はじめての富士山ツーリング(さよなら富士山編)。

小さなピストンひとつで重たい私と荷物を載せ、どこまでも走ってくれるカブ。
愚痴ひとつ言わず働くその姿は、昭和の日本人とどこか似ているようにも思えます。
だから、カブが好きなのかな。


5月6日(土)、5月7日(日)と二日かけて、広島まで帰ります。
ルートは、往路とほとんど一緒だ。

2017051401.jpg
6日早朝、富士山をしっかりと目に焼き付ける。

2017051402.jpg
午前5時、出発前に『暖かい珈琲をどうぞ』とDuckyさんが珈琲を淹れてくれる。
寒い朝に飲む一杯の珈琲は格別だ。身体も心も温まる珈琲をありがとう♪。

爆睡中のモリスケさんを起こさないように、静かにキャンプ場を後にします。

国道1号線に入ると、バックミラーには先程の富士山が写し出されています。
その富士山を見つめながら、『また来るけぇの』と心の中でつぶやく。そしてバックミラーから富士山は消えていきます。

さよなら富士山。


名古屋までのルート。
就寝前、モリスケさんにルートをレクチャーしてもらいました。
2017051403.jpg
原付二種の走行出来ないバイパスの迂回ルートや、国道1号線と並走している国道23号線、渋滞時の側道の使い方など。
なるほど!と思えるルート説明でしたよ。モリスケさん、ありがとうございました。

今回は国道23号線のバイパスを走ることが出来るのか不安でしたので、側道と国道1号線を組み合わせて走ってみました。
ちなみに、国道23号線のバイパスは原付二種は走行出来るようです。

上空は一面雲に覆われています。
この日は雨に遭うことを覚悟していたので、終日カッパを着用し、ツーリングバッグにはカバーを装着していました。
2017051405.jpg
一時、霧雨程度の雨には遭いましたが、本格的な雨に遭わずに済み、体力を奪われることなくツーリングが出来ましたよ。
雨で濡れた道路を走ることもあったのですが、運良く、雨雲と雨雲の間を縫って走っていたみたいです。

そういえば・・・。
『富士山に行くならば、静岡でお茶を買ってきて』ときゅー奥から言われていたことを思い出す。
既に、愛知県入りしているのですけど(激汗)。
2017051406.jpg
道の駅『関宿』で、お茶を購入。
お土産は、気持ちが大事なのですよ!と自分に言い聞かせて、再びカブを走らせます。

2017051407.jpg
初日と同じキャンプ場の水口スポーツの森。
受付終了時間ぎりぎりの夕方5時前に到着しました。
事前に電話で『到着が遅れるかもしれない』と連絡していたので、焦ることなくキャンプ場入り出来ました。
安全運転第一ですものね。

ちなみに、こちらのキャンプ場内へは車両乗り入れが禁止されています。
この日、キャンプ場入りしているのは私ともうひとグループのみ(自動車6,7台くらい)。
初日に停めていた平場に停めようと思っていたのですが、自動車を横付けされていて平場に入ることが出来ない状態。
仕方なく、テント横に停めさせて頂きました。

初日と同じく、温泉に浸かり、スーパーセイユーのお弁当で晩御飯。
2017051408.jpg
狭いテントの中、ほのかな明かりの下で食べるお弁当は、プチ冒険気分を味わえます。
この様な食事は、日常では味わえませんものね♪。

この日の走行距離は、約360km。
往路と全く同じ走行距離になりましたが、今回は国道23号線の側道を走ったり、そこから国道1号線に合流したりと走行距離が延びています。
ロスなく走れば、今回の復路で使用したルートが走りやすいかもしれませんね。


さぁ、最終日の5月7日の日曜日だ。

就寝時間が早かった為、午前3時にはキャンプ場を出発出来る状態になっています。
深夜の水口中心部は、3M前も見えないくらいの深い霧に覆われています。
走行している車両は少ないのですが、速度に気を付けながら安全運転で出発だ。

復路は往路とは違うルート。
国道1号線で京都入り。そこから国道171号線、国道2号線と走るルートです。

京都入りとなれば、ここに来なくてはダメでしょ(笑)。
2017051409.jpg
早朝の梅小路公園。
一足お先に、ひとりカフェカブ京都2017です(笑)。
※ひゃぁぁっぁぁっ!、今年はカフェカブ会場が違うみたいですよ!。

あとは、淡々と走るのみ。
2017051410.jpg
加古川で珈琲を飲みながら1時間も休憩したり。

丁度お昼前に岡山入りしたので。
2017051411.jpg
こちらに寄ってみたり♪。

大きなハンバーグで有名な『ツモロ』さん。
2017051412.jpg
牛肉100%のハンバーグ。
ハンバーグの大きさは直径12~13cmあるのではないでしょうか。このセット内容でお値段税込1,000円なのです。
さわやかでハンバーグを食べることが出来なかったので、こちらで食べてしまいました(笑)。

2017051413.jpg
たったの五日間の旅でしたが、尾道に帰ってくると懐かしい香りにホッとします。
ホッとして気が抜けた為か、ここから自宅までの2時間弱のライディングが、非常に辛かった。特にお尻の痛みは・・・(泣)。

京都経由の走行距離は、約440km。
往路は420kmだったので、京都経由のほうが走行距離が延びるのですね。


最高のお天気に恵まれた、今回の富士山ツーリング。
2017051414.jpg
富士山にありがとう。そして、お世話になった方々とタイカブさんに感謝をこめて、ありがとう!。

富士山ツーリングの総走行距離は、420km+360km+220km+360km+440km = 約1,800km。
良い旅でした♪。バンザァーイ♪。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

凄いツーリングでしたね。
きゅーさんの一連のブログを拝見して
改めてカブの性能の良さを
感じさせて貰いました。

綺麗な富士山をいろいろな角度から
見ていただけて、本当に良かったです。
機会がありましたらば、また
是非静岡へお越しくださいね。

No title

あ~~、読めば読むほどお会いしたかった~~(ノω・、) ウゥ・・・

でも、たくさん富士山が見れたようで良かったです♪
あんなに大きいのに天気悪いと近くにいても全く見えませんからねww

次回までにはぜったい会いに行けるように修行しときますのでまた来てくださいね~~ヾ(=^▽^=)ノ

お疲れ様でした♪
あ!愛知で買ったお茶は喜んでもらえましたか?( ̄_ ̄ i)

No title

大冒険だったですね
カブでここまで行けるんだから わし250でしんどいと言ったら アカン 反省しています
計画練っています、 富士山から このキャンプ場使えば 楽に帰れそう。

びちゅけさんへ♪

お世話になりました。
あの晩、オイル交換して頂き助かりました。本当にありがとうございました。

初めて観る富士山を晴天の下で体験出来たのは、幸せなことだと思っています。
しかも、ぐるりと一周出来ましたから特に嬉しく思っております。

また、そちらに伺うことがあれば寄らせて頂きますね。

まゆっちさんへ♪

まゆっちさんにも、私が富士山に行くという情報が伝わっていたのですね。
どなたに連絡がいっているのか知りませんでしたから(笑)。

リトルカブの世界では、まゆっち先輩ですからね(笑)。
カブに乗っていれば、どこかでお会いできると思います。その時は宜しくお願いしますよ、先輩!。

お茶ですか?。
何も言わずに渡したら、すぐに静岡産ではないことを指摘してきましたよ(汗)。

nojyukuさんへ♪

良い旅になりました。

いやいやいや。
のじゅくさん、無理をしてはいけませんよ。これからの季節、暑くなるのですから気を付けてくださいよ。
そういえば、ヒロキチさんもこのキャンプ場を気に入っていましたね。
あっ、もうすぐあるイベントの時に使うの?。

お帰りなさい

無事に富士山を拝むことができて良かったですね(^ー^)

高速道路でも、かなりの距離なのに・・・
タイカブすごいぞっ!?
いや、きゅーさんがすごいです。

富士山より、きゅーさんがコメダに・・が気になりました(笑)
何はともあれ無事で何よりでした。

No title

独眼の店主に会いに行かれたのね♪


五日で1800ですか、、、、行けない距離でもないですね

No title

ワシも格好つけにゃぁ、ならんですけぇ・・・

(全5話を読み終えて)何故か仁義を切りながら皆がカブを走らせる。

な~んて想像しながら、楽しく読まさせて頂きました(笑)!
富士山に愛に行くツー、コンプリート。おめでとうございます♪
本当の冒険は20/1800kmでしょ?
残りは全て完走・達成するための味付け
家までの20kmがケツ痛いわぁ
いろんな我慢が限界だわぁ
沢山の反省と楽しい思い出が交錯して…

いやぁ~ カッコ良かったッス!

ワシの経験から、群上経由能登方面もお勧めでっせ!
終わりなき戦いは始まったばかりwww
とりあえず一旦、お疲れ様でした♪

( ≧∀≦)ノ

しあんさんへ♪

ただいまさぁ。

念願の富士山を拝めて良かったよ♪。
いやいや、タイカブでなければ、かなりきつかったと思いますよ。
私に掛かる負担をタイカブが補ってくれた感じだね。

コメダね。
広島市内にもたくさんあるのですよ。
変な香り付けをしていないコーヒー屋さんでリーズナブルな価格帯と言うところがお気に入り。
きゅー奥ともよく行きますよ。

むらさんさんへ♪

そうそう♪。
ツモローに伺ったのですが、店主さんは表に出てきていませんでしたよ。
残念ながら、お会い出来ませんでした。

一日の走行距離にすると400km弱なので、日帰りツーリングの距離でしょ。
ただね、私たち西側に住むものからすると普通の日帰り距離なのですが、東に進むと渋滞がひどく、この距離でも大変なのですよ。
実際に走ってみて分かりました。

バビューンと走るならば『西に行け!』ですわ。

Duckyさんへ♪

おおよぉ。
ワシも身体が少しめげたくらいで、ベッドで寝とっちゃぁいけんかったのぉ。
げに、かばちたれよる暇があったら、カブを走らせんとのぉ。

翻訳
そうよねぇ。
私も身体が少し弱ったくらいで、ベッドで寝てたらダメだったねぇ。
本当に、言い訳している暇があったら、カブを走らせないとね。


尾道を過ぎてからが長かったな。
交差点で停車する度に、お尻をイスから上げていましたから(笑)。

地図上では、能登半島も射程圏内のような気がしてきました(笑)。
あぁぁぁ、距離感がおかしくなってきたよ。

今回の富士山ツーリング、ツアコンお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

タガが外れましたね♪

こんにちは。
いや~面白かった!
やっぱり旅してるカブは楽しいね。
その記事に自分が出てくる事に不思議な感覚があります(笑)
残念ながら私はそっちに行くのは20年は掛かるだろうな・・・。
だから来てね♪
ヨロシク(*^^)v

No title

おつかれ~ス(脳みそ夫風)
痔にならなかった(笑)

カフェカブ京都の場所変わるの?
事務局の発表無いから中止かと思ってました。

長旅おつかれさまでした!

あっ、きゅーさんにとってはちょうどよい距離!?…(笑)

今シーズンもまだはじまったばかり。

お互い、思うまま気の向くまま
楽しく冒険を続けましょう~(笑)

そして物語は大団円だよお客さん♪

御静聴ありがとうございました。
次回「きゅーの大冒険」、主人公はどこへ向かって旅立つのか、さぁさぁお楽しみにパパンパンパン♪
あ、お客さん木戸銭は出口でお願いね~!

ってなとこでお疲れ様でした(笑)
ワレちまったケツはくっついたでしょうか?^^

先週広島のきゅーさんと御一緒し、昨日は岡山(愛媛)のじゅえるさんと一日行動を共にしました。
なんとも不思議な縁に思いをしている次第でございます。

遠大な距離を走り抜けた方々のおかげで関東(中部地方と東北地方も少々)にいながらにして生涯思い出に残る五月を過ごす事ができました。
御一緒させていただけた事に感謝です。

きゅーさんと回った快晴の富士山と対象的なエクストリームな日光いろは坂をじゅえるさんと走り、余計印象深くなっちゃいましたよ(^^;

お疲れ様でした!

やっぱりカブ旅は最高ですね!バーチャルツーを楽しませて頂きました!有難うございます!

やつがれさんへ♪

こんばんは。

いつも思うのですが、初めてお会いしたのに初めてではない感覚。
ブログをやっていると、この様な感じになるのですよね(笑)。

やつがれさんにお会い出来て、嬉しかったですよ。
そして、プチ富士カブ&プチ夜間ツーリングが最高でした♪。

20年かぁ・・・。長生きせんといけんね(笑)。
カブに乗っていれば、どこかでまた会えますよね♪。

goodpowerさんへ♪

能みそ夫・・・。
全く知りませんでした(汗)。芸能の話題にはついていけていませんよ(泣)。
goodpowerさん、若いね♪。下半身はどう?(毒)。

事務局からの発表があったようです。
琵琶湖畔で開催されるようですよ。goodpowerさんのお住まいの地域に少しだけ近づいたようです(笑)。

今年も晴れたら良いですね♪。

モリスケさんへ♪

こちらこそ、お世話になりました。
夜のキャンプ場でのルート勉強会!。
勉強の成果が現れましたよ♪。これで、名古屋も射程圏内!?(笑)。

そうそう。
方や枠にハマったツーリングじゃぁ、楽しくないですものね。
お互いに楽しんじゃいましょう♪。

八馬力さんへ♪

八馬力さんには、感謝感謝です。

って、やはりプリンスがそちらに向かったのですね。就活はどうした!?(笑)。
ケツですか?。アロンアルファでなんとかね(笑)。

ふふふっ。
雨のじゅえる君(笑)。たぶんこちらに来られても、そのような感じになりそうな予感(笑)。
それもまた楽し!ですけどね♪。

パパベリーさんへ♪

旅の相棒には、やっぱカブかな♪。

トコトコの世界では最強ではないでしょうか。たくさん荷物を積んでも文句ひとつ言わないしね♪。
パパベリーさん、勉強を頑張ったご褒美に、しまなみ海道&見近島の旅をお供しますよ♪。
早く、こちらに来てくださいね♪。

感動の結末ですね

きゅーさんの詩的な文体と写真のおかげで、読んでて感動してしまいました゚(・∀・)イイネ!!
真似して旅してみたくなりますが、ワタシはその二割の距離で充分満足できます(笑)

お疲れ様でした〜\(^o^)/

お疲れ様でした。

きゅーさん、こんばんは!
お久しぶりでございます。

カブで富士山まで遠征でしたか。お疲れ様でした。
それにしてもすっごいなぁ~
ずーっと下道しかもカブで、、、、尊敬します!
わたしがそんな距離を走ったらきっと腰と首が悲鳴を上げて途中でリタイヤしそうです。

野田山のキャンプ場は無料なのでうれしいですよね。
上の東屋から見える夜景綺麗だったでしょう?

富士山の雄姿を見るなら次回は是非ふもとっぱらへ行かれてみて下さい。
ただ、ちょっと料金お高めだし人気のキャンプ場なのでシーズンオフじゃないと、、、、って感じですが。

すさきちさんへ♪

ええぇぇぇぇぇぇぇっ!?。
私のような駄ブログで、感動して下さるなんて・・・。お世辞でも嬉しいです♪。

距離は問題ではないのですよね♪。
自分がいかに楽しむことが出来るかがポイントなんだと思います。
とにかく走りたい!と思われる方は、とことん走れば良いし、まったりしたいな♪と思えば、近くの河川敷で缶コーヒーを飲めば良いのですよね♪。
楽しみ方は人それぞれ。それをかなえてくれる乗り物がカブだと思います♪。

あっ、ちなみに私の周りには、両極端な方々でいっぱいです(笑)。

ケムきちさんへ♪

ケムきちさん、おひさしぶりですっ!。
まゆっちさんが、ソロでバンバン走られているから、ケムきちさん元気なのかな?と心配していましたよ。

富士山をとにかく観たくて。
GWに5連休なんてなかなか取れない仕事なので、今回思い切って走ってみました。

野田山キャンプ場ね。
昼間に上にある東屋まで歩いていきました。
夜は、疲労困憊で上ることが出来ず、夜景を観ていないのですよ。残念っ!。

ふもとっぱらは、一番の候補地だったのです。
が・・・。
GWは混み合うという情報が流れていましたので・・・。次回かな。あっ(笑)。

青空!

キレイ!
やっぱり富士山ってすごい!!
画像見るだけでもテンション上がります(^^)

フェリー併用で行きたいです!
何日必要だろう・・・

いい天気に恵まれて羨ましい~

ゆーさんへ♪

写真では小さく写っている富士山ですが、実際は、目の前に大きくそびえ立っている富士山が観えるのです!。
本当にすごいよ。
特に、富士山を遠く感じる地域にいる私たちにとっては、かなりの衝撃を受けると思います!。

ゆーさんにも是非お勧めします!。
是非、カブで富士山を訪れられてはいかがでしょうか♪。きっと、感動しますよ!。

No title

こんばんは、名古屋のDR乗りです、富士山ツーリングお疲れ様でした。
きゅーさんも富士山を観てさぞやテンション上がった事でしょう!
自分は年に数回見てるはずなのに、その都度オッ!て見入ってしまいます
富士までの東海道は、バイパス乗ったり迂回したりと原2にとって面倒だったでしょうね
名古屋周辺は連休という事で交通量も減り、不快指数は高くなかったかと思いますが・・

当初、5日の晩は自分も野田山緑地でキャンプの予定をしていたんですよ。
伊豆大島から船で戻り、仲間と解散予定がもう1泊って事で川崎の海辺でゲリラキャンプ
もし誘いが無かったら野田山できゅーさんと再会できてたかもって今更ながら思います。 残念!
6日はきゅーさんより数時間遅れで西へ向かってトコトコ走ってました。
今回船の都合でチョイ大きいCT(シルクロード)の出動でしたが、トコトコ走るロングツーリングは楽しいですね!
きゅーさんのブログ拝見する度に、原2も増車・・と思案中。 しかしまだ先になりそうです・・・

ぼやさんへ♪

おはようございます。
九州旅ではお世話になりました。

午前10時前に名古屋中心部を通過することが出来たので、難を逃れたという感じでしょうか。
流れは良かったのですが、さすがは大都会の名古屋。車は多かったですよ。

野田山キャンプ場は良い感じの場所でしたよ。
バッタリ!。キャンプツーリングをしていると、そういうことって多々ありますよね。
それがまた良いのですよ♪。どこかでお会いできるかもしれませんね。

増車・・・。
たぶん、そう遠い話ではなさそうな気がします(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR