原付で大山チャレンジ♪。

名峰大山(だいせん)。

日本で3番目の国立公園に指定され、
現在では、蒜山地域、隠岐(おき)島等が追加され『大山隠岐国立公園』となっています。
国立公園ですので、落葉一つ、石一つ、持ち帰ることが許されません。
徹底された自然保護がされている場所なのですね。


9月27日の土曜日。
午前4時半に大山に向けて出発します。
夜空を見上げると、綺麗な星空になっています。良い天気になりそうです。

まずは、県道37号線、国道54号線を北上し、広島県の県北に位置する三次市(みよしし)を目指します。
真っ暗な中の走行ですが、モクセイの香りが秋を感じさせてくれます。

三次市は霧の海で有名なのですが、この日は三次市のかなり手前から霧が濃くなっていました。
霧の影響で、革ジャンやヘルメットが濡れ、シールドに付着した水滴の影響で視界不良。
外気温度も14℃で寒かった為、途中のコンビニでカッパの上着を着用します。
201492701.jpg
三次市を通過する頃には、朝日が昇りはじめました。

国道183号線~国道180号線で北上します。中国山地の高低差がある場所を走るのです。
前回のツーリングで、スクーピーの燃費と航続距離は把握していたので、ガソリンスタンドの少ない山越えでも、
安心して走行することが出来ました。

早朝ということもあり、交通量が少なく後続車からのプレッシャーが無い為、精神的ストレスなく走ります。

上り坂や急カーブのある山間部で、私のスクーピーの実力を把握します。
上り勾配がきつくなると、アクセル全開でも原付きの制限速度30kmを出すのが精一杯(汗)。
カーブでアクセルを緩めると、そこからの加速は期待出来ません。停まってしまうのかと思ったくらいですから!?。
高原の施設にあるリフトに乗って景色を眺めているようなスピードです(汗)。

国道181号線を進み武庫(むこ)交差点を右折し、県道113号線へと進みます。
俣野川(またのがわ)ダムを右手に観ながら進むと、蒜山(ひるぜん)インターに向かう国道482号線に合流します。

蒜山大山スカイラインを初めて原付で走ります♪。
停まるようなスピード、パタパタ寝かせないで走るバイク。今まで、観た事も無いような景色に出会える事が出来ました。

午前10時前に『鬼女台展望所』にて休憩します。
201492702.jpg
厚い雲に覆われ、大山の山々がすっぽりと隠れています。
ここで、大阪からスズキの大型バイクで来られていたダンディーな方と少しお話して出発します。

今回は、大山環状道路を時計回りに走ってみます。
201492703.jpg
私の右斜め後方には、烏ヶ山(からすがせん)を観ることが出来るのですが、この日は雲で隠れています。
下界は晴れているのですが、大山の周りだけ雨雲の様な雲で覆われていました。

鍵掛峠(かぎかけとうげ)展望所にて。
201492704.jpg
大山といえば、ここから眺める『大山南壁』が印象的なのですが、残念ながら雲が掛かってしまっています。

ここから先は、私が大山環状道路の中で一番好きなブナ林の中を進みます。
木漏れ日が路面を照らすなか、バイクで走ると気持ち良いのですっ!。
ただし、今回気を付けなければならないのは、安全に後続車をパスさせること。
頻繁にバックミラーを見ながら走行するのは、少しストレスになってしまいました。←ヘアピンカーブが多いし(泣)。

クネクネ道を抜けると三叉路が現れます。
右折すると大山環状道路となるのですが、この度は左折し、県道45号線を下ります。
ほぼ直線道路を下っていき、交差点を右折します。県道52号線を岸本(きしもと)方面に進みます。

午前11時前に、到着した場所。
201492705.jpg
酵母パンのお店『小さじいち』。←ネーミングがかわゆいです♪。

開店時間の午前11時前というのに、駐車場は満車に近い状態でした。
201492706.jpg
隣接するカフェでは、酵母パンのランチを食べることが出来るのですよ。←この日の目的はコレだったのですっ!。
が、残念ながらこの日はカフェはお休みとのことで、ランチを頂くことは出来ませんでした。
予定を変更し、昼食用と師匠のお土産用に酵母パンを購入。そして次の目的地へ。
このお店の営業日は、『水曜日~土曜日』となっていますので、ご注意を!。

県道284号線を大山環状道路に向かって上って行きます。
ご家族でロードバイクを楽しまれている方が坂道を上って行きます。
その速度より、少しだけ速い私のスクーピーも上って行きます(汗)。

先程のパン屋さんから遠くない場所にある、『みるくの里』。
201492707.jpg
すぐに溶けだすソフトクリーム。
大山に来ると、どうしても食べたくなる濃厚でおいしいソフトクリームなのです。

日本海側は良い天気なのですが、大山の上空は、相変わらず曇っています。
大山環状道路に戻り、大山寺方面に向けて走ります。

バイクから降りて、大山寺に向け、長い上り坂を歩きます。
201492716.jpg
この上り坂の突き当りにあるのが大山寺です。

今回は大山寺には寄らず、その横を通る参道を上り、『大神山神社(おおがみやまじんじゃ)』へ向かいます。
201492708.jpg
この参道は700mもの長さがあり、自然石が敷き詰められています。
自然石の為、スニーカーを履いていても歩き辛かったです。
ブーツやヒールでは、転倒の可能性がある為、参拝は控えられた方が良いと思われます。

階段を上りきれば、大神山神社奥宮(おおがみじんじゃおくのみや)に到着します。
201492709.jpg
お年寄りの方々や、登山を楽しまれている方々もおられました。

国内最大の権現造りの社殿です。
201492710.jpg
参拝時、『無』になってしまうことが多いのですが、今回は『無事に帰宅出来ますように』とお祈りさせて頂きました。

参拝を済ませ、もう一つの目的である御神水を頂きます。
201492711.jpg
大山周辺には、名水ポイントが多数存在するらしいっ!。今回は、大神山神社の湧水を頂きます。
スッキリとした水で、嫌な臭いもしない美味しいお水です。

ここで、気になる点がひとつ。それは『ひしゃく』の使用方法です。
直接ひしゃくを口に付けて水を飲まれる方がおられますが、手に水を溜めてから飲まれる方が宜しいかと思います。
衛生上の問題もありますが、飲んでいる姿がスマートですよね。

バイクに戻り、上空を見上げると、今にも雨が降りそうな雲で覆われています。
大山環状道路を少し進み、『一息坂峠』にある展望台で、『昼食&こぉーひぃーぶれいく』に致します。

ここで、少し気になることがありませんか?。

冒頭に記述した、『大山は国立公園』ということです。
自然保護が大変厳しい大山です。キャンプ場以外での火気使用は可能なのか!?。

そこで、事前に大山町役場大山支所観光商工課の方に問い合わせを致しました。
展望台にて『小さなもので湯を沸かす程度』ならば、使用の規制はないとのこと。
ただし、バーベキュー等による施設利用上支障が出てくる行為は出来ません。←当然ですよね。
私は、観光客が多い場合は、湯を沸かす行為を遠慮しています。常識の範囲内で楽しむのがマナーですよね。
大山町役場のご丁寧なご回答に感謝いたします。ありがとうございました。

では、昼食を頂きます。
201492712.jpg
先程購入した酵母パンの『おやきマフィン』と『ぶどうのミニ食パン』。
噛めば噛むほど、味わいがあるパンということがわかります。マフィンはバター等を付けなくても美味しく頂けますよ♪。

そして、今回用意した珈琲は『エチオピア ナチュナル』の中煎りです。
説明には『甘い薫りが特徴でやや酸味のある味わい』と書かれています。

前回のツーリングで飲んだエチオピアとの違いは、
『水でしっかり洗っているかどうか』だったと思うのですが、忘れてしまいました(汗)。←店長さんに聞いたのですが・・・。
そして、水は先程頂いてきた『御神水』で頂きます。
今回の珈琲は美味しいに決まっていますよね。薫りも前回のエチオピアに比べて主張しています。

一息坂峠の展望台からの眺めは、この様な景色です。
201492713.jpg
日本海側は青空ですが、私のすぐ後ろ側にある大山はというと、雨雲が広がっている(泣)。

この展望台で休憩していると、ドライブ中の年配の方に話し掛けられました。
その方はバイクには興味が無いようだったのですが、『原付で来たの???』と驚かれていたのが印象的でした。
買い物スクーターで大山ツーリングは、珍しいのかもしれませんね(笑)。

休憩後、大山環状道路を進みます。
所々、雨で路面が濡れています。その様な天候の中、ツーリング中に雨で濡れることがなかったのでラッキーでした。

船上山展望台(せんじょうさんてんぼうだい)にて。
201492714.jpg
後ろにそびえる『びょうぶ岩』とスクーピー。
この場所では登山を楽しまれている方々が、各々、思いの丈(笑)を叫んでいる声が聞こえるのですが、
この日は聞こえてきませんでした。

最後はこの場所に戻ってきます。
201492715.jpg
国民休暇村奥大山です。最後になって烏ヶ山が姿を現してくれました♪。

ここで、滋賀から来られたハーレー乗りの方とお話をして、午後3時に大山を後にします。

ルートは今朝と同じ。

中国山地越えは、寒さ対策でカッパを着用して丁度良い感じでした。
途中、疲れが出ていた為か左端に寄り過ぎてしまい、カーブの途中で砂利の山に乗ってしまいました。
前後輪の両輪が地面から離れて、少しだけですがアウト側に飛んでしまいました。本当に無事で良かったです。

日没までに、三次市内まで帰ることが出来たので、ひと安心。
ここから自宅までは、よく知っている道なので、リラックスして走ることが出来ました。

真っ暗になりましたが、無事帰宅。今回の大山ツーリングの走行距離は、約450kmでした。

最後にひとこと。
広島市内から、原付による大山日帰りツーリングは、出来ないことはないっ!。

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゅーさん、おはようございます。

 原付で大山日帰り、450kmとはすごいですね! 更にブログ更新までされるとは、感服しました。
  お疲れ様でしたね。

 大型バイクだと、ただ走り去るだけの風景が、ゆっくりみれるのは原付ならでは
 いつもながら写真も美しい・・・・

 のぼうは、最近、大型バイクでも日帰り450km・・・・行ってないです(^_^;)

のぼうさんへ♪

のぼうさん、こんにちは。

原付で大山へ行ったことが無かったので、試しに行ってみることにしました。
無理なようでしたら、ツーリングを中止して帰宅しようと考えていたのですよ。

年齢のせいか、夜中に目が覚めてしまった為、ブログを更新いたしました。
ぐっすり眠ることが出来れば良いのですがね(泣)。

原付のスローペースでは、よそ見が多くなる事があるので、注意が必要です!。
しっかり前を観て運転していきたいです。

写真については、カメラの性能のおかげだと思います。
私はオートモードでパシャパシャ撮っているだけなんですよ。

たまたま450kmになりましたが、原付では限界の距離だと思いました。
のぼうさんも、おもいっきり走りましょうよ♪。

No title

原付スクーターで大山日帰りツーリングとはすごいですね~
自分もアプリオが完成すればツーリングを計画してます!(大山までは無理ですが・・・)
ただ2ストなんで燃費が・・・です。
流石に山越えとなると予備の燃料がないと心細いですね~

とても参考になりました~

ゴンさんへ♪

原付ツーリングにハマってしまったようです。
50ccで長距離を走るのは未経験でしたので、疲れより、興奮度が高かったものと思われます。
若い頃を想い出してしまいました(笑)。

アプリオって、JOGですよね???。
私もメットインJOGの初期型に乗っていたので、あのパワーに憧れます。
坂道もぐんぐん上っていく2stスクーター!。いいですよね。

最近は、セルフ24HのGSが多いので、燃費によるガス欠の心配はいらないと思いますよ。
山越えは日中に行えば無問題と思います。

ゴンさんも、気を付けて原付ツーリングを楽しんでくださいね。
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR