緑の中を走りたいっ!。

とびしま海道を楽しんだ翌日の5月28日の日曜日

この日も快晴が続いています。
気温は、前日より高く暖かい。梅雨入り前の絶好のツーリング日和を逃すわけにはいかないのだ。
2017053101.jpg
緑の中を走りたいっ!。

そんな気持ちから、北へと進路をとります。
このまま一気に中国山地越え&日本海側入りということも考えましたが、帰宅時間が気になり断念。
今月は、GWから遊び続けていますからねぇ・・・。控えめにしておかないとな(汗)。


ということで♪。
この日のツーリングは、中国山地に少しだけ踏み込んだ場所をトコトコと流していきます。

国道191号線、186号線と進み、お昼前の戸河内に到着。
道の駅来夢とごうち周辺は、ツーリングやドライブを楽しむ人たちで賑わっています。
私はと言うと、少し早目の昼食を(笑)。
2017053102.jpg
道の駅の向かいにある『おふくろ弁当』で、鳥の串焼きと天むすセットを頂きます。
ひさびさに食べる鳥の串焼き。これでもか!と言うくらい串焼きに振り掛けられている塩。のどが渇く・・・。

この場所から北へ向かわれる方が多い中、私は南へ下っていきます。
国道を一旦離れ、車一台分の道幅のクネクネ道を気持ち良く走り抜けます。
檜の香る緑の中を走り抜けていくと、目の前に真っ暗なトンネルが現れます。
2017053103.jpg
トンネル内は離合スペースが無いようなので、要注意!。
それにしても、昼間でも恐ろしく感じる暗さだ。
出口から差し込んでくる光で薄らと明るくなっているのが、恐怖心を少しでも和らげてくれます。

トンネルを抜け、少し進むと前方の視界が開けてくる。
2017053104.jpg
先程のトンネル内とは別世界だ。

2017053105.jpg
その別世界とは、『井仁の棚田』。
日本棚田百選、CNN日本の最も美しい場所31選にも選ばれた棚田なのです♪。
ちなみに、広島県内でCNN日本の最も美しい場所31選に選ばれた場所は、世界遺産の厳島神社と、この井仁の棚田だけなのです。
綺麗に田植えがされている田んぼです。
もう少し稲が育つと、緑豊かな美しい棚田に出会えるかもしれませんね。


再び国道186号線に戻り、吉和を走り抜けていく私とタイカブさん。
沿岸部から駆け上がってきたと思われる大型バイクの集団が対向車線を元気に走り抜けていく。
ぴ、ぴ、ぴーすさいんを出さないと・・・。そう思っている間に集団は通り過ぎていきます(汗)。

この日の最終目的地は、山口県の『らかん高原』。
その『らかん高原』にむけて、国道186号線から434号線に移動します。
2017053106.jpg
国道434号線に入ったとたん、ガタガタの路面に悩まされることになる。
フロントフォークが曲がったのではないかと思うくらいの振動が、両腕に伝わってくる。
まさに、酷道だ。

荒れた路面に心が折れかけたころ、右手に『寂地峡(じゃくちきょう)』という文字が見える。
休憩を兼ね、寄ってみることにしてみます。

日本の名水百選に選ばれている寂地川にあり、犬戻峡と竜ヶ岳峡を総称して寂地峡と呼ばれています。
寂地峡といえば、竜ヶ岳峡の五つの滝が連続している寂地峡五竜の滝が有名なのですが、今回はマイナーな犬戻峡に行ってみようと思います。
2017053107.jpg
寂地峡案内所を通り過ぎ、舗装されている林道を進みます。
舗装されているとはいえ、路面が荒れているので注意が必要です。大型バイクでは辛いかも。

2017053108.jpg
緑に囲まれ、清流の音に癒されながらトコトコと上流を目指します。

2017053109.jpg
犬戻遊歩道。
ここからは、徒歩で800メートル先の犬戻峡を目指します。
短距離だから大丈夫だろうと、たかをくくっていた私。自分自身の運動不足を痛感することとなります。

2017053110.jpg
素人の私にとっては、遊歩道というよりも登山道と言った方がよいかもしれないくらいの道。
ライディングシューズやブーツでは、滑る可能性もありますよ。
軽い?上り下りの続く遊歩道。私はと言うと既に膝が笑っています。

2017053111.jpg
犬戻し峡に到着。←運動不足のおっさん、達成感で満たされております。

澄んだ水で手と顔を洗い、心地よい風に吹かれて疲れも吹っ飛びます。
って、そんなわけはない!。達成感はありますが、疲れはかなり来ていますよ(笑)。

その後、足元に注意しながら、なんとか遊歩道入口まで戻ることが出来ました。
トレーニングをしなければならないことを実感した散策となりましたよ。


カブに跨り、寂地峡を後にします。
疲れきっている身体には、本当に優しい乗り物のカブ。
おさんぽ速度で風に当たりながら、通行量の少ない道を進みます。
2017053112.jpg
今回のツーリングの目的地『らかん高原』に到着だ。
霞がかかっていますが、素晴らしい景色に出会うことが出来ました。
澄んだ空気の下ならば、遠くは四国まで観ることができるのかな?。

先客の大型バイクに乗られている方と少しの時間でしたがお話させて頂きました。
カブ菌を散布しておきましたよ(笑)。カブ旅の魅力が伝わっていればいいな♪。

その方から、帰りのおすすめルートを教えて頂きました。
おかげで、楽しく、快適に帰宅出来ました。ありがとうございました。

その道中に見付けた、手作り感あふれる看板。
2017053113.jpg
面白半分で誰かが作ったのかな?。
なんて思いながら、ファインダーを覗いてシャッターを切る私。←このパターンが出てきましたよ(笑)。
カブの後ろに停車する自動車の音。軽トラだ。

この畑の隣の方の様で、農作業の準備をされていました。
その方に聞くところ、この畑はオタフクソースさんから依頼を受けているキャベツ畑のようです。
去年は、三種類くらいのキャベツが育てられていたそうです。
どのキャベツがどのような料理に適しているのか、どの様なソースが合うのかを研究されているみたい。
面白半分で作ってはいなかったのですね(笑)。

2017053114.jpg
おすすめルートのおかげで、夕方早めに帰宅することが出来ました。
きゅー奥が不機嫌にならずに済みましたよ。


翌日筋肉痛になってしまった今回のツーリングの走行距離は、約210kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山なんて 珍しい!

今年から新しい遊びを 一つ
滝壺は深いんですかね?
防水カメラと黄色い海パン用意して
ドボッ〜ン といきましょう💛
海 島 テントの次は 山 川 豊 です
新しい遊びを改革しましょう!

No title

いいですねー(>w<)
素敵な景色♪

オタフクの看板も素敵。
お好み焼きが食べたくなりますね(^皿^)

これから暑く夏から高原はますます気持ちいいですよね(^^)

No title

「緑の中を走り抜けていく 真っ黄なタイカブ!」

字余り (笑)


今の時期の新緑は本当に気持ちが良い♪


No title

オタフクのキャベツ畑
粉モノ料理の基礎研究材料になるんですね(笑)
ぉ山のグリーン気持ちイイですが
一番のご馳走は
美味しい空気ですね~

美しい

綺麗な景色を綺麗に撮るのは簡単そうで難しいですね。
私は目に映る景色をそのまま捉える記録、きゅーさんの写真はきゅーさんの思いが伝わる作品のような気がします。

コンデジが欲しい今日この頃・・・機材の問題ではない気もしますが(^^;

No title

美しい景色と、そこに溶け込むカブ。絵になりますね〜。
心も癒され最高でしょうね!

緊張と共に帰宅する様子との対比がまた絶妙です(笑)

Duckyさんへ♪

飛び込みかっ!?。
ある意味、修行に近くなってきているぞ(笑)。

そして、このオチ・・・。
やまだくぅ~ん、座布団、全部持ってって(笑)。

ゆーさんへ♪

ひさびさに山に入って行ったら、良い景色に出会えましたよ♪。

看板屋さんが作る整った看板よりも、味があって良いかな。
私も、『んっ?』と思って、カブを停車したくらいですからね(笑)。

涼むには、高原や川が良いかもしれませんね。
梅雨明けには、中国山地で涼みたいな。

むらさんさんへ♪

百恵ちゃんのように、綺麗に歌えんかったよ(笑)。
最後は字余りということもあって、早口になってしまいました。←マジで歌ってる(笑)

梅雨入り前の僅かな期間。
爽やかな空気と静けさを味わいたいなら、山の中へGo!ですかね♪。

ガンビーさんへ♪

キャベツ畑♪。
農作業をされている方の話によると、そのようですよ。
地道な研究をされているみたいですね。

そうそう、おいしい空気が一番かもしれませんね♪。
カブをトコトコと流していても、常に気持ち良かったですから♪。
ただ、路面が悪い所では・・・でしたけどね(汗)。

八馬力さんへ♪

パシャパシャ撮影していれば、何枚かに一枚は『これ良いかな?』的な写真に巡り合えると思います。
私もそんな感じですよ♪。
ただ、主役が風景ではなく、カブになっているというのが・・・(汗)。

最近のカメラの性能って凄いですよ!。
私の使っているスマホなんて、逆光の処理もしてくれるくらいですから♪。
シャッターを切るだけ撮影、ばんざぁーい(笑)。

すさきちさんへ♪

カブがいると、風景が閉まって見えるのですよね。
って、親バカでしょうか(笑)。

木陰でことりと小川の音を聴きながら過ごした時間は、癒されましたよ。
ただ、膝がガクガク震えていましたけどね(笑)。

夕方、私が急いで帰宅している姿を見掛けることがあったならば、絶対に話しかけないでください。
玄関ドアを開けてもらえない可能性があるから・・・(笑)。

No title

新緑の里山と渓谷、若葉が発する澄んだ空気を胸いっぱいに吸ってリラックス。

そして犬戻し峡まで行ったのだからマーキングを忘れずに!
できればおっきいほう(爆)

goodpowerさんへ♪

さすが登山大好きgoodpowerさん♪。

人々にとって、この様な落ち着く場所は必要ですよね。
ギスギスした人間関係に疲れたら、是非、山の中へ。あっ、クマに注意ですけどね。

マーキングって・・・。
山を愛する人が、そのような粗相をしてはなりませぬ(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR