門司を散策。

2017041901.jpg
4月16日の日曜日の事。
カブ菌ちゃんをアッキンさんに渡すべく、北九州市は門司へタイカブを走らせました。

走り慣れた九州までの国道二号線。
2017041902.jpg
当初、深夜便で九州入りも考えていたのですが、のんびりと身支度を整えていたら周囲が明るくなり始める時間帯に出発となってしまいました(汗)。

今回のツーリングは、カブ菌ちゃんの輸送とロングツーリングのウォーミングアップが目的。
淡々と九州に向け走ります。
タイカブも身体もGWツーリングに向けて準備をしておかなければね♪。


国道にはつきもの?の原付通行禁止区間。
走行リズムを崩されるため好きではなかったのですが、今まで観たこのとない景色と出会えることもあり、楽しめることを実感。
2017041903.jpg
バイパスからは決して観ることの出来ない景色。
トコトコペースだからこそ、目に映ってくるものもあるのですよね。それが原付ツーリングの良い所かもしれません。

このところ、週末になると決まってと言って良いほど天候不良に悩まされていたのですが、今回は違うみたいだ。
この様な景色を早朝から観ることが出来ると、自然と気持ちが高ぶってきます♪。


程よい疲れを感じながらフグの口から吐き出される。
関門トンネルを通過し、九州入りです。私にとっては、ここ門司地区が九州の玄関口となります。

2017041904.jpg
門司港にて、アッキンさんにカブ菌ちゃんを引き渡します。アッキンさんがどなたにお渡しするのか楽しみだ。

のんびりしている空気感漂う、ここ門司港レトロエリア。
ですが、明治から昭和初期に掛けては、神戸、横浜と並ぶ日本三大港として国際貿易の拠点となっていた場所なのです。
その当時、置屋も20軒以上あったといわれているようです。華やかで栄えた街並みだったのでしょうね。

そんな当時の街並みを想像しながら、港で珈琲を味わいます。
2017041905.jpg
アッキンさんが珈琲をご馳走してくださいました♪。

コンロの燃料はガスではなくガソリンだ。ポンプをシュコシュコと動かす作業が妙にカワイイ(笑)。
燃料はタンクや携行缶から抜き取れば良いので、ガスボンベのスペースが省略されます。
極寒でも着火に悩むことが無いので、バイクでの旅では、こちらのタイプのコンロが便利なのかもしれませんね。


門司と言えば、鉄道駅として初の国の重要文化財に指定された『門司港駅舎』が有名。
門司港に来たならば、この駅舎を撮影しなければ!と思うくらいの場所なのですが・・・。
2017041910.jpg
創建当時の姿に甦らせるべく、復元工事真っ只中。
残念ながら、駅舎は工事用の壁で覆われ観ることは出来ません。
平成31年頃には復元された門司港駅舎を観ることが出来るようですので、その日が来るのを楽しみに待っていますよ♪。


今回のツーリングは日帰りということもあり、彼方此方行かずに、門司地区のみを散策することにします。
案内役は、もちろんアッキンさん。
2017041906.jpg
まずは、『出光美術館 門司』だ。

ゆったりと美術品を観るツーリングも良いのですが、私達の目的は『出光創業資料室』を観ること。
2017041907.jpg
出光興産創業者の出光佐三氏の生涯の軌跡が紹介されています。
(出光創業資料室のみの見学ならば、入館料は100円です。)

2017041908.jpg
このような施設を見学すると、ダラダラと生活している私にとっては良い刺激となります。
当時の日本人がどうのとか、現在の日本人がどうのとかは言いません。
私自身が、現在の生き方をどう思っているのかと考えさせられる良いきっかけとなりました。

2017041909.jpg
ただ、昨日の私と変わったのかと言うと・・・。急激には変わりませんよね(笑)。
そうつぶやく私にきゅー奥が一言。
『そこがあんたのダメなとこなんじゃぁ!』。←ゴモットモ


ここ門司は、当時、国際貿易港でもあり、九州鉄道の起点でもありました。
2017041911.jpg
立派な門司港駅舎からも想像出来るように、九州鉄道の玄関口です。

ということもあり、このような施設も門司にはあります。
2017041912.jpg
九州鉄道記念館
レンガ造りの本館は、旧九州鉄道本社屋だったようです。

2017041913.jpg
屋外には懐かしい車両も展示してあり、鉄道好きにはタマラナイのではないでしょうか。
私は、この車両の形と色使いが好きだな。リトルと並べて撮影したいくらいだ(笑)。

2017041914.jpg
ちびっ子が自分で運転するミニ鉄道公園もありますよ。
おっさん二人で乗りこむことも出来るのかな?(汗)。←車内がおっさん臭くなるため断られるな。


日中はポカポカ陽気に恵まれています。
そんな中、施設見学で歩き回った為か、お腹が空いてきます。そして過食(笑)。
ここ門司では、焼きカレーを推しているみたいだ。
2017041915.jpg
ですが私達は世間に流されません。食べたのは『海鮮丼』(笑)。

門司港駅近くにある『寿し処 光本』さん。
頂いたのは、看板メニュー?でもある『特海鮮丼セット』でお値段税込1,730円。
海鮮の下にはとろろ芋が敷いてあり、わさびを溶かした醤油たれを海鮮の上からかけて食します。
半分くらい食したのちに温泉卵を投入。違った味を楽しむというのが、おすすめの食べ方らしい。

とろろ芋でまろやかな味わいだったのが、温泉卵の投入により、一層まろやかな味わいとなります。
醤油がタレ仕込みとなっているため、しっかりと海鮮に掛けたほうが良いみたいですよ♪。


お昼過ぎ。
そろそろ、門司から離れなくてはならない時間帯となってきました。
最後に向かうは、『めかり公園』。
2017041916.jpg
お花見をされながら、お弁当を広げている方々が多くおられました。
景色の良い場所なのですが、ガスってるのですよ。大陸から風に乗って・・・(泣)。

この駐車場から細い道を少し進むと現れる場所。
2017041917.jpg
世界平和パゴダ。
日本とミャンマー(旧ビルマ)の親善と仏教交流の場です。仏舎利塔は、アッキンさんが子供の頃からあったそうですよ。
私も世界平和をお祈りしておきました。

2017041918.jpg
ちなみに、めかり公園のめかりって、『和布刈』と書くのですね。
案内板にこのように書いてあると、学のない私には読めないよ(泣)。バイクで走っている時には特にね。

2017041919.jpg
関門海峡に掛かる『関門橋』。
カブに乗り始めて、ここを通ることが無くなってしまいました。
橋上は、風がかなり強かったのを覚えています。250ccの軽量バイクでは左右に流されていましたから(激汗)。

で、今の私はと言うと、こちらのトンネルをトコトコと走ります。
2017041920.jpg
関門海峡の下を走る関門トンネル。
フグの口に突入し、本州目掛けて走り抜けるのです。ちなみに、通行料金は20円なのですよっ!。


普段は通過点となりがちな九州の玄関口である門司。
そんな門司をゆっくりと観光出来て良かったと思います。


門司の観光案内を引き受けてくれたアッキンさん、ありがとうございました。
今まで知らなかった門司を体験出来ましたよ♪。感謝感謝♪。
2017041921.jpg
カブ菌ちゃんの引き渡しが、私にとっての門司のイメージを変えてくれるツーリングとなりました。

ロングツーリングのウォーミングアップとなった今回のツーリングの走行距離は、約410km。
GWに向けて、イイ感じに仕上がってきましたよ♪。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海外旅行(^^)

海を越えた旅行は社員旅行の四国と…江ノ島ぐらいσ(≧▽≦*)

いよいよカブ菌クンも海の向こうへ羽ばたいてワールドワイドになりましたね(笑)

長旅に向けて足慣らしで400㎞超えは中々のヘン◯イっぷりですね。
須賀川往復450㎞でヘロヘロになった私には驚異の距離です。
本番が楽しみですね♪

もうすぐ リアルカブ菌くんが長距離ツーリング実行の予告ですね!
良いマントが見つかったのかしら?
方々で(特に変態カブ菌が多く存在する中京!)長い時間捕まることなく、オイラにも名前を書くスペース残しておいてねwww

福岡出身ですが

福岡への帰省は飛行機を利用しますので関門橋はもう20年位渡っていませんね~。関門トンネルも懐かしいですね~。高校生の時に門司駅でかしわめしと肉うどんを食べてのを思い出しました!

走り慣れた九州までの・・・!?

ウォーミングアップ?!

きゅーさん、すごすぎ(笑)

八馬力さんへ♪

瀬戸内には、島々が点在しているので海外旅行しっぱなしですよ(笑)。
カブ菌ちゃんは、本当に、世界進出してしまうかもしれませんね(笑)。

もう一回、400kmくらいのツーリングを楽しんでみたいですな。
そうすれば、慣らしは完璧かな♪。

あとは天気次第というところでしょうか・・・。
体調を整えていかなければなりませんね。

Duckyさんへ♪

予告なしにツーリングしてやろうかと画策中(笑)。

マントっ!?。
カブ主さん達ではなく、おまわりさんに職質を受けてしまうかもしれませんよ(汗)。
隠密行動が得意なので、実際は見つからないかもしれませんね(笑)。

パパベリーさんへ♪

関門橋。
高速道路を使用できないカブに乗り初めて、もっぱら関門トンネルを走り抜けているきゅーでございます。

門司駅は、かしわ飯と肉うどんが有名なのでしょうか?。
今度は、このメニューで食べてみたいと思います♪。

パパベリーさんにも高校生時代があったのかぁ・・・(笑)。

しあんさんへ♪

ウォーミングアップには、程よい距離で、充分に満足しています。
九州は走りやすいからね♪。

懐かしい♪

わたくし、小~結婚まで門司ですの(^^)

いやぁ懐かしい!

私もバイクで門司散策してみたいです(>w<)

そして、クロスカブではまだ九州を出たことないので関門トンネルも通ってみたい!



ありがとうございます

次回、家族で九州帰省の際にはめかりと門司に寄ろうなんて話てたので、レポートありがとうございます!

ロンツーの肩慣らしに400キロ・・・

きゅーさんは何処まで行くつもりなんだろうか‼︎



押して渡れました

きゅーさんと同じ広島の者です。私は関門海峡の人道を歩いて渡りたかったので、人道の入り口の係の人に交渉しました。カブ110でも20円支払えば人道を押して渡らせてもらえましたよ。ぜひチャレンジしてください 笑笑

ゆーさんへ♪

あらっ!?、地元の方ではないですかっ!。

門司はコンパクトにまとまった良い街ですよね。
門司港からは、対岸の下関も良く見えますし、二つの港を一度に楽しむツーリングが出来そうです♪。

原付で関門トンネル。
是非、ゆーさんも実現してみてくださいね♪。

すさきちさんへ♪

九州の玄関口、門司♪。

本州の端に位置する下関で一休みして、もういちど、門司で一休み(笑)。
門司港から見る下関も良いものですよ。
門司港レトロも良い雰囲気ですので、ご家族で楽しまれてくださいね。

たかさんへ♪

はははっ(笑)。
走り慣れた道を軽荷で走る400km。慣らしになったのかどうか・・・(汗)。

GWは全く走ったことのない道を走るツーリングとなるので、少しは走っておかないとね。
たぶん、キャンプ道具満載のタイカブでは、300kmくらいでぐったりしていると思われますけど(激汗)。

スフ♪さんへ♪

えぇぇぇぇぇっ!。

51cc以上の原付は、関門トンネルを走ることが出来るのに、わざわざ押して渡られたのですか!?。
しかも、同額の20円を払ってまで!?。
ヘ、ヘ〇タイさんだ・・・(笑)。

No title

”海賊と呼ばれた男” 出光なんとかさんの復興はここから始まったのですね。

goodpowerさんへ♪

意味深なコメントですね。

株主総会に向け、動きが気になる出光興産。
『大家族主義』はどこへ行ったのでしょうかねぇ・・・。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR