マッサン&リタ。

おひさしぶりです、きゅーでございます。

今夏は涼しかったにもかかわらず、年齢のせいか体調を崩してしまいました。
さらに追い打ちを掛けるかのように豪雨による土砂災害を目の辺りに見て、心身ともにダメージを受けていたみたいです。
この様な状態ですので、バイクによる長距離運転は控えておりました。

バイクに乗る事も出来ず、部屋で横になっていると、ふと思い出す夏の思い出。
201491501.jpg
二年前のお盆休みに走った北海道の大地。
実質2日間の滞在だった強行スケジュールでしたが、ぶち楽しかったのを覚えています。

余市を通り掛かって、たまたまツーリングマップルで見つけた『ニッカウヰスキー余市蒸溜所』。
201491502.jpg
あまりお酒に興味がない私。そんな私でも楽しめた工場見学だったのですよ。

ウイスキーの直販所では、
私の方言を聞いて、『広島からお越しですかっ!?』と食いついてきた販売員のおばちゃんがいたのを覚えています。
今になって、その『食いつき』が何だったのかが分かりました(汗)。


さて、本日9月15日の月曜日。敬老の日です。
201491503.jpg
ひさびさに走りますっ!。午前6時半過ぎに出発だ!!。

雲は多いが、良い天気になりそうな予感がします。
革ジャンを着ていますが、トコトコ原付スピードでも気持ち良い風が身体に当たります♪。

原付ですので、比較的、交通量が少ないルートで進むこととします。
201491514.jpg
県道37号線→80号線→33号線→59号線→75号線。
とにかく、山の中を一旦北上し、東に向かいながら南下するのです。
(後方から接近する車が少ないので、国道2号線を走るより、断然ストレスが掛からなくて済みます。)

さすれば、ここへ到着します。
201491504.jpg
今月末から放送予定のNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』で観光客が増えそうな予感がする『竹原』です。

写真の杉玉がぶら下がっている建物は、町並み保存地区にある『竹鶴酒造』さん。
『日本のウイスキーの父』であり、ニッカウヰスキー創始者の竹鶴政孝さんのご実家です!!!。

午前9時過ぎですので、観光客がほとんどいない町並みが楽しめます。
201491505.jpg
まずは、ゆったりと町並みを観ながら歩き、その後、お目当ての観光施設を楽しむのはどうでしょうか?。

竹原の町並み保存地区は、思っているよりも広くはないのですが、
ついつい立ち止まり、じっくり観てしまうものもあるので観光時間が伸びてしまうかもしれませんね。

バイクは、町並み保存地区の隣にある『道の駅 たけはら』に駐輪出来ます。
201491506.jpg
午前10時過ぎですが、革ジャンを脱いでいても暑い。ここにきて、夏に逆戻りの様な気がします。

歩いている私の目の前には、歩調を同じにするかのように、2匹のトンボが飛んでいます。
201491507.jpg
トンボが道案内をしているかのようでした。なんとも微笑ましく思えるひと時だ♪。

あらっ?。
201491508.jpg
ここ竹原市歴史民俗資料館では、『竹鶴政孝展』が開催されています。
事前に調べていた竹原市観光協会のHPには、開催日が9月16日(火)からとなっていたのですが、
14日(日)に展示物が整ったため、早めに開催されたとのことでした。観ることが出来てラッキーでした。

町並み保存地区の小路地には、ケーキ屋さんの『菊寿堂(きくじゅどう)』があります。
元気なおばあちゃんが、カウンター越しに大きな声で挨拶しています。朝から気持ちが良くなりますよね。
ついつい、シュークリームを2つ購入してしまった(汗)。

午前11時前というのに、強い陽射しが病み上がりの身体に堪えます。
201491509.jpg
今回は、竹鶴政孝さんをメインに観光したかったので、無理をせず早めに竹原を後にします。

おっと、忘れていた。
201491510.jpg
『日の丸写真館』、なので。←分かる人には分かるのかっ!?。
某アニメで竹原を盛り上げていましたよね。

この日の丸写真館の前には、本川という川が流れています。
竹原の町は、江戸時代から『塩田の町』として栄えてきたらしい。
この本川は人工的に造られた港で、ここから全国に竹原の塩が運ばれたそうです。

『道の駅 たけはら』から国道185号線を海岸線沿いに東へ進みます。
右手に瀬戸内の島々を眺めながら走るのです。

少し走ると『エデンの海PA』という小さなパーキングエリアがあります。綺麗な景色を観ることが出来るのですよ。
ここで、綺麗な景色を観ながら、『こぉーひぃーぶれいく』に致します♪。
201491511.jpg
シャッターチャンスを逃し、プクゥ~と膨れたところを撮り損ねました(汗)。

今回用意した珈琲豆は、『エルサルバドル』の中深煎りです。
説明には、『酸味と苦みの中間ですっきりとした後味』とあります。

先程購入した菊寿堂のシュークリームと一緒に、入れたての珈琲を頂きます。
201491512.jpg
しっかりとしたカスタードクリームと、すっきりとした珈琲が、気温が高い青空の下では相性が抜群に良かったです。

最高の味を楽しめたのは、やはりこの景色も影響していたのかもしれませんね。
201491513.jpg
贅沢過ぎる、『こぉーひぃーぶれいく』でした。

午前11時半過ぎ、パーキングエリアを後にし、
忠海(ただのうみ)駅前から県道59号線へと進み、来た道を帰ります。

初こぉーひぃーぶれいくを堪能出来た本日のツーリング。走行距離は約170kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは^^

一気に秋が近づいてきて朝晩は冷え込むようになりましたね。
お互い体調管理に気をつけましょうね^^

竹原市はたまゆらですかね^^(といっても調べて初めて知りましたw)
朝ドラとかのロケ地になると観光客が一気に増えそうですね。

コーヒーブレイクのシュークリームとコーヒー美味しそうですね。
最高の時間を過ごせたのではないでしょうかw

自分もコーヒーメーカー欲しくなってきました^^;

良かったです・・・。

こんにちは、少し・・・元気になられたようで、良かったです・・・。
凄くイイ町並みに、気持ちがホッコリしました。
これからも、いろんな景色を見せてくださいね~。

にんにん@52さんへ♪

こんばんは。

寒暖差が激しすぎますよねぇ。
この日も、お昼過ぎに少し頭痛がしてきたので、早めに帰宅しました。
にんにんさんも体調には気を付けてくださいね。

『たまゆら』←正解です♪。
来月から竹原は賑やかになると思います。道の駅の駐車場が大変なことになるのではないでしょうか(汗)。

このシュークリームは¥125/個(税込)というお得感満載なんですよ。
初めての屋外珈琲でしたが、想像以上に美味しかったです。

にんにんさんも、是非、大山でこぉーひぃーぶれいくしましょうよ。

おっちゃんライダーさんへ♪

こんばんは。

ご心配をお掛け致しました。
まだ無理は出来ませんが、普通にバイクに乗れる状態になりました。

広島県の東部には、この様な素敵な場所がたくさんあります。
おっちゃんライダーさん、是非広島においでくださいませ♪。

No title

ん、きゅーさん。
ご無沙汰しております。
広島の土砂災害には、私も驚き、そして地図を広げながら心配しておりました。
いろんなことが起きた今年の夏ですが、
また、平穏な日々が続くことを願うばかりです。
ただ、今回の件は新たな教訓として、記憶に残さなければなりませんね。

トコトコと走って、こんなすばらしい街があるのですね。
そりゃぁ、コーヒーもうまいでしょう。

soraさんへ♪

きゅーです。おひさしぶりです。

ご心配をお掛け致しました。
災害地域は、自宅から比較的近い場所でしたので、私自身も動揺していました。

soraさんのおっしゃる通り、教訓としなければなりませんね。

ここ竹原のお隣は三原、そして尾道へと続きます。
広島県の東部は、広島市とは違い、古い町並みがそのまま残っているのですよ。
歴史を感じさせてくれます。

いろんな景色で珈琲を楽しんでいきたいと思っています。

No title

  はじめまして、のぼうと申します。

  時折、拝見させて頂いていますが、いつも写真がうまいなあ~と眺めています。

  ちなみに、のぼうの実家は竹原で街並み保存地区を歩いて中学校に通っていました。

  良かったらリンクをさせて貰って良いですか(*^_^*)

のぼうさんへ♪

のぼうさん、はじめまして。

写真を褒めて頂き、ありがとうございます。
最近、コンデジばかり持ち歩いていたのですが、小さくて軽いレンズに交換してからは、デジイチ復活になっています。
ただ、望遠レンズではないので、写したいものに近付いたり離れたりして写しています。
その姿は、かなり滑稽だと思います(汗)。

ご実家が竹原なのですね。
通学路が町並み保存地区だったなんて、羨ましいですっ!。

リンクの件、こちらこそ宜しくお願い致します。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR