そっと出掛ける。

2月7日の日曜日

朝、カーテンをそっと開けると青空が広がっている。
嫁は、ぐっすりと眠っている。昼まで眠り続けるパターンに入ったようだ。

チャンスです!。
こっそりと身支度をし、そぉーっと玄関のドアを閉める。


寒いけど、走るぞぉ!!!。
2016020701.jpg
この時期、普段の私ならば、沿岸部を流したり、島巡りを楽しんでいたのですが、
この日は、何を血迷ったのか、気温がグンと下がる県北を目指してしまいました。しかも無意識に・・・。
テンションが上がってしまうというのは、なんとも恐ろしいことですな。

道の駅 湖畔の里 福富にて。
2016020702.jpg
駐輪スペースには、数台のバイクが停まっていましたが、すぐに出発した模様。
ゆっくりと立ち話などは出来ない気温のようです。

道の駅の施設内にある、お食事処『くろぼや』で、朝食兼昼食を頂きます。
2016020703.jpg
豚生姜焼き定食。
ボリュームのある豚生姜焼き。私好みの『マイルド』で『しつこくない』味付けでした♪。
豚肉が柔らかく、満腹感を味わえるくらいのボリュームというのも魅力的です。

ここ福富と言えば、ジェラート!でしょ。←勝手に思い込んでいます(笑)。
2016020704.jpg
誰も座っていないベンチに腰を掛け、タイカブを眺めながら、ひとり抹茶ジェラートを楽しむ。
なんて粋なおっさんだろうか・・・。

暦の上では春ですよ。気温だって、5℃もあるのですっ!。
2016020705.jpg
見上げると、青空が広がっているのですっ!。

時刻は、正午を迎えようとしています。
嫁が目を覚ましてしまうのではないかと、気になり始める。
(この時、すでに嫁は起きていたようです。私の気配が無いことを察し、『出やがったな』と思ったそうです。怖っ!)

ですが、私の勢いは収まらず、もう少し北部を走ることとなりました。
2016020706.jpg
山間部のくねくね道には、大量の粒状塩化カルシウムが散布されています。
前方を走行している車からは、粉雪のように巻き上げられる塩カル・・・。

川沿いのくねくね道ですから、凍結している箇所があるのはわかります。
しかし、一面雪景色の様な塩カル道路は、初めて見ましたよ。雪だけではなく、身体まで溶けてしまいそうです(笑)。


帰宅後は、エンジンが冷えたことを確認し、入念に洗車。
そっと、玄関ドアをあけると、嫁はすでに買い物へとお出掛けになっておられました。


嫁が帰宅後に発した『おみやげは?』に対し、私の答えは『俺』。
嫁さま、一瞬にして表情が変わり『・・・、バカか!。』というお答えでした(泣)。


私にとってのツーリングとは。
『玄関ドアを開け、何事もなかったかのように、ソファーに腰を掛けるまでが、ツーリング。』のようです。

本当に、負けるな俺!。仕事、がんばろ。


紅葉ですか?。

お天気が下り坂に向かっているような気配を感じる、11月1日の日曜日のこと。

晴れなのか曇りなのか、この日の上空様は、はっきりしない性格をお持ちのようだ。
ならば、自ら道を切り開き、突き進むのみ。スッキリさせてもらいます。
2015011201.jpg
本来の姿『軽量コンパクト仕様』なタイカブ。

車体が軽くなるだけで、アクセルにリニアに反応するカブになったようです。
走っていて、アクセルのオンオフが楽しくなるのですよ。

軽さは正義!なのでしょうか?。


軽量コンパクトな車体、Newタイヤ、紅葉シーズン、山道。
Newタイヤのテストライドを兼ねたツーリングには、ベストな組み合わせです♪。

久々に押し入れに眠っているデジイチ用の三脚を取り出し、リュックに押し込みます。
この三脚が大きくて重いので、最近ではあまり持ち歩いていませんでした。

広島市から少し北へ外れ、中国山地の入り口に差し掛かった午前11時前。
気温は8℃と表示されています。

紅葉散策を楽しむ場所は、この場所からもう少し山の中にあります。
このままでは、体力を奪われてしまうと判断。
戸河内にある『大黒』というラーメン屋さんで、早めの昼食をとります。
2015011202.jpg
広島ラーメンの定番?醤油とんこつの『だいこくラーメン』。

ラーメンはあっさりしている醤油とんこつですので、食べやすく、おいしかったです。
小ぶりなお椀に入ったラーメンなので、おやつ感覚でスープまで飲み干しました。←大食漢の方は物足りなく感じると思います。
これで、エネルギー充填完了です。


私が紅葉散策として向かった場所は、広島市近郊の紅葉スポットとして有名な『三段峡』です。
三段峡は、広島市中心部から100kmも無い場所にある、紅葉の綺麗な場所なのです。

ただし、気軽に行けるが故、この日も紅葉散策に訪れる方が多かった。
紅葉の見ごろを迎えた三段峡駅と少し上流にある深入山入り口付近の駐車場は満車状態(汗)。
私はカブで訪れたので、道端に止めて散策しても良かったのですが、人の多さに散策する気が失せてしまう。

深入山を通り過ぎ、山中で冷え込む上流にある『三ツ滝』を目指します。
2015011203.jpg
落葉が進んでいる為、人があまりいません♪。

この日の目的は、『Newタイヤのテストライド』と『デジイチを楽しむ』の二つ。
三脚を立てるため、あまり人がいないほうが良いのですよ。

では、パシャパシャとシャッターを切っていきます。
2015011204.jpg
三ツ滝から撮影開始。
久々に三脚立てたり、シャッタースピードをいじったりで、あたふたしてましたわ。
普段のスナップ感覚とあまり変わらない感じがしますけどね(汗)。

落ち葉や滝の水しぶきで濡れた細い山道を気を付けながら歩きます。
2015011205.jpg
散策する方々が少ないので、リラックスして三脚を立てることが出来るのが嬉しい。
冬の訪れを感じさせてくれる落葉。それはそれで、良いのではないでしょうか。

落葉と同じく、私も年齢には勝てないみたい・・・。
2015011206.jpg
散策距離が伸びません。無理をせずに楽しむのがベストとなってきた年齢のようです。

午後2時前、深入山付近の気温は10℃!?。
2015011207.jpg
日中で暖かくならなければならない時間帯で、この気温ですから(汗)。
早めの撤収は、正解だったのかもしれませんね。

今シーズン、ラストチャンスにかけ、もう一度、中国山地を走ることが出来るのか?。
2015011208.jpg
それとも、おとなしく島巡りに移行するのか。悩みどころだ♪。

久々に三脚を立てて撮影を楽しめた紅葉?ツーリングの走行距離は約160kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

おひさしぶりです、タイカブさん。

本日8月2日の日曜日
リュックにコンデジを放り込み、ひさびさにタイカブを走らせます。メインバイクはこちらの黄色いタイカブなんですよね。


午前8時半。
バイクカバーを外し、タイカブが姿を現す。エンジンは、一発セル始動だ!。さすが、暑さに強いタイカブさん♪。
ですが、タイヤを指で押してみると・・・。空気がかなり抜けて、フニャフニャタイヤになっていました。

小型の空気入れでシュポシュポ空気を流し込む。
空気圧ですか?。計測器がないので、適当です(汗)。
気温が上がりそうでしたので、タイヤがパンパンになるくらいまでは入れませんでしたよ。

とにかく、涼を求め、北へ進路をとります。
20158201.jpg
青空が広がる、いつもの太田川沿い。
停車するだけで、汗が出てくるほどの暑さです。もう、止まりたくない・・・。

この場所より標高の高い温井ダムを目指します。
涼しいと思って行った、温井ダム。近くの温度計では、『34℃』と表示されていました。

あづい


そんな暑いさなか、温井ダムでは、多くのハーレー乗りの方々がキャンプを楽しまれていたみたいです。
20158202.jpg
入口で誘導案内をされている方に、キャンプについてお聞きしたところ、いろいろなチームの方々が集まっていたそうです。
昨夜は、賑やかで楽しいテント村だったのでしょうね♪。


二時間半のおさんぽツーリングでしたが、ひさびさにタイカブさんを動かすことが出来て満足満足。

パワー、スピードともに最高なMyタイカブ。
保管場所付近にて、ひさびさに給油したのですが、燃費が62km/Lという結果に、これまた満足♪。
前回のリトルの燃費結果よりも良かったのには、驚きなのですけどね。


それにしても、本格的にカブたちを走らせることが出来るのは、いつ頃になるのだろうか?。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

こっそりとおさんぽ。

7月11日の土曜日の事。

ブログ徘徊していると、無性にカブに乗りたくなってくる。
蒸し暑い午前中。二時間ほどの自由時間をカブと過ごす事にしました♪。

メッシュジャケットを着込み、午前10時前に、こっそり出発(笑)。
ジャケットを着ている為、停車時にはクラクラするくらいの暑さです。←安全第一の為、ジャケットを着用しています。

北へ進路をとり、幹線道路を外れ、川沿いを走行。
201571201.jpg
ヒンヤリとした空気が、ジャケットを通り抜け、身体に当たる。
川の流れの音が大きくなるこの場所で、少しの時間、心地よい休憩を入れます。
川の流れる音と言うのは、涼しさを演出してくれる、最高の効果音ですよね♪。


おさんぽツーリングの目的地は、毎度おなじみの『福富』。
今回は、いつも立寄る道の駅では無く、その手前にある場所。
201571202.jpg
錆びたサイロが萌えさせる、上ノ原牧場です。

広島にお住まいの方は、上ノ原牧場と言うより、『カドーレ』と言った方が分かり易いかもしれませんね。
201571203.jpg
午前10時半前と言うのに、ぞくぞくとお客さんが集まり始めます。
ロールケーキなどの限定商品がお目当てなのでしょうか?。それともチーズかな?。

私は『カドーレ=ジェラート』というイメージなので、おいしいジェラートを頂くのですっ!。
『搾りたてミルク』というジェラートを頂いたのですが、写真はありません。
すぐに溶けだすほど、なめらかなジェラートなのですよ。急いで食べないとね(汗)。

牧場ですから、山羊や豚、ウサギに牛さんとたくさんおられます。
201571204.jpg

こちらの牧場では、牧草を食べさせることが出来るのですよ♪。
201571205.jpg
私が子供のころ、祖父宅の牛小屋へ一人で行かなければならなかった時は、怖くてたまりませんでした。
たったの二頭しかいなかったのにもかかわらず、泣き泣き薄暗い牛小屋に行っていたことを覚えています。
いまの子供たちは、牛さんを見ても怖くないのですね。
というよりは、私がただ単に怖がりだっただけなのでしょうか?。

あっという間に帰宅時間が近付いてきたので、トコトコと帰宅です。
もちろん口ずさむ曲は、細川たかしさんの『北酒場』♪。ごきげんに北酒場をリピートします(笑)。
演歌と言う曲は、スピードを抑制するリズムなのでしょうか?。

タイカブですが、ゆっくりと走ってしまった『おさんぽツーリング』でした。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ひさびさの道の駅。

6月14日の日曜日

午後1時まで自由時間が取れましたので、ひさびさに道の駅『湖畔の里 福富』へ走ります。
午前10時前に、自宅を出発。
201561401.jpg
約一カ月ぶりに登場のタイカブさん。

走り出した瞬間、楽っと思えてしまうほど、リトルに比べてパワーがあります。
車体自体もガッチリとした剛性感があり、走行中の安心感が格段に違います。

バイク屋さんで、タイヤの空気圧チェックを行なってもらい、そのまま国道54号線を北上。
後続車を気にすることなく、自動車の流れに乗って走ることが出来ました。

国道54号線から、向原方面へ。
201561402.jpg
カブで走っている時は気持ちが良いのですが、一旦止まると蒸し暑い(泣)。
肌で四季を感じることが出来るバイクツーリング。
大型バイクはもちろんのこと、カブでもその感覚は存分に楽しむことが出来ますよ♪。

サクサク走って、道の駅へ到着。
201561403.jpg
飲料休憩。
『砂糖不使用』という文字が、私の心を引付けます♪。自然な甘みで、スッキリおいしい飲料水でしたよ。

お昼前の道の駅の駐輪場。
201561404.jpg
多くの大型バイクに圧倒され、遠慮がちに駐輪場の端へカブを滑り込ませます。
大型バイクに囲まれたカブを眺めながら、ひと休み。それにしても、黄カブがカワユイ。

午後12時半に帰宅した『おさんぽツーリング』でしたが、ストレスを飛ばすことができ、満足しています♪。
梅雨時期にタイカブを走らすことができた今回のツーリングでの走行距離は、約100kmでした。


ストレスは解消出来たんだ。楽しかったんだ。
でも・・・。
このキャンプに参加したかった。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
ご意見・ご感想、お問い合わせ等は、メールフォームからどうぞ♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR