キャンプde周防大島(前編)

3月21日の土曜日。

穏やかな天気の下、キャンプツーリングに出掛けます。
目的地は、瀬戸内海に浮かぶ島。山口県は周防大島(すおうおおしま)。
周防大島は、メジャーなツーリングコースです。いつも、ツーリングを楽しんでいるバイクが、たくさん走っています♪。


今回のキャンプは、現地集合、現地解散。
集合時間は決められていないマッタリとしたキャンプです♪。

走行スピードの遅いカブには、ありがたいっ!。
トコトコとマイペースに走って、周防大島を目指します。

国道2号線の渋滞も、全然気にならないのがカブの良いところ。渋滞中の車の列に埋もれて、のんびりと走ります。

のんびりついでに、普段走っているコースとは違うコースを選びます。
岩国から、国道188号線にルート変更。少し遠回りになりますが、海岸線を走って周防大島に向かいます。


正午前。
周防大島まであと少しのところにある『潮風公園』にて休憩します。
201532401.jpg
心地よい風が吹く中、海岸線を観ながら、少しウトウトと(笑)。春ですね。

ここ潮風公園には、綺麗な砂浜が広がっています。
201532402.jpg
ポカポカ陽気、青空、心地よい風、静かな波の音。ほら、ウトウトするでしょ(笑)。


休憩も終わり、国道188号線を少し走ると目の前には大島大橋が現れる。
この大島大橋を渡ると、目的地の周防大島に上陸だ。

大島大橋は島の西側、目的地のキャンプ場は島の東側。
のんびりと島の北側海岸線を流しながら、キャンプ場を目指します。


久賀(くが)のセブンイレブンにて、昼食用のチョコクロワッサンとクリームパン、ホットココアを購入。


ここから、少し寄り道だ。
標高618.5Mの嵩山(だけさん)展望台を目指します。

山頂に近付くにつれ、道幅は車一台がやっと通れるくらいの狭さ。
しかも、急勾配の『つづら折れ』になっており、少し上るとグイッと曲がり、また少し上るとグイッと曲がる繰り返し。

そんな急勾配な道のりでも、グイグイと上って行く、キャンプ道具満載のタイカブ。
1速、2速、そしてまた1速とギアチェンジの繰り返し。
カワユイ顏をしているタイカブですが、
1速でラフなアクセル操作をしようものなら、フロントがポンッと簡単に浮いてしまいます(汗)。
恐るべし、タイカブっ!。

そして、到着する山頂。
ここ嵩山山頂には、ハンググライダーやパラグライダーのランチャー台が設置してあります。
201532403.jpg
この場所まで余裕で上ることが出来たカブに、正直驚きました。
キャンプ道具満載で重量増になっているのにもかかわらず、グイグイと上っていくのですから。

テイクオフっ!。
201532404.jpg
霞みの為、遠くの景色を眺めることは出来ませんが、それでも綺麗な景色に変わりはありません。
この景色を眺めながら、展望所のベンチに座り、先程のパンとホットココアを頂きます。
一人貸切状態の絶景レストランに案内された感じです♪。←その様なお店には行ったことは無いですけどね(汗)


絶景を眺めた後は、来た道を戻ります。
つづら折れ箇所は慎重に下ります。路面には、落葉がある箇所もありますので、ゆっくりと走ります。

再び北側海岸線を走り、キャンプ場へ向かいます。
201532405.jpg
今まで走ってきた瀬戸内の島々の中で、ツーリングを楽しんでいるバイクが、一番多いのではないでしょうか。
開けた景色と、走り易いコースが魅力的なのでしょうね。


島の東側の端にあるキャンプ場。『陸奥野営場』に到着です。
ここ陸奥野営場の隣には陸奥記念館があり、戦艦陸奥の貴重な資料を見ることが出来ます。
ちなみに、戦艦陸奥は1943年に周防大島の沖合いに停泊中、不慮の大爆発を起こし、沈没しました。

キャンプサイトでは、珈琲を飲んだり、ケーキを食べたり、おしゃべりしたり♪。
201532406.jpg
まったりとした時間を楽しみます♪。
私たちにとっては、何もしないこの様な時間の使い方が、一番の贅沢なのです。

各々、夕食の仕込みに取り掛かる。
201532407.jpg
市販の生姜焼きのタレを投入し、仕込終了(笑)。
豚肉よりもタレの量が多かった為、少し辛い仕上がりとなりました。キャンプですので、良しとしてくださいね。

Witchさんのミネストローネ、アドさんのジャガイモのオイルサーディン包焼き?、るーのぼくんのクリーミープリン♪。
そして、パンチの効いた炊き込みご飯っ!。

素敵な宴の始まりです。
201532408.jpg
私の生姜焼きの味が濃かった為、皆さん、のどが渇いたに違いないっ!(汗)。

おしゃべりに夢中になり、綺麗な星空でしたが、写真を撮っていない。
201532409.jpg
その代わり、目にはしっかりと星空を焼きつけてきました。

この日、睡眠不足の私。宴を早めに抜け、シュラフに潜り込む。
201532410.jpg
そして、夜が更けていく。キャンプde周防大島(後編)へ続きます。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

車で嫁子を連れて行くグルキャンと

単身で2輪で行って現地で二輪の方たちと集うキャンプ

嫁子には申し訳ないが

後者が圧倒的に楽しい~♪

我ら旅人なり♪

周防大島、近くて遠いような、フェリーに乗ったら着いちゃうから近いような・・・。

しまなみとは違った景色ですよね。
(^_^)

案外パワフルなカブ、もう少しパワーが有ればと、必要十分の境目くらいです。
しかし頑丈そうなキャリアですね〜
(=゚ω゚)ノ

あの日は焚き火が欲しかったw

周防大島の山って、結構高いですよね~。
霞んでいなければ、四国の山々もしっかりと見えそうです。

星もきれいでしたが、なんといってもカーバイトランプと焚き火が主役っていう感じでしたね~。
これらを眺めるのは、最高の至福の時です。(^-^)

むらさんさんへ♪

旅人。いい言葉ですね。

それぞれの旅を楽しんで、同じ火を囲み、語り合う。
そして、翌朝にはそれぞれの行先に旅立つ。

ストレスなく楽しめるキャンプですよね。バイクならではのキャンプだと思います♪。

焚き火、素敵ですね~。
火を見るとなんとも言えない、気分になりますよね。
うまく言葉に出来ませんけど・・・落ち着きと、ワクワク間が混在したような感じ?

No title

こんばんわ(^^ゞ
しょうが焼きのタレは必須アイテムですよね、私もよくお世話になります(^^♪
今年もキャンプをする機会があれば利用する予定です。

たき火があると雰囲気が増しますね!うーん、荷物の積載具合と相談しないと…(^^;

たかさんへ♪

確かに、しまなみとは違った景色が観られます。
瀬戸内に浮かんでいる島の数の違いからでしょうか?。

想像していたよりも、カブってパワーがあるのですよね。
スピードを出すパワーでは無く、重い荷物を運んだり、登坂力重視ということでしょうね。

このキャリアは、信頼性が高いと思います。シッカリしていて、強そうなのですよ。

見近島は、かなり風が強かったのですね。
この日の周防大島は、風が少なく、心地よい夜でしたよ。

るーのぼさんへ♪

周防大島には、数か所の展望台がありますよね。
この嵩山より、高い山もあります。もっと眺めの良い展望台に巡り合う方もいるかもしれませんね。

確かに、四国も観えるのではないでしょうか?。

このオレンジの光を眺めているだけで、幸せを感じます。
私は、落ちつき過ぎて眠くなってしまいましたけど(笑)。

yukananさんへ♪

ぼぉ~っと、オレンジ色の日を眺めているだけで、心が落ち着いてきます。
リラックスできるのですよね。

キャンプならではの光景。
私一人でキャンプを行っていたら、ありえない光景ですけどね(笑)。

SomeDayさんへ♪

こんばんは。

最近は手軽に調理出来、後片付けも楽な手法を考えています。
便利商品がたくさん出てきていますよね。スーパーでの物色が、楽しくなってきています♪。

この焚き火台は、大型バイクの方々が持ち込んで来たものなのですよ。
カブに積載しようとすると、他を削らなくては、いけないのでしょうね。

ガンバレ、カブっ!。

焚き火に照らされるカーバイトが、よい雰囲気ですね。

それにしても、皆さんの料理はなかなかのもの♪

テイクオフ! 素晴らしい!
Googlemapに保存します(笑)

ぐぅだらさんへ♪

カーバイトっ!。
ブログの中では写真のみ掲載し、カーバイトと言う言葉は出していなかったのですが、さすがはぐぅだらさんっ!。
細かいところに気が付かれましたね!?。驚いています。

このカーバイトは、今回のキャンプ主催者でもあるアドさんの持ち物なのですよ。
可愛らしい大きさで、暖か味のある灯りが何ともいえず、良いものでした。

キャンプでの料理は、最高の味ですよね。
れだから、キャンプが止められないのかも知れません。

是非、テイクオフ!してくださいね(笑)。


プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR