ミーティングへの旅(カブ千里編)。

2017101201.jpg
これもご縁と言うものでしょうか♪。

湯布院の展望台ではfujitakaさんと、そして長者原の撮影スポットではIさんと出逢う。
お二人とも、この日の目的地は草千里で開催されている『カブ千里』だ。

当初、カブ千里に向かう予定は、ゼロに近かった私。
時間的にも余裕が出来てきましたし、なにより、こんなに素敵なカブ仲間と目巡り合えたのですから行くしかないでしょっ!。

と言うことで、長者原よりIさんやMさんたちのマスツーに混ぜて頂き、カブ千里を目指します。


周辺ルートにお詳しいMさんのおかげで、スムースに会場入り。
2017101202.jpg
ヘルメットを脱ごうとしている私に、『集合写真の撮影があるから早く!』と声が掛かる。
丁度良いタイミングでカブ千里入りしたようです。←集合写真のどこかに小さく写っているはず(笑)。


今回の旅では、出逢った方、特にお初にお目に掛かる方が多かった為、私のおバカな頭では処理が出来なくなってしまいました。
顔とお名前、そしてカブが一致していない場合があるかもしれません。ご容赦ください。

さて、カブ千里ミーティングですが・・・。
ひさびさにお会いする方々と終始会話を楽しんでいた為、ミーティングに参加されていた車両をあまり撮影していません(汗)。
参加車両のカブをじっくりと観たい気持ちもあるのですが、やはり会話の方が楽しいかな♪。

撮影しているのは、ほとんどが知り合いの方たちのカブ(笑)。
2017101203.jpg
このピンクのカブは、どこに停めていても目立ちますな。
本人もテンションが高いから目立つんだよなぁ。ねぇ、かぷりこさん(笑)。
今回は二段箱仕様で旅されていたのですね。もう、イジるところが無くなってしまったんじゃない?。

2017101204.jpg
元気ハツラツモリスケ氏♪。
翌日に開催されるカフェカブ九州へは残念ながら参加されないとのこと(寂)。

そんなモリスケさんを会場で発見し近寄ってみると、見覚えのある方と挨拶を交わされている。
湯布院展望台でお会いしたfujitakaさんだっ!。
とここで、fujitakaさんとモリスケさんはお知り合いだったことが判明。出逢いは偶然というより必然だったのでしょうか!?。
出逢いって不思議だわ。

そう思っていると、後ろから『きゅーさん?』と声を掛けられる。
振り返ると、イケメンの方が笑顔で立っています。
しまなみ海道で中華クロスカブさん達とキャンプを楽しんでいるオミさんだ!。なんと、熊本でお会い出来るとは!?。
そして、2,3歩後ろにいた奥様を紹介して下さいます。なんとも、美人で小柄でおしとやかな奥様なのでしょうか。
美男美女の芸能カップルのようなオーラを出しているお二人。キィーーーーーーーーーーッ!、神様って不公平だ(笑)。
オミさん、またしまなみ海道でお会い致しましょう♪。

あっちへ行ってご挨拶、こっちへ行ってご挨拶とバタバタしていると、またもや『きゅーさんっ!』と声を掛けられる。
ジェントルな紳士二人組。親方さんとお初にお目に掛かるトミーさんだっ!。
親方さんからは素敵なプレゼントを頂きありがとうございました。キャンプで実戦投入したいと思います。
お二人のカブを観てみたかったのですが、時間が無く、拝見することが出来ませんでした。
次回、どこかでゆっくりと観させてくださいね。

ウロチョロしていると知合いのアッキンさんを発見!。
近くには、良い感じのヤレ感漂うレアなカブが置いてある。しかもハトナンバー、広島市から参加されているではないですか!。
2017101206.jpg
アッキンさんのお隣におられたオーナーさん。お名前を伺うと・・・。
旧カブ再生に情熱を傾けられているブログでおなじみの『ポンコツ』さんでした!。
いつもこっそりと覗かせて頂いておりました。これからも、こっそりと覗かせて頂きますので宜しくお願い致します。

2017101205.jpg
カブ知識が浅い私にも分かる、この存在感。
この様なカブで、島を流して走るのも画になるんだろうなぁ♪。ゆっくり走ることが楽しめるのもカブの良さなのですよね。


そして、やっと辿り着きましたよ。
Kccメンバー車両。一応、私もkccに所属しています(笑)。
やはり、今回のミーティングウィークでは、この方の車両を紹介せねばなりませんね。
2017101207.jpg
ケバケバ(笑)。
いやいや、翌日のカフェカブ九州では、かなりの注目度となるHIROさんの車両です♪。合言葉は『ごぼう抜き』でしょうか。
HIROさんの笑顔が、ミーティングを楽しんでいることを実感させてくれます。

2017101208.jpg
渋いっ!。
このカブ良いなぁ~と思っていたらantsさんのカブでした。ハンターも良いけど、こちらも素敵ですっ!。
純正でこのような色もあったのですね。カブの歴史を垣間見ることの出来る一台でした。

2017101209.jpg
ゆきぴーさんのカスタムはピカピカな仕上がり。
しかもバックステップ付きという・・・。どこまでレーシーに仕上げるのでしょうか?(笑)。

んっ?。
2017101210.jpg
ごん太さんは、香川県からNSで登場!?。
カブはメンテナンス中?とのことでした。次回のミーティングでは、カッコ良くなったカブを見せてくださいね。

お腹が空いてきたkccメンバーの皆さん。
ミーティング会場後ろにあるレストランで遅い昼食を頂くこととします。
2017101211.jpg
私が選んだのは熊本ラーメン。
熊本在住の方々からは、この熊本ラーメンに『意義アリっ!』の声も上がっていましたが・・・。
これはこれで、食堂の雰囲気と合っていて良しとします♪。


カブ千里を後にするkccメンバー御一行。
折角阿蘇に来たということで、kccメンバーでロープウェイ乗り場までツーリングとなりました。
ちなみに、現在阿蘇火口周辺が立ち入り禁止となっているので、ロープウェイは運休中です。
2017101212.jpg
カメラを向けるとポーズをとってくれる方が約1名(笑)。

2017101213.jpg
カブを並べ、撮影しているメンバーを撮影している私(笑)。

おっさんたちもテンションが上がってきます♪。
2017101214.jpg
隊長、カンチョウされるの図(笑)。

2017101215.jpg
とにかくテンションが上がるミーティングとなった『カブ千里』。
喋り過ぎて、あごが痛くなったよ(笑)。

この日、用意してきた手作りステッカー全てが配布終了となりました。
たくさん用意していたつもりでしたが、全然足りない状態になってしまいました。皆様に喜んで頂き、嬉しい悲鳴でいっぱいです♪。

そのことをきゅー奥にメールで伝えると、返信されてきた一文は・・・。
『夜なべして作った甲斐があって良かったね。私は洗い物をしていたけど』
怖っ!。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

ミーティングへの旅、二日目へと続きます。

ミーティングへの旅(出逢い編)。

ちょっとした時のズレで、その人の人生が大きく変わることもありますよね。
良くも悪くも・・・。


10月の8日(日)、9日(月)の体育の日で九州の熊本までツーリングに行ってきました。
目的はもちろん、カフェカブ九州♪。
ブロ友のganmodokiさんからは、8日(日)に草千里で開催されるカブ千里の情報も頂いていたのですが、時間的に厳しいと思い、この時点ではカブ千里参加は無理と判断していました。


さて、今回のツーリングプランはというと、ツーリング前日の土曜日が休日ではなかった為、ゆったり出来るコースを選択しています。
山口県の徳山港~大分県の竹田津港まではスオーナダフェリーを往復で使用。
しかも、ツーリングでは7年ぶりにビジネスホテルで宿泊という、私にとってはリッチ過ぎる旅となっております。

ビジホ泊まりに関しては・・・。
『似合わない』、『チェックインしてキャンプ場まで行くのですよね』、『もちろんビジホ屋上でテント泊』、『ベッドではなく、床に寝袋ですよね』等々、皆さまから暖かいお声を頂きました(汗)。


2017101101.jpg
仕事から帰宅後、ツーリング準備を整え出発します。時刻は午後10時半過ぎだ。

国道2号線を西にひたすら進むと山口県内にある徳山港に到着します。
広島市内からは、渋滞のない夜間ならば2時間半から3時間もあれば余裕で到着出来るのではないでしょうか。

私はと言うと、始発の2時出港のフェリーに乗船するつもりで出発したので、かなり余裕を持たせてタイカブを走らせていることになります。

ちなみに今回の旅では、『心の余裕』をテーマに走行することにしています。
睡眠時間、ツーリング前後の仕事での疲労、そしてツーリングでの身体へのダメージなどを考えてのことです。
年齢が年齢なものですので、これくらいの配慮は必要ではないでしょうか。


スオーナダフェリーの乗船時間は約2時間。待ち時間もプラスされると、仮眠時間としては十分なレベル。
片道4,500円のフェリー代も、この仮眠時間を考えれば安く感じます。
実際、仮眠を取ることが出来た今回のツーリングでは、去年のカフェカブ九州と比べ、疲労感がかなり違いましたよ。

2017101102.jpg
二輪車は、私の他にもう一台。広島県は三原市からお越しの方でした。
コンパクトな車体に1,200ccのエンジンを載せているハーレー。迫力のあるサウンドを奏でていました。
鹿児島までのツーリングを楽しまれてくるとのこと。良き旅を♪。


午前4時に竹田津港着。
月明かりに導かれるかたちで、右手に周防灘を観ながら国道213号線を走行します。
お月様の左横にはオリオン座もはっきりと観え、良いお天気になること間違いなしだ♪。

大まかなルートはというと。
国道213号線から387号線、県道50号線へと進み、自衛隊演習場の横を通り抜け湯布院入り。
そして、やまなみハイウェイで阿蘇入りというオーソドックスなルートとなっています。


湯布院に近付くにつれ、霧が濃く立ち込めてくる。
2017101103.jpg
慎重にタイカブを走らせ、午前6時前、霧の中に浮かぶ『ゆふいん駅』に到着だ。

2017101104.jpg
すっぽりと霧で覆われている、ゆふいん駅前通り。
日中は観光客で賑わっているこの通りも、早朝のこの時間帯では、別世界のように静かで雰囲気のある空間となっています。

この時間に温泉に入浴出来れば最高なのですけどね(笑)。


湯布院を後にし、ひさびさにやまなみハイウェイを楽しみます♪。
と言っても、カブでは初めてとなる走行。
早朝から正装姿のSS乗りの方々が爆音を立てて走っているので、バックミラーが気になって仕方がない(汗)。

そんなトコトコペースで走っている私。
朝日が路面を赤く照らし出し、爽やかな朝をタイカブさんとともに迎えます♪。

そして、右手に展望台を見付ける。
前方を走行している自動車とともに、駐車場へとタイカブを滑り込ませる。そう、滑り込ませるのです・・・。
2017101002.jpg
コレね(泣)。

駐車場敷地内が砂利で埋め尽くされ、しかも入り口付近には、自動車のタイヤで寄せられた砂利が溜まっています。
駐車場に進入して、砂利が敷いてあることに気が付いた私(汗)。
一つ目の入り口を通り過ぎ、Uターンに近い状態で二つ目の入口へと進入した為、タイカブさんは傾いています。
で、フロントを砂利に持って行かれてしまい・・・、ズコッ。

工具を取り出し、壊れたナックルガードを取り外します。
他の部位もチェックし、走行に支障がないことを確認。
この様な転倒では、普通ブレーキレバーやブレーキペダルが『グニャッ』と曲がるはずなのですが、全く曲がっていない!。
この様な設計になっているのが、カブが旅に適している二輪車と言われる所以なのかもしれませんね。

片方だけナックルガードを付けていてもね・・・。
と言うことで、両方のナックルガードを取り外します。ついでにフクピカで汚れを落とす作業を実施。
自身の気持ちもタイカブも、さっぱりと落ち着いたところで出発しようとしていると、『おはようございますっ!』という声が聞こえる。

2017101105.jpg
これからカブ千里へ向かわれるFさんだ。
私がカブ千里に向かう思い、声をかけて下さったとのこと。じゅえる君級の爽やかな好青年でしたよ。

そして、Fさんからこの場所が由布院盆地の朝霧を観ることの出来る絶景ポイントと言うことを聞かされます!。
2017101106.jpg
なんと!。こんなに美しい景色を観ずに、もう少しで出発してしまいそうでしたよ!。
正面に観えるのは由布岳(1,584M)。朝霧の中から湯煙が上がっているのが、湯布院らしい景色ですね。

Fさんとはここでお別れします。
2017101107.jpg
Fさん、この様な素敵な景色を教えて下さりありがとうございました。

ナックルガードを破損するくらいの小さな転倒でしたが、私にとっては、ここから良い方向に転がり始めます。
小さな歯車が噛み合い、徐々に大きな力となっていくように。


やまなみハイウェイといえば、この場所。長者原(ちょうじゃばる)ですよね。
まっすぐに伸びたストレートと、くじゅう連山を望む景色はいつ観ても素晴らしい♪。
2017101108.jpg
撮影の為この場所に停まろうとしていると、既に停まっていたカブが発進を止めて声をかけて下さります。

ハンターカブにお乗りのIさん。
2017101109.jpg
お仲間が長者原で撮影があるとのことで、こちらで待機されていたらしい。
そしてIさんと話が弾み、一緒に草千里で行われる『カブ千里』に向かうことになりました♪。

少し先にある道の駅らしきところを通りかかると、Iさんのお仲間御一行が!。
どうやら、こちらで撮影準備をされていたようです。
2017101111.jpg
何の撮影だったのかは、このブログではお伝え出来ませんが素敵な映像となっていると思われます。
それにしても、カブが並んで走ると独特な雰囲気がありますね♪。

Iさんの他にも、この撮影を見学に来られた方がたくさんおられ、その方々との会話を楽しみます。
これも、プチミーティングと言っても良いかもしれませんね。
もちろん、お初にお目に掛かる方ばかりですが、カブと言う共通の乗り物のおかげで楽しく過ごさせて頂きました。
2017101110.jpg
Iさんのご友人、かまぼこ大好き?なMさんのハンターカブ(笑)。

ハンターカブにもいろいろとあるということを、この場で教えて頂きました。
2017101112.jpg
そして、Iさんからはサイフォンで淹れる珈琲をごちそうになりましたよ♪。
プチミーティングが早朝プチカフェカブミーティングとなっていきます(笑)。それにしてもカブを眺めながらの珈琲はおいしいですな♪。

ここからは、撮影されていた方々に図々しくも同行させて頂き、草千里を目指します。
2017101113.jpg
途中、DOG RIDERさんで朝食だ。

2017101114.jpg
バリエーションのあるホットドッグ。
自分好みの組み合わせで作ってもらえるようですよ。私はオーソドックスなホットドッグにしてみました。
何と言っても、パンに挟んでいるソーセージがブチ旨っ!。

ここでも、プチカブミーティング(笑)。休憩中でもカブの話題になってしまうのは、カブ主あるあるなのでしょうか?。


2017101115.jpg
草千里だっ!。

この撮影をしている後ろには、多くのカブが並んでいます。
到着すると、何やらせかされる私。集合写真を撮影するとのことで、引っ張られるかたちで会場入りです(笑)。

と、今回はここまで。
2017101116.jpg
カブ千里のミーティングの様子は次回っ!。

2017101117.jpg
出発した時点では、ぼっちツーリングだった私。
いろいろな方に声をかけて頂き、気が付いたらマスツーの中で楽しんでいました♪。

これも、カブという小さなバイクが持っている大きな力なのかもしれませんね。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

ミーティングへの旅。

2017101001.jpg
この旅でお世話になった方々、出逢えた方々、楽しい旅をありがとうございました。

先程、無事に帰宅いたしました。

えぇ、無事に・・・。













2017101002.jpg
えっ!?。

いやいや、無事に帰宅したのには変わりはないのですよ。
このアクシデントは、往路でのことですから。←ますます、いけんじゃろ(汗)

身体にかすり傷などは全くなく、普通に生活をしております。
出逢った方々も、私がミーティング直前に転倒したことに気が付かないほどの小さなアクシデントですから。

逆にこの転倒が、私にとっては良い方向に転がっていくことになるのです♪。
そんな楽しかった九州ミーティングツーリングの走行距離は、約700kmでしたっ!。

本編へと続きます♪。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

ウィリーしたことありますか?。

今朝、ニュースを観ながらひとり呟く。
『おかしなことを言ったりやったりする人たちがいるなぁ・・・。まるで漫画だな。』と。

それを聞いたきゅー奥が一言。
『あんたは、毎日が4コマ漫画じゃろ。オチが有るか無いかは別として・・・』だって。

ハハ・・ハ・・・(苦笑)。


さて、先日のこと。
同僚との会話で『原付免許の取得』について話していました。
お互い、運転免許証は『原付』から取得していたので、その時の懐かしい想い出が蘇ってきます。

時は、レーサーレプリカブーム全盛期の80年代後半。
4大メーカーは、毎年こぞって新型車を世に登場させていました。

学校では3ナイ運動が実施され、16歳になっても簡単には免許証を取得出来ませんでした。
頭の中は、バイクのことでいっぱい(笑)。
とにかく原付の免許証が欲しくて、高校卒業一ヵ月前に、念願の原付免許証を手にしました。


団塊ジュニア世代の私。
原付免許の試験と言えども、受験人数は半端なく多かったのですよ!。

当時は、学科で合格点以上を取得出来れば交付されていた『原付免許証』。
合格者は、試験場の広場で技能講習を受け、その後免許証を手にしていました。
技能講習と言っても、用意されていたスクーターに跨り、直線を行って帰るだけの簡単メニューです。
ただし、スクーターは2stで、現在のカブとは比べ物にならないくらいのパワーがあったのですよ!(驚)。


数台のスクーターが合格者の前に並べられ、順番に跨っていきます。
私にはスズキのHi(ハイ)というスクーターが割り当てられたのですが、このHiのパワーがすごかった。

アクセルをビビりながらゆっくりと開け、往路は無事に走り切りました。
そしてパイロンをぐるりと回り、復路に突入するのですが・・・。

その時、やってしまったのですよ(汗)。
アクセルを一気に開け、ウィリー状態。しかも垂直ウィリー状態となり大転倒(泣)。
『ウィリーが出来る』のではなく、たまたまウィリー状態になり、大変なことになってしまったということ。

講習待ちの大勢の目の前での出来事。
身体が痛いやら、恥ずかしいやらで、早くお家に帰りたかったな(笑)。


私がウィリーを経験したのは、後にも先にもこの一度だけ。
そんなセンスのない私でも、カブで富士山まで行ったり、しまなみ海道でまったりしながら楽しんでいます。
2017100601.jpg
誰でも優しく受け入れてくれるカブ。
そんなカブに乗って、去年に引き続き今年もカフェカブ九州へお邪魔します。←カフェカブ宣言!。

いろいろなカブたちをしっかりと目に焼き付けてこようと思っておりますよ♪。
現地でお会いする方々、こんなオッサンの私ですが宜しくお願い致します。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

やはりプロによる点検は必要ですな。

何事にもその筋のプロと言われる方がおられます。

自分では『完璧』と思っている事でも、プロから見ると『んっ?』と思えることもあるようです。
私の場合、タイヤ交換時にバルブのナットを締め上げていたり、チューブを噛んでいたり、チェーンケースのかみ合わせを上下反対に組み合わせていたりと多々ありました(笑)。

奇跡的に何のトラブルもなく走ることが出来ていたので、気が付かなかっただけのこと。
ツーリング先でトラブルに遭うを考えると、定期的にプロの方にカブを診てもらうのは必要な事のように思えます。


そしてカブ同様、身体の点検も定期的に行いたいものですよね。
今まで大病を患ったことのない私。健康以外、取り柄が無いおっさんなのです(呆)。
その油断からなのか、暴飲暴食の結果、ここ2、3年で体重が10kg増になる始末。

私が勤めている会社では、年に一度、定期検診が行われています。
もちろん、毎年『異常認めず』の判定。
多少身体にガタがきていますが、食事もおいしく取ることが出来きていますし、最近では運動も楽しめています。


先月中旬過ぎ、ラビットクロカン申込日の翌日のこと。
呑気な私の手元に、健康診断の結果が渡されます。
2017100501.jpg
・・・。

2017100502.jpg
D2って・・・。
マ、マジかっ!?。今までこのような結果を受け取ったこともなかった為、動揺しましたよ(汗)。
50歳近くなると、このような結果となるのでしょうか・・・。


かかりつけ医は、『精密検査日まで普通に生活していて構いませんよ。もちろんジョギングもOkです。』という言葉をかけてくれましたが、やはり不安ですよね。

そして昨日、精密検査に行って参りました。
大きなドーナツのお化けの中で数分間横になっているだけの検査。いわゆるCT検査というやつです。

結果は、全く異常なし♪
ここでは詳しく申し上げることは出来ませんが、健康そのものということでした。ホッ

生活習慣が少々乱れ気味だった私。
今回の健康診断が良いお灸となり、食生活の改善を実行しております。もちろんジョギングも継続中ですよ。
8月6日に体重68.4kg・体脂肪16%だったのが、昨日の時点で体重64.2kg・体脂肪14.5%まで落とすことが出来ています。


今宵は中秋の名月。
2017100503.jpg
『月に叢雲(むらくも)、花に風』
そんな感じになりそうだった、今回の出来事。
来週にはカフェカブ九州、そして来月にはマラソン&クロカンと楽しいことが待っています。
体調には気を付け、万全の態勢で挑みたいものです♪。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
プロフィール

きゅー

Author:きゅー
珈琲とカブが好きなおっさんです。

FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
備考欄
当ブログでは、相互リンク及びサイトへの誘導コメントはお断りしております。 尚、コメントがサイトへの誘導と判断された場合には、削除させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR