伯方島を楽しむ(ちょこっと見近島も)。

8月20日の日曜日のこと。

忠海港から朝一のフェリーに乗船し、大三島の盛港へ。
そのまま最短ルートでお隣の島へと渡ります。
2017082101.jpg
伯方島だ。
午前8時、道の駅伯方S・C内の伯方ビーチに私はいます。
対岸には見近島も見える場所。二日前の晩にもココにいましたけど・・・(汗)。

2017041012.jpg
四月には島西部にある開山の桜が満開となり、お花見を楽しみにしている方たちで賑わいます。

そんな伯方島ですが、しまなみ海道の中では年間を通じて観光客で賑わっているような島ではないように思えます。
※個人の感想です

逆にいうと、『島本来のまったりとした時間を過ごせる場所』と言えるのではないでしょうか。
私たちが求めているのんびりとした雰囲気を醸し出している島。それが伯方島かもしれません。

今回のツーリングでは、この伯方島を楽しんでみたいと思います。
しかも、今まで訪れたことのない場所を中心に島旅を楽しんでみます♪。


2017082102.jpg
この日は大潮。
今にも海に飲み込まれそうな小さくて可愛らしい島を眺めながら、ツーリングのスタートだ。

2017082103.jpg
いきなり珈琲休憩ですけど(笑)。

あまりにもこの島が可愛らしいので、堤防に腰を下ろしボォーっとしてみる。
お茶請けには、カエルさんから頂いた鳩サブレー♪。
陽射しは強いのですが、潮風が心地よく、ついウトウトとしてしまう。←爺さん化が進んでいることを認識。


このままでは、海岸でうたた寝ツーリングとなってしまいそうだ(笑)。
タイカブに跨り、まず向かった先はというと。
2017082104.jpg
伯方ふるさと歴史公園。
公園の中心には木浦城(きのうらじょう)があり、その城内では島から出土した古墳等の資料が展示されています。
園内には伯方町指定文化財の岩ヶ峯古墳もあります。

2017082105.jpg
陶器などの出土品も数多く展示されているのですが、私が気になったのがこのナウマン象の化石。
ナウマン象の化石を数多く出土している場所が、伯方島の金ヶ崎周辺の海底だそうです。
ナウマン象を追い掛け回すギャートルズの様な光景が、そこでは繰り広げられていたのでしょうかね(笑)。

木浦城最上階(と言っても3階)からの眺め。
2017082106.jpg
先程の小さな島も見えますな。

2017082107.jpg
造船と海運の島と言われる伯方島。
この日は日曜日だったのですが、伯方造船からは、ゴォーンゴォーンと大きな音が鳴り響いていましたよ。

ここ伯方ふるさと歴史公園は、穏やかな燧灘(ひうちなだ)を誰からも邪魔されずに眺めることが出来る場所かもしれませんね。
私がこちらにお邪魔している間、誰も来なかったくらいですから(笑)。


ナウマン象の化石が出土した金ヶ崎。遺跡で有名とのことなので探検気分でツーリングだ。
大体の方角を頭に入れ、岬があると思われる場所目指しタイカブを走らせます。
2017082108.jpg
軽自動車一台が通れるくらいの道でも、躊躇なく進入出来るのがカブの良い所。いざとなれば楽々Uターンですよ♪。

2017082109.jpg
道の行止りには金ヶ崎城跡。そこには安楽寺という小さな建物が建っていました。

木陰でひと休みしていると、岬方面から息を切らしながら獣道を歩いてくる釣り人。
どうやらこの先は、急斜面になっていて歩くのにも一苦労とのことでしたので、私はココで退却。
無理をせず、安全に楽しむのが一番ですよね。


さて、次に向かったのは。
2017082110.jpg
禅興寺。
村上水軍能島城主の村上雅房公の菩提寺です。
近くには樹齢650年の大楠があり、そのそばには雅房公夫婦のお墓があるようですよ。

ここで午前の部は終了。
島の台所と言っても良いスーパー『伯方ショッピングセンター』にてお弁当を購入。
そのまま、見近島へと渡ります。
2017082111.jpg
伯方島から大島へと渡る大島大橋の中間地点に位置する見近島。
伯方島からですと、無料で見近島に上陸出来るのです。

2017082112.jpg
管理棟の日陰の場所にお邪魔して、お弁当を頂きます。

2017082113.jpg
この日は良いお天気で、数名の方が日光浴を楽しまれていましたよ。
そのまま海水浴も良いかもしれませんね。


見近島で一休みした後は、再び伯方島を走ります。
2017082114.jpg
原付道入口から遠くない場所にある船折瀬戸。
その名の通り、船が折れるくらいの激しい潮流が観られる場所なのです。
写真には写っていませんが、小舟がこの場所を通過する時にはあっという間に流されていきましたよ!?。

2017082115.jpg
もっと近くで潮流を観たいならば、船折瀬戸キャンプ場(有料)が良いかもしれません。
自動車でキャンプサイトまで行けるでラクラクキャンプが楽しめると思います。

そしてこちらは、船折瀬戸のすぐ隣にある鶏小島(にわとりこじま)。
2017082116.jpg
瀬戸内海国立公園に含まれる場所です。

2017082119.jpg
この島に住むといわれる金鶏の声を正月に聞くと幸せになれるという伝説の残る島。
村上水軍の能島と向かい合わせにあり地理的に重要な役割をもっている島でもあります。

2017082117.jpg
船折瀬戸と同様に、ここ鶏小島にもキャンプ場(有料)があります。
しかし、この広々としたサイトまでは、駐車場から数十メートル歩かなければなりません。
キャンプ道具を持って移動しなければならないことを考えると躊躇してしまう方も多いかもしれませんね。

ですが・・・。
眼下に船折瀬戸や鶏小島が見下ろせるキャンプサイトは魅力的だ。
2017082118.jpg
この様な景色を眺めながらのBBQは最高ではありませんか?。

そして、ここ鶏小島キャンプ場の最大の魅力はこれっ!。
2017082121.jpg
プライベートビーチ的な砂浜。
キャンプ場の遊歩道を降りていくと、目の前にこのようなプライベートビーチが広がっているのです。

ただし注意事項が・・・。
遊歩道を降り切ったところに現れてくる看板。そこに書かれている文字を読んでみる。
2017082120.jpg
そうなんです!。目の前には激しい潮流が広がっているビーチなのですよ!!。

2017082122.jpg
間近で観る鶏小島。小さくて白い灯台が可愛らしい。

今回の伯方島ツーリングでは、最後の訪問先。
2017082123.jpg
喜多浦八幡神社。
伯方島最古の神社で、水軍が使用したといわれる八幡船(ばはんせん)の貴重な模型が神社本殿に安置されているとのこと。
鳥居前には縁結びの亀石もありますよ。私にも素敵な出会いがありますように(笑)。

2017082124.jpg
快晴の真昼間では、階段を登りきるにも一苦労。

2017082125.jpg
階段を登りきると、そこには綺麗に保たれている境内が広がっています。
なんとなく、心穏やかになってくるのはなぜだろう?。



2017082126.jpg
今回、結果的に島東部を重点的に回った伯方島ツーリング。その走行距離は約230kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

皆さんこんばんは

さぁ、今宵もワタクシきゅーがお送りする瀬戸内紀行、今夜はしまなみ海道伯方島編です。
ワタクシのナレーションと共に美しい瀬戸内の風景をごゆっくりお楽しみ下さい。

なんて前説が聴こえてきそうですね^^
ちょっと渋めにジェットストリームの城達也風なんてどうでしょうか(笑)

深夜のグルメレポートなどは「メシテロ」なんて言われますが、きゅーさんの記事は私にとって破壊力抜群の「ツーテロ」です(^^;

行きてぇ~!!!

No title

こんばんは(^_^) 

やっぱり島は良いですね(^^♪
とくにこの季節は (^o^)
島を1つに絞ってじっくりまわるのも
良いですね♪
まだまだ知らないとこ、行ったことないとこ
がありますねぇ(笑)
きゅーさんが行ってくださるおかげで
行く目標ができて嬉しいですよぉ♪

八馬力さんへ♪

あまりにもマニアックな場所なので視聴率は悪そうですよ(笑)。

旅というか、知らない場所や道を訪ねたり走ったりするのは楽しいですよね。
兼高かおる世界の旅を観て育った年代ですから♪。

えっ!?、そうなの???。
逆に瀬戸内をUpしなければ・・・。八馬力さんにとって、ある意味、本当のツーテロになるかも(笑)。

カフェオレ号さんへ♪

おはようございます。

ですよねぇ(笑)。
今までは『冬季に島巡り』と考えていた私なのですが、あの青い空と青い海、爽やかな潮風を感じると夏も良いかなと思い始めました。

日帰り出来る距離にしまなみ海道があるという幸せ。
しまなみ海道に行って、ひとつの島に絞るというのは贅沢なことですよね♪。

贅沢だ~。

しまなみ海道を駆け足で回っている私にとって
じっくり回ってみると言うことが何と贅沢に感じることか・・・
以前もきゅーさんに教えていただいた場所が素晴らしかった。
今回も地元の方が案内してくれました(笑)

まだまだ沢山の魅力のあるしまなみ海道、
数日では回り切れませんね。
また、機会を見つけていきたいと思います。

雨ガエル1号さんへ♪

カエルさんたちの今回のしまなみ海道ツーリング。
晴天に恵まれたツーリングで良かったですね。遠くからお越しのカエルさんに雨ばかりのしまなみ海道では申し訳ないですもの。

本当にまだまだありますよっ!。
またしまなみ海道に来てくださいな♪。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR