大人の社会科見学。

旨いっ!。
201512420.jpg
すっきり、爽やかな味わいで、香りも良いお酒。
すみません。ありきたりな表現しか出来ない、きゅーでございます。

一月下旬になり、一年で最も寒い季節になってきました。
外回りや現場仕事で冷えきった身体を、お風呂と温かい食事で癒す。幸せな気持ちになりますよね♪。
楽しいツーリングからの帰宅ならば、尚更です。

そして、おいしいお酒があれば、最高です!。
お酒に弱い私でも、気分が良い日に飲むお酒は、最高に旨いのです。


1月24日の土曜日。午前9時半、私は呉市内にいます。
201512401.jpg
いつ観ても、潜水艦の巨大さには圧倒されます。カブが豆粒の様。

アレイからすこじまに停泊している潜水艦をよく目にしますが、
船体のほとんどが海中に潜っている為、潜水艦全体の大きさを把握出来ていないのでしょうね。
そのギャップもあり、ますます目を円くして驚いてしまいます。

さて、早朝に自宅を出発した私。
呉市内に向けカブを走らせた理由はというと、大人の社会科見学に参加する為なのです。
201512402.jpg
酒王 千福
せんぷく♪いっぱい♪♪いかがです♪♪♪』のメロディーが思い浮かぶ方は、私と同年代、もしくはそれ以上の方でしょうか?。
ダークダックスの歌声にしびれるこの曲。広島では私が小さな頃から、テレビCMで頻繁に流れていたのですよ。
ちなみに、『グラスをのぞくフラミンゴ』という曲名を初めて知りました(汗)。
しかも、『小首をまげる、ピーコック♪』という歌詞が二番だったとはっ!?。

千福の工場見学は要予約となっています。
詳しくは千福のHPをご覧ください。←千福ホームページ内、『酒工房せせらぎ』のバナーをクリックっ!。

受付場所のギャラリー三宅屋商店は午前10時オープン。
午前10時30分からの見学コースを申し込んでいましたので、ギャラリーを一足先に覗いてみます。
201512406.jpg
チャイナドレスを身にまとった姿の女性が描かれている珍しいポスター。
ポスターの下側には『社會式株造醸福千洲満』という文字。反対側から読むのが、時代を感じさせます。

千福さんとは関係はありませんが、時代を感じさせるアンティークな数々。
201512403.jpg
この様なデザインは好きです。画の表現が現在と違い、やわらかい感じがするのです。

将棋盤でしょうか?。
201512404.jpg
駒が戦艦、潜水艦、飛行機等。どの様に駒が動くのか、対戦を観てみたい。

『海軍御用達』という華やかな看板が目を引くコーナー。
201512405.jpg
この海軍御用達という理由が、後の見学コースでわかります。

ギャラリー店舗の目の前には、巨大な煙突が建っています。
201512407.jpg
『酒王センプク』の煙突。←センプクがカタカナと言うのがポイント!?。

この煙突は現在使用されていませんが、千福の歴史と象徴として残していくとのこと。
現在、煙突の老朽化対策として補修工事中の為、足場&養生シートで覆われています。
補修工事が終了した時に、もう一度観てみたいですな。

そうこうしていると、団体さんが大型バスでお越しになられました。
いよいよ見学スタートです。

工場の前には、新酒を伝える杉玉。
入口を入ると通路には千福のお酒を楽しむ著名な方々の写真が並びます。
榎本健一、いずみたく、岡本太郎・・・。

手塚治虫先生。
201512408.jpg
鉄腕アトムが一升瓶を持ってきてるよ♪。この様なフィギュアがあったら流行るのかな?。

そして私が一番好きな写真がこの方。
201512409.jpg
棟方志功先生っ!。
本当にお酒を楽しんでらっしゃるのが表れていますよね。

見学後に、今回案内された専務さん?と少しお話をさせて頂きました。
この写真の一升瓶の横にある『肴』は、くじらの軟骨の粕漬けと思われるそうです。
当時の千福では、このような粕漬けや奈良漬けも売られていたとのことでした。←間違っていましたら、すみません。

赤じゅうたんを進み、骨董品を眺め、瓶詰の製造ラインへと進みます。
残念ながら、この日は従業員休日の為、製造ラインは稼働していませんでしたが、丁寧な説明に耳を傾けます。

※ここで注意点をひとつ。
工場内の写真撮影は基本的にOKなのですが、製造ラインの撮影は禁止されています!。

軍艦浅間から手交された品質証明書。
201512410.jpg
清酒『呉鶴』となっていますね。(後に全海軍基地へ千福が納入されるとのこと。)

大正時代、この呉鶴は軍艦浅間に満載され220日余りの航海。
2回の赤道通過にも変質、変味が無かった為、証明書が手交されたとのことです。
『海軍御用達』というのも頷けますね。

工場見学が終ると、先程覗いていたギャラリーで試飲やお買い物が出来ます。
私は飲酒する事が出来ませんので、ガマン(泣)。みなさんおいしそうに飲んでいらっしゃいましたよ。
お酒入りのソフトクリームもおいしそうでした♪。

この見学コースは約1時間のですので、無理なく楽しむことが出来ました。
大和ミュージアムや呉の町並み観光と組み合わせるのも良いかもしれません。
ちなみに、千福の近くには、以前ご紹介した『メロンパン』がありますよ。


工場見学を終え、カブに跨ると時刻はお昼前。呉市中心部にある『れんが通り』へと向かいます。
れんが通り南口。海軍さんの珈琲の向かい側にある『ささき寿司』の巻き寿司が本日のお昼御飯です。
私が子供の頃、呉に住んでいる叔母に会いに行くと、いつも用意されていた巻き寿司なのです。
慣れ親しんだ味と言ったらいいのかな。

音戸大橋を観ながら、巻き寿司を頂きます。
201512411.jpg
酢めしが旨いのよ。

その酢めしに負けないぐらいの存在感がある卵焼き。脇役のあなごも良い味を出しちょるわ。
ひさびさに食した呉の味『ささき寿司』の巻き寿司。
一本ペロリと食し、お土産用に購入していた、もう一本に手が伸びてしまいそうでした(笑)。


普段は、前方に見えるグルグルと周りながら走る第一音戸大橋を渡るのですが、本日は違います。
私が生まれる前から存在している音戸大橋。そして、いつも気になりながら渡っていた音戸大橋。

気になっていたものとは。
201512412.jpg
音戸の渡し船。(写真の左右に見えるのが渡船です。)
行き交う船が多く、難所とも言われている音戸の瀬戸を結ぶ、『日本一短い航路』なのです。

その渡船に乗ります。
201512413.jpg
タイカブごと(汗)。

この渡船には、原付まで乗り込むことが可能です。(料金は片道110円。)
船が古い為、原付を超えるバイクですと、床が抜ける恐れがあるみたいです。←船長談。

渡船乗り場のベンチに座って休憩している地元のおじいさんに、音戸渡船について尋ねました。
桟橋の先端で待っていると、渡船が近付いてくるようです。
201512414.jpg
『まっとって』という言葉に癒されます(笑)。

桟橋に向かっていると、目の前を大きなフェリー(松山~広島)が通過します。←嫌な予感がします。

桟橋が、大きく右に左に揺れ始める(汗)。
そして、そのおじいさんが、ゆったりとした口調で『うしろにさがっとらにゃぁ、波が来るよ』と。

海が満ちていたのもあり、波がザッパンザッパンと打ち寄せてきます!。
急いで下がって良かったよ。
ちなみに大潮の時には、渡船乗り場入口まで、波が押し寄せてくるそうです!?(驚)。
201512415.jpg
桟橋の先端に行く前に、渡船がやってきました。ホッ。

船長さんが幅18cmくらいの足場板を桟橋と渡船に架け渡してくれますので、カブの車輪を乗せて乗下船させます。
桟橋も渡船も波で揺れているので、緊張しますよっ!。

ぽんぽんぽん♪と小気味良いエンジン音を響かせ音戸の瀬戸へ出発です。
201512416.jpg
対岸まで、たったの3分の船旅なのですが、他の船が通過する為、揺れる揺れる。
乗降口には手すりなど何もなく、海面がすぐそこにあります。もちろん、バイクは固定なんてされていません!。
ヘタなアトラクションよりも迫力があります(笑)。

無事対岸に到着すると、時刻は午後1時過ぎ。青空が広がり、気温が上昇し始めました。
千福で購入した『生貯蔵』という冷酒をリュックに入れていた為、島巡りの予定を変更し、帰宅することに決定。
保冷剤を入れて貰っていたのですが、おいしいお酒が心配で仕方がないのです(笑)。
この記事の最初に登場した写真が、その『生貯蔵』というお酒なのですよ♪。


第二音戸大橋を渡り、途中の展望所にて珈琲休憩だ。←これが本題なのです(汗)。
201512418.jpg
今回用意した珈琲豆は、ニカラグア、コロンビア、インドネシアをブレンドし、中深煎りに仕上げてあるとのこと。
大粒の珈琲豆なので、ミルで挽き難かったのですが、コクがある珈琲でしたよ。


ケトルについて。
今まで使用していたケトルの注ぎ口取付け部から水漏れが発生。
溶接個所が欠損した模様です。バイクに載せて、振動を与えていた為でしょうか?。

なので、ケトルを新調。
201512417.jpg
容量0.6Lと、かなりコンパクトなトランギアのケトルです。
マグカップ一杯分の湯を沸かすには、丁度良い感じです。普通カップの大きさで二人分の量といったところでしょうか?。

おいしい珈琲を味わいながら、ゆったりと景色を眺めます。
201512419.jpg
たいへん贅沢な一杯の珈琲となりました。
ボォーッと景色を眺めながら、ふと後ろを振り返るとカフェがあるではありませんか!。気が付かなかったよ(汗)。
カフェの目の前で、珈琲を淹れる私って。

午後3時に無事帰宅。本日の走行距離は約100kmでした。


今宵は、あなたの大好きなあの人と、一杯いかがですか?。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぐは・・・懐かしすぎる!!

センプクのCM を聞けば・・・ヒロツクのCMを思い出すw

どっちのCMソングもいまだに歌えるから不思議だwww

ひろさんへ♪

私たちの世代は、この曲を聞いて育ったといっても良いくらいですよね。
再び飲みたくなってくるのは何故だろう?(笑)。

ヒロツク。
伴奏から、脳に焼き付いていますよ。人魚の柄もね。
ヒロツクのぉ~♪、こもちこんぶぅぅぅ~♪。

ルリデンや文明堂のカステラのデキシーパンダとかは?。
懐かしいことを思い出してきたよ♪。

内容濃過ぎ!!!!

内容濃過ぎ♪^^

素敵な絵が多過ぎ♪^^

渡船も楽しまれたみたいで、素敵な町並みの風景が目に浮かびます♪^^

コーヒーと手巻き寿司が超美味そうやし♪^^

呉には行ったことないけど、尾道・呉って堪能しに行きたいですね~♪^^

近いうち必ず広島へ向うぞ!!!!

はじめまして

きゅーさん、はじめまして。
ご訪問頂きどうもです。
私もコーヒー好き(酒は無くても良いぐらい)、バイク好きです。
そちらは広島?こちらは四国です。
また立ち寄らせてもらいますね。
これからもよろしくです。

No title

あの渡船、原付だとOKなのですね!
歩行者、自転車専用かと思ってました。
原付って、ホント得だなぁ(笑)
荷物満載でも大丈夫かな?w

良い情報、ありがとうございます!

小鉄さんへ♪

工場見学等は、子供の頃よりも興味が沸いてくるのですね。
真剣にお話を聴いている自分にビックリしてしまいます(笑)。

この巻き寿司はおいしいよ。
いつも行列が出来ています。お店が派手ではないところも良いのですよ♪。

尾道から呉へのコースも楽しめますよ。
是非、広島まで来てくださいね。

オノデーラ88さんへ♪

オノデーラ88さん、はじめまして。

バイク乗りの方で、珈琲の好きな方は多いようですね♪。

広島の少しだけ山の中に入ったところに潜伏しております(笑)。
オノデーラ88さんは四国なのですね。ツーリングエリアではないですか!?。
いつか、お逢いできるかもしれませんね。

こちらこそ、宜しくお願い致します。

ぐぅだらさんへ♪

音戸渡船は、原付OKなんですよ。
普段はスムースに対岸へ渡ることが出来るので渡船に乗らなくてもいいのですが、
大型連休等で音戸大橋が混みあう時には良いかもしれませんね。

ちなみに、写真で写っているカブの前から真っ直ぐに伸びている木製の桟橋。
先端が見えなくなっているところから、『への字』のように下がっています。
実は、私のタイカブは、亀の子状態になってしまったのですよ(汗)。
なんとか脱出は出来たので良かったのですが、大荷物ですと、助っ人が必要かもしれません。

といえども、原付乗りにとっては、楽しい音戸渡船であります♪。

素敵な休日の過ごし方ですね。
音戸大橋見ながら食べるお寿司は美味しそう
久しぶりに渡船も乗りたくなりました。
廃止にならないように皆で乗りましょう

No title

こんばんは♪

うわぁ~~~!潜水艦ド迫力ですね~~!!そしてカブちっちゃwwww
大人の社会科見学ですか~昔の広告のポスターとかもステキですよねぇ♪

そして渡し船♪
『まっとって』がホント和みますね( ´艸`)
でも、桟橋の先端へ行くまでもとっても揺れそうに見えるのですが((((;゚Д゚))))

No title

こんばんは。
ハイ!千福と出た時点でCMのフレーズが。。。
千福いっぱいお徳用♪
ってのも、覚えてるんですが、駄洒落歌だったのか、CMだったのか定かではありません。

でも、なつかし~~

No title

きゅー師匠、大人の社会科見学良いですね!
 のぼうも、行ってみますね!!

 またカフェの前で珈琲を煎れるとは、勇気ありますねえ~(*^_^*)
 
 冒険弐号の慣らしは終わりました! いつでもお供しますよ!

ヒロキチさんへ♪

早めに帰宅しましたので、まったりと一杯やってましたよ♪。
贅沢なひと時でした。

サツキのシーズンでは無いので、ゆったりと音戸大橋を眺めながら過ごす事が出来ました。
観光客の方々が多いと、落ちついて食事出来ないですよね。

ヒロキチさんは、某カブショップのツーリングで音戸渡船に乗られていましたよね?。
是非、あの揺れを楽しんで下さい(笑)。

ちなみに、
通勤で毎日の様に某カブショップ前を通るのですが、敷居が高そうで訪問を躊躇している状態です(汗)。

まゆっちさんへ♪

こんばんは。

この潜水艦は退役艦なんですよ。
目の前の瀬戸内海から、クレーンで吊り上げて、あの場所へポイッと据えたのですよ。
(実際には、そんなに簡単ではないのですけどね)。

このような見学は、子供の頃よりも大人になってからの方が楽しいですね。
いろんなものに興味が沸き、質問ばかりになってしまいます。

桟橋は揺れますよ(怖)。
船が横切ると大きく揺れ始めるので、気合いを入れて、一気に渡りきります(笑)。

フクモンさんへ♪

こんばんは。

フクモンさんも、センプクと聞くと、この曲が流れ始めますか(笑)。
広島県民なのですねぇ~。

お徳用♪は、覚えていないなぁ。あったのかどうなのか???。

のぼうさんへ♪

大人になって経験する社会科見学は、楽しいですよ!。
ちなみに、『大人の社会科見学』は私が勝手につけたタイトルですので、
千福さんに見学予約する時には、『工場見学の件』でお願いしますね。

あの場所にカフェがあることが分かったのは、バイクを発進させた時なんですよ(汗)。
二階にある屋外テラスにお客さんがいるのを発見して、カフェと認識しました。
カフェの目の前で堂々と珈琲を淹れたのは私ぐらいではないでしょうか(泣)。

カブツーリングの件。後ほどメールしますっ!。

No title

コーヒーのドリップの写真を拝見して
さっそくドリーッパー(?)をポチっとしちゃいました♪

コーヒーバネットっていう名前でした。
これできゅーさんのように美味しいコーヒーが
出先で飲めるかな!(^^)!

千福と云えば、小首を曲げるピーコック♪
が真っ先に浮かびますねぇ!

音戸の渡船は原付も乗れるんですね!
えっと、メロンパンと巻き寿司をっと・・・。

eddyさんへ♪

このドリッパーは、簡単に薄っぺらくなるので持ち運びに便利なんですよ。
軽いのは良いのですが、強風の時は、ドリッパーごと飛んでいきそうになるので注意が必要です。

どの様な場所でも、挽きたての珈琲を淹れると、特別な味がしますっ!。
ようこそ、アウトドア珈琲ライフへ♪。

たかさんへ♪

たかさんも、『小首を曲げるぅ~♪、ピィーコックっ♪』が思い浮かぶのですね。
この歌詞が二番だとは知りませんでした。

音戸渡船。
ハンターならば、あの桟橋のガッタンゴットンとした滑り止めを乗り越え、
への字になった場所も簡単に乗り越えていきそうですね。
ちょっとした冒険気分を楽しめますので、乗船に挑戦してみてくださいませ!。

空腹時に呉でたかさんを見掛けたら、速攻で停車させて頂きますっ!。
そして、持ち物検査をします(笑)。

No title

音戸の渡し舟に乗船したんですか?


いいなぁ~

自分ときは、桟橋と船の落差が大きすぎて

コマジェを乗せることが出来ませんでした

何だか昭和な感じのする記事ですね~。
千福のCM、ギリギリでわかります。(笑)

渡し船、結構小さいですね、原付でも無理矢理な気が。(^_^;)
ですが、こういう渡し船って貴重な気がします、末長く残ってほしいと思います。(^-^)

むらさんさんへ♪

音戸渡船へ初めて乗船いたしましたっ!。

満潮時や干潮時で、海面と桟橋の高低差が発生しますよね。
私は運が良かったかもしれませんね。

むらさんさんも、次回は音戸渡船をお楽しみくださいね♪。

るーのぼさんへ♪

るーのぼくんは、若いもんねぇ~(笑)。
それにしても、ギリギリ知っている年代とは!?。

この渡船は、ものすごく小さい船ですよ。
ボォーッと立っていたら、海に落ちてしまいそうな感じになります。

るーのぼくんも、原付二種で音戸渡船にチャレンジしませんか?。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
注意事項
ブログ内容及び写真の転載・無断使用は禁止です。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
お知らせとお願い
当ブログでは、相互リンクをおこなっておりません。 また、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR