しまなみ海道de珈琲休憩。

しまなみ海道。

カブを含む原付に乗られている方々のしまなみ海道に対するイメージはというと。
『原付道』、『見近島』、『綺麗な海と景色』といったところでしょうか。←かなり個人的な意見が含まれています(笑)。

では、一般のツアー客にしまなみ海道といえば?と聞くと、この様なキーワードが出てくると思います。

『耕三寺』、そして『平山郁夫美術館』。
しまなみ海道では、かなり有名な観光スポットなのです。
凡人な私のブログには登場していませんでしたけどね(汗)。

今回のツーリングでは、ブロ友のDuckyさんリクエストでもある耕三寺を観光してみたいと思います。


6月4日の日曜日
文句なしの快晴で、ツーリング日和のこの日。
まったりスタートで、お昼前にしまなみ海道入りだ。
2017060501.jpg
今回のお相手は、移動が楽々のタイカブさん♪。

いきなりですが、こちらに立ち寄らさせて頂きます。
2017060502.jpg
はっさく大福の『はっさく屋』さん。

お昼前なので売り切れ覚悟で寄ってみたのですが、あの大福がありましたよ。
2017060503.jpg
スッキリとした味わいのはっさく大福。

店内では、神戸から来られた方々が『うまい、うまい』と大絶賛されていました。
想像していたよりもおいしかったようですよっ!。
私も店内にて頂くことにします。糖分チャージで、これからのエネルギー消費に備えます。

ちなみに、このはっさく大福。
お盆明けくらいから次の八朔の出荷が始まるまでの間は、お休みとなるようです。
しまなみ海道を楽しまれる方に好評なはっさく大福。一度ご賞味くださいませ♪。


2017060504.jpg
普段は、観光客の少ない道ばかり走っている私。
今回は、ほぼ観光ルート(島の東側ルート)で走ってみたいと思います♪。

久しぶりに走った、観光ルート。
景色、そして町の賑やかさと、観光には適したルートですね。
もちろん、トコトコとカブで流すのも良いものですよ♪。

ただ・・・。
この日は、なんだか雰囲気が違う。
走っている原付が、いつもより多い気がする。
ツーリング日和と言うこともあるのですが、それだけではなく空気が違うのですよ。なんでだろ?。


さぁ、生口島にある耕三寺を目指して走ります。
と、ここで今回積載しているトタン箱。
2017060505.jpg
ガンビーさんから頂いた『東京カメラ部』のステッカーを貼ってみました。
って、私の様なヤツが、この様なステッカーを貼っても良いものでしょうか?(汗)。
しかも、東京カメラ部さんとは接点などないのですが・・・(激汗)。

ガンビーさんからは、こばん先生のブロマイド?やらなにやらたくさん頂きました。ありがとうございました。


2017060506.jpg
耕三寺。

私がここを訪れるのは、15、6年ぶりになるのかな?。しかもおっさんひとりで(笑)。
凡人な私にとっては刺激が強すぎる場所なので、思考回路がショートしないように注意して進みたいと思います(笑)。
ちなみに、入館料は1,400円(大人)です。この金額に少し後ずさり(笑)。

とここで、駐輪スペースについて。
耕三寺やその周辺を初めて訪れた方は、駐輪スペースについて戸惑われると思います。
2017060507.jpg
耕三寺前の細い路地ではなく、耕三寺付近のメイン通りに駐輪スペースはありますよ。
瀬戸田観光案内所の前と、案内所後ろにある自転車置き場が無料駐輪スペースになっています。

改めまして、耕三寺へ。
2017060508.jpg
入口を抜けると五重塔、孝養門、そして本堂と続きます。

残念ながら、本堂は改修中の為なのか、養生で覆われていました。
本堂前の蓮の花は6月下旬から咲き始めるので、それまでに改修工事が終われば良いですね。
綺麗な蓮の花と本堂のコラボは、写真に収めてみたいものです。

2017060509.jpg
孝養門。
色使いが斬新過ぎて、この時点で私の頭はクラクラ状態(笑)。

2017060510.jpg

2017060511.jpg
本堂が養生で覆われているにもかかわらず、細かな色使いに脳内パニックになっております。
これで、本堂がお目見えすると発狂してしまうのではないでしょうか!?(笑)。

2017060512.jpg
すみません。凡人の私には理解が・・・。

2017060513.jpg
あと何回、ここに足を運べば理解することが出来るようになるのでしょうか。
それくらい、刺激に満ち溢れている耕三寺です。

で、ここで終わりではありません。
本堂を過ぎると、次は『未来心の丘』が待ち受けています。
2017060514.jpg
生口島から高根島に掛かる高根大橋からも、その姿は観ることが出来るのです。

耕三寺本堂の裏側に回り、エレベーターで2階に上ります。
エレベーターのドアが開くと、そこは白で覆い尽くされた世界の入り口。
2017060515.jpg
眩しいよ。
まるでゲレンデにいるみたい。サングラスを持って行かれたほうが良いかもしれませんね。

未来心の丘。
彫刻家の杭谷一東氏が12年の歳月をかけ、イタリア産白大理石を素材に製作された大規模環境造形作品だそうだ。
2017060516.jpg
あっ、ここね、カップルばかりなんですよ。
家族連れもチラホラいますけど、おっさんひとりでカメラ片手にブラブラしている人はいないのよ(汗)。
しまなみ海道のデートスポットと言ってもイイかもね。

2017060517.jpg
先程白い物体を撮影した黄色い橋の高根大橋が観えますよ。

眩い白、斬新な色使い、照りつける太陽と気温、そして前日の筋肉痛でクラクラしてきました。
そろそろ撤収させて頂きます。


駐輪スペースのある瀬戸田観光案内所の前には、このようなものがありますよ。
流石、レモンアイランドと言われるくらいの生口島。柑橘系をウリにしている島だけあります。
2017060518.jpg
ドウカシテルゼ!。
黄色好きにはタマラナイ場所を発見(笑)。


時刻は午後二時。
このまま見近島へと思っていたのですが、耕三寺から遠くない場所にある中華料理屋さんに寄ってみます。
遅めの昼食もありでしょ(笑)。
2017060519.jpg
中華瀬戸田。

この時間帯は、地元の方でテーブルが埋まっています。私は運良く座ることができ、待たずに昼食にありつけました♪。
2017060520.jpg
ちゃんぽん麺。税込750円。

こちらのちゃんぽん麺は、野菜炒めに片栗粉でとろみを付けたようなスープだ。
イメージしていたさらさらスープとは違うのですが、これがまた旨いっ!。
こちらのお店の中華そばもおいしいのですが、私の中ではナンバーワンに輝いているラーメンとなりましたよ♪。


お腹も満たされ、いざ見近島へ。
ただ、しまなみ海道入りした時に思っていたことなのですが、なんだか雰囲気が違うのですよ。
この時間帯なのに、ひと仕事を終えたような感じがする空気感なのです。

2017060521.jpg
キタゼ、ミチカジマ!。
午後3時半過ぎ、見近島に上陸です。

2017060522.jpg
見近島には、数人おられるだけ。
ただ、空気が・・・。なんといえばいいのだろ・・・?。

強者どもが夢の跡な感じなのです。

こんな空気感は初めて体験します。
あれだけの数の原付やカブとすれ違っていたのに、この見近島がこんなに静かなんて・・・。
(私がここを訪れる前にこの地で起きていた事を知ることになるのは、帰宅した夜のことです。)

とそんなことが起きていたとはつゆ知らず、ひとり珈琲休憩を楽しみます。
2017060523.jpg
見近島の木陰で飲む、淹れたての珈琲はおいしいぞ♪。

前回のフェリー乗り遅れの失敗を繰り返さない為にも、早めの撤収を心掛けます。
午後5時盛港発のフェリーに余裕で間に合う。
2017060524.jpg
そこで知り合えたカスタム乗りのカツオさん。

カスタムに貼られているステッカー。『角目連合』ではないですか!。
キャンプ好きな方がおられる、あの角目連合ですよね。
ドラム缶風呂でくつろがれていたあの方がおられる角目連合ですよね(笑)。

カツオさんとは、国道二号線で途中までご一緒させて頂きました。
またどこかでお会い出来れば良いですね。その時は宜しくお願いします。

2017060525.jpg
こんな感じだった、裏カフェカブ京都のしまなみ海道ツーリング。走行距離は220kmでした。


立ち寄った場所の位置関係は、この様な感じです。

また、新しい出会いがあれば良いかなと思う今日この頃なのだ♪。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

しまなみ

おはようございます !(o゚∀゚o)ゞ

しまなみの楽しみ方って きっと 楽しむ人の数だけあるのかもしれませんね ((*´∀`*))
自分もいつも自分の定番なことやルートになるので 時には 違うルートや楽しみ方をすると 新鮮かもしれませんね ( ^ω^ )

耕三寺 、私も何度か行きましたよ!
確か 地獄が描いてある 洞窟みたいなとこが ありましたよね?
自分の耕三寺のイメージは それが 頭に浮かびますね ( *^皿^)

私も割合 しまなみをふらっとしてますが
本当 いつか きゅーさんに
「おっ!」
ってな 感じで 会えると良いなぁ
((*´∀`*))

入館料1400円?
随分とボッタクるなぁ、散財させてしまい申し訳ありません
お陰様で行った気分になれたので、小生は行くことはないでしょう(笑)
しかしレモンが似合うねぇ〜
私のは黒カブなので、小生は行くことはないでしょう(笑)
まだまだディープな瀬戸内海。もっと知らない面白いモノ期待しています(๑˃̵ᴗ˂̵) しかしアメリカ人が良く調べるよね〜❤️

入れ違いで残念です〜

私は最近1人でプラプラしてない様な・・・

梅雨前の晴天、暑さに参りました!

No title

おぉーうちの両親がその2ヶ所行きたがってました。
ガイドブックに載ってるところみたいですね。
私もまだ行ったことないです・・・

しかし耕三寺なかなか派手ですね(^^;)
そしてかなりのお値段。
お寺っていうかんじがしませんな(><)

はっさくはお休みの期間があるのですね。
気をつけねば!
前回行けなかったので次こそは食べたい(>w<)

赤だけどそのみかんのオブジェと撮りたい!

あぁしまなみは魅力的(*^^*)

珍しくメジャー処?

派手なお寺や観光客目当ての建造物はなんとなく瀬戸内のイメージにそぐわない気がするのはワガママな先入観ですかね(^^;
昔からの街並と手付かずの自然が融合している、美しい風景の中に人間社会が間借りしているようなイメージを抱いてるのはまだ見ぬ文通の彼女を絶世の美女に想像しちゃうようなもんでしょうか(笑)

てかあんまり瀬戸内自慢されると人生破綻覚悟で行っちゃいそうなんでホドホドでお願いします(≧▽≦)

No title

ふだんカブ乗りさんのブログしか見ていないので
しまなみ海道は
橋を渡ってキャンプするイメージでしたが
素敵エリアなんですね(#^.^#)
東京カメラ部は
是非きゅーさんにと思っておりました~
他のステッカーは
京都のイーグルモータースさんのカブ一郎くんと
警視庁のピーポくんでした(笑)
レギュラーサイズのガンビーステッカーは
お会いした時のお楽しみということで
プチガンビーとさせていただきましたので♪

No title

原付がなくても

ラーメン食いにいけるな


バイクがなくても、チャンネーと白い丘に行くこともできるな



軽トラにチャリンコ積んで行けば、見る近い島も行けるな♪




なんだ




原付がなくてもしまなみ楽しめそうじゃん♪


カフェオレ号さんへ♪

こんばんは。

しまなみ海道には、まだまだ知らない世界が待っているかもしれませんね。
私もルートを少しずつ変えながら走ってみたいと思います♪。

おぉ、カフェオレ号さんも耕三寺に足を運ばれたことがあるのですね。
しかも、数回とはっ!。

あの洞窟には入っていないぞ!。
入り口にあるスタンプを押すことに夢中になっていました(笑)。

しまなみ海道は広いですものね。
バッタリお会いするとなれば、見近島か、原付道になるのかな。
どこかでお会いした時には、宜しくお願い致します。

Duckyさんへ♪

なにぃぃぃぃいぃぃぃいっ!?。
1,400円だぞっ!。絶対に耕三寺に行ってください。必ずですよ(笑)。

なにぃぃぃぃいいっぃっぃっぃぃぃ!?。
黄色と黒色は、蜂色なのでカッコいいんだぞ!。しまなみ海道に来んさいよ。

しまなみ海道は想像つきますが、まさかの見近島上陸。
よく調べました♪ですよね。

たかさんへ♪

情報収集力の乏しい私。

向かった先は良かったのですが、時間がズレてしまいましたね。
入れ違いで、あの方とはお会い出来ませんでした。
近くまで行けたということで、良しとしておきます♪。

この日は良いお天気でしたからねぇ。
しまなみ海道を存分に楽しまれたことと思います♪。

ゆーさんへ♪

しまなみ海道と言えば?的な観光スポットなのですよ♪。
しまなみ海道のガイドブックには必ず載っていると思います♪。ご家族で楽しまれるのも良いかもしれませんね♪。

耕三寺は派手なのです。
本堂の養生が外された時には、かなり眩いことになっていると思います。

これから先、はっさく大福の営業日をチェックしておかなければなりませんね。
とりあえず、お盆までは開いているみたいです。是非っ♪。

みかん&レモンのオブジェ。
新たな撮影スポットになったかも(笑)。

八馬力さんへ♪

八馬力さんは、しまなみ海道の写真をたくさん見ていますからね。

瀬戸内勢のブログを見ると、自然の中のしまなみ海道となっていますよね。
その影響なのかもしれませんが、八馬力さんのしまなみ海道に対するイメージが出来上がっているのかもしれませんな(笑)。

八馬力さん用に、頻繁にしまなみ爆弾を投下しなければなりませんね(笑)。

ガンビーさんへ♪

そうそう。
カブ乗りさんたちのブログでは、しまなみ海道=海&キャンプですよね(笑)。
観光スポットもあるのですよ♪。

キャンプではなく、宿に宿泊。
しまなみ海道をトコトコと移動し、見近島でまったり休憩も良いものですよ。

詰め合わせセットを頂き、ありがとうございました。
ピーポくんは箱の背中側に貼ってありますよ。
反射材が付いているにも関わらず、走行中は誰も観ることが出来ない場所に貼り付けましたよ(笑)。

ノーマルサイズのガンビーさんステッカー♪。
お会いした時に、標準サイズのステッカーを頂きますね。

むらさんさんへ♪

ああああぁっぁぁぁぁぁぁぁっぁああぁっぁっ!。

むらさんさぁ~ん、それを言っちゃぁ、ダメだよ(笑)。
原付なくても良いじゃん(笑)。

No title

こんばんわ。
さっそく覗きにきました。かつおです。
先日はお会いできてよかったです♪

角目連合。あれは、角目が4台そろったので同じく角目の知人が作った、シャレのステッカーなんです。
ですから、実際のチームや集団はありませんのでwww

今度はカブツーやキャンプなど御一緒できればいいですね♪
以後、よろしくお願い致します。

かつおさんへ♪

おはようございます。

こちらこそ、お会い出来嬉しく思っております。

角目連合ですね。
カスタムの人気度が急上昇するようなステッカー♪。
実際にチームとして活動されても良いかもしれませんね(笑)。

それにしても、私の思っているカスタムのスピード&パワーとは違いましたよ。
勾配のある坂道でもグイグイと上っていましたよね。次回お会いした時には仕様をお聞かせくださいね♪。

こちらこそ、宜しくお願い致します。

No title

えっ リクエストに応えてくれるの?
では、3大カルスト比較ツアー(爆)

こちらからだと、どれも遠いんだよな~

goodpowerさんへ♪

あわわlwwlwぁlっわぁわゎ!(汗)。

リクエストコーナーを定着させないでください(笑)。
でもね、日本三大カルストはあと一つなのです。
四国カルスト、秋吉台は制覇しているので、残すは福岡県の平尾台!。
日帰りコースでも行けそうなところだ。いや、ムリだ(笑)。

って、てっきりgoodpowerさんのことだから・・・。
下ネタでホニャララ比較とか心配していましたよ(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR