初走り!めざすは海鮮丼!!。

2015年のお正月休み。
とくに三が日は、積雪や路面凍結の為、自宅でゴロゴロしていました。

そして、お正月休み最終日の本日5日の月曜日。
天気予報では、ひさびさの終日晴天!。しかも、最高気温が10℃以上になるとのこと。


早朝に、ブログ徘徊してみると、
ブログでお世話になっている『のぼうさん』が、おいしそうな海鮮丼を食べているではないですか!?。
この海鮮丼のお店『大漁』さんは、いつも行列が出来るほどの盛況ぶり。
私は、この行列を観るたびに尻込みをしてしまい、未だに、こちらの海鮮丼を食べた事がないのです。

食べたい・・・。

本日5日から仕事始めという方が、多かったのでしょうか?。
となれば、チャンスかも!。そうと決まれば、ツーリング準備に入ります。

めざすは、海鮮丼ただひとつ!。


今回のツーリングは、のぼうさんの記事を参考にさせて頂き、ポイントを抑えながら走ります!。

午前9時前。路面凍結に注意しながら出発します。
白木山の下を通り、国道2号線へ。竹原を抜け、忠海港を目指します。
20151501.jpg
午前10時30分発の大三島の盛港(さかりこう)行きフェリーに、ギリギリ間に合いました。

30分間の船旅を楽しんだ後は、県道21号線で、島をズバッと縦断します。
午前11時10分過ぎに、大漁さんに到着。『順番待ち表』に名前を記入し、11時30分の開店時間を待ちます。
私は16番目でしたが、40人で満席の店内には入れず。私がお店に入れたのが12時前の事。←これでも早い方?。

そして、念願の海鮮丼!。
20151502.jpg
パッと見、器の大きさが茶碗並ですので小さく感じますが、底が深いので満足できる量なのですよ。

器にシッカリと詰め込まれた酢めし。その上に、ザックザクに切り落とした新鮮なお刺身を豪快に乗せています♪。
これだけでも幸せを感じるのですが、この海鮮丼(単品)のお値段が480円というビックリ価格!。
私は他に、お味噌汁とタコ天を頂きましたが、合計1,040円でおいしい海鮮丼を頂くことが出来ました。

お店を出ると、心地よい気候に包まれている大三島。
時計回りに、海岸線をトコトコと走ります。平日ということもあり、車が少なく楽しく走れるのです。
20151510.jpg
対岸に見えているのは、生口島(いくちじま)。
しまなみ海道ということもあり、手の届きそうな場所に隣島が見えます。

海・くねくね・アップダウン。
20151503.jpg
島の道ということもあり、ゆっくりと走るのですが、いつまでも走っていたい気持ちになる景色が続きます。

井口港付近にて。
20151504.jpg
目の前に見える橋が『多々羅大橋(たたらおおはし)』です。
この橋を渡り、次なる島の生口島へ移動します。

生口島の西側海岸線を北へ進みます。
耕三寺付近に掛かっている黄色の高根大橋。この橋を渡ると小さな島の高根島へ移動できる。

この高根島には、『素掘りのトンネル』があるのです。今回もこのトンネルを走り抜ける予定でした。
20151505.jpg
去年のお正月休みに、スクーピーで走り抜けています。かなり狭く、暗いトンネルです。

高根大橋に近付いたときに、道路端にある工事看板が目に入る。
『トンネル工事による通行止めがあり、島内一周は出来ません』と言うような内容の看板。
トンネルって・・・。

高根島に渡るのをあきらめ、生口島側から高根大橋を撮影します。
20151506.jpg
ヘルメット着用のまま、この写真撮影をしている私。

そんな私の背後から、大きな声で『どこから、きんさったんのぉ』。(どこから来たの?。)
振り返り『広島からです』と答える私に、『広島からじゃぁ、珍しくないじゃろうがぁ・・・』と
道路を挟んで建つご自宅から両手にミカンを抱えてやってくるおかあさん!?。

『これ、たべんさい』。(これ、たべてね。)
20151507.jpg
普通のミカンより、二回りほど大きなミカン。←名前があるミカンなのでしょうか?。
帰宅後、早速頂きました。甘く、みずみずしいミカンで、たいへんおいしかったですよ♪。ありがとうございました。

そして、このおかあさんに、高根島のトンネル工事について聞いてみました。
やはり、素掘りのトンネルを工事をしているとのこと。
緊急車両が通れるように、トンネルの内側を広げているみたいです。

もう二度と、高根島の素掘りのトンネルを観ることが出来なくなりました。(悲)
来年のツーリングマップルからは、『素掘りのトンネル』が削除されるのでしょうね。
残念ですが、人命は何よりも重たいものです。緊急車両が通行できるようにするのは、致し方ないかな。

見ず知らずの私に、素敵なおもてなしをしてくださった、生口島のおかあさん。
ほっこりとした瞬間でした。


生口島橋を渡り、次なる島の因島(いんのしま)に上陸です。
20151511.jpg
白滝山(しらたきさん)。

『白滝山』という小さくて古い案内看板通りに進み、駐車場へカブを停めます。
駐車場から表参道を歩いて、山頂を目指します。
お正月休みで訛りきっている身体にムチを入れながら、登って行きます。本当にきつかったです。
私のスピードですと、約20分で山頂に到着しました。

ゴリラ岩。
20151508.jpg
近付いてみると、この首と顏に見える岩は、身体の岩に、ちょこんと乗っているだけのように見えました。
実際はどうなのでしょうか?。

山頂にある展望台からの眺めは最高です。360°のパノラマが広がります。
20151509.jpg
ゴリラ岩が、因島大橋と次なる島の向島(むかいしま)を眺めています。

少し休憩し、午後3時を過ぎたので下山します。
カブに跨り、向島へ。
少し走ると、綺麗な案内看板が現れました。『白滝山』という文字が書かれている!。
もしかすると、この案内看板に従う方が良かったのでしょうか?。白滝山の山頂にラクラクアクセス出来るのでしょうか?。

日が暮れないうちに、サクサクと帰宅。
尾道から国道2号線、白木山の下を通り、午後6時前に無事帰宅しました。

ほっこり出来た、本日のツーリングの走行距離は、約260kmです。
走行距離が1,000kmを超えましたので、来週はバイク屋さんで初回点検をして頂く予定です。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゅーさん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

高根島、昨年の工事になる直前に偶然行きました。
素掘りのトンネル、狭くて暗くて怖くてw 良い感じでした。
白滝山は知りませんでした。
皆さん、よく御存じですね~
しまなみは奥が深い!

今年もよろしくお願いいたします^^

No title

思い立ってしまなみ海道に行けるなんて
羨ましい限りです。
こちらからだと一大決心(?)

例のキャンプ場で関西、九州の方々と
テントを張って、もうすぐ2年になります。

今年は行きたいなぁと思ってますが
どうなる事でしょう(^_^;)

ぐぅだらさんへ♪

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

工事直前に、あのトンネルを通られたのですね。
あの何とも言えない雰囲気が、もう味わえないと思うと寂しくなりますね。

私も白滝山のことは知らなかったのですよ。のぼうさんの記事で知りました。
ちなみに、ツーリングマップルを注意深く見ると、展望台の記号が書いてありました。

しまなみ海道は、まだまだ知らないことがありそうです!。
各島をジックリと廻ってみたいですね♪。

No title

ゴリラ岩…日本全国にはゴジラ岩やらたくさんありますが、ゴリラ岩はその名の通りですね^^

昨年愛媛県にお邪魔した際、みかんが海に転がっているのを思い出しました。
近付いてみたら中身はもぬけの殻…きっと動物が食べてしまったのですかね?

個人的には島にたくさんある、みかんを運び込むチビロープウェイが大好きです。笑

eddyさんへ♪

原付に乗り始めて、しまなみ海道にハマったみたいです。
特に原付二種にとっては、丁度良い距離と速度域なのですよね。

eddyさんは、見近島で良い経験をされたのですね♪。
あの島でキャンプを楽しむことが出来るのは幸せです。eddyさんも、今年は見近島で一緒にキャンプをしましょう。

SomeDayさんへ♪

私も最初は、『ゴジラ岩』ではないの?。と思っていたのですが、確かに『ゴリラ岩』でした。
哀愁漂うゴリラの背中が、何かを物語っているようです(笑)。

みかんが、あちらこちらにあるんだよね。
最近では、因島でイノシシが見掛けられているそうです。この様な動物が食べたのでしょうね。

山の斜面に沿って、トロッコの様なモノレールが至る所にあります。
個人的には、あのミカン箱に乗って、トコトコと斜面を上がってみたいです(笑)。

No title

明けましておめでとうございます。

大漁さんは、平日の開店前でも並ばないといけないんですね~。
私も3日に前を通りましたが・・・2時くらいなのに、まだ行列でしたね。

白滝山は・・・フラワーセンター側から登られたんですね?
確かにあちら側からだと結構大変かも。
北側からアクセスするルートだと、5分くらいでお寺までいけますよ~。

名無しさんへ♪

あけましておめでとうございます。

二時でも行列が出来ているのですか!?。
お昼ご飯を通り過ぎて、三時のおやつ時間になってしまいますよ(笑)。
休日に海鮮丼を食べようとすると、根性据えて、大漁さんに並ばなくてはなりませんね(汗)。

白滝山っ!。
そうなんです。フラワーセンター横の道を上りました。
登山道並みの道のりでしたので、足がパンパンになりましたよ。
次回は、北側からアクセスしたいと思います♪。

名無しさん、差支えなければ、ハンドルネームを教えてくださいね。

こんばんは♪

コメントありがとうございました♪ 遊びに来ちゃいました♪

しまなみ海道ですか??1度は行ってみたい場所です!
4枚目のお写真いいですね~~、そんな海沿いの長閑な道を私もいつか走ってみたいです

まゆっちさんへ♪

まゆっちさん、いらっしゃいませ。拙いブログですが、宜しくお願い致します。

しまなみ海道です。
原付でツーリングに出掛けるようになって、しまなみ海道の魅力を存分に味わっています♪。

瀬戸内は、波穏やかで、のんびりとした時間が経過しています。
是非、しまなみ海道をのんびりと走ってみてくださいね。

No title

きゅー師匠! 大漁海鮮丼ツーリング!お疲れ様でした。

 待ち人大量食堂ですが、行列1時間以内ならまずまずでしょうか。
 次回は、もっと早めに並んでみようと思います(^_^;)

 さて、カブ号ですが今日、納車されました。
 この週末に磨いて(中古なので)からアップしますね。

 週末に天気が良ければ試走します!

No title

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます♪^^
(*- -)(*_ _)ペコリ

素敵な走り初めを体験されて、羨ましいです♪^^


σ(▼▼;)も明日、念願の走り初めしてきます~♪^^
☆-(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノ イエーイ

今年も楽しくよろしくお願いします♪^^
(*- -)(*_ _)ペコリ

のぼうさんの記事を見たら…行きたくなりますよね~。
あの量、お値段は並ぶ価値があります。

海、くねくね、アップダウンの写真、いいです♪
何気に海に浮かぶ小島がいい感じだと思います。(^-^)

もう1000キロですか、流石きゅーさん♪

のぼうさんへ♪

こちらこそ、ありがとうございました。
のぼうさんの記事は、ナイスタイミングでしたよっ!。大漁で、念願の海鮮丼を食べることが出来て幸せです。

おぉぉぉぉぉっ!?。
カブが納車されたのですね。中古、新車問わず、カブはカブです!。
見近島でキャンプ!が秒読み段階ですな♪。

小鉄さんへ♪

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

無事に初走りは出来たのでしょうか?。
楽しいツーリングになりますように。

お子様の容態はいかがですか?。
まだ寒い日が続きますので、暖かくしてお休みくださいね。

るーのぼさんへ♪

早朝に、のぼうさんの記事を見て、『ナイス!』と思いましたよ。
タイミングが良すぎでした♪。

るーのぼくんも、気候が良くなったら、しまなみを走ろうよ。
スクーターで登場もアリです(汗)。

購入後、あまり乗っていないと思っていたのに、気が付いたら1,000kmを超えてしまいました。
原付二種は、楽しく走れるバイクですね♪。

しまなみ海道!

こんばんは。たまにお邪魔させていただいています。
尾道としまなみには二回(いずれも電車)行っているのですが、風景が大好きで、いつかバイクで行きたいなと思っています。ただ、東京住まいのため決死の覚悟が要りそうでなかなか実行出来ていません。そちらだけ原付でトコトコ行けるといいんですがねー。

珍走さんへ♪

こんばんは。
ようこそ珍走さん。拙いブログですが、よろしくお願い致します。

尾道&しまなみ海道。
どこか懐かしく、そしてのんびりと時が過ぎていく町並みですよね。

東京~広島。遠いですよね。
私も、東京にカブで行きたいのですが、長期休暇が取れない為、実行に移せない状況です。

レンタル原付というのは、如何でしょうか?。
尾道に原付二種等のバイクをレンタルされているお店があります。
http://www.bikestation.jp/index.html

大型バイクや中型バイクで、尾道までツーリング。
そしてレンタルバイクに乗換えて、しまなみ海道をツーリングされているグループもおられますよ。

機会があれば、しまなみ海道を走られてみてくださいね。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR