと歩道を押して歩くことの出来るカブ。
歩道に停めても邪魔にならないカブって、このような時には良いですよね♪。


ここで雨雲レーダーを確認すると、お昼前には雨脚が強まりそうだ。
この様な状況になるとは思っていたのですが、雨走行で必要なカッパを持って来ていないという大失態(激汗)。

『まぁ、雨で濡れてもお風呂に入って、着替えれば良いだけだから』と楽天的な私(笑)。

決して先を急ぎません。
トコトコとリトルのペースでお花見ツーリングを楽しみます。それで良いのです。


お次に向かったのは、広島市の桜の名所『平和記念公園』。
2017040804.jpg
この前の日曜日には咲き始めだった桜も、満開を迎えています。
平和公園東側の元安川の水面に映し出される満開の桜。
周りには観光客がひとりもいない。静かで落ち着ける時間を桜を観ながら過ごすことが出来ましたよ♪。

2017040805.jpg
平和大橋付近から撮影。平和記念公園の桜定番図ですね。

この写真を撮り終え、リトルカブを停車させているほうを振り返る。
2017040806.jpg
か、かわい・・い・・・(照)。
な、なんだ、この感覚。この気持ちって、昔々味わったような気がする。おっさん、痛くなってしまったか!?。


さて、この先、いこかもどろかの思案橋。雨雲状況を確認する為、ここで珈琲休憩だ。
2017040807.jpg
十日市珈琲さんでモーニングを頂きます。

2017040808.jpg
半熟ゆでたまごが懐かしい雰囲気を醸し出します。
もちろん、珈琲は安定抜群のおいしさだっ!。
私が珈琲を淹れると、未だに嫌な雑味があるので、へこむことがしばしば・・・(泣)。


午前中は、何とかお天気は持ちそうな予感がする。そう自分に言い聞かせ、太田川沿いを南下します。
周りの車やバイクは通勤ペースな為、リトル乗車の私にとっては恐怖だ。ひさびさにアワアワしています。

次に向かった場所は江波山(えばやま)。こちらも広島の桜の名所のひとつに数えられます。
2017040809.jpg
ソメイヨシノは満開を迎えています。

この時期の江波山公園では、江波山気象館へ通ずる車道の離合スペースが違法駐車防止の為カラーコーンで塞がれています。
やはりこの様な場所では、カブでトコトコとお散歩するのが良いのかもしれませんね。

山頂付近にある江波山気象館。
その建物手前30Mくらいにある、根元が二つに分かれた大きな大きな桜。
2017040810.jpg
広島市天然記念物に指定されている『ヒロシマエバヤマザクラ』。

まだ、三分咲き程度のこの桜。
2017040811.jpg
この桜は特徴的で、単弁と重弁の花が一枝に混じり合って咲くのですよっ!。
大変珍しい桜なのです。
ヒロシマエバヤマザクラはまだまだ楽しめそうですので、お近くにお越しの際は観賞されてみては如何でしょうか♪。


江波山から広島市を東へ横断し、この日最後のお花見スポットに向かいます。
桜のハチマキといえば、広島市在住の方には分かってもらえると思います。
2017040812.jpg
深夜から早朝に掛けては、車両通行止めとなるあの場所。
『黄金山(おうごんざん)』です。

ここ黄金山の展望台に通ずる車道脇には、桜がびっしりと並んでいるのですよ。
広島市内から黄金山を観ると、このびっしりと並んだ桜が、鉢巻を巻いているように観えるのです♪。
2017040813.jpg
黄金山=桜のハチマキ
この日は、移流霧(いりゅうきり)と言う現象が広島市内で発生し、一面真っ白。
その為、桜のハチマキは観ることが出来ませんでしたが、実際には写真ピンクのライン上に桜が広がっているのです。

山頂にある駐車場は、満車状態だ。
私は広島湾を望むメインの展望台のある方へは行かず、反対側の広島市内を眺めることが出来る場所へ。
2017040814.jpg
ここでも大活躍のリトルカブ。どこへでもためらうことなく入って行けるのがカブの良い所だ。
この写真を観るだけで、どの様な眺めかは想像出来ますよね。

2017040815.jpg
はいっ!、まったくです(汗)。

2017040816.jpg
ご近所を巡る、おさんぽお花見ツーリング。
天候はイマイチでしたが、満開の桜を観ることが出来て満足かな♪。
そして、カブの便利さが際立ったツーリングとなりましたよ。カブが最高なのだっ!。


今回のツーリングで楽しんだ場所の位置関係

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リトル愛がひしひしと

待ち合わせ場所で彼氏を待つ女の子のような風情のリトル画像は確かに可愛いかも・・・いかんいかん、危なすぎる(笑)

白いブラウスに青いワンピース、ワンポイントに赤をあしらった清楚な恰好で籐か何かの自然素材のカゴを手に佇んでる愛らしい彼女を遠目に見て、「ごめん待った?」と近寄る一瞬前に我が彼女の可愛さに息を飲む・・・そんなシチュエーションが浮かんでしまうのはきゅーさんの写真トリックですかね(^^;

ダメだ、病院行ってこよ(≧m≦;)

八馬力さんへ♪

は、八馬力さん・・・。危ないよ(汗)。

妄想&擬人化。
これは、レベル4まで進んでいますよ!?。もう、特効薬はありません(笑)。

病院に行っても手遅れですので、とことんカブを愛して下さいませ(笑)。

No title

トップの写真がスゴくイイです。

バイクなのに表情が感じられるような…。
写真のセンスが全くないので、羨ましく思います!

No title

春それは、1年を通じ唯一桜の木が主張している時期です。(葉桜になれば誰も気にしない)
パッと一気に咲いてサッと潔く散る、日本人の気質に合っているのでしょうね。

逆に壊れにくくデザインの変更も少なく長く使える機械、これも日本人の気質に合っているのでは?

ち〇こが小さい・・・・これは日本人の体質です(バカ)

ホントに・・・

桜は見頃になると天気が荒れますよねー(><)

昨日はなんとかお花見ツーリングしましたが
今日明日は大雨です(TT)

水曜あたりからは晴れるようなので私も濡れてもいいや~と
気楽に勇気を出して満開ツーリング行こうかな♪

すさきちさんへ♪

ありがとうございます。

ただ、気になる点がありまして・・・。
最近撮影した写真全てに共通して言えることが『ピンボケ』なのですよ。
私の脇が甘いのか、それともカメラの問題なのか・・・。三脚で固定して確認してみようと思っているのです。

たくさんシャッターを切っていたら、感じのいい写真に巡り合うと思います。
私もそんな感じで写真を撮っていますよ。時々、『あっ!』という気付きに巡り合うことがあるのです♪。

すさきちさんも、カメラ片手にお外へGo!。

goodpowerさんへ♪

桜のような人生を送れたら、カッコイイでしょうね。
しかし私の場合は、往生際が悪いような気がします。一番カッコ悪い生き方なのかもしれません(汗)。

仕事に対しての責任感でしょうかね。
後世に伝えたいという気持ちと、末代まで馬鹿にされたくないという気持ちが混ざっているのかもしれませんね。

最後の一文。
よかったぁ♪、気にしなくて良かったのですね(笑)。

ゆーさんへ♪

そうなんですよ。
こればかりは仕方のないこととはいえ、少し悔しいですよね。
休日にドンピシャで満開になってくれたら、言うことなし!なのですけどね(笑)。

この雨が、花散らしの雨とならなければいいのですがねぇ。
少し遅れて咲いてくる桜に期待して、お花見ツーリングを決行ですね!。
寒い山の上ならば、時期的に良いかもしれませんね♪。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR