伯耆富士こと大山へ。

前回の日本海で、目覚めてしまった山陰ツーリング。
私にとっての山陰の代表格といえば、岡山県から鳥取県へと続く、『蒜山(ひるぜん)&大山(だいせん)』なのです。

お天気が不安な5月23日の土曜日。
天気が崩れるのは、夜になってからということですので、早朝にツーリングへ出発します。

201552301.jpg
もちろん、『大山』へ。


周囲が明るくなり始めた午前5時。大山に向けて出発します。
ジャケット&パンツはメッシュという、夏仕様!。
さすがに寒く、カッパの上下を着込むことになりました。それでも寒かったのですよ(泣)。

この日は、終日曇天。
太陽は、クッキリと顏を出すことも無く、気温上昇を妨げていました。

国道180号線を進み、午前9時前に道の駅『風の家』に到着。
201552302.jpg
夕方早めに帰宅したい為、早速、蒜山大山スカイラインを堪能します。

まずは、鬼女台展望所へ。
土曜日の午前9時過ぎということもあり、誰もいないだろうと思って向かったところ・・・。

いた!!!。
201552303.jpg
しかもカブっ!!!。

90ccのスーパーカブに乗られているこの方。
お若い方なのですが、細切れで日本一周に挑戦されているそうです。
201552304.jpg
旅カブ。
かなり酷使されている感のあるカブなのですが、メンテナンスはキッチリとされているように見えました。
私の乗りっぱなしなカブ達とは違います(汗)。

旅と言うものは、人を成長させるものなのでしょうか?。
この方とお話をさせてもらい、その様に感じました。顔付きも人生観がある様に見えたのですよ。

バイク旅の中でいうと、けっしてラクな方では無い『カブの旅』。
『カブで旅をしていると、他の事は何でも出来るような気持になります』と言われたのが印象的でした。
日本一周を終えた時、この方は、もっと成長されているのでしょうね♪。

現在の私は、まだまだ成長出来ていない・・・。

30分も楽しいひと時をありがとうございました。
そして、お互い『お気をつけて』と別れ、それぞれの旅に出発します。


大山環状路を時計回りに進みます。
この時間帯は、走行している車両がいないと言っても良いくらいの少なさ。
201552305.jpg
鍵掛峠展望所から望む大山南壁。
崩落により露出している山肌が、目に焼き付きます。
大山と言えば、この景色を一番に思い浮かべてしまうくらい、大好きな場所なのです♪。

この鍵掛峠展望所にて、BMWのSSに乗られている年配の方とお話。
『RR』と車体に描かれている文字が、迫力を増しているバイクでしたよ。
で、会話の内容はというと、ほとんどが『カブ』だったという(笑)。
ひさびさにSS乗りの方とお話し出来たのにもかかわらず、勿体無いことをしてしまった!。


ブナ林の中を進むタイカブ。
201552306.jpg
このブナ林の中を走り抜けるのが、大山ツーリングの醍醐味ではないでしょうか?

原付やカブに乗り始めて、ブナの木肌まで見えるようになりました。
トコトコと走ると、この様に見える景色まで変わってくるものですね。


桝水高原まで来たところで、一旦大山環状路を外れ、溝口方面へと下山します。

伯耆富士(ほうきふじ)と言われている大山。
先程の険しい南壁の印象が強い大山ですが、西側から観る、なだらかな円錐状の姿も大山の顏のひとつ。
201552307.jpg
溝口展望台駐車場から、伯耆富士を望む。

山頂に雪を被った姿を観てみたいのですが、その時期には、さすがにカブで来ることが出来ません。
冬の大山も、綺麗な景色なのでしょうね。


さて、再び大山環状路へ向かい、桝水高原へと上って行きます。
大山環状路に近付くにつれ、どんどん大きくなっていく伯耆富士。寄り道も決して悪くない♪。

大山寺付近で、再び大山環状路を外れ、下ります。
下り出してスグに分かれ道。向かって右側の道を進みます。←メイン道路を外れています。

ペンションが建っている『あけまの森』。
その一角にある『むぎの詩』というパン屋さん。
201552308.jpg
去年、このパン屋さんをなかなか見付けることが出来ず、ペンション村の中をグルグルと彷徨いました(汗)。
今回は、一発で目的地へと到着です。

Myタイカブを観ながら、パンを頂きます。
201552309.jpg
こちらのパン屋さんでは、購入したパンをその場で頂くことも可能です。

ペンション村の中にあるだけあって、小鳥のさえずりしか聞こえてこない静かな場所。
ブナ林の中にあるので、日差しも柔らかく、リラックス出来る贅沢な場所なのですよ。

去年、私がこちらのお店にお邪魔した時のことを、お店の奥さまが覚えてらっしゃいました。
スクーピーにキャンプ道具満載で広島から・・・。インパクトはあったようです(汗)。


ちょうど正午。
お昼ご飯も食べ終わり、大山環状路を再び進みます。
201552310.jpg
船上山ダムより、船上山を望みます。
お昼と言うのに、肌寒い。脱いでいたカッパを再び着ます。

夕方からの天候が気になり始めたので、ゆっくりと休憩せず、先を急ぎます。
珈琲セットは、今回のツーリングでは登場する機会がありませんでした。
先程のパン屋さんで、おいしい珈琲を頂いたので、良しとします♪。

帰り際に一軒だけ寄る場所が。
上蒜山スキー場の近くにある『イル・リコッターロ』。
201552311.jpg
こちらで、チーズを購入。
こちらのお店で飼われている山羊の乳で作ったチーズなのですよ。
このチーズを購入する為に、保冷バッグを持ってきたのです。フレスカは既に売り切れていました(泣)。

ここで、今回のツーリングから投入したネットキャリアバッグについて。
201552312.jpg
取付け、取り外しには『慣れ』が必要かもしれません。

私にとって、収納力云々というよりも、このバッグの上にツーリングマップルを置くことによって、
眼とマップルの距離が短くなり、地図が見易くなったということが最大の効果であったようです。
加齢による視力低下は防げないものでしょうか。(泣)


午後2時に蒜山の道の駅『風の家』を出発。
頻繁に休憩を取りながら、午後6時に無事帰宅致しました。
201552313.jpg
肌寒く、スッキリしない天候でしたが、カブでツーリングに出掛けることが出来て良かったです。
何よりも、出会いがあったことが素晴らしかった♪。


今回の伯耆富士ツーリングの走行距離は、約450kmでした。
※覚書・・・自宅から蒜山の道の駅『風の家』までの所要時間は約4時間。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大山に蒜山、雄大な景色ですね!

美味しいパンとコーヒーを頂けるツーリング、パン好きにはたまらないw

今時期は着る物に悩みますね、雨が降ると冷えるし、晴れると暑いし。

風邪など引かぬように楽しまれて下さい!
(=゚ω゚)ノ

No title

お疲れ様でした~

カブでの日帰り450kmは素晴らしいの一言ですが

蒜山&大山は避暑地なんですから寒かったでしょ(笑)


カブのツーリングにはカップ麺がよく出てきますが、きゅーさんには珈琲♪
に美味しそうなパンですね!
これが似合うから悔しい!
そこに今回は、これまた旨そうなcheeseとは「まいった!」の一言です

No title

相変わらず、びっくりするほどよく走られますね。
凄い! 僕だと絶対一泊してしまう距離ですw

にしても、大山のブナ林の中を走る環状路、いいですね~
カブが帰ってきたら、山陰に行ってみようかなと思わせられました^^

こんばんは

今、きゅーさんのブログ見てビックリ(#^.^#)
今帰宅したのですが、本日私も同じようなとこを走ってました。車で(笑)

次回はカブキャンプでご一緒したいッス(^-^)/

No title

ブナが綺麗ですね~。
5月の中国山地は新緑のブナが素敵なんですよね(芽吹き始めは特に素敵)。
今年はまだ渓流にも行けてないので、竿を積んで大山もいいかも~。

パンにチーズもとっても美味しそう^^。
チーズがあると、ワインが欲しくなってしまいますけど;


それにしても・・・きゅーさん、相変わらず朝が早い!

No title

うわぁ~~~!
日本一周中の方とお会いするなんて(*´∀`)
しかも、カブで!!!
それは嬉しい出会いですね~~♪
旅カブかっこいいなぁ~(*´ω`*)

ブナの道も緑がキレイで気持ちよさそうですね~♪

たかさんへ♪

大山・蒜山は、観る場所によって、さまざまな表情を浮かべます。
走っていて、本当に気持ちの良い景色なのですよね♪。

昼間になると暑くなると思いメッシュウェアを着用していたのですが、読みが甘かったみたいです。
終日寒く、特に大山では、目が覚めるくらいの寒さでした(泣)。

帰宅後、少し寒気と頭痛がしていました(汗)。

むらさんさんへ♪

そうっ!、それなんですよ!!!。

てっきり忘れていました。大山が『避暑地』ということを!?。
革ジャンを着ていけばよかったと、後悔していたのは秘密です(汗)。

本格的に、風邪をひかなくて良かったです。

Duckyさんへ♪

あらっ!?。
珈琲のイメージが付いてしまいましたか?。
ブログタイトルが『こぉーひぃーぶれいく。』と言うくらいですものね。

どちらかと言うと、定食屋&赤ちょうちんのお店が似合いそうな気がします。
おしゃれさんでもなんでもない私なのですよ(笑)。

ぐぅだらさんへ♪

当初は、蒜山高原キャンプ場に一泊予定だったのですが、天候が不安定でしたので、キャンセルしたのですよ。
翌日も晴れていたので、キャンプしても良かったかもしれませんね♪。

ブナ林の中を走り抜けるのは、楽しくて、気持ち良くての繰り返しです。
本当に、気持ちが良くなるのですよ。

是非、ぐぅだらさんもカブで山陰へっ!。

ちゃとさんへ♪

こんばんは。

ちゃとさんも、大山の定番ルートを散策されたのですね。
車でも、気持ち良く走ることが出来ますよね。

キャンプしたいですね。
山陰でも楽しいキャンプ所がたくさんあるのでしょうね。

yukananさんへ♪

ブナ林は綺麗でしたよ♪。

新緑が出始めた時には、相当綺麗だったのでしょうね。
パン屋の奥さまも、そのようにおっしゃっていました。

パン、チーズ、ワインと・・・。
竿を投げて、のんびりして過ごすのも良いかもしれません。

この日は、午前3時前に起きてしまい、そのまま夜が明けるまで待っていました!。
歳なのでしょうか?(笑)

まゆっちさんへ♪

日本一周って、カブで出来るのですよね。
いろいろな場所を観てきている方でしたので、話もオモシロかったのですよ。

旅カブは、かっこいいです!。
この様なカブで、旅してみたいな。どこへでも行けそうなのですよね。

大山のブナ林、きれいですね~♪
ちょうど新緑で見頃じゃないですか。( ´∀`)

そんな環境の中でパンとコーヒーを頂く、至福の一時ですね~。
まだバイクで大山に行ったことがないですので、いつか行きたいです。

るーのぼさんへ♪

ブナの原生林の中を走り抜けるのは、最高に気持ち良かったですよ。
木漏れ日も良い感じなんだぁ♪。

小鳥のさえずりしか聞こえてこない場所で、まったりと自分のバイクを眺めながら珈琲を頂く。
おいしいパンの香りが良い感じなのよ。

タイガーならば、すぐ大山に到着だよ。
るーのぼくんも、是非、大山を走ってみてねっ!。

No title

今回もおサレなツーリングですね♪
相変わらずの行動力!!

大山でパンとコーヒー…
美味しさが増しますね

きゆ~さんのカブ&写真は品があります

しあんさんへ♪

いやいやいや。
しあんさん、おっさんの私を観ているでしょ(笑)。オサレでも何でも無いのよ(汗)。

大山は何度も走っているので、感覚的には近かったはずなのですが・・・。
体力が落ちてきたのか、カブだからなのか、走行時間がかなりかかっていると思います。
休憩を頻繁に取らないと、走ることが出来なかったしね。

それもトコトコ旅の良い所かもしれませんね♪。

落着いて食事が出来る場所。
ひそかに、こちらのお店に寄るのが楽しみなのですよ♪。しあんさんも是非っ!。

No title

σ(▼▼;)も徳島でカブ日本一週チャレンジしてる若者に出会いましたが、とても充実してる顔してたのを思い出します♪^^

結構いてるんですよね~♪^^

ブナ林の絵は木々の若々しい感じがとてもいいですね♪^^

季節をおもっきり感じる絵です♪^^

いつみても、きゅーさんのツーリングは良い雰囲気で走ってるな~って思います♪^^

こてつさんへ♪

日本一周には憧れます。
この歳になると、いろいろと守るものが出来てしまいますので、なかなか挑戦出来ません。
カブに乗る事が出来ているだけでも、ありがたい状態ですもの。

ブナ林を走り抜けるのは、凄く気持ち良いのですよ♪。
木漏れ日が、何とも言えないのですよ。

ふふふっ。
実は、ルート間違いを頻繁にやってしまうのですよ(汗)。
写真では表せていない、アタフタしている私の表情(笑)。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR