まだまだ島遊び。

5月27日の土曜日のこと。

この日のお天気は、終日晴れと予報されていました。

そろそろ中国山地を越え、今シーズン初の日本海側にツーリングをと考えていた私。
しかし、気温が私の思っているくらいまで上がってくれないようだ。
しかも早朝出発&夜間帰宅で、寒さに耐えながら日本海入りするのも考えもの。
もうそろそろ、年齢と言うものを考えないといけない歳になってきましたからね。無理は禁物なのです。
楽しいツーリングが一番さ♪。


ということで。
2017052101.jpg
安定した気候の瀬戸内をツーリングすることに決定(笑)。

広島市から海岸線沿いの国道31号線を走り、呉入り。
そこから、国道185号線を同じく海岸線沿いに走ると現れてくる水色の橋。
2017052102.jpg
今回は、『とびしま海道』を楽しく走り、しまなみ海道とは違った雰囲気を味わってみたいと思います。

ここでおさらい。
とびしま海道は、下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島、岡村島(愛媛県)の五つの島で構成されています。
しかも、しまなみ海道と違い、非常にコンパクトにまとまっているのです。

広島市ととびしま海道の位置関係は、この様な感じです。

日帰りツーリングをまったりと楽しみたい方にとっては、打ってつけの場所かもしれませんね。
2017052103.jpg
野呂山展望台より撮影。

ちなみに、とびしま海道は五島を橋で繋いでいるのですが、そのうち利用料金の架かる橋は、先程の写真に写っている水色の橋(安芸灘大橋)だけです。
しかも、125ccまでは利用料金が50円だ!。←自動二輪は550円なのですよ。


まずは最初の島の下蒲刈島を通り抜け、上蒲刈島を走ります。
2017052104.jpg
海岸線では、どこからともなく磯の香りが私とタイカブに吹き付ける。
気温はさほど高くなく、風が適度に身体あたり、気持ち良く島巡りをしています。

時刻は午前11時前。
トコトコスピードでのんびりと島巡りをしている私の目に、一台の軽バンが映る。
2017052105.jpg
白いボディーに青色で『・・・原』と言う文字。
この軽バンは、『うどんの原』の移動販売車両だっ!。いつもは気にも留めていなかったので、この場所を通り過ぎていました。


この先にある大崎下島に橋が架かっていない時代のこと。
大浦港から大崎下島に向けて、フェリーが航行していました。
私も、このフェリーに乗って大崎下島に向かっていたことがあります。
その時、フェリー乗り場のある桟橋に、あの白い軽バンが停まっていたことを思い出しました。
私もその時に、うどんを食べているのです♪。

現在は、この航路は廃止となっています。
こちらのおばさん曰く、『桟橋が無くなったので、この場所に移転しうどんを販売している』とのことでした。

最高の景色をおかずにうどんを頂ける環境となっています。かなり長閑な空間が広がっています。
2017052106.jpg
時刻は午前11時前なのですが、前面道路を通過する車は少ないようです。

静かな空間で、頂くうどんはコレ。
2017052107.jpg
きつねうどん。(税込450円なり)
懐かしいフォルムでリラックス出来ます(笑)。
うどんの麺が柔らかいのは、昔懐かしの広島のうどんを感じさせてくれます(嬉)。

ササっと食べて、下蒲刈島を反時計回りに一周してみます。
2017052108.jpg
メイン道路から外れ、県民の浜を通り過ぎる。
海岸線では、数名の釣り人達が竿を投げ、海面を見ながらまったりとしている。
そんな海岸線から観える景色はというと、吸い込まれそうな青色に染まった空と海が広がっています。

2017052109.jpg
透明度も素晴らしいのだ!。


豊浜大橋を渡り、豊島に上陸。時刻は、お昼を廻ったくらいだ。
先程、うどんを食べたばかりなのですが、お腹が空いてきます。
2017052110.jpg
実は、とびしま海道入りする前にセブンイレブンでお弁当を購入していまして・・・(汗)。

防波堤に腰を下ろし、潮風を感じながらお弁当を頂きます。
2017052111.jpg
この様な景色が広がっているのですから、食欲もわきますよね(笑)。
良い景色を観ることの出来るレストランの一番良い席で食事をしている感じでしょうか?。
例え、それがコンビニ弁当であっても、最高の食事に思えてしまいます。


昼食後は、次なる島の大崎下島へ。
2017052112.jpg
こちらの島では、江戸時代の面影を残す港町の御手洗地区があります。
観光客の少ない御手洗地区入り口付近で、良い撮影場所を求めながら散策開始。

ファインダーを覗きこみながらシャッターを切っていると、私の後方から図太い排気音が聞こえてくる。
『かなりパワーに余裕がありそうな排気音だな』と思っていると、その排気音は私に近付き、そして停車・・・。
『んっ?』とファインダーから目を離し、排気音のほうへ振り向く私。←このパターン、最近多いな(笑)。

『きゅーさん?。』と大型バイクに跨るライダーさん。
誰???な私。
2017052113.jpg
SSTR帰りのヒロキチさんでした(笑)。
ヒロキチさんのヘルメット姿を見たことがなかったので、誰だかわかりませんでしたよ。すみませんでした(汗)。
SSTR終了後、ふもとっぱらでキャンプされてきたようですよ。綺麗な富士山を眺めることが出来て良かったですね。

ヒロキチさんを見送った後、御手洗地区をカブでお散歩します。
2017052114.jpg
高燈籠とタイカブさん。

町並み保存地区に指定されている、ここ御手洗地区。
ゆっくりと歩いて観て回るのがベストなのですが、今回はカブでウロチョロするのみ。
2017052115.jpg
この御手洗地区をじっくりと散策するには、半日は必要と思われます。
次回は、御手洗地区のみに限定して、ツーリングをしてみたいものですね。

2017052116.jpg
人通りが多い為、大型バイクではこのような撮影は難しいかな。
狭い路地を押して歩き、頻繁に切り替えしなどを行わなければならない状況になってしまいますもの(汗)。

コマンタレブー(笑)。
サントリーオランジーナのCM ←ググってみてね♪。
美しいオランジーナ先生と御手洗地区を観ることが出来ますよ♪。むらさんさん、情報提供ありがとうございました。


さて、とびしま海道と言えば、この道路に描かれた文字を連想する方もおられるかもしれませんね。
2017052117.jpg
この手書きスタイルがイイ味を出しているんだな♪。

先程の御手洗地区がある『大崎下島』と、とびしま海道最後の島『岡村島』を結ぶ、岡村大橋。
2017052118.jpg
その橋上の真ん中が、広島県と愛媛県の境界となっているのです。
なので、この様な写真を撮影される方がたくさんおられます(笑)。

岡村島といえば、ナガタニ展望台も楽しまないとね。
2017052119.jpg
この展望台に辿り着くまでの道が楽しくて楽しくて(笑)。
急こう配の場所がある為、過積載の旅仕様カブですと、バックドロップされそうな感じになってしまいます。
今回、私の相棒はパワーのあるタイカブさん。しかもキャンプ道具などを積んでいない状態。
バックドロップとは無縁でしたよ♪。ヤルネ!、タイカブさん!。

2017052120.jpg
ナガタニ展望台からの眺望。
正面にはしまなみ海道を観ることが出来ます。
写真中央から右側にかけて写っている長い橋は、来島海峡大橋。四国をハッキリと観ることが出来るのです!。


時刻は三時前。休憩時間ですな。
岡村港付近にある、外壁を水色に塗られているこちらのお店で休憩します。
2017052121.jpg
まるせきカフェさん。

カブを停めて撮影していると、『めぇー、めぇー』という鳴き声が聞こえくる。
入り口では、本物のヤギちゃんがお出迎えしてくれます。
このヤギちゃんの名前を忘れてしまいました。たしか、姫という文字が書かれていたと思うのですが・・・。


渇いたのどを潤したかったので、冷たい飲み物を頂きます。
2017052122.jpg
アイスソイラテ。
数量限定で、豆乳は地元の豆腐屋さんから仕入れているとのこと。
しっかりとした豆乳の味がして、とてもおいしかったです♪。深みとコクのあるソイラテですよ♪。

と、こんな感じでザックリととびしま海道ツーリングを楽しんでみました。
2017052123.jpg
良いお天気に恵まれたので、タイカブさんでトコトコと島々を流して走るだけでも気持ちが良かったかな。

とびしま海道から本土に移動。
記事前半で登場したとびしま海道の島々の写真を撮りに、野呂山展望台へ上って、今回のツーリングは終了です。

今回のとびしま海道ツーリングの走行距離は、約220kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相変わらず

強烈な撒き餌ですなぁ(^o^;)
しまなみ、とびしま、呉、尾道…瀬戸内観光に行っちゃったら帰れなくなりそうな予感がひしひし(;´∀`)

関東ではキツネは油揚げでタヌキは揚げ玉、関西では逆と聞いた気がするのですが瀬戸内のキツネはお揚げ?
とりあえずその軽バンに東京へ行くように言ってくれませんかね(≧▽≦)

No title

しまなみ海道といい、いい環境だな~

海と空、青が多い写真満載で初夏を感じます。
あと青いパ○チラあれば大満足(バカ)

No title

おぉ!

オランジーナ先生の島だ♪


ドリームタイカブが阿修羅男爵になってますね♪


そうなの

ヘルメット被ってたらわからないのね!
キョトンとした顔されていたので~
私の作ったステッカーをわたせば良かったな~っと後悔しながら走り去って行きました。また近いのでお会いできるでしょう
御手洗はカブが似合うと思いました。

八馬力さんへ♪

梅雨入り前に、八馬力さんへ瀬戸内の魅力をぶつけまくります(笑)。
撒き餌はOk。お次は、石さんとDuckyさんからの攻撃が待ち受けていると思います(笑)。

こちらでも関東と同じく、キツネは油揚げですよ。
赤いきつねと緑のたぬきが売られていますから(笑)。

goodpowerさんへ♪

原付に乗り出して、瀬戸内の魅力を再発見した私です。
おもいっきり楽しんでいますよ♪。

って、パ○チラぁぁぁぁっぁぁぁっぁ!?。
そんな気持ちもなくなってしまうくらいの美しい景色ですから、安心してgoodpowerさんも遊びに来てね♪。

むらさんさんへ♪

コマンタレブー♪。

サントリーのオランジーナのCMですね♪。
美しいオランジーナ先生と美しいとびしま海道が良いですよね。

記事に追加しておきます。情報ありがとうございました♪。

ヒロキチさんへ♪

ボォーっとしていて、すみませんでした(汗)。

しっかりと目に焼き付けましたので、次回お会いした時には元気にご挨拶させて頂きます。
ただ・・・、ヘルメット姿を焼き付けましたので、普段着で歩かれている時には、気が付かない恐れがあります(激汗)。

ヒロキチさんも次回はカブでとびしま海道を楽しんでくださいね。
次回お会いできるのは、また橋の下でしょうかね(笑)。

MCKにて

きゅーさん、こんばんは。
今旅最終日のMCKであります。
とびしま僕はね最後の島でバチッと終わっちゃう
のが悲しくて嫌〜(笑)
しまなみみたいに何処までも行けないのが嫌〜(笑)
御一緒したいですねぇ。

中華クロスカブさんへ♪

こんばんは。

そろそろMCKでお休みなられたのでしょうか。
良い天気が続き、最高の旅となったのでしょうね♪。

とびしま海道は、岡村島でUターンですよね。
フェリーに乗れば、しまなみ海道までワープ出来るのでしょうけど、そこは自走で走り抜けたいですよね。

あぁぁぁ、キャンプしたい(笑)。

瀬戸内

こんにちは (^ ^)

ここのところ 瀬戸内三昧ですね (笑)
自分も ここ最近 すごく瀬戸内の海に行きたくなりますよ ( ^∀^)
自分は 山の方に行きたいって シーズンと
今のように 海に行きたいってシーズンがありますよ!

とびしま街道は 何度か行きましたが、しまなみとは また違った雰囲気で 良いですよね( ^∀^)
また 行こうかなぁ〜

カフェオレ号さんへ♪

こんにちは。

ちょいとおさんぽ気分♪。
な時には、瀬戸内をトコトコですよね(笑)。

近くにこんな素敵な場所がたくさんあるなんて、ものすごく幸せだと思います♪。
『カブに乗っていて良かったな』と本当に思います。

カフェオレ号さんのお住まいのところからですと、とびしま海道の岡村島からフェリーでしまなみ海道の大三島コースがガッツリ走れるのかな。
一度で二度おいしいツーリングコースですねっ!。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR