はじめての富士山ツーリング(憧れの富士山だ!編)。

憧れの富士山を眺めながら、トコトコとカブで走った富士山ツーリング。
あの楽しかった日から、一週間が経ったのですね。

2017051316.jpg
目に焼き付けてきた風景と記憶を辿りながら、ツーリングマップルにルートをマーキング。
再びマップ上でツーリングしています♪。もちろん、出会った人たちも一緒にね♪。


5月5日(金)のこどもの日
いよいよ待ちに待った富士山ツーリング本番の日だ!。
2017051301.jpg
おっはようございまぁーすっ!。
既にテンションはMaxに近付いている私。お天気の心配はいらないようだ。

私の隣には、もう一つテントが張られています。
2017051302.jpg
昨晩、仕事を終えて急いでこちらに駆けつけてくれた方。
今回の富士山ツーリングの下調べから、当日のツアコンまで引き受けてくれたDuckyさんだ。

この日の晴天を裏付けるような深夜の寒さでした。
なかなか深い眠りにつけず、午前3時に我慢しきれずシュラフカバーを取り出したくらいです。
それにしても、シュラフカバーって凄いですね。同じシュラフで寝ているのか!?と思わせるくらいの暖かさなのですよ。

ただ・・・。
午前4時半には、ウグイスや小鳥たちが一斉に『おきろぉー、あさだぜー』と鳴き始め、無理やり起床させられました。
ぐぅたらな動物の私たちですみません(汗)。


さて、小鳥たちに喝を入れられた私達おっさん二人。
この日は、道の駅『富士川楽座』に午前8時に集合予定となっています。
集合時間までかなり時間がある。
お互い朝食は準備していない為、コンビニで朝食後そのまま集合場所に移動することになり、キャンプ場のある野田山から下山します。

ハハハ(笑)。
2017051303.jpg
この方も目が覚めるのが早いのですね。
八馬力さんだ!。下山途中でバッタリと出会って、おはようございます写真(笑)。
奇襲攻撃を我々に仕掛ける予定だったようですが、残念でしたね(笑)。

八馬力さんと言えば、セブンイレブン!?。カブ三台を並べ、朝食タイムだ。
カブ仲間が集まれば、自然とカブ話。
その輪に入ってくる、自転車チーム♪。カブや小さなバイクに興味があるようだ。カブ菌散布(笑)。

『お気をつけてぇ~』とお互い挨拶を交わし、集合場所の富士川楽座に向かいます。
この方とツーリングをご一緒する為に。
2017051304.jpg
モリスケさん登場♪。
んっ?、かなり大きな赤いカブですな。アフリカ仕様なのか!?(笑)。


Duckyさんを先頭に、県道10号線を富士川沿いに北上。その後、国道469号線を道なりに進んでいきます。
今回のルートは、Duckyさんプロデュース。富士山を時計回りに進むルートのようだ。

狭路&クネクネの峠越えの国道469号線を楽しく走り抜けます。
キャンプ道具一式を下ろしたタイカブさん。
パワーリスト&パワーアンクルを取り外されたように、軽々ボディで軽快に峠道を駆け抜けていきますよ♪。

2017051305.jpg
まずは、白糸の滝。
湾曲した絶壁を流れ落ちる富士山麓最大の滝だそうだ。この日は水量もあり、迫力ある姿に出会えました。
階段を下り、滝に近付いていくと、ミスト状態の空間が広がる。真夏の暑い日には、涼むことが出来るのではないでしょうか。

2017051306.jpg
白糸の滝に通じる遊歩道にある展望台から、富士山を望む。
出発場所に比べると、すこし富士山に近付いたかな。


お次は、県道414号線を北上し、白糸の滝の近くにある湖、田貫湖(たぬきこ)に向かいます。
ダイヤモンド富士を観ることが出来る湖だそうだ。時間が無いので、撮影会なしで次に進みます。

国道139号線を北上し、富士五湖のひとつ、本栖湖(もとすこ)へ向かいます。
ここからは、富士五湖を楽しんでいきますよ。
2017051307.jpg
途中の道路は、富士芝桜まつりを観る為の車で大渋滞。

どうやら、駐車場が満車状態の為、この様な渋滞になっているようです。
もちろん、反対側からもこの富士芝桜まつりを観に来る人たちもいる訳で、会場付近の道路数kmは、全く動かない感じだ。
カブはなんとかすり抜けで進むことが出来ますが、モリスケさんのアフリカツインは難しいようです。
無理をしないことが一番!。休憩も兼ね、モリスケさんを待ちます♪。


モリスケさんも無事合流で、本栖湖着。
2017051317.jpg
富士五湖のひとつの本栖湖。
この本栖湖と精進湖(しょうじこ)から富士山を観る為には、湖の反対側まで進まないといけない為、時間の都合上、精進湖はパスします。

2017051308.jpg
西湖野鳥の森公園から富士山を眺める。
雲はかかっていますが、綺麗な富士山と青空が私の目の前にある。チェアーを持って来てのんびりコーヒーでも飲みたい気分だ。

2017051309.jpg
太陽は随分高い位置に移動している。
半袖でも良い感じの気温になってきていますよ♪。革ジャンを着込んでいる私は、暑くてタマラン(汗)。

2017051310.jpg
富士五湖で湖近くに降りることが出来るのは、この西湖(さいこ)のみとのこと。
皆さん並んでの記念撮影では、良い感じに富士山が顔を覗かせてくれました♪。
カメラを構えて、『雲よ、どけ!』といったジェスチャーをする皆さん(笑)。その気持ち、よぉーく分かります。

さぁ、河口湖(かわぐちこ)に向けて出発だ。
2017051311.jpg
イイ感じの場所を見つけたので、皆さん慌ててUターン(笑)。
テンションの高くなっているモリスケさんを観るのは初めてのような気がするぞ♪。

2017051312.jpg
河口湖自然生活館前の駐車場広場で富士山を眺めながら休憩。
既に時刻は、お昼の12時。予定よりも1時間遅れのペースになっています。
お昼は『ほうとう』をと計画していたDuckyさん。待ち時間が気になってきます。

河口湖大橋を渡った付近で、黄色大好き『ちょこれい』さんが合流♪。黄色のクロスカブで登場だ。
てっきり、黄色のリトルで登場かと思っていました(笑)。

ほうとうがおいしいお店は、予想通りの混雑ぶり。
待ち時間なしで食べることが出来るお店に行きましょうということで、近くにある天ぷら屋さんへ♪。
2017051313.jpg
迷わず、天丼を注文。あと、吉田うどんも食べましたよ。
吉田うどんって、うどん自体が太いのですね。すするというよりは、長くしっかりとした餅を食べている感じだ。
柔らかくはなく、モッチ、モッチとした食感です。

普通のうどんと思っていた私。胃袋が、はち切れそうなくらいの量に四苦八苦しながら完食です。


お腹がいっぱいになり、最後の観光スポットへ。
山中湖(やまなかこ)の先にあるパノラマ台へ向かいます。

ですが、大渋滞が我々の行く手を阻む。
ここでカブの機動性を生かし、抜け道を思われる道へ冒険開始。
順調に進んでいると思われましたが、どうやら道に迷ってしまった御一行。
睡眠不足、満腹、ロングツーリングでの疲れ、富士山を観ることが出来た安心感で、一気にテンションが下がっていきます。
それが伝わったのか、皆さんも静まり返っている。

とその時、『さぁ、行きましょう!』と大きな声が聞こえる。
曇り掛かったツーリングを一気に吹き飛ばしたのが、大将八馬力さんだ!。
そうなんだよね。このような感じの方がいれば、マスツーリングも楽しくなるのだよね。私も見習わねば!。
感謝ですよ、八馬力さんっ!。

迷い道を脱出し、山中湖の大渋滞を抜け、皆さんでやっとのこと到着した場所。
2017051314.jpg
パノラマ台付近から富士山を眺めています。富士山が近いよ(泣)。

この景色が観たかったんだ!。
このブログを始めたのが約三年前。自己紹介では『夢の県境越え』と書いてある。
県境どころか、富士山まで自走でやってきたんだよね。カブとカブ友に感謝です。最高だっ!。


夕暮れが迫ってきます。
残念ですが、ここで八馬力さんとちょこれいさんとはお別れになります。

ここからは、Duckyさん、モリスケさん、そして私の三人で野田山のキャンプ場に向かいます。
今宵も富士山を観ながらキャンプするのだ。

国道469号線でモリスケさんとはぐれてしまします。
大渋滞の中では、カブと一緒に走るのは難しいですよね。無理のない運転が一番!。
目的地は一緒なので、ここで別行動となります。

2017051315.jpg
途中、長閑な雰囲気の中に富士山が現れる場所を発見。
この道は、原付ではないと入ることは出来ないかな。原付でもUターンが難しかったくらいですから。


キャンプ地では一足先にモリスケさんが到着されていました。
正規ルートでも、かなり荒れている道なのですが、ナビに案内された道は、とんでもない道だったとか。
Uターンに30分くらいかかったようですよ。しかも真っ暗な林道で(怖)。よくぞご無事で。

モリスケさんのテント設営後、下界へ。
ファミレス&銭湯で胃袋と身体を温め、キャンプ場へ帰還後、少しまったりとして就寝です。

夢の富士山ツーリングの走行距離は、約220kmでした。バンザァーイ♪。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もう一週間ですねぇ

時間というのは待つ間は長いけれど過ぎるとグンとスピードアップする気がします。

しかし楽しい一日でした。
この日を境に翌日から黄砂や湿度で富士山が見えない日が続いたようです。
若干の雲はあったものの、結果的には奇跡の一日だったのですね。
銭湯の壁画のような真っ青な空を背景にそびえる富士山をお見せする事ができて一安心でした^^
カブ村ドリームチームの皆さんとのマスツーでテンションも高めでしたが、帰路道志みちの突き当たりで左右に分かれた瞬間スイッチが切れて後は黙々と帰りました・・・てか一人でテンション高かったらただのアホですが(^^;

さて明日は須賀川カブフェスなのですが、またまた超弩級ヘ○タイさんの迎撃です。
御本人は誰かさんと同じように「辿り着けるか分からないのでナイショに」とおっしゃってますがね( ̄ー ̄)ニヤリ

すげぇ!

こんにちわo(^o^)o
いい意味で…どんどん人間離れして行かれてるような(笑)人間もそうですがカブも無限の可能性を秘めた乗り物なんですね!
きゅーさんのブログ見て、あそこまではカブで行けるんだ!と思ってましたが…
あんまり参考にしてはいけませんね。
自分も中国地方脱出してみます!本州で!

新鮮に感じます

普段行くことの多い場所も、きゅーさん目線の文章と美しい写真で新鮮に感じます!
そしてスゴく楽しさが伝わってきま〜す!

良いですね〜\(^o^)/

改めて画像でみると
見たことある景色に見覚えあるカブ
そこに突如現れた異色の黄カブ
この黄カブはナンバーが「広島」だよ〜 ((((;゚Д゚)))))))
話し掛けてくる人達に自分の事の様に自慢し、カブの未知数を自慢する
(今回アフリカビックだけど、隣のモリスケ師匠には この違和感が慣れたwww)
いやぁ〜 スゴイ!
事やっちゃったね!
でも さわやか未達成だから次回の宿題にしとくよ(鬼)
またね〜

八馬力さんへ♪

もう、一週間前の出来事なのですよね。

私も楽しく富士山を廻れましたよ。
富士山周辺でも黄砂が飛んだのですね。帰宅中、私もかなり黄砂でやられてしまいましたよ。
青空の下、富士山を観ることが出来ただけ幸せですよ。

本日、須賀川カブフェスですね。
雨が降らなければいいのですが、気を付けてカブを走らせてくださいね。
そして、思う存分楽しんできてくださいませ♪。

で、無茶な奴は誰よ(笑)。

親方さんへ♪

おはようございます。

GWですので、乗車時間が半端ないものになっただけなのです。
親方さんも阿蘇に行ったときに、一日の走行距離がこれくらいだったはず!。
なので、富士山にも行けると思いますよ。

本州で中国地方脱出・・・。
となれば、カフェカブ京都か!?。

すさきちさんへ♪

テンションの上がった富士山ツーリングとなりました。
観るもの聞くものすべてが初めてのことでしたので、とにかく新鮮だったのですよ。
それが、すさきちさんに伝わって良かったです♪。

いつの日か、すさきちさんとも走りたいものですね♪。

Duckyさんへ♪

念願だった富士山ツーリング。
皆さんの協力があったからこそ、成し遂げられたと思います。

ナンバーね。
遠い地にツーリングに行ったときは、ナンバーを見せたくなるものです(笑)。
今回のツーリングでも、『カブで旅をしたい』と言われていた方もいましたよね。
富士山周辺でカブ菌散布(笑)。

あっ、さわやか。
広島に支店出してくれないかなぁ(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
注意事項
ブログ内容及び写真の転載・無断使用は禁止です。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
お知らせとお願い
当ブログでは、相互リンクをおこなっておりません。 また、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR